菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2009/04/13 日記 啄木忌

2009-04-13 23:16:04 | (2)日記


2009/4/13(月) 旧暦:3月18日 日出:5時11分 日没:18時12分 月出:22時07分 月没:6時51分 月齢:17.45戊子(ぼし,つちのえね) 六曜:友引 九星:四緑木星 選日:一粒万倍日


今日の花: 錨草(いかりそう)、碇草(いかりそう)


 


(雅爺の小部屋 より転載)

『イカリソウ(錨草 Epimedium grandiflorum var. thunbergianum)はメギ科イカリソウ属 の落葉多年草。

 特徴
花は赤紫色で春に咲き、4枚の花弁が距を突出し錨のような特異な形をしているためこの名がある。葉は複葉で、1本の茎に普通1つ出るが、3枚の小葉が2回、計9枚つく2回3出複葉であることが多い。東北地方南部以南の森林に自生し、園芸用や薬用に栽培されることもある。(なお、近縁種のトキワイカリソウは冬季に落葉しない。常盤=常緑の意味合いがある)

 利用
全草は淫羊霍(いんようかく)という生薬で精力剤として有名。本来の淫羊霍は中国原産の同属のホザキノイカリソウ E. sagittatum (Sieb. et Zucc.) Maxim.(常緑で花は淡黄色)で、名はヒツジがこれを食べて精力絶倫になったという伝説による。ホザキノイカリソウの淫羊霍に対して、イカリソウの方を和淫羊霍とすることもある。

同属は25種ほどがアジアから南ヨーロッパにかけて分布する。英語名はbarrenwort、bishop's hat、fairy wings、horny goatweedなど。

葉イカリソウの有効成分としてはイカリイン (icariin) というフラボノイド配糖体が知られ、これには実際に次のような効果が示されている。

一酸化窒素 (NO) レベルの上昇。
ホスホジエステラーゼ (PDE)-5に対する弱い阻害作用。
これらにより平滑筋が弛緩し陰茎などの血流が増えると考えられる。PDE-5の阻害はバイアグラと(かなり弱いが)共通の作用である。

またこのほかにもいくつかの薬理作用が研究されている。

 日本の近縁種
キバナイカリソウ(黄花錨草、学名: Epimedium koreanum )
トキワイカリソウ(常盤錨草、学名: Epimedium sempervirens )
バイカイカリソウ(梅花錨草、学名: Epimedium diphyllum )』
(Wikipedia)

 

錨草の俳句:


 ・錨草生れかはりて星になれ 鷹羽狩行


 ・錨草花がこんがらがってをる 清崎敏郎


 ・再婚や庭に根付きし碇草 永嶋富子


 ・錨草山に咲き出て海の色 高橋悦男

 

1912年(明治45年)4月13日は、石川啄木(本名:石川 一(はじめ)の忌日である。

  ・少年の空戻り来よ啄木忌 土曜日の各駅停車


 

ジャンル:
ブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2009/04/13 啄木の歌と句 | トップ | 2009/04/14 日記 超小型衛... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

(2)日記」カテゴリの最新記事