菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2017/10/27  加賀千代女(千代尼)句集 その1

2017-10-27 21:42:41 | (5)俳句


千代尼忌に因んで、千代尼の句を集めてみた。

「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」は、教科書に掲載されているので、千代尼の句は誰もが読んでいる。

優しい言葉で、日常を詠んで鮮やかに世界を美しい目で見ている千代尼の句。

江戸中期の人だが、千代尼の句は古さを感じさせない。
易しい言葉で、身近なものを詠んで、読む人の心を拓いてくれる力を持っている。

「こぼれては常の水なり紅の露」
は動きがあり、その場にいる気持ちになることができる。

美しい紅の花に乗った露。
それを見ていると、露はこぼれて流れてしまった。
露は色を持たず無色透明。
紅色の美しい露の束の間の命を目の前に見せてくれる。

千代女の句は、良寛の詩や歌や句と同じ。
読む人の心を、穏やかにホッコリさせてくれる。

以下に句を載せるが、数字は単なる番号で特別の意味はない。


1         
福藁や塵さへけさは美しき
2         
うきぐさや蝶の力の押へても
3         
似た事の三ツ四ツはなし小六月
4         
朝顔や星のわかれをあちら向
5         
賤の女のわざにも似たる蚊遣りかな
6         
秋立つやきのふの昔し有のまゝ
7         
青あをと見えて底ある清水かな
8         
夕暮を余所に預けて紅葉かな
9         
初時雨風もぬれずに通りけり
10       
萍の身はまだおもしかきつばた
11       
蘭の香に遊ぶ日はなし菊の花
12       
戸の開てあれど留守なり桃の花
13       
木陰から出て日の暮るる紅葉かな
14       
影は瀧空は花なり糸桜
15       
蕣の花や木陰のおそろしき
16       
このうへは白きものとてしぐれけり
17       
花に呼吸の通ひあるかや梅鉢草
18       
なごりなごり散るまでは見ず梅の花
19       
道くさも藪のうちなり若菜摘
20       
約束を何々持つや種ふくベ
21       
若水や流るゝうちに去年今年
22       
あしあとは男なりけり初桜
23       
つめたさは目の外(そと)にありけさの雪
24       
竹も起きて音吹きかはす初日かな
25       
しなはねばならぬ浮世や竹の雪
26       
水仙の香やこぼれても雪の上
27       
夕顔の身は持ちにくしあきの風
28       
雪の夜やひとり釣瓶の落つる音
29       
こぼれては常の水なり紅の露
30       
水仙の香も押し合ふや年の市
31       
はつ雪やほむる詞もきのふけふ
32       
茶の花や此の夕暮を咲きのばし
33       
有る手からこぼれ初てや梅の花
34       
明ぼのも暮の姿やかへりばな
35       
すぎしさや手は届かねど松の声
36       
手の力そゆる根はなし蕪引
37       
柳から残らず動く氷かな
38       
吹き別れ吹き別れても千鳥かな
39       
ふか入りのした日の脚や山桜
40       
来て見れば森には森のあつさかな
41       
万両は兎の眼もち赤きかな
42       
朧夜や見届けたもの梅ばかり
43       
枯野行人や小さう見ゆるまで
44       
ひとつ家も摘み出す雪の若菜かな
45       
けふ来ずば人のあとにか初桜
46       
渋かろか知らねど柿の初ちぎり
47       
あさの間は空にしられぬ暑さかな
48       
犬吼て家に人なし蔦紅葉
49       
しののめやとめし蛍を置き忘れ
50       
川音の町へ出づるや後の月
51       
涼風の這入りて見えぬ紅畑
52       
十六夜や囁く人のうしろより
53       
柳にも雫みじかしはつしぐれ
54       
朝顔に釣瓶とられてもらひ水
55       
どち見むと花に狂ふやよしの山
56       
桔梗の花咲時ぽんと言ひそうな
57       
淋しさは間人にこそかんこどり
58       
鶯やよし野の沙汰に気もつかず
59       
その中に唯の雲あり初時雨
60       
ともかくも風にまかせてかれ尾花
61       
けふばかり男をつかふ田植かな
62       
夕顔も音るやくそくぞほしまつり
63       
縫物に針のこぼるる鶉かな
64       
明月や雲間につもる水の音
65       
蝶~の身の上しらぬ花野哉
66       
としの尾や柳に青う結び行く年の暮
67       
鳴く雲雀呼び戻したるかはづかな
68       
水音に濡れては帰る夕すずみ
69       
どう見ても春散る種や草のはな
70       
かけたらぬ女心や土用干
71       
夕ぐれを引きあつめてぞしかのこゑ
72       
あさがほや草臥(くたびれ)直る夜は持ず
73       
川ばかり闇は流れて蛍かな
74       
唯置て枕の塵や時鳥
75       
隣り隣りわからぬものは落葉かな落葉
76       
こがらしやすぐに落ち付く
77       
木からもののこぼるる音や秋の風
78       
唯かへる心で出たにはつざくら
79       
鶯はともあれここの初音かな
80       
取りつきて消ゆる雲あり雲の峰
81       
はつかりや通り過して声ばかり
82       
せみの音やからはその根に有ながら
83       
流れ合うてひとつぬるみや淵も瀬も
84       
とぼし灯の用意や雛の台所
85       
つくづくしここらに寺の跡もあり
86       
はつ雪や降おそろしう水の上
87       
ものの葉のまだものめかぬ余寒かな
88       
それほどにかはかぬ道やもものはな
89       
分け入れば水音ばかり春の草
90       
鑓もちや雛のかほも恋しらず
91       
としのうちの春やたしかに水の音
92       
朧夜やうたはぬ歌に行き過し
93       
涼風の植所なき住ゐかな涼風
94       
落葉まで風の物とや持歩行
95       
はつゆきは松の雫に残りけり
96       
はつ雁や山へ配れば野に足らず
97       
(つく)ばふて雲を伺がふ蛙かな
98       
秋の野や花となる草ならぬ艸
99       
だまされて来て誠なり初ざくら
100     
三日月にひしひしと物の静まりぬ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/10/27   加賀千代女(千代尼)句集 その2

2017-10-27 21:39:50 | (5)俳句



101     
明月や白きにも似ず水の音
102     
月も見て我はこの世をかしく哉
103     
あいさつはうちとの風でしまひけり涼風
104     
葉桜や知らぬむかしのものに成
105     
戻りては灯で見る庵のぼたんかな
106     
あさがほや誠は花の人ぎらひ
107     
ながれてはまた根にかへる柳かな
108     
はつあきやまだ顕はれぬ庭の色
109     
風さけて入り日涼しき菖蒲の日
110     
涼しさや梢々の吹あまり
111     
涼しさや恥かしいほど行き戻り
112     
風ごとに葉を咲き出すや今年竹
113     
里の子の肌まだ白しももの花
114     
朝の間のあづかりものや夏の露
115     
涼しさや氷室の雫々より
116     
卯の花は日をもちながら曇りけり
117     
葉も塵もひとつ台(うてな)や雪の花
118     
たち尽すものはかかしぞ后月
119     
萍を岸に繋ぐや蜘の糸
120     
ひめ百合や姿見をする子供から
121     
涼しさやあるほど出して鷺の首
122     
はつ雁や見捨てた花を草の時
123     
のちの月始めてせばきいろりかな
124     
囀りを世にや譲りて松の琴
125     
落鮎や日に日に水のおそろしき
126     
綿ぬきや蝶はもとより軽々(かろがろ)
127     
たんぽぽや折々さます蝶の夢
128     
木々の闇植ても置かず杜字
129     
鶯や梅にも問はずよそ歩行(ありき)
130     
涼風や押され合たる草と草

131     
灌仏や蔦の若葉もあゆみそめ
132     
夕立や卒爾(そつじ)な雲の一とをり夕立
133     
けふばかり背高からばや煤払
134     
しら菊や日に咲ふとはおもわれず
135     
とりあへず塵に敷きけり今朝の雪
136     
涼しさやことに八十年(やそぢ)の松の声
137     
これこそと何も見初めず今朝の秋
138     
目にむすぶ谷間々々の清水かな
139     
唯もどる道ながながし時鳥時鳥
140     
流れ合ふてひとつぬるみや淵も瀬も
141     
あさがほや鳴くとこ替ゆるきりぎりす
142     
そつと来る物に気づくや竹の雪
143     
鶯の声もさかるや藤の花
144     
夕顔や女子の肌の見ゆる時
145     
とり残す梨のやもめや後の月
146     
てふてふは寝てもすますに雲雀かな
147     
萍やとりおとしたる咲所
148     
しら菊や寒いといふもいへる比
149     
はつ雪は朝寝に雫見せにけり
150     
はつゆきや落葉拾へば穴が明く
151     
木のもとは翌の事なりはつ霞
152     
つれよりも跡へ跡へと田植かな
153     
そのわかれ浮草の花けしの花
154     
はつゆきや子供の持ちて歩行ほど
155     
こぼれてば風拾ひ行く鵆かな
156     
綿脱やまだ朝々にうそもあり
157     
しかられた畑も踏みよし後の月
158     
百とせのその日も鴫のゆふべ有る
159     
晩鐘(いりあひ)に雫もちらぬ若葉かな
160     
おぼろ夜や松の子どもに行きあたり
161     
道くさの草にはおもし大根かな
162     
風よりも雫のものぞ軒あやめ
163     
売られても秋をわすれぬ鶉かな
164     
風毎に葉を吹出すやこども竹
165     
波のうへに秋の咲なり千種貝
166     
田植唄あしたも有るに道すがら
167     
白菊や紅さいた手のおそろしき
168     
名月やはづかしの森いかばかり
169     
朝々の露にもはげず菊の花
170     
冬枯やひとり牡丹のあたたまり
171     
名月や雪踏み分けて石の音
172     
桃咲くやよし野のこころ捨ててから
173     
おもたさの目にあつまるや更衣
174     
梅が香や風のあいあい木にもどり
175     
百とせにもう一眠り柳かな
176     
蝶折々扇いで出たる霞かな
177     
沢にあるうちは名だたぬ菖蒲かな
178     
名月の舟やあそこもここもよし
179     
短夜のつのる花かや紅ばたけ
180     
蝶々のつまだてて居るしほ干かな
181     
日の脚に追はるる雲やはつしぐれ
182     
転びても笑ふてばかりひひなかな
183     
梅ちるやまつのゆふ辺も秋の声梅散る
184     
百生(ももなり)や蔓(つる)一すじの心より
185     
淡ゆきや幾筋きえてもとの道
186     
夢ながら蝶も手折や花戻り
187     
富士の笑ひ日に日に高し桃の花
188     
藤の花ながうて連(つれ)におくれけり
189     
払ふ事松もかなはず朧月
190     
冬瓜の枕さだむるかかしかな
191     
梅咲くや何が降ても春ははる
192     
年のうちの春やしらずに行くもあり
193     
梅が香や尋ぬるほどの枝にさへ
194     
朝がほや起したものは花も見ず
195     
朝の間はかたづいて居る残暑かな残暑
196     
姫ゆりやあかるい事をあちら向き
197     
名月や行きても行きても余所の空
198     
明けぼのも暮の姿やかへりばな
199     
名月やよし野の葉にも咲きあまり
200     
冬からの皺をぬがばや更衣
201     
名月や手届きならば何とせむ
202     
池の雪鴨やあそべと明けて有り
203     
着よごしたなりに春とやとしの内
204     
待つ暮も曙もなき紙衣かな
205     
梅が香や何所へ吹かるる雪女
206     
名月や唐崎の雨明けてから
207     
晩鐘に幾つか沈む尾花かな
208     
明けぼののさくらに成りて朝日かな
209     
日和々々道は薄の雫まで
210     
名月や眼に置きながら遠歩行(ありき)
211     
臓八や流るる水も物いはず

