菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。
散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2017/11/21  日記  波郷忌

2017-11-21 19:50:28 | (2)日記

2017/11/21 (火) 旧暦:104日 祝日・節気:  日出 :622分 日没:1631分 月出:824分 月没:1842分 月齢:2.64 干支: 壬子 六曜: 先勝 九星: 三碧木星

今日のあれこれ: 波郷忌

clip_image002
(水仙のこぼれ話
http://blog.goo.ne.jp/kyonoyudetamago15/e/94bcb9f128d605eb0308439c9d07f907
より転載



『波郷忌: 忍冬忌、風鶴忌、借命忌
初冬
十一月二十一日。俳人石田波郷の忌日。大正二年松山市生まれ。
上京して「馬酔木」編集部に入って秋櫻子の知遇を得る。昭和十二年「鶴」創刊主宰。戦後は胸部疾患のため療養生活を送り、昭和四十四年没。五十六歳。墓は東京深大寺にある。』
(季語と歳時記)



波郷忌の俳句:



・芋の葉の波郷忌ちかく乾びけり 杉山岳陽



・海近く住み海を見ず風鶴忌  松本三千夫



・咳き込みて人を離るる忍冬忌  内藤静



・冠雪の石鎚山晴るる惜命忌  石本秋翠



・口つぐみをれば波郷忌暮れにけり 大井戸辿



・酔ひざめのただただ寒し波郷の忌 仲村青彦





今日は1121日、俳人石田波郷の命日である。
波郷は1969年(昭和44年)1121日、56歳で没している。

墓は、東京都調布市の古刹深大寺にあり、境内には句碑がある。

clip_image003
(水仙のこぼれ話
http://blog.goo.ne.jp/kyonoyudetamago15/e/94bcb9f128d605eb0308439c9d07f907
より転載


石田波郷
・吹き起こる秋風鶴を歩ましむ

弟子の星野麥丘人の句碑も寄り添い建てられているそうだ。
・草や木や十一月の深大寺

11
月に深大寺には見えない波郷の姿がある。


波郷忌は、別の命名が在り忍冬忌、風鶴忌、借命忌とも呼ばれる。
例句には、それぞれの句を掲載したが、波郷忌がわかりやすくて良いと思う。

病と戦う日々を過ごしたは今日の生活を思うと、明るい気分にはなれないのか、重めの句が気になる。

大井戸も仲村も重い気分だ。
波郷忌でなくとも、11月のこの時季は寒く冷え込む日ではあるのだが。


【データ】

clip_image005

(東京都江東区
http://www.city.koto.lg.jp/011502/kuse/koho/houdou/h29/h2909/290907hakobera29.html
より転載


石田波郷 Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E6%B3%A2%E9%83%B7




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/20  K-1 武尊のタイトル初防衛戦 雑感

2017-11-20 21:58:37 | (22)格闘技・スポーツ


9
月に行われた武尊の防衛戦だが、動画を見直してみると武尊というスタイルが良く現れていると思った。

まずは見て見よう。

「【OFFICIAL】《王者》武尊vs《挑戦者》ワン・ジュングァン【K-1 WORLD GP フェザー級タイトルマッチ】2017.9.18 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN

https://youtu.be/AGVVDNVDpIM



武尊の試合後の会見
https://www.k-1.co.jp/k-1wgp/news/26573/


判定勝ちで、タイトルの初防衛に成功した試合だが、本人も満足はしていないだろうし、武尊の良さと課題が見えた試合結果だった。

当日は超満員だったようだが、武尊の試合は面白い。
特に3Rまで縺れた場合は、3Rは殴り合いになる。
倒すか倒されるか、意地と闘志のぶつかり合いで火花が散る。
武尊がKO負けする可能性も高い、スリリングな場面が続く。
プロの試合はスリリングでなくては面白くない。金を出して見に行く価値はない。
この意味では、武尊の試合スタイルはプロとして魅力的だ。

