菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2017/06/19  日記  桜桃忌

2017-06-19 21:18:16 | (2)日記

2017/6/19 (月) 旧暦:525日 祝日・節気:  日出 :425分 日没:1859分 月出:041分 月没:1318分 月齢:24.3 干支: 丁丑 六曜: 大安 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 桜桃忌

「桜桃忌(三鷹禅林寺)太宰治墓参2009.6.19

https://youtu.be/darQIBp8xy8



『【桜桃忌】
昭和23年(19486月、39歳で愛人と入水自殺した小説家、太宰治の忌日。遺体が発見された619日を命日とし、墓のある東京都三鷹市の禅林寺で法要が行われる。作品「桜桃」による命名。《季 夏》
[
補説]619日は太宰の誕生日でもある。』
(デジタル大辞泉)



桜桃忌の俳句:



・人に酒すすめてばかり桜桃忌 林 徹



・しらじらと酔後の舗道桜桃忌 轡田 進




今日は、太宰治の命日の桜桃忌。
太宰が愛人山崎富栄と入水したのは13日もしくは14日と言われているが死体が発見された19日を命日としている。
そして619日は太宰の誕生日でもある。

動画は8年前の生誕100年の禅林寺での桜桃忌。
文学者の忌日は季語にまでなっていないものが多いが、桜桃忌は多くの俳句に詠まれている。
未だに人気のある作家なのだ。

名前の由来となった短編小説「桜桃」は、青空文庫で読むことができる。
青空文庫 「桜桃」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/308_14910.html

作品と作家は別物なのだから、作品さえ良ければそれで良いのだが、どうも太宰治は好きになれない。

例句も太宰の世界を詠んでいるものを選んだ。
相手のために気をつかって、疲れてしまう。
しかし、自己嫌悪は酒を飲んで紛らわす。
酔い覚めの悪い酒だ...

荷風は女に金を使い遊んだが、太宰は山崎の貯金でドブのような酒を飲んだ。
荷風はダンディーだが、太宰は愚図だ。

それはそれ、今日も禅林寺には多くの太宰ファンが集まったに違いない。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/06/18  日記  藤井四... | トップ | 2017/06/20  日記  南風 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む