212     
名月やあかるいものに行きあたり
213     
草むらの留守に風置く雲雀かな
214     
きのふけふあしたは只のしぐれかな
215     
川音の昼はもどりて花野かな
216     
蝶々の夫婦寝あまるぼたんかな
217     
払はぬはおのが羽とや雪の鷺
218     
地に遊ぶ鳥は鳥なり初がすみ
219     
きぬぎぬのあちらにはなしほととぎす
220     
道々に残した声や蜀魂
221     
鳥は音に跡先さそふ霞かな霞
222     
名月やそのうらも見る丸硯
223     
地にとどく願ひはやすし藤の花
224     
梅の花咲日は木々に雫あり
225     
日の脚の道付きかへる茂りかな
226     
二むかしつもる目はなし松の華松の花
227     
晩鐘に散り残りたる暑さかな
228     
髪を結ふ手の隙明きて炬燵かな
229     
明てから蔦となりけり石燈篭
230     
分け入れば風さへきえて諌鼓鳥
231     
田はもとの地に落ち付くや初時雨
232     
桃の色目におさまりて富士見かな
233     
蝶々の身の上しらぬ花野かな花野
234     
白い手の鳥追もあり若菜畑
235     
末の世に流れてぬるみ増さりけり
236     
朝顔は蜘のいとにも咲にけり
237     
梅の月浪の間に間に二見かな
238     
明ぬれどいよいよ白し初桜
239     
道もその道に叶ふてもの涼し
240     
虫の音や野におさまりて庭の内
241     
けふに成て草臥(くたびれ)おかし菊作り
242     
道くさに蝶も寝させぬ花見かな
243     
朝起もひとつに年はくれにけり年の暮
244     
蝶々や何を夢見て羽づかひ
245     
文月や空にまたる上ひかりあり文月
246     
梅が香や朝々氷る花の陰
247     
名月や留主の人にも丸ながら
248     
晩鐘の耳失ふやけふの月
249     
文月の返しに落る一葉かな
250     
早乙女やわかな摘たる連(つれ)も有り





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/10/27  加賀千代女(千代尼)句集 その3

2017-10-27 21:36:46 | (5)俳句



251     
万歳やもどりは老のはづかしく
252     
鶴ひとつ何のこころや梅の花
253     
聞く人の目の色狂ふ鶉かな
254     
短冊は風をあつかふさくらかな
255     
晩鐘(いりあひ)を空におさゆるさくらかな
256     
鶴のあそび雲井にかなふ初日かな
257     
唐崎の昼は涼しき雫かな
258     
梅咲や水さへ水にならぬ折
259     
脱ぎ捨ての山につもるや更衣
260     
草の戸や手によごれたる花も咲く
261     
虫の音に心も置かず降る夜かな
262     
鳥影も葉に見て淋し冬の月
263     
おもひ出した様な春なりとしのうち
264     
二日三日身の添ひかぬる袷かな
265     
梅が香や谷へむかいに行戻り
266     
福わらや御所の裾にも袂にも
267     
昼の夢ひとりたのしむ柳かな
268     
風の手にけふまで入りぬわかなかな
269     
道くさも手のうつくしき清水かな
270     
蝶々やをなごの道の跡や先
271     
冬の梅咲やむかしのあたたまり
272     
道くさも数のうちなり若菜
273     
かささぎや別れの橋は懸けねども
274     
朝がほや星のわかれをあちら向
275     
梅が香につれ立つ日さへまだ寒し
276     
朝がほや裾は日もまつ草の花
277     
潜るとて剃りはせねども山桜
278     
けふばかり見てすむものを菊の花
279     
桃咲や幾度馬に行きあたり
280     
名月や何所までのばす富士の裾
281     
短夜のうらみもどすや五月雨
282     
鉢たたき夜毎に竹を起しける鉢叩
283     
日はながし卯月の空もきのふけふ
284     
風の日は余所の仕事を鳴子かな
285     
釣竿の糸吹そめて柳まで
286     
浮草に我は根の付く涼みかな
287     
きぬぎぬは月にもありて明けをしみ
288     
釣竿の糸にさはるや夏の月
289     
梅が香や戸の開く音はおぼえねど
290     
かざらぬは初音も来よし庭の竹
291     
あさがほはその日に逢ふて仕舞ひけり
292     
蝶々や裾から戻る位(くらい)
293     
独り聞く我にはほしき鹿の声
294     
朝の日の裾にとどかぬ寒さかな
295     
万歳の口や真砂は尽きるとも
296     
脱捨ての笠着て啼くやきりぎりす
297     
おもひ切てこちら向く時ほととぎす
298     
名月や人に押合ふ鳥の影
299     
梅が香や鳥は寝させてよもすがら
300     
男さへきかれぬものをほととぎす
301     
地も雲に染まらぬはなきすみれかな
302     
朝がほや夏の夜ならば夢の内
303     
かたびらの襟にはくさし荻の音
304     
きじ啼くや土いろいろの草となる
305     
名月や鳥も寝ぐらの戸をささず
306     
きく畑や花の行方は雲井まで
307     
名月や闇を尋ぬる鳥もあり
308     
竹の子やその日のうちに一人立
309     
梅が香やことに月夜の面白し
310     
千秋を咲きむすびてや草の庵
311     
言ひさして見直す人や朧月
312     
降りさしてまた幾所(いくとこ)か初しぐれ
313     
青柳は何所に植ても静なり
314     
舟からはちかしとむかふ月見かな
315     
うち外を鳥の仕事や神の花
316     
松風を植えて聞きたしくもの嶺
317     
若くさや駒の寝起もうつくしき
318     
手の跡を雪のうけとる若菜かな
319     
手あぐれば結びめのなき清水かな
320     
若竹の風は日に日にかわりけり
321     
七くさや翌からは目の地につかず
322     
七種のひびきからある水の音
323     
寝た草の馴染はづかし帰り花
324     
七くさや我は背戸にてよみ尽し
325     
初空や袋も山の笑ひより
326     
秋たつやはじめて葛のあちら向
327     
初雁やならべて聞くはおしい事
328     
降らいでもぬるる名のあるあやめかな
329     
初雪や水へも分けず橋の上
330     
仕事なら暮るるおしまじ若なつみ
331     
色に出て竹も狂ふや蔦紅葉蔦
332     
春の夜の夢見て咲や帰花
333     
人音を鶴もしたふて若菜かな
334     
初雪や鴉の色の狂ふほど
335     
手のちからそゆる根はなしかぶら引
336     
若水や藻に咲く花もこの雫
337     
秋たつやきのふのむかし有の儘
338     
春めかぬ詞づかひやとしの内
339     
見送るに目のはなされぬ花野かな
340     
春雨やうつくしうなる物ばかり
341     
青柳や地の果もなき水の上
342     
秋立や風幾たびも聞き直し
343     
若くさや尾の顕はるる雉子の声
344     
松竹や世にほめらるる日の始
345     
おそろしのよりやもどりて藤の花
346     
若竹と成て千里も遠からず
347     
青き葉の目にたつころや竹の雪
348     
声なくば鷺うしなはむ今朝の雪
349     
散る事を待つとはおかし餅の花
350     
七草やあまれどたらぬものも有り




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/10/27  加賀千代女(千代尼)句集 その4

2017-10-27 21:29:53 | (5)俳句

351      うのはなの闇に手のつく若葉かな
352     
水鳥の背の高成るしぐれかな
353     
(しぎ)たつや余所のわかれに暮まさり
354     
うら町の鼾(いびき)あかるしけふの月
355     
見て戻る人には逢はず初桜
356     
見る人も粗相ななりや初ざくら
357     
初蝉や風にも用のある日から
358     
見送れば墨染に成り花になり花
359     
吹き吹けど花に欲なし鳳巾(いかのぼり)紙鳶
360     
十のもの幾つの春ぞ年のうち
361     
うぐひすや冬そのままの竹もあり
362     
人あしに鷺も消るやわかなの野
363     
山のすそ野の裾むすぶ清水かな
364     
うぐひすや初音に聞くは幾所
365     
松の葉もよみつくすほど涼けり
366     
見るうちに月の影減る落葉かな
367     
今日のきく独り咲きではなかりけり
368     
うぐひすや都ぎらひの竹の奥
369     
あかるうてわからぬ水やけふの月
370     
子の闇に鶏も迷ふやゆふ涼夕涼
371     
初花やまだ松竹は冬の声
372     
秋の部へこぼれてはべる暑さかな残暑
373     
若くさや帰り路はその花にまつ
374     
吹くたびにあたらしうなる千どりかな
375     
山彦は他所(よそ)の事なりわかな摘
376     
行く水におのが影追ふ蜻蛉かな
377     
(やど)りして笘(とま)とはならぬ燕かな
378     
十六夜の闇をこぼすや芋の露
379     
七草やつれにかえ合ふ草もあり
380     
鷺の雪降りさだめなき枯野かな
381     
水のうへに置く霜流す落葉かな
382     
初秋やまだうつくしい水の音
383     
初雪や根の付きさうな竹の間(あひ)
384     
うぐひすや声からすとも富士の雪