ただ、課題も大きくある。
殆どノーガードで殴り合うのは、リスクが有る。
効果的なパンチを貰えば、1発でもKO負になる。
だから、相手のパンチを貰いすぎるのは良くない。
相手のパンチを貰わずに、相手を攻める技術の冴えも必要だ。
ブロック、ダッキング、スエイバックなど防御の技術も必要で、相手のパンチを躱して、打たれずに、相手を打つ技術も身につける必要がある。
だが、武尊は殴り合いが好きだから、この課題は取り組むのが難しいかもしれない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/20  日記  木守柿

2017-11-20 20:30:07 | (2)日記

2017/11/20 (月) 旧暦:103日 祝日・節気:  日出 :621分 日没:1631分 月出:731分 月没:1758分 月齢:1.64 干支: 辛亥 六曜: 赤口 九星: 四緑木星

今日のあれこれ: 木守柿

「晴れの日に柿食う鳥たち」


https://youtu.be/stcAZ4ImY5c



『木守: 木もり、木まぶり、木守柿、木守柚
三冬
収穫のあとに、一つだけ木に残しておく柿の実や柚子の実、かぼ
すの実などをいう。来年もよく実がつくようにという祈りとも、
あるいは小鳥のために残しておくともいわれる。』
(季語と歳時記)



木守柿の俳句:



・遠富士のけふよく晴れて木守柿  高橋あさの



・奥美濃や心底赤き木守柿 菖蒲あや



・故里の変らぬものに木守柿  岡久枝



・選ばれて空をとほくに木守柿  甕秀麿



・赤きことただひたすらに木守柿 神尾久美子





昨日、春日井駅からバスに乗り桃花台方面に向かった。
市民病院を過ぎると市街地が途切れ道路脇に果樹が植えられていた。
葉が全てなくなり枯れ枝ばかりになっているのは、葡萄ではなく、名前から考えても桃の木だろう。

遠くから見ると橙色の花が咲いているような樹が見えた。
青空を背景に綺麗だった。
近づくと花ではなく柿の実だった。
その先では軽トラックを停めたおじさんが柿の実を獲っていた。
渋柿のように見えたのだが熟れて食べられるようになったのだろうか。

バスは通り過ぎてしまったので、その後どうなったのか判らない。
小鳥たちに一つくらい残してくれただろうか。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/19  日記  世界タイトルマッチ  最速KO新記録

2017-11-19 20:38:15 | (2)日記

2017/11/19 (日) 旧暦:102日 祝日・節気:  日出 :620分 日没:1632分 月出:637分 月没:1718分 月齢:0.64 干支: 庚戌 六曜: 大安 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 世界タイトルマッチ 最速KO新記録

世界タイトルマッチで、試合開始後僅か11秒でKOで試合が終わり、世界タイトルマッチの最速記録が生まれた。
KOになるには10カウント即ち10秒時間が必要なのに、11秒はあり得るのか?

それは、挑戦者が倒れて6秒後に、レフリーが失神しているのを確認してKO宣言をした事により11秒が成立したそうだ。


『ゴングから11秒! タイトルマッチ世界最速KO記録が誕生
11/19(
) 15:46配信
AFP=時事

AFP=時事】ボクシング、WBO世界バンタム級タイトルマッチは18日、英ベルファストで行われ、王者ゾラニ・テテ(Zolani Tete、南アフリカ)がタイトルマッチ史上最速の11KO勝利を収め、歴史に名を刻んだ。

テテは15秒、最初のパンチとなった右フックでシボニソ・ゴニャ(Siboniso Gonya、南アフリカ)をキャンバスに沈めると、その6秒後にゴニャが失神したことを確認したレフェリーが正式に試合を止めた。

これまでの世界最速KO勝利記録は、1994年にWBOスーパーバンタム級タイトルマッチでダニエル・ヒメネス(Daniel Jimenez、プエルトリコ)がハラルド・ゲイアー(Harald Geier、オーストリア)から記録した117秒だった。

テテはテレビ局BoxNationに対し、「このファイトに向けて懸命に準備してきた。ゴニャはそうはもたないと思っていた」とコメント。

またプロモーターのフランク・ウォーレン(Frank Warren)氏は「ゴニャは倒れる前に気を失っていた。テテは特別な何かを持っている」と付け加えた。【翻訳編集】AFPBB News
(時事通信)