385     
おくらばや清水に影の見ゆるまで
386     
秋風のいふままになる尾花かな
387     
水の書き水の消したり杜若
388     
吹く事をわすれて見るや竹の雪
389     
春雨や土の笑ひも野に余り
390     
行さきでまた我に逢ふ清水かな
391     
折々の日のあし跡や冬のむめ
392     
行く秋の声も出づるや瓢から
393     
水に添はばまた名もあらむ白ぼたん
394     
行としやもどかしきもの水ばかり行く年
395     
世の花を丸うつつむや朧月
396     
青柳のけふは短かき汐干かな
397     
松風もおのがのにして蝉の声
398     
指折れば翌(あす)へもかかる牡丹かな
399     
うぐひすや又言ひなほし言ひなほし
400     
うのはなは日をもちながら曇りけり
401     
おぼろ夜やそれではなうて人は人
402     
山蔭やここもとの日は紅の花
403     
山彦をつれて歩行や鉢たたき鉢叩
404     
初がすみたつや二見のわかるほど
405     
初空や鳥はよし野のかたへ行く
406     
行く秋や持()て来た風は置きながら
407     
吹きつもる塵出なをして松の花松の花
408     
折ふしは雲のうしなふひばりかな
409     
山吹のほどけかかるや水の幅山吹
410     
見るうちにわすれて仕舞ふ柳かな
411     
三つ五つまではよみたる千鳥かな
412     
山彦は宵に一戻るやのちの月
413     
山吹や柳に水のよどむころ山吹
414     
手折らるる人に薫るや梅の花
415     
枯野行く人や小さう見ゆるまで
416     
初雪や麦の葉先きを仕舞ひかね
417     
初雪や見るうちに茶の花は花
418     
行く秋やひとり身をもむ松の声
419     
塵と見て露にもぬれそ萩の花
420     
清水には裏も表もなかりけり
421     
拾ふものみな動くなり塩干潟
422     
水にうくものとは見えぬ霰かな
423     
水仙は香をながめけり今朝の雪水仙・雪
424     
おそろしき根を恥ぢ入りて柳かな
425     
行としや連だつものは何と何行く年
426     
青々と見えて根のある清水かな
427     
水の色赤うなりてや鹿の声
428     
青柳やどちらの世話で水の音
429     
声たてぬ時がわかれぞ猫の恋
430     
子ども手にかなふ盛りや菊の花
431     
うぐひすは人も寝させで初音かな
432     
水仙は名さへつめたう覚えけり水仙
433     
子規聞人(ききて)の口もとぢて置く
434     
手をうちていやそちでなし竹の雪
435     
人中を潜(くぐ)る欲なき月見かな
436     
若菜摘けふより花の道広し
437     
初しぐれ風もぬれずに通りけり
438     
初ゆきや風のねぶりのさむるまで
439     
牽牛子やをのが蔓かと蔦に咲く
440     
手折らるる花から見ては柳かな
441     
女子どし押てのぼるや山ざくら
442     
折々は霧にもあまる紅葉かな
443     
降るものに根をそそぎたる蕪かな
444     
七くさや都の文を見る日数
445     
山彦の口まね寒きからすかな
446     
咲々も果はうそなり帰花
447     
行く春の水そのままや杜若
448     
青柳の朝寝をまくる霞かな
449     
見ぬものを見るより嬉しさくら花
450     
水音は水にもどりて水鶏かな
451     
うぐひすは起こせどねぶる柳かな
452     
春雨にぬれてや水も青う行く
453     
雪の有るものにきかすな松の声
454     
咲く事に日を撰ばずや梅の花
455     
松風のぬけて行きたるしぐれかな
456     
根を置てけふももどらぬ柳かな
457     
耳遠い事でもあるかきじのこゑ
458     
紅さいた口もわするるしみづかな
459     
七草や雪を払へばそれでなし
460     
根は切れて極楽にあり枯尾ばな枯尾花
461     
雫かと鳥もあやぶむぶだうかな
462     
若みづや迷ふ色なき鷺の影
463     
初雁や声あるものを見失ひ
464     
身あがりや雲雀の篭も地に置ず雲雀
465     
ふみ分けて雪にまよふや猫の恋
466     
音添ふて雨にしづまる砧かな
467     
ももさくや名は何とやらいふ所
468     
鶏の声つもりし耳やほととぎす
469     
何里ほど我が目のうちぞ雲のみね
470     
牽牛花(あさがほ)やまだ灯火の影も有り
471     
音ばかり筧(かけひ)失なふあやめかな
472     
芦間から風の拾ふや捨小舟
473     
眼にさわる鳥は消たり雲の峰
474     
ゆふがほや物のかくれてうつくしき
475     
鶏頭やまことの声は根に遊び
476     
蚊屋つりの草もさげてや花御堂
477     
ゆふぐれを余所(よそ)に預けてもみぢかな
478     
黄鳥のものに倦く日か竹の奥
479     
みよし野は余所の春ほど帰り華
480     
あつき日や指もさされぬ紅畠
481     
音をいかに雲井にむすぶ郭公
482     
わかたけや雀の耳に這入る時
483     
一いろのあまりは白き若なかな
484     
蛙鳴てその蓑ゆかし浜つたひ
485     
花までは出惜しむ足を若菜かな
486     
月見にも陰ほしがるや女子達
487     
ほし合や心して行く雲の脚
488     
雉子のつま隠し置きたる薄かな
489     
月の夜の桜に蝶の朝寝かな
490     
結ぶ手にあつさをほどく清水かな
491     
まだ鹿の迷ふ道なり初しぐれ
492     
我裾(すそ)の鳥も遊ぶやきそはじめ
493     
京へ出て目にたつ雲や初時雨
494     
みよし野に闇一結び柳かな
495     
菊畑やけふ目に見ゆる足の跡
496     
ゆふがほの宿や茶の香も水くさき
497     
(くら)からぬ空はともあれ初もみぢ
498     
わかみづや流るるうちに去年ことし
499     
いなづまの裾をぬらすや水の上
500     
荻も穂に出るや星のあそびより




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/10/27  加賀千代女(千代尼)句集 その5

2017-10-27 20:53:57 | (5)俳句


501     
ものの音水に入る夜やほととぎす
502     
ゆふがほは朝々もどるさかりかな
503     
いざよひや今あそこにて見ゆる雁
504     
ゆふかぜに蜘も影かる牡丹かな
505     
あすの夜は寝させてくれよ蜀魂
506     
花にとは願はず雪のみそさざゐ
507     
海士の子に習らはせて置く汐干かな
508     
まだ顔の空へはおもし初霞
509     
ゆふだちの道よりもなし日和山夕立
510     
雨ぐもにはらのふくるる蛙かな
511     
近道によき事ふたつ清水かな
512     
よし野から鳥も戻るや桃の華桃の花
513     
影坊も出てば隠るる后(のち)の月
514     
荻の葉のもの言ひがほやけさの秋
515     
まだ神のむすばぬも出て田植かな
516     
いなづまも鴉の声にわかれけり
517     
いざよひの闇や恥かく人もあり
518     
影坊の森ではぐるる涼かな
519     
何着てもうつくしうなる月見かな
520     
まつかぜも小声になるやふぢのはな
521     
花と針の心問ひたき茨かな
522     
仰向いて見る人もなきしぐれかな
523     
菊の香や茶に押し合ふもこの日より
524     
よき事の目にもあまるや花の春
525     
蚊屋の浪かほにぬるるや今朝の秋
526     
をしなべて声なき蝶も法(のり)の場(には)
527     
菊咲て余の香は草に戻りけり

528     
いろいろを石に仕あげてかれのかな
529     
花の香にうしろ見せてや更衣
530     
菊畑や夢に彳(たたず)むむ八日の夜
531     
花となり雫となるや今朝の雪
532     
乙鳥(つばめ)来てあゆみそめるや舟の脚
533     
結ぼうと解かうと風のやなぎかな
534     
近道を来て日の足らぬ清水かな
535     
花もりや人の嵐は昼ばかり
536     
九重の人も見え透くしぐれかな
537     
月の夜や石に出て啼くきりぎりす
538     
芦の葉にすはらぬ尻となりにけり
539     
下闇に居りわすれてや飛ぶ蛍
540     
よしあしの穂に顕はれて二見かな
541     
垣間より隣あやかる牡丹かな
542     
わたぬきやはじめて夜着のおそろしき
543     
ほし逢ひや月入までは何の蔭
544     
駈け出でる駒も足嗅ぐすみれかな
545     
もえしさる草何々ぞ春の雨
546     
むすばれて蝶も昼寝や糸ざくら
547     
むめが香や石もかほ出す雪間より
548     
わが風で我吹おとす胡蝶かな
549     
花は桜まことの雲は消にけり
550     
仰むけばきれいにあつしくもの峰
551     
何にすれて端々(はしばし)青し山ざくら
552     
塩竈のほそう立つ日は暑さかな
553     
下冷を咲きあたためよ道の草
554     
もどかしや香はとどけどもんめの花
555     
ある折はうそにも落ちて雲雀かな
556     
あそびたい心のなりや藤の花
557     
卯の花や垣の結目も降りかくし
558     
むさし野に声はこもらず行々子
559     
雲のゆかりそれかとばかり杜若
560     
夏の夜のちぎりおそろし橋の霜
561     
隠れ家も色に出にけり桃の花
562     
九十九を他所に持たる瓢(ひさご)かな
563     
隠すべき事もあれなり雉の声
564     
閏月のそのめも見えず年のくれ年の暮
565     
蓋とりてつめたきかざや氷餅
566     
菊咲てけふまでの世話わすれけり
567     
温泉の山や秋の夕べは余所の事
568     
ふたつみつ夜に入りそうな雲雀かな
569     
(しづ)かさは何の心や春のそら
570     
荻の声のこるあつさを隙で居る残暑
571     
穴の明く松風もなし朧月
572     
あがりては下を見て鳴くひばりかな
573     
下萌えや水仙ひとり立ちしざり
574     
いざよひやいざよいと言果てぬうち
575     
起あがる鳥もあるべし子規
576     
花や葉に恥ずかしいほど長瓢
577     
稲妻や何にしるしをつけて行く
578     
琴の音の我にかよふや今朝のあき
579     
鶏頭やならべてものの干して有り



加賀千代女 Wiki

『加賀千代女(かが の ちよじょ、1703年(元禄16年)- 1775102日(安永498日))は、俳人。号は草風、法名は素園。千代、千代尼などとも呼ばれる。

朝顔を多く歌っていることから、出身地の旧松任市では市のシンボル、合併後の現・白山市では市の花に選ばれた。白山市では市民の栽培も盛んで、同市が毎年開く千代女あさがおまつりで花の出来映えが競われている。白山市中町の聖興寺に、遺品などを納めた遺芳館がある。

生涯
加賀国松任(今の白山市)で、表具師福増屋六兵衛の娘として生まれた。一般庶民にもかかわらず、幼い頃から俳諧をたしなんでいたという。

12
歳の頃、奉公した本吉の北潟屋主人の岸弥左衛門(俳号・半睡、後に大睡)から俳諧を学ぶための弟子となる。16歳の頃には女流俳人として頭角をあらわした。[1]

17
歳の頃、諸国行脚をしていた各務支考が地元に来ていると聞き、宿に赴き弟子にさせてくださいと頼むと、「さらば一句せよ」と、ホトトギスを題にした俳句を詠むよう求められる。千代女は俳句を夜通し言い続け、「ほととぎす郭公(ほととぎす)とて明にけり」という句で遂に支考に才能を認められ、指導を受けた。その事から名を一気に全国に広めることになった。

結婚したか否かについては説がわかれている[2]。結婚説では1720年(享保5年)、18歳のとき金沢の福岡某(一説に金沢大衆免大組足軽福岡弥八)に嫁ぐが、20歳の時、夫に死別し松任の実家に帰ったとする。結婚に際して、「しぶかろかしらねど柿の初ちぎり」という句を残したという伝もあるが、しかし「しぶかろか」の句は千代女の句集になく、結婚経験があるかどうかも確証はない[3]

30
歳の時、京都で中川乙由にあう。画を五十嵐浚明に学んだ。52歳には剃髪し、素園と号した。72歳の時、与謝蕪村の『玉藻集』の序文を書く。1775年(安永4年)、73歳で没。辞世の句は、「月も見て我はこの世をかしく哉」。1,700余の句を残したといわれている。

誤説
   
「起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな」が千代女の句として広く流布しているが、実は千代女の作ではなく、彼女以前に元禄時代の浮橋という遊女が詠んだ句である。
   
一茶が引用した「蜻蛉釣り今日は何処まで行ったやら」の句も、生涯1,700余りの句の中になく伝説と見られる。

句集
 
「四季帖」
 
「千代尼句集」
 
「松の声」
...』(Wikipedia



【データ】

加賀千代女 日本俳句研究会
https://jphaiku.jp/haizinn/tiyojo.html


白山市 加賀の千代女
http://www.city.hakusan.ishikawa.jp/kankoubunkabu/bunkasinkou/senzin/cuiyojyo.html


千代女の里俳句館

http://haikukan.city.hakusan.ishikawa.jp/index.html




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/07/03  加藤楸邨の俳句  その1

2017-07-03 22:04:45 | (5)俳句


楸邨忌に当たって、利用できる俳句を調べてみた。
2,000
句もありすべてを掲載するのも適当ではないので、四分の一程にしてみた。


『加藤 楸邨(かとう しゅうそん、1905年(明治38年)526- 1993年(平成5年)73日)は日本の俳人、国文学者。本名は健雄(たけお)。水原秋桜子に師事、はじめ「馬酔木」に拠ったが、苦学する中で同誌の叙情的な作風に飽き足らなくなり、人間の生活や自己の内面に深く根ざした作風を追求、石田波郷、中村草田男らとともに「人間探求派」と呼ばれた。戦後は戦災や社会運動への参加などを経て幅の広い作風を展開、また主宰した「寒雷」では伝統派から前衛派まで多様な俳人を育てた。
...』(Wikipedia



・寒雷やびりりびりりと真夜の玻璃(『寒雷』)
・鰯雲人に告ぐべきことならず
・蟇(ひきがへる)誰かものいへ声かぎり(『台風眼』)
・隠岐やいま木の芽をかこむ怒涛かな(『雪後の天』)
・火の奥に牡丹崩るるさまを見つ(『火の記憶』)
・雉の眸(め)のかうかうとして売られけり(『野哭』)
・鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる(『起伏』)
・木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
・おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ
・おぼろ夜の鬼ともなれずやぶれ壺
・かなしめば鵙金色の日を負ひ来
・こがらしや女は抱く胸をもつ
・さえざえと雪後の天の怒濤かな
・さむきわが影とゆき逢ふ街の角
・しづかなる力満ちゆきばつたとぶ
・その冬木誰も瞶めては去りぬ
・つひに戦死一匹の蟻ゆけどゆけど
・どこやらに硝子がわれぬ桐の花
・はたとわが妻とゆき逢ふ秋の暮
・ふくろふに真紅の手毬つかれをり
・まぼろしの鹿はしぐるるばかりなり
・みちのくの月夜の鰻あそびをり
・チンドン屋枯野といへど足をどる
・バビロンに生きて糞ころがしは押す
・パン種の生きてふくらむ夜の霜
・二人して楤たらの芽摘みし覚えあり
・今も目を空へ空へと冬欅
・伊勢海老の月にふる髭煮らるると
・冬の鷺あな羽搏たんとして止みぬ
・冬嶺に縋りあきらめざる径曲り曲る
・冬生に家なし死に墓なし
・冴えかへるもののひとつに夜の鼻
・十二月八日の霜の屋根幾万
・原爆図中口あくわれも口あく寒
・吹越に大きな耳の兎かな
・四角な冬空万葉集にはなき冬空
・天の川わたるお多福豆一列
・天の川怒濤のごとし人の死へ
・天の川法螺吹き男ふとなつかし
・天の川鷹は飼はれて眠りをり
・寒卵どの曲線もかへりくる
・寒雷やびりりびりりと真夜の玻璃
・屋上に見し朝焼のながからず
・年賀やめて小さくなりて籠りをり
・恋猫の皿舐めてすぐ鳴きにゆく
・日本語をはなれし蝶のハヒフヘホ
・春愁やくらりと海月くつがへる
・木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
・枯れゆけばおのれ光りぬ枯木みな
・梨食ふと目鼻片づけこの乙女
・死にたしと言ひたりし手が葱刻む
・死ににゆく猫に真青の薄原
・死ねば野分生きてゐしかば争へり
・死や霜の六尺の土あれば足る
・毛糸編はじまり妻の黙はじまる
・水温むとも動くものなかるべし
・浅蜊椀無数の過去が口開く
・満月やたたかふ猫はのびあがり


【データ】

加藤楸邨
Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%A5%B8%E9%82%A8



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/07/03  加藤楸邨の俳句  その2

2017-07-03 22:02:29 | (5)俳句

・我が名楸邨汗の沈黙に呟かる
・初鶏や家中柱ひきしまり
・薺爪つむしばらくが女の眼
・子に来るもの我にもう来ず初暦
・猿曳を見しは葛飾波郷ゐて
・初日の出塩壷に手をさしこめば
・元日の沼のしづけさに来て触れぬ
・てのひらが年立つものの初めかな
・木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
・落日のふと寒木瓜の朱を点ず
・山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ
・鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
・梟の憤りし貌ぞ観られゐる
・鷹の目の瞶るものを瞶てつひにかなし
・飴なめて流離悴むこともなし
・殿上に貧書生わが咳ひびけり
・牡蠣を剥くをりをり女同士の目
・炭負のよく見れば目を瞠りゐる
・子がかへり一寒燈の座が満ちぬ
・毛糸編はじまり妻の黙はじまる
・外套の襟立てて世に容れられず
・湖氷る大きな朝にあひにけり
・冬の浅間は胸を張れよと父のごと
・寒雷やびりりびりりと真夜の玻璃
・落葉松はいつめざめても雪降りをり
・黄檗の冬日しんかんたる石廊
・霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び
・原爆図中口あくわれも口あく寒
・烏瓜朱なり水ゆく無明かな
・桔梗を焚きけぶらしぬ九谷窯
・椋の実に旅も果なる一日かな
・胡桃焼けば灯ともるごとく中が見ゆ
・柿色の日本の日暮柿食へば
・しづかなる力満ちゆき*はたはたとぶ
・わが影の我に収まるきりぎりす
・かなしめば鵙金色の日を負ひ来
・燕はやかへりて山河音もなし
・峡の温泉はひそやかなれど星祭
・隠岐の子の篁ふかき囮かな
・籾焼のけぶりをかぶりたがる子よ
・関の址障子を洗ふ音ばかり
・つゆじもの烏がありく流離かな
・蚊帳出づる地獄の顔に秋の風
・鰯雲人に告ぐべきことならず
・身に沁みて礁を越ゆる夜の潮
・青鬼灯武蔵野少し残りけり
・白き蘭やがて匂へり見つつあれば
・古廂のうぜんかづらは夜空もつ
・夾竹桃しんかんたるに人をにくむ
・蟻殺すしんかんと青き天の下
・火取虫翅音重きは落ちやすし
・市にして赤*えいの刺没日赤し
・青葉木菟霧ふらぬ木はなかりけり
・野馬追も少年の日も杳かなる
・金魚売露地深く来て汗拭ふ
・嶺の星いろをかへたるキャンプかな
・青蚊帳に茂吉論などもう寝ねよ
・白地着てこの郷愁の何処よりぞ
・山刀伐に虹かかれよと虹の橋
・鉄の刃の鉄を截りとる夏まひる
・花の奥より蕾駈け出づ桜草
・鳥の名を知らねば仰ぎ松の花
・枸杞青む日に日に利根のみなとかな
・隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな
・満山の仏とあそぶ夏蜜柑
・花うぐひ鰭かさぬれば虹が冴ゆ
・雉子の眸のかうかうとして売られけり
・恋猫の皿舐めてすぐ鳴きにゆく
・鞦韆を下りきて僧の無言かな
・麦を踏む父子嘆を異にせり
・かうかうと雪代が目に眠られず
・水温むとも動くものなかるべし
・春陰や巌にかへりし海士が墓
・おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ
・啓蟄の雲にしたがふ一日かな
・冴えかへるもののひとつに夜の鼻
・燐寸摺りてゴビの砂漠の虫を見き



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/07/03  加藤楸邨の俳句  その3

2017-07-03 21:58:16 | (5)俳句

・濤ならむまこと明るく松の花
・天草の匂へる闇の終列車
・夏蓬やあまりに軽く骨置かる
・葛の花夜空ほとほと滴れり
・貧しさの果もなかりし蓼の花
・四囲の音聴き澄ますとき冬深く
・春の闇癒えゆく肋触れらるる
・きりきりと髪切虫の昼ふかし
・寂として万緑の中紙魚は食ふ
・破蓮の一日二日は蝶も来ぬ
・夜光蟲闇より径があらはれ来
・渤海の秋夕焼やすぐをはる
・わが咳がたたしめし冬の蝶は舞ふ
・青蔦の静かな夜の深みどり
・雉子の眸のかうかうとして売られけり
・浅蜊椀無数の過去が口ひらく
・何もかも瓜まで小さく夢失せき
・蟇誰かものいへ声かぎり
・声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て
・啄木鳥や人は世にゐて声も褪せ
・蔦の葉の枯れゆくひかり火の夜空
・踏みこんでもはやもどれず花八ッ手
・死や霜の六尺の土あれば足る
・木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
・節分の豆にまじろぎ檻の鷲
・のぼり鮎すぎてまた来る蕗の雨
・稲負ふや左右にはしる山の翼
・朝寒く鎖は軋る船二つ
・冴えかえるもののひとつに夜の鼻
・鳥雲に隠岐の駄菓子のなつかしき
・露の蕪抜いておどろく声洩らす
・はるかなこゑ「茶の花がもう咲いてます」
・犬の背で濡手拭ひて茄子を買ふ
・喪の家へ夏灯つづけり蛾と沿ひゆく
・楓の芽もはらに燃えてしづかなり
・隠岐や今木の芽をかこむ怒濤かな
・雲はみな動きめぐるや更衣
・この雨や紫苑の秋となりし雨
・静かなる午前を了へぬ桐一葉
・若芝にノートを置けばひるがへる
・静かなる日や泣初もすみたれば
・枸杞の実のさびしさも夜を越えざりき
・青き胡瓜ひとり噛みたり酔さめて
・大阪に曳き来し影も秋めきぬ
・花吹雪仔を咥へたる犬何処まで
・鶏頭をはなれたる目の行方なし
・虹のもと童行き遭へりその真顔
・麦の芽をてんてんと月移りをり
・貧交や寒鮒の目のいきいきと
・茄子漬や雲ゆたかにて噴火湾
・蜂の巣の下おのづから瞼閉づ
・蓑虫や宙明るすぎ土暗すぎ
・澄みとほる天に大綿うまれをり
・駒とめて野馬追の武者水を乞ふ
・咳けば夜も眼中の火と闘ひぬ
・病める蚕を見つつすべなし夜の暴風雨
・焼土も蟻穴を出て走るなり
・やどかりの必死は螺の殻の中
・雉子の眸のかうかうとして売られけり
・巣立鳥ひねもす雲のいらだてる
・吹かるるもの孕雀と我等夫婦
・玉虫の曇れば光身にかかる
・寒木瓜のほとりにつもる月日かな
・炭取とならび老いゆく岩魚取
・西瓜切るきらりきらりと肘ゑくぼ
・金蝿のこどくに生きて何をいふ
・水芭蕉しづかな時間通りけり
・とび終りたる蟷螂が鶏の前
・吹かるるもの孕み雀と我等夫婦
・深息や大綿を辺に漂はす
・夾竹桃しんかんたるに人をにくむ
・夏蚕いまねむり足らひぬ透きとほり
・火取虫羽音重きは落ちやすし
・冬の虫言はぬ一言とはに生く
・キャンプの火上れる空の穂高岳
・山ざくら石の寂しさ極まりぬ
・父に子に明日への希ひ蓮の実とぶ
・まんさくに滝のねむりのさめにけり
・蜜柑吸ふ目の恍惚をともにせり
・すいつちよの髭ふりて夜のふかむらし
・鉄壁の心の隙に風鈴鳴る
・大鷲の爪あげて貌かきむしる
・夕焼の雲より駱駝あふれきつ
・巣燕見るおしくらまんぢうの押され役
・鰤起し腹に徹りて風邪癒えぬ
・秋蝉のこゑ澄み透り幾山河
・冷かに目の奥を歩みゐたりけり
・屋上に見し朝焼のながからず
・茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも
・非は常に男が負ひぬ帰る雁
・冷し馬の目のほのぼのと人を見る
・だまり食ふひとりの夕餉牡蛎をあまさず
・著莪の花白きに湧きて雲絶えず