どんな試合だったか、youtubeで見てみよう。

Zolani Tete vs. Siboniso Gonya

https://youtu.be/xt6wYgTnNXI


Tete
の最初のパンチの右フック1発で相手は倒れている。
Tete
はサウスポーなので、右はリードパンチでKOパンチではないはずだが、タイミングが良くKOパンチになったのだろう。


チャンピオンも挑戦者も知らない選手なので、調べてみた。
両者とも南アフリカの選手だった。

「ゾラニ・テテ(Zolani Tete
26
勝(21 KO3
   
生年月日:198838(29)
   
出身地:東ケープ州
   
身長:175 cm
   
階級:スーパーフライ級、バンタム級、フライ級

ゾラニ・テテは、南アフリカ共和国のプロボクサー。東ケープ州ムダントセーン出身。元IBF世界スーパーフライ級王者。現WBO世界バンタム級王者。リーチの長い技巧派サウスポーだが、KO71%の強打も合わせも持つ。愛称はLast Born。」(Wikipedia

今回の試合だけでは、どんな戦い方をする選手かわからないので、過去の試合を探してみた。

Tete
の前の試合が、WBOのバンタム級の王者決定戦だった。

"King" Arthur Villanueva vs. Zolani Tete- Vacant WBO Bantamweight Title

https://youtu.be/vIOM_y4R1dE

この試合を見ると、Teteが理解できる。
目の良い選手で、攻撃的なスタイルではなく、少し引き気味にして、相手が入ってくるところ、パンチの終わったところにカウンターを合わせる選手のようだ。

          
挑戦者のシボニソ・ゴニャ(Siboniso Gonya)は、戦績1311勝(5KO2敗。
プロデビューは、           2011年なのでキャリアは長くはない。


Gonya
も前の試合を見ることができる。
WBO
インターコンチネンタルバンタム級王座戦で、12R判定3-0で王座を獲得している。

Immanuel Prince VS Sibonso Gonya for WBO Intercontinental Title

https://youtu.be/Zephm1q-SZU


戦歴は、南アフリカ、アフリカ大陸を中心としたもので、世界レベルでの経験は多くない。
世界挑戦は少し急ぎすぎたのかもしれない。
Teteと比べると、矢張り実力には差がありそうだ。


今までの世界タイトルマッチの最速KO記録は17秒だったそうなので、この試合で6秒も更新したことになる。
20年以上前の記録だそうだが、今回の記録11秒は当分破られないかもしれない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/18  日記  ホワイト企業  アップライジング

2017-11-18 20:54:52 | (2)日記

2017/11/18 (土) 旧暦:101日 祝日・節気: 二の酉、朔 日出 :619分 日没:1632分 月出:541分 月没:1640分 月齢:29.32 干支: 己酉 六曜: 仏滅 九星: 六白金星

今日のあれこれ: ホワイト企業 アップライジング


不倫、暴言、横領、誰でも良かった、1週間で3人殺した、ビール瓶...
最近のニュース、報道は見たくもない、聞きたくもない人間の裏側・暗部ばかりだ。
関心はそれにしか無いのかと思いたくなる。

そんな中で、今日は気持ちのよい記事を見た。

ホワイト企業の第3回表彰企業に栃木の会社アップライジングが認定された。

【人間力経営賞】
有限会社アップライジング(栃木県宇都宮市 齋藤 幸一)

以下が、Yahoo!の紹介記事。

『捨て猫を受け入れたら業績アップ! 「お客様より社員が大事」という会社
11/18(
) 6:01配信

ホウドウキョク
捨て猫を受け入れたら業績アップ! 「お客様より社員が大事」という会社

clip_image002
(画像:ホウドウキョク)

1回、社員の働きがいと幸せを追求する企業を表彰する第3回「ホワイト企業大賞」において、特別賞の「人間力経営賞」を受賞した栃木県の有限会社アップライジング。専門は中古タイヤ販売と買取修理だが、何が評価され、その受賞に至ったのか?