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/07/03  加藤楸邨の俳句  その4

2017-07-03 21:45:02 | (5)俳句


・濤ならむまこと明るく松の花
・天草の匂へる闇の終列車
・夏蓬やあまりに軽く骨置かる
・葛の花夜空ほとほと滴れり
・貧しさの果もなかりし蓼の花
・四囲の音聴き澄ますとき冬深く
・春の闇癒えゆく肋触れらるる
・きりきりと髪切虫の昼ふかし
・寂として万緑の中紙魚は食ふ
・破蓮の一日二日は蝶も来ぬ
・夜光蟲闇より径があらはれ来
・渤海の秋夕焼やすぐをはる
・わが咳がたたしめし冬の蝶は舞ふ
・青蔦の静かな夜の深みどり
・雉子の眸のかうかうとして売られけり
・浅蜊椀無数の過去が口ひらく
・何もかも瓜まで小さく夢失せき
・蟇誰かものいへ声かぎり
・声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て
・啄木鳥や人は世にゐて声も褪せ
・蔦の葉の枯れゆくひかり火の夜空
・踏みこんでもはやもどれず花八ッ手
・死や霜の六尺の土あれば足る
・木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
・節分の豆にまじろぎ檻の鷲
・のぼり鮎すぎてまた来る蕗の雨
・稲負ふや左右にはしる山の翼
・朝寒く鎖は軋る船二つ
・冴えかえるもののひとつに夜の鼻
・鳥雲に隠岐の駄菓子のなつかしき
・露の蕪抜いておどろく声洩らす
・はるかなこゑ「茶の花がもう咲いてます」
・犬の背で濡手拭ひて茄子を買ふ
・喪の家へ夏灯つづけり蛾と沿ひゆく
・楓の芽もはらに燃えてしづかなり
・隠岐や今木の芽をかこむ怒濤かな
・雲はみな動きめぐるや更衣
・この雨や紫苑の秋となりし雨
・静かなる午前を了へぬ桐一葉
・若芝にノートを置けばひるがへる
・静かなる日や泣初もすみたれば
・枸杞の実のさびしさも夜を越えざりき
・青き胡瓜ひとり噛みたり酔さめて
・大阪に曳き来し影も秋めきぬ
・花吹雪仔を咥へたる犬何処まで
・鶏頭をはなれたる目の行方なし
・虹のもと童行き遭へりその真顔
・麦の芽をてんてんと月移りをり
・貧交や寒鮒の目のいきいきと
・茄子漬や雲ゆたかにて噴火湾
・蜂の巣の下おのづから瞼閉づ
・蓑虫や宙明るすぎ土暗すぎ
・澄みとほる天に大綿うまれをり
・駒とめて野馬追の武者水を乞ふ
・咳けば夜も眼中の火と闘ひぬ
・病める蚕を見つつすべなし夜の暴風雨
・焼土も蟻穴を出て走るなり
・やどかりの必死は螺の殻の中
・雉子の眸のかうかうとして売られけり
・巣立鳥ひねもす雲のいらだてる
・吹かるるもの孕雀と我等夫婦
・玉虫の曇れば光身にかかる
・寒木瓜のほとりにつもる月日かな
・炭取とならび老いゆく岩魚取
・西瓜切るきらりきらりと肘ゑくぼ
・金蝿のこどくに生きて何をいふ
・水芭蕉しづかな時間通りけり
・とび終りたる蟷螂が鶏の前
・吹かるるもの孕み雀と我等夫婦
・深息や大綿を辺に漂はす
・夾竹桃しんかんたるに人をにくむ
・夏蚕いまねむり足らひぬ透きとほり
・火取虫羽音重きは落ちやすし
・冬の虫言はぬ一言とはに生く
・キャンプの火上れる空の穂高岳
・山ざくら石の寂しさ極まりぬ
・父に子に明日への希ひ蓮の実とぶ
・まんさくに滝のねむりのさめにけり
・蜜柑吸ふ目の恍惚をともにせり
・すいつちよの髭ふりて夜のふかむらし
・鉄壁の心の隙に風鈴鳴る
・大鷲の爪あげて貌かきむしる
・夕焼の雲より駱駝あふれきつ
・巣燕見るおしくらまんぢうの押され役
・鰤起し腹に徹りて風邪癒えぬ
・秋蝉のこゑ澄み透り幾山河
・冷かに目の奥を歩みゐたりけり
・屋上に見し朝焼のながからず
・茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも
・非は常に男が負ひぬ帰る雁
・冷し馬の目のほのぼのと人を見る
・だまり食ふひとりの夕餉牡蛎をあまさず
・著莪の花白きに湧きて雲絶えず