ボクサーからタイヤ販売に?異例の経歴を詳しく

アップライジング・齋藤幸一社長にタケ小山がインタビューを敢行した。
プロボクサー引退後のセカンドキャリア

学生時代には全国に名を馳せ、プロボクサーとして活動していた齋藤社長。24歳で現役を引退し、選んだのはプロボクサーの時に使っていた健康食品の販売の仕事。しかし、武士の商法とでもいうのであろうか。ことは上手くいかなかった。

齋藤:
売れなくて借金いっぱい作ってしまって。そこで廃品回収のような仕事を始めてゴミステーションに出せないような、タンス・ベッド・冷蔵庫を引き取ってました。その仕事を始めて良くなっていきました。

タケ:
その中から中古タイヤに?

齋藤:
そうなんです。“このタイヤ捨てて”って言われたんですが、「これ捨てちゃうんすか!? 勿体なくないですか!? まだまだ使えますよ!」ということがありました。

売りたい気持ちはある。だが、店舗を構える程の資金はない。そこでネットオークションに目をつけて出品したところ、全国から入札が殺到した。これを契機に、齋藤社長はタイヤに特化することを決意する。借金を返済する日々を過ごす中、日本が未曽有の大混乱に陥った2011311日、東日本大震災を迎える。

その最中、懇意にしているラーメン店の店主から炊き出しに誘われた。

齋藤:
行っても何もできないんです。

と言いつつも、引っ張られる形で気仙沼へ。灯りもなく、そして舗装も完了していない道をひたすら進む一向。生々しい爪痕の残る気仙沼にて、齋藤社長はラーメンを手渡す係を担当した。そこで、あるおばあちゃんが「温かいものが久々に食べられること、さらにあなたたちが栃木から来て、励ましてくれたことが嬉しい」と言って涙をボロボロ流したという。

齋藤:
人の喜び我が喜びだ!と思ったんです。

この炊き出しの経験から、困りごとを解決することを趣味にすることを決意したのだった。


アップライジングは、タイヤを売らないタイヤ店

タケ:
タイヤ店さんだから、タイヤはあるんですよね。タイヤ以外もあるんですか?

齋藤:
ありますね。宇都宮店に入るとすぐ“猫ルーム”があります。猫ルームがあれば、ガラスの向こうから癒されたり、待ち時間に遊べたり。

驚くことに、そのほとんどが捨て猫だったそうだ。NOとは言わない齋藤社長は、時に従業員が拾ってきた捨て猫さえも引き取ったのだ。タイヤ購入を検討する顧客の大半は男性と思われがちだが、こうしてできた猫ルームが、アップライジングの顧客男女比を1:1にしている。さらに、猫ルームの他に「無料レンタル会議室」も備えている。これが地域の奥様方やPTA、さらに会社に好評で高い頻度で使われるのだそうだ。

タケ:
それで商売になるんですか?

齋藤:
会議室を10回も20回も借りながら、タイヤを他のところで買おうって人はあんまりいないんじゃないかな。それでウチで買わなくても、中古タイヤをウチに売りに来てくれればそれでいい。タイヤをあっちで買って、中古タイヤはアップライジングに…それで良いと思うんです。

このどこまでも下心のない地域貢献の構えこそが、齋藤社長の魅力でもあるのだ。
6
割が元ワケあり社員。その強みとは

齋藤:
うちのスタッフ、凄く良い人がいっぱいなんです。元ワケありな方が多くて、例えば、児童養護施設に入っていたとか、薬物に手を出したとか、障がいを抱えていたりとか、高齢者とか。

しかし、その誰もが人生を変えるつもりで、働いているという。逆にそういった障がい者などについて、「こうしたら働きやすくなるのでは」「この仕事に向いているのでは」と考えるきっかけを与えるため、そこで働く健常者を含め人間力が鍛えられるのだそうだ。

タケ:
そういった人たちを雇い入れるときのアドバイスはありますか?