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/07/03  加藤楸邨の俳句  その5

2017-07-03 21:42:56 | (5)俳句


・兄弟の夕餉短し冷奴
・驟雨下の合掌部落三時打つ
・夕焼けて蘇枋咲くさびしさに逢へり
・荒東風の涛は没日にかぶさり落つ
・寒雷やびりりびりりと真夜の玻璃
・原爆図中口あくわれも口あく寒
・行く鴨のまことさびしき昼の雨
・萱の穂の稚き月を眉の上
・交る蜥蜴くるりくるりと音もなし
・木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
・税吏汗し教師金なし笑ひあふ
・今は亡き子よ噛めば数の子音のして
・恋猫の皿舐めてすぐ鳴きにゆく
・雪割りて真青な笹ひらめかす
・鰍突きまぶしその臀充実す
・五月富士屡々湖の色かはる
・花を拾へばはなびらとなり沙羅双樹
・君子蘭蟻頭をふりて頂に
・笑む少女あけびの種をもてあます
・鳥雲に隠岐の駄菓子のなつかしき
・声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て
・冬鴎生に家なし死に墓なし
・虻を手にうちころしをり没日の中
・頬白のこゑに蹤きゆく薄暮かな
・牡丹の芽萌えむとすなりひたに見む
・ゆるやかに海がとまりぬ暖房車
・寒木瓜のほとりにつもる月日かな
・雪の峡寒天干しも顔を干す
・飾臼牛の貌出て舌うごく
・ふなびとら鮫など雪にかき下ろす
・二度呼べばかなしき目をす馬の子は
・ポケツトの胡桃鳴らして年を越す
・萱刈を了へて遊べる馬をよぶ
・守宮出て真青な夜が玻璃に満つ
・水鶏ゐて波の穂しろくあけそめぬ
・虹消えて馬鹿らしきまで冬の鼻
・芭蕉忌やはなればなれにしぐれをり
・酔ひの目に苺は紅しひとつづつ
・麦を踏む父子嘆きを異にせり
・陰晴や薊の穂絮汽車に入る
・百代の過客しんがりに猫の子も
・声あげて石斛の香を感じをり
・晩稲刈かたへに雀あそばせつ
・カフカ去れ一茶は来れおでん酒
・冬鴎生に家なし死に墓なし
・春嶺の脈うつを蹴り起きあがる
・銀杏拾ふ外科医にて今日若き母
・鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
・静かさも父子にちかし花杏
・鼠出て月をうかがふ青葡萄
・近江より雪来て蕗に降らす雨
・露の蕪抜いておどろく声洩らす
・ころがされ蹴られ何見る鰤の目は
・臥して見る青芝海がもりあがる
・妻は我を我は枯木を見つつ暮れぬ
・独活の香の旅にしあれば枕もと
・原爆日ごぼりごぼりと泉の穂
・幹のうしろに暗き幹立つ筒鳥よ
・世に遠きことのごとしや鷦鷯
・崩れ簗見れば見えをりしぐれつつ
・火の奥に牡丹崩るるさまを見つ
・葱切つて刺たる香悪の中
・夏の風邪半月傾ぎゐたりけり
・餅焼くやはるかな時がかへり来ぬ
・笹鳴の鳴く間黙す間時が充つ
・冬蜂と我とエスカレーター天にゆく
・草蓬あまりにかろく骨置かる
・だまり食ふひとりの夕餉牡蠣をあまさず
・襟巻に老いて澄む目やかなしきまで
・かなしめば鵙金色の日を負ひ来
・さむく青く石蓴を透きて指の紋
・青き踏む左右の手左右の子にあたへ
・わかれんと秋の夜潮の音もなし
・鶉の頭まるくてあかくて入日どき
・蟻殺すしんかんと青き天の下
・迎へ火や海のあなたの幾柱
・新茶入れ幽かにありし亡父憶ふ
・つぎつぎに子等家を去り鏡餅
・男ありけり落し角見て額撫づる
・青き踏む左右の手左右の子にあたへ
・青あらし吹きぬけ思ひくつがへる
・外套の襟立てて世に容れられず
・冬の峡寒天干しも顔を干す
・二階まで蟻のぼりきて午後ふかし
・枸杞青む日に日に利根のみなとかな
・目を張りて寒木瓜と逢う夢疲れ
・頬白や篁の秀は隠岐の海
・蚊帳出づる地獄の顔に秋の風
・びいどろを蹴りをりし春の土いづこ
・春陰や巌にかへりし海士が墓
・峡田育てし落し水行く重し睡し
・木曽谷の刈田をわたるひざしかな
・終りに近きシヨパンや大根さくさく切る
・梅雨明けし各々の顔をもたらしぬ
・河豚の面湧いて思ひ出かきみだれ
・破れ芭蕉月光顔に来てゐたり
・はからずも雨の蘇州の新豆腐
・冬鴎生に家なし死に墓なし
・初硯磨りつつぞ声緊りゆく
・父の背に睡りて垂らす猫じやらし
・レポートに葱の匂ひすどの顔ぞ
・聴きすます霙襖の奥の声
・花サビタ十勝の国に煙たつ
・雪がこひ牛の首出て一鳴す
・梟の憤りし貌の観られたる
・山茱萸と知りてはなるる月の中
・わが云へば妻が言ひ消す鉦叩
・人が酔ふ新酒に遠くゐたりけり
・どこやらに硝子が割れぬ桐の花
・楸邨門たる栄光餅が焦げており 藤村多加夫
・茉莉花を拾ひたる手もまた匂ふ
・枸杞青む日に日に利根のみなとかな
・雪の上に鯨を売りて生きのこる
・蝸牛いつか哀歓を子はかくす
・萱の芽を見たり地獄の鳴るほとり
・臥して見る青芝海がもりあがる
・行く鴨にまことさびしき昼の雨
・鰍突きまぶしその臀充実す
・燕仰ぐ少年の日の目ならずや
・おさがりにして只の雨海に降る
・峡の子の栗鼠を飼ひつつ夏休み
・残り鴨一羽で翔つてをさまりぬ
・春蝉の鳴きては止みぬ止むは長く
・柘榴火のごとく割れゆく過ぎし日も
・病む瞳には眩しきものか冬薔薇
・暗中に聴きえし寝息あたたかし
・四五歩して紫蘇の香ならずやと思ふ
・春さむく海女にもの問ふ渚かな
・ふなびとら鮫など雪にかき下ろす
・秩父路や天につらなる蕎麦の花
・柳青めり水脈しづまれば青が去り
・春の昼母子爪剪る向きあひて
・兄弟の夕餉短し冷奴
・眼あくればひとの時間や座禅草
・雪割りて真青な笹をひらめかす
・涸谷をわたる電柱なつかしき
・鷹翔てば畦しんしんとしたがへり
・満月の鳥獣戯画や入りつ出でつ
・桐の実の鳴らんと仰ぐ鳴りにけり
・外套の衿立てて世に容れられず
・秋蝉のこゑ澄み透り幾山河
・獅子舞を終へし囁き真顔となる
・駒とめて野馬追の武者水を乞ふ
・屠蘇くむや流れつつ血は蘇へる
・闘鶏のねむりても張る肩の力
・花石榴すでに障子の暮色かな
・その冬木誰も瞶めては去りぬ
・おのれ吐く雲と灼けをり駒ヶ嶽
・海越ゆる一心セルの街は知らず
・蜘蛛の子の湧くがごとくに親を棄つ
・白のまぶしさレグホン百羽夏野に飼ふ
・黄蜀葵花雪崩れ咲き亡びし村
・飢ふかき一日藤は垂れにけり
・甘露煮や寒鮒の金なほのこり
・滴りて青嶺を指せる洋傘の尖
・日光黄菅とその名覚えてまた霧へ
・薄なびく汽罐車が曳く四十輛
・雁来紅大きな雲の割れにけり
・夜盗虫いそぎ食ふ口先行す
・みつつかなし目刺の同じ目の青さ
・燕はや帰りて山河音もなし
・鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
・その冬木誰もみつめては去りぬ
・雪沓の跡が雪嶺と駅を結ぶ
・磨崖仏草木瓜噛んで酸つぱいぞ
・かうかうと雪代が目に眠られず
・尾へ抜けて寒鯉の身をはしる力
・本売りて一盞さむし春燈下
・春陰や巌にかへりし海士が墓
・冬帽を脱ぐや蒼茫たる夜空
・人声のうしろより来て秋立つか
・一つづつ花の夜明けの花みづき
・崖の上に犬吠えたつる雪曇り
・朝焼の褪せてけはしき街となりぬ
・颱風の心支ふべき灯を点ず
・春の暮暗渠に水のひかり入る
・春愁やくらりと海月くつがへる
・若芝にノートを置けばひるがへる
・石叩去りたる石はどれならむ
・死や霜の六尺の土あれば足る
・夜の屋根に女声わき雪おろし
・水温むとも動くものなかるべし
・初鶏の次までの闇緊りをり
・螻蛄なくや教師おのれにかへる時間
・稲扱くや水牛水にねむるなり
・お降りにして只の雨海に降る
・虎河豚のぐにやぐにやとして怒りきれず
・田草取胸乳ほとほと滴れり
・はたとわが妻とゆき逢ふ秋の暮
・夏蚕いまねむり足らひぬ透きとほり
・甘藍の一片をさへあますなし
・鰯雲ひとに告ぐべきことならず





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/05/31  俳人 中嶋秀子 (その1)

2016-05-31 23:55:00 | (5)俳句


五月尽の例句

・五月尽旅はせずとも髪汚る

が気になった。
思い通りには行かなかった五月。
その思いを「髪汚る」という表現で抉って見せた。
女にとって気になる髪。
これが汚れるというのは、それと同等の得られるものがあって許される。
ただ汚れただけで済ませられる問題ではない。

作者の中嶋秀子氏について調べてみた。

『中嶋秀子 (なかじま ひでこ)

昭和11年(1936) 東京都生れ。 「響」主宰・「寒雷」

夫は俳人の故・川崎三郎。能村登四郎、加藤楸邨に師事。「寒雷」,「沖」同人。昭和61年「響」創刊。第43回現代俳句協会賞受賞。

句集:『陶の耳飾』『命かぎり』『待春』『アネモネ』『天仙果』『花響』『岸辺』『玉響』手毬花』ほか
』(俳句舎俳人名鑑)

現代の俳人だが、ベテランだ。
昭和11年生まれの79歳。
多感な10代を戦後の混乱期に過ごした女性の詩人、俳人はよく見える眼を持っている。
中島氏もその中の一人のようだ。

ネット上で見みることが出来る俳句を集めてみた。


・かたつむり黙って墓を守りをり
・こんにやくの四角三角初しぐれ
・さはさはと夏来るらし雨も又
・しだれ櫻観音堂を入れて咲く
・すぐ曇る姿見磨く敗戰日
・もろもろのしがらみ付けて太る牡蛎
・サルビヤの純粋迷ひごころ消ゆ
・プールサイドの鋭利な彼へ近づき行く
・三日月に添ふ春星の一しずく
・世は不況わたしは不興秋扇
・亀鳴くやうかうかと過ぐ五十代
・仏飯におほひかぶさる夏鴉
・何も無き冬空が生む鳥あまた
・冬紅葉はさみて句帳まだ白し
・初氷日はこはごはと空わたる
・呱々の声泰山木も一花挙ぐ
・塚ひとつ包むがごとくつつじ燃ゆ
・夜の秋鯉の動きのしきりなり
・夫の墓ほたるの墓となりて燃ゆ
・実ハマナス不法投棄の地に結ぶ
・寒紅を濃く引くおのが愚の始め
・引くといふ大事を胸に鶴ねむる
・抱きしめる仔猫芯までやはらかし
・春の宵銀座は奥のふかきとこ
・暑といふ字崩れて秋の蝶となる
・月へ行くバスが一台花野発
・木枯しの落ちゆく先に夫の墓
・桔梗にあいまいな色なかりけり
・梅雨の月皓々と雲寄せつけず
・母を追ふ父の流燈波くらふ
・水底を見て来し鳰の眞顔かな
・河骨の鈴をふるはす星揃ふ
・流燈となりても母の躓けり
・浮寝鳥流されさうで流されず
・煩悩か叡知か胡桃皺ふかむ
・男なら踏めとばかりに落椿
・町ねむり星と交信花八ツ手
・秋の風鈴聴きつつ自然死を願ふ
・秋彼岸過ぎていよいよ独りなり
・秋草に捨てられて鳴るオルゴール
・竹の秋ひと日師恩につつまれて
・箱庭の添景となる寺に住む
・約束の橋のたもとに苧殻焚く
・綿虫はほとけの匂ひ好きな虫
・葉のかげに杏ひとつぶ黄熟す
・虹からの郵便濡れて縁側に
・虹消えて石の仏の大き耳
・見えぬ枝夜空に張って花火消ゆ
・走馬燈まはればあの世めく一間
・金木犀これよりの日々矢の如し
・鉦叩ひかへめにして正確に
・雪催街青むまで鴉鳴く
・雲に身を食はるる月の美しき
・霊棚をたたみし跡にこぼれ米
・霜柱一本づつにこころざし
・青田行く新幹線は銀の針
・黒揚羽亡き人の魂のせて来よ
・乳房みな涙のかたち葛の花
・アネモネや来世も空は濃むらさき
・どつぷりとつかりてこその炬燵かな
・初写真山河翼を広ぐごと
・千草枯る音にも傾く能舞台
・湖岸打つ波音その夜炉を開く
・煖房の寺出て町へ菓子買ひに
・この村の深息に似て蕎麦の花
・長十郎この重たさが友の情
・祝宴のまづほろにがき菊膾
・水盤の水に泳がす金魚草
・デイゴ咲き口中赤き魔除獅子
・タオルの紺泳ぎし体固く閉づ
・口中に紫蘇の実一つ夜の厨
・花たばこやさしき空の見えはじむ
・川開き音だけ聞いて寺守る
・昨日今日浅間は見えず芹の花
・風の金雀枝あやふし吾子の歩み初め
・豆の花終始伏目の空があり
・洗はれてガラスのごとき三葉芹
・裏白の渇きに触れし夜の指
・唐辛子溂としていびつなり
・ふれあひて水引草も世も淡し
・爪をきる茗荷の花のしづけさに
・草の市ちちははの為夫の為
・えぞにうの花錆はじむ阿寒湖畔
・花韮のはかなきまでに白き日々
・ひと息ひと息彼岸桜の開きゆく
・まぼろしの夫の背めがけ雪礫
・初旅やまだ着こなせぬ母の衣
・龍跳ねて金粉散らす賀状かな
・母と我の座がかはりをり初明り
・編み残す去年の毛糸のけぶりをり
・身籠りて冬木ことごとく眩し
・冬薔薇はじめの一ひらほぐれ難し
・スケーターワルツ氷上の傷すぐ潤ふ
・焚火跡役解かれたる釘のこる
・セーターの黒い弾力親不孝
・竹はねて一瞬金の雪舞へり
・寒風に顔ちぢまりて吾子戻る
・豆腐同型もつとも寒き日と思ふ
・除夜の厨常の日のごと束子置く
・失ひし画鋲どこかで越年す
・秋草を活けて若さのきはに立つ
・幸せも木の実も一つづつゆずる
・蜩の訴へてきし声もやむ
・マヌカンとすでに相思の燕去る
・火の色に恥甦る霧の中
・やはらかく心耕せいわし雲
・メロンから拡がる夜の白い漁網
・膝の上京菓子となる若楓
・誰もが箸使ひはじめて葭雀
・籐椅子に海荒るる日の衿きよし
・母と子の胸をへだててかき氷
・誰か射つ予感に白いハンカチたまる
・未婚なり掌をついて濁す泉の底
・かわききる海苔に残れる空の傷
・雨二日杉菜に厚みくははりぬ
・桃の花咲き満ちて木は香も立てず
・人の死に人が集まる夜の辛夷
・花の夜鍋を落しておどろきぬ
・ひと息ひと息彼岸桜の開きゆく
・木の桶がからつと乾き蜂通る


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/05/31  俳人 中嶋秀子 (その2)

2016-05-31 23:50:00 | (5)俳句


 

・若き日は手紙もいのち桜貝
・母枯れゆく跳べるかたちに足袋ぬいで
・にちりんに牡丹摘む音ひびきけり
・昼寝子に風のかたみの貝一ひら
・遺されし母子みづいろ盆灯籠
・冬牡丹命終の水吐きにけり
・手に落葉この世のものでなきかろさ
・枯山に一夜ねむりて血を濃くす
・乳房わたすも命渡さず鵙高音
・臥して謝すことことごとく露となる
・海市消え買物籠の中に貝
・真白な皿に一本唐辛子
・箱眼鏡在るはずもなき夫さがす
・プールサイドの鋭利な彼へ近づき行く
・世をみつむものの一つに龍の玉
・為すことを為して悔あり十二月
・つかはざる扇の中の月日かな
・どんぐりの落ちかねてゐる水の照り
・葛飾の夕日が好きで残る鴨
・バレンタインデー髪白くなるそれも良し
・雲急ぎみな沖を指す爽やかに
・来世また君に逢はむと踊り抜く
・吾亦紅花を秘すこと五十年
・秋の蝶風といふ字を散りばめて
・足裏に秋の白さを集め臥す
・五月尽旅はせずとも髪汚る
・施餓鬼棚たたまれし跡かるく掃く
・月仰ぐいま青春の二人子と
・花八ッ手生涯母は紅ささず
・野遊びのつづきの二人松に入る
・六地蔵ひとり戻らぬ花おぼろ
・坐してすぐ燈籠の灯に染まりけり
・髪洗ふ生地にしかと足着けて
・昼顔のゆるりとからむ箒の柄
・本当の越のいろ出す坐禅草
・耐へぬきし女明るし雪椿
・八海山指を濡らして土筆摘む
・風花や夫の棺の出でし門
・冴返り冴返りつつ逝く昭和
・誰もとらぬ一句そこより柚子匂ふ
・雪割草佐渡がもつとも純なとき
・一生の今といふ刻初明り
・八ッ手咲きこの世ひととき華やぐか
・冬波の引き忘れたる毬ひとつ
・風つよしそれより強し秋桜
・鳥雲に入りて小さき寺残る
・てのひらにひとひらの貝初ひかり
・梅漬けて気をとり直すことも又
・月の出を待つ白鳥の羽づくろひ
・一人来て一人去る島石蕗明り
・白鳥来佐渡の山脈聳ちて
・花八ッ手星またたけば少し散り
・いちじくの大き落葉が墓を打つ
・また道に迷ふ夢見て夜の長し
・十月は鵙も俳句も響きけり
・選びし径ひとすぢの径草紅葉
・焼海胆の刺ぱらぱらと白き皿
・島に古る足踏みミシン緑差す
・水晶の念珠ふれたる昼寝覚め
・夫の死で止る思ひ出走馬燈
・落葉降るさなか天麩羅匂ひけり
・てのひらに風あるごとし雛あられ
・鵙日和恥ぢつつ一誌師に捧ぐ
・桐咲いて匂袋の古りにけり
・蔓のびる村の昼寝のふかさだけ
・十薬の白さ肌には宥さぬ白
・球根を植う生涯の悔も植う
・筆の先双つにわれて秋初
・藤房のゆれて硝子の音立てぬ
・鴎外の文体で立つ冬木かな
・待春か耐寒か石しづかにて
・シャボン玉幸福といふ薄造り
・竹伐つて一燈涼を呼ぶごとし
・耳掻の綿毛の恍と年を越す
・秋風や亡き人に問ふことばかり
・血の凍る思ひいくたび走馬燈
・忌明け後のひとりに余る髪洗ふ
・病み克ちし身に殷々と除夜の鐘
・蝶も哭け石塔も哭け棺着く
・看とるとは見守ることか花すみれ
・一句一恨とはわがすさび更衣
・一句一恨百苦同根春の巌
・小鳥来るほとけの数に足らざるも
・猫と語る楸邨の声梅雨ふかし
・白玉を掬ひて翳もすくひけり
・鳥雲に入りて急がず一人の歩
・延命を願はぬ日あり落葉焚く
・水鳥の世へ水鳥のすつと入る
・青涼の風のかたちの見舞籠
・ブランコを漕ぎてこの世を逃れ得ず
・ははきぎも草の真をつらぬけり
・手術日を告げ涼風と医師去りぬ
・癌を病み父母なきを謝す秋の暮
・蝉しぐれ遺書は枕の下にあり
・六角堂の一柱に倚る夏帽子
・水引草すつと引きたる母の糸
・白地着てあたりにふやす草の丈
・わが胸に来しつばくろは癌の使者
・梅日和母生き過ぎて忘られて
・ゆたんぽのぬくもり残し母逝けり
・遠い木は母来給ふ木花こぶし
・母と子の胸をへだてて花氷
・一本の茶杓が緊める冬景色
・鶏頭に手を入れて知る血の重さ
・夕冷えの終の光の絮も消ゆ
・コスモスも切符の色も淡き旅
・秋草を握りて土にかへる壷
・水中の豆腐にひびく花曇り
・雪の午後保母の匂ひの吾子戻る
・身辺に必死の蟻のふえてをり
・泣くまじとゆがみしままの柚子のかほ
・美しき虚のもりあがりかき氷
・日は雲の中にてすすみ罌粟散れり
・一月の雲と語れる古箒
・野分の夜産湯の中にガーゼ流れ
・食器冷え眩暈のごとく鴎ふゆ
・茶筅の先雪降る音を感じて止む
・吾子の前風が忘れし青林檎
・敏き子と夫待ち夕靄に包まれゆく
・夜は孔雀拡がるごとし足袋はくとき
・プールサイドの鋭利な彼へ近づき行く
・麦刈つて燈台の根を地に残す
・虹立つと呼ぶ七人の子供欲し
・月光に髪結ひ上げて翡翆欲し
・我に残る若さ焼ソバ汗して喰ふ
・闇にただよふ菊の香三十路近づきくる
・黄落をあび黒猫もまた去れり


中嶋秀子氏の眼に見えているもの。
心に映っているもの。
それぞれが明瞭に見え、感じられ、聞こえてくる。
親しく近づきたい俳人だが、少し怖そうでもある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/03/20  山田みづえ 句集 (その2)

2016-03-20 23:15:27 | (5)俳句

重い句もあり、一息に読むことはできない。

また、そうすべきでもない。
毎日、少しずつ味読が良い。

・寒の水ありありと身体髪膚かな
・歳月や微笑のごとき春水輪
・辰雄忌の林に羽摶つもの多し
・山川に星配りたる御祓かな
・春禽にふくれふくれし山一つ
・枯蘆の遠きものより夕焼す
・人よりも野分親しや吹かれゆく
・麻布団あをあしはらの夢見たり
・母の死は一老婆の死花冷す
・逝く年のくらがりにあるわが言葉
・町はづれ秋遠山の色なつかし
・夜学少女髪赫かりき長かりき
・鉄砧雲ぐるりと廻し東京都
・東京の空歪みをり花くぬぎ
・葦かびの日に日に青し犬の声
・母は亡し雛の夜の雲迅し
・倒れ来る北斗に春の声あげぬ
・叉銃のごと青き粽を樹てて置く
・昧爽の青ねこじやらし露じやらし
・電波の日こよなき晴となりにけり
・夏帽子くしやくしやにして挨拶す
・鞄より五ドル出て来し四月馬鹿
・兄逝きて二月たちまち了りけり
・はるばるといふやうに鳥渡り来る
・年の瀬の深川めしを食うべけり
・霜の夜や死に方の書を一、二冊
・あるほどのまるめろならべ父の忌よ
・日の先へ先へ発止と独楽を打つ
・秋立つやおどろかれぬるわが齢
・ひよつぐみ淡雪の中鳴き過ぐる
・はつふゆの墓なつかしき頃ほひぞ
・吾に捕はるみんみん蝉を叱りけり
・枯山吹みどりの鞭となりにけり
・西湖の春煙霞の癖をたのしめる
・いくたびも仔狐の来る星月夜
・大き卯浪赤壁濡れて遠ざかる
・自由が丘の夕ベは氷る雪兎
・そぞろ神と仲良く迎ふ年の暮
・凧合戦中止となりし凧巨き
・揚子江濁滔々と梅雨に入る
・微苦笑の山のあたまを春の鳶
・あさあさと土乾きをり冬牡丹
・古九谷のむらさきは冬の言葉かな
・鶯のこゑをはじめの国栖の奏
・昏みては春の驟雨の蘆溝橋
・蟲ほほづき哀しみ軽くなりゐたる
・瓜人先生帽子ひよろりと冬はじめ
・母逝けば遠くが見ゆる花の山
・雨冷のいもどのさんに詣でけり
・沢音やみどりの紐の花胡桃
・よろこびのひとつひとつの青酸橘
・母逝けり薄氷に陽はとどまらず
・狂はねば火蛾に非ずと墜ちにけり
・黍畑のざわわざわわといくさ唄
・本土人としてくぐる炎暑の守礼の門
・薄暑長城見えざる山へ続きをり
・鵲のカスタネットや明易し
・北京の大緑蔭に歩み入る
・長き夜の雅歌と聞くべし海鳴りを
・冬空の溢れて黒き河口かな
・二人子に母われ加ふ麦湯かな
・蝸牛をつまむ微かに抗ふを
・祝祭の雪夜にぎやかとりけもの
・足元がやさしくなりぬ秋の風
・しぐれては市振駅の柿紅葉
・ゆきずりの祈りなれども切子かな
・夜食して良書に似たる友多し
・父の忌や掴み挿したる冬小菊
・自桃や弱音を吐かば寧からむ
・いくさ遠し遠しと思へ単衣縫ふ
・梅酒ふふめば捨てし妻の座翳るなり
・息ひそかに凍てゆく終の父呼べず
・鵙一閃行方よぎりぬ就職す
・春日のパン与へむ子なく柔かし
・老い二人双六におどけ冬籠
・鴬のこゑをはじめの国栖の奏 草譜
・仏の名いただく町や梅雨深む 草譜以後
・一茶嫌ひを少し訂正青槐 草譜以後
・春禽のこゑ華となる林かな 草譜以後
・仏手柑に擬(なぞ)らふわが掌胼もなし 草譜以後
・春の雷聴けり暫く兄と会はず 草譜以後
・あたふたと降る初雪を蔑(ないがし)ろ 草譜以後
・立春のチヤイコフスキーの夕べかな 草譜以後
・石榴割つて蟻のこぼるる机上かな 草譜以後
・文楽の嘆きのさまも雁の頃 草譜以後
・愚かなる汗して迎ふ面かむり 草譜以後
・琉球の壺と睦める良夜かな 草譜以後
・噴煙や地に熟れ朱欒青朱欒 草譜以後
・夜の机ふしぐろせんをうの花一つ 草譜以後
・鬼灯市師を喪ひしより行かず 草譜以後
・杉の花はるばる飛べり杉のため 草譜以後
・たましひは人に預けて菊人形 草譜以後
・咳しつつ出島新地の橋赤し 草譜以後
・白玉をつくりすぎたるをかしさよ 草譜以後
・葛は花を吾は帽子を風の坂 草譜以後
・蜻蛉の国真菰の風のやや熱し 草譜以後
・七夕のことちちははのこと怠りぬ 草譜以後
・あたたかく人と別るる年の夜 草譜以後
・燠の上に重ねてかろき牡丹榾 草譜以後
・光りしは蘭亭めぐるつばくらめ 草譜以後

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/03/20  山田みづえ 句集 (その3)

2016-03-20 23:00:00 | (5)俳句


・去りまして永き昭和の寒さかな
・桜落葉かそけき音を惜しまざる
・土の宮はこほろぎの宮詣でけり
・走り出て墓山の葛花見せず
・日は未形(みぎょう)色さめざめと冬桜
・発止と鵙先生の国に紛れなし
・はつあきの言葉を紡ぎ一歌仙
・はつなつの船足迅き旅愁かな
・鮎粥の鮎一片の光りかな
・落柿舎の土間を真昼の竈馬
・船ここより三峡に入るほととぎす
・掌につつむ心臓模型四月馬鹿
・薄氷の何も映さぬ巷かな
・うれしさの霰たばしる鴨の数
・はきはきと物言ふ子供春立ちぬ
・おしやれ眼鏡本読む眼鏡あたたかし
・嘉きことを与へむ朱欒剥きにけり
・街ゆけり独りを涼しと思ひつつ
・秋の声あかつき風雨強ければ
・朝霧の終りの牡丹よき牡丹
・菱喰雁一群二群森越ゆる
・安心(あんじん)の枯れ芳ばしき蘆荻(ろてき)かな
・綿虫の一つふたつは愛さるる
・土師邑の泥ゆたかなり初つばめ
・少しづつ友も変りぬ桜の実
・山川のはためく中の墓参かな
・から松を死ねよ枯れよとさるをがせ
・美術館冬両手拡げて能衣裳
・男梅雨侮りをれば寝ねがたし
・苗札を詩(うた)書くごとく誌しけり
・春夕日伊勢を離るる電車かな
・初暦静かならざる日もあらむ
・三島忌の朝つぱらから木枯しす
・ゆりの木の花の緑盃風溢れ
・兄妹にはるかぜ海を見にゆかむ
・兎抱く二人の少女露けしや
・ハンモックくるりと天の汀見ゆ
・青柿や鈴屋旧居ほの暗し
・花青木あけつぱなしの五合庵
・山に入るいきなり朴の落葉かな
・明るくて翁忌の雨なつかしき
・笹鳴や失ひしものみな寂か
・秋燕の天くつがへる河口かな
・白く明く野麦も秋の道埃
・形代の男女ひらひら重なりぬ
・楊梅の完膚なきまで落ちゐたり
・さみどりの小蜘蛛登らす指の先
・日盛りの日御碕なる冷し飴
・枯芦の沖へ沖へと耳立つる
・虫ほほづき哀しみ軽くなりゐたる
・乾陵へ驢馬と別るる柳絮さかな
・夕風の汨羅(べきら)の綜ほどきけり
・一会合を怠けて出でず良寛忌
・走馬燈暗きあたりに亡母のこゑ
・杉山に相交はらず山ざくら
・春惜む何かにつけて母惜む
・暑くともなほ暑くとも原爆忌
・長き夜の五右衛門風呂をたのしめり
・春燈下なつかし母の死臭さへ
・大年の青瞬かすカシオペア
・苗代の一寸二寸人老いぬ
・沢音やみどりの紐の花胡桃
・手の甲にひとひら大き雪はじめ
・産寧(さんねん)坂ななめ斜めに春日射す
・ぽつぺんの中を誰彼吹き抜けぬ
・桃活けてその一日を軽くせり
・雛納め静かに地震の過ぎゆける
・鉦叩母はこの世を遠ざかる
・自由が丘の空を載せゆく夏帽子
・省略とは点と線との吾亦紅
・裸木の朴をぐるりと巡るなり
・かげろふの独り舞台の石舞台
・囀に石ことごとく頭を擡ぐ
・あどけなき母となられし浴衣かな
・ゆりの木は地を頌め讃へ黄落す
・鵲のカスタネツトや明易し
・秋蝉のけふは今日はと母訪はず
・梅雨長江暗き無数の声聞くも
・曇り来て飛燕せはしくなりにけり
・金鳳華宣長の母かつの墓
・雲雀すつ飛ぶ白根山頂駐車場
・桃花一束酩酊に似て抱へ来る
・ひろびろと水や中国の大田植
・末黒野をぐいと曲りて川が合ふ
・今をすぐ忘るる母や着ぶくれて
・北上川大濁りして梅雨明けぬ
・冬怒濤衰ふるときかへりみず
・豆撒く児心に鬼をまだ持たず
・秋蛇に暗く光りし眼を当てぬ
・はつはるの顔施(げんせ)の母を戴きぬ
・花老いてやるせなければ枝垂れけり
・東京の何に堪へゐる冬木かな
・牡丹焚火何かささやく他の牡丹
・念仏踊は歩いてゆくよ月赤し
・蓮の実のしらしらと旅ひとつ了ふ
・幻想家庭さくらの蘂の降りやまず
・一人静に跼めば夕日来迎図
・粟の穂に風低く来し岬かな
・熔岩原をぶつかつてゆく秋の風
・野菊摘む古へ人のごとくにも

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/03/20  山田みづえ 句集 (その4)

2016-03-20 22:24:56 | (5)俳句

・なやらひのおろおろ鬼は家に来よ 
・母坐すたんぽぽ百を従へて 
・己が火を逃れんとして蛍飛ぶ 
・三寒の四温を濁る頭かな 
・七夕の声のぼりゆく小学校 
・雪の日は雪みそなはす寝釈迦かな 
・野鶲の水湧くごとく囀れり 
・枯芦の遠きものより夕焼す 
・鳴子引く蒼穹を引き緊めむため 
・水引草はびこり母をよろこばす 
・火の粉撒きつつ来るよ青年焼芋屋 
・冷蔵庫西瓜もつともなまぐさし 
・師の墓につきしばかりに日短か 
・日輪をむすんでひらいて春の雲 
・今年竹三日見ざればよそよそし 
・早春の見えぬもの降る雑木山 
・光りしは雁の童子か雁帰る 
・道に出て人のごとくに初鴉 
・少しづつ真面目になりて柿を食ふ 
・梅一枝青光りして寒に入る 
・よろめきてかんじきの人となりにけり 
・年惜しむ瓦噛みたる鬼瓦 
・寒牡丹翳生むことをせざりけり 
・朝曇壊れぬやうに生きる母 
・暑き日の昼寝は少し死ぬに似て 
・月の出や海堪へがたく暗くなり 
・幾つ食べれば山姥となる一位の実 
・藪雨の滅びの唄を聞きとめぬ 
・六地蔵のひそひそ話雪の風 
・母の機嫌の三寒四温おもしろき 
・雪をんな黙つてゐれば歩が揃ふ 
・降る雪に力抜きたる汀かな 
・雪吊を見てゐて背丈伸びにけり 
・暁咲きて昼は古びぬ水芭蕉 
・毛蟹啖ふ何問はれてもうはのそら 
・雪散るや木の葉小鳥を交へつつ 
・楪の何に別るる月日かな 
・山眠るまばゆき鳥を放ちては 
・春の夜の絵本につづきなかりけり 
・さまざまの人と遊びし朧かな 
・廃校の母校のさくら吹雪かな 
・冬の日やざしきぼつこがゐはせぬか 
・父の墓夕べあしたとしぐれけり 
・メーデーの行くさきざきの赤躑躅 
・たましひのあらはに踊る夜涼かな 
・空蝉を蒐めたる手や若からず 
・昼月のまぎれて高き辛夷かな 
・犬らしくせよと枯野に犬放つ 
・賑はしき匂ひの中の三の酉 
・萩刈つてやさしき棘を貰ひたり 
・空と海の色二本どり毛糸編む 
・旅終へてこころやさしき青葉かな 
・新涼の無疵の貝を拾ひけり 
・雨月かな人にやさしくすることも 
・物語のごとくにさくら落葉かな 
・暮れきたる芒の天のあたたかし 
・墓に触れ槍鶏頭に触れにけり 
・蔑めり激しからざる雷などを 
・暑き日やをどり出でたる竹煮草 
・暮れかぬる一町ほどや壬生の鉦 
・七十の母がかしづく雛かな 
・一夜経て虫吐きにけり木の実独楽 
・柩のほかは時雨くらがりして来たる 
・墓に春雪その他一切還らざる 
・師は逝けり霜の春秋五十七 
・汗もろとも本音を吐きてしまひけリ 
・手花火や母には見ゆる吾が行方 
・離れ咲きて吾を呼び止む曼珠沙華 
・諳んずる山の辺の道露けしや 
・草いきれかきわけ出でて齢殖ゆ 
・烟るごと老い給ふ母菊膾 
・たかの知れし一生丁寧にレース編む 
・山彦は男なりけり青芒 
・父の忌やハンドバッグに柚子一顆 
・やるせなければ春の帽子を買つて了ふ 
・梶の花わがいふなりに母仰ぐ 
・修二会僧の佳き顔見ゆる又も見ゆ 
・兄妹に雑木の花の降る日かな 
・ほとほとと春来る鬼か風音か 
・父に聞きたき一事ありけり宣長忌 
・阿波縮着て二夕心遊ばすも 
・金花佐久ゆめの万葉仮名涼し 
・よろこびて鬼打豆にうたれけり 
・うまうまと独り暮しや冷索麺 
・集団就職の列あたたかき雲得たり 
・友の死に堪へゆく鱧を食べにけり 
・寒の雷おのれを庇ふひしと庇ふ 
・金色に芽吹く欅を敬へり 
・膝抱きて荒野に似たる年れ 
・咳にせき赤鬼顔をしてはゐずや 
・雪雫絶えて独学孝雄の墓 
・春雪拭へば我も吾もと羅漢たち 
・四万六千日子れの日を賜らず 
・今も胸に友の原爆死汗むすぶ 
・横光忌枯原低く飛べるもの 
・たのしくなれば女も走るみそさざい 
・もう訪はぬ家ばかりなり猫じやらし 
・囀やわが小天地揺れやすし 
・良きことばかり母に告ぐるや稲妻す 
・荒鵙をよろこぶ血汐かくし得ず
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加