齋藤:
できる仕事を見つけられるまで探し続けるということですね。

アップライジングには、障がいを抱えつつも、筋トレを趣味をするタイヤ剥がし名人がいる。タイヤ剥がしは、力が必要になる重労働なのだそうだ。さらに、タイヤ仕分け担当の視覚障がいの女性もいる。彼女の場合、掃除、事務作業、タイヤ洗い…、様々な仕事を体験させるも上手くはいかなかった。最後の最後に、体験させた輸出用タイヤの仕分け。これに関しては目を見張るような結果が出たのだという。

齋藤:
その人に合った仕事を最後まで諦めずに探し続けて、見つけてあげることが経営者の仕事なんじゃないかなって思いますね。


ホワイト企業としてのアップライジング

2017
2月にホワイト企業大賞の「人間力経営賞」を受賞したアップライジング。受賞できたのは前述の通り、社員一人一人が元ワケありとは思えないほどの行動や仕事ぶりを発揮し、それが評価されたと齋藤社長は分析している。

そうした社員のモチベーション維持。それは毎朝唱和するという社訓にあった。その社訓がコチラ。

【社訓】
一:常に謙虚で人に感謝し、人から感謝される人間であれ
二:自分を許し、他人を許せる人間であれ
三:現状に甘えず、一生学び続ける人間であれ
四:磨け、磨け自分を磨け タイヤとホイールと自分を磨け

齋藤:
人に感謝することに重点を置き、それが出来ないと、人間として駄目だなと…。

他にもこういった取り組みを行っている。

齋藤:
地域の小学生に元気に挨拶をすれば、小学生も元気になるんじゃないかということで、挨拶運動をやっています。挨拶禁止なんてありますけど、それでは日本は良くなんないんじゃないかな。他人でも挨拶できる。そんな日本の方が良いじゃないですか。

さらにタケはこんな質問も試みる。

タケ:
社員の幸せを願うも実現できない企業もありますね。どうお考えですか?

齋藤:
社員を物のように扱うのは良くないんじゃないですか。社員がいて、取引先がいて、地域社会があって、お客様がいる。最後の最後に自分たちの利益をなんとかする。この順番が大切なんじゃないですかね。

社員をどこまで大切にできるかというのが重要と説いている齋藤社長。お客様は神様とは言うが、それよりも大切なのが社員なのだそうだ。
海外進出と今後の未来

アップライジングには技能実習生制度でベトナム人が9人きていて、難しいアルミホイールの修理を学んでいるそうだ。しかし…。

齋藤:
3
年間学んで、ベトナムに帰ってもアルミホイールの修理工場とかないんですよ。なかったらせっかく日本で学んだ技術と、アップライジングの人間力経営を披露する場所がない。これはもったいない!だったらベトナムにアップライジングを作ってしまおうと考えたんです。

技術はあっても、開業資金はない。そんなベトナム人社員を助けるべく、アップライジングのベトナム現地法人を来年立ち上げる予定だそうだ。

こうしたプロジェクトを受けて、貧しい人に無担保で少額を貸すバングラデシュのグラミン銀行、その創設者であるムハマド・ユヌス氏はこの考えに大いに共感。バングラデシュへの出店計画も決定したという。

最後に齋藤社長に今後のビジョンについて聞いた。

齋藤:
綺麗事ばっかり言っている様だが、そのような会社が増えてくれればいいと思ってます。そういった会社が日本から海外へ進出し、道徳を伝えることで地球がよくなる。大企業ばかりでなく、中小零細も勇気を出して海外進出して少しずつ世界を変えていきたいですね。

齋藤社長が行っているのは、言っては悪いがどれも難しいことではないし、非常にシンプルである。しかし、それを根気強く続けることに関しては、そう簡単に真似できるものではないし、本当に頭が下がる。現にそれが実を結び、アップライジングの輪がベトナム、さらにバングラデシュへと波及している。栃木県宇都宮市から生まれた人間力経営は、少しずつ地球を変えていることには違いないのだ。

Yahoo! ホウドウキョク)


社訓は、一つ一つ尤もで個人としても毎朝確認して一日を始めたい内容だ。

言い換えれば、感謝、寛容、前向き、信頼ということだが、自分をまず信頼することが第1歩になる。

努力したら自分は今より良くなる・進歩するという自分への信頼が無ければ、最初の1歩を踏み出せない。

まずは自分を信頼し、次の段階では他の人も信頼することが、自分の生きるところを住みやすくすることにつながる。



【データ】


栃木のくらし編集室 「有限会社 アップライジング 齋藤幸一 社長」

http://tochigi-zaikai.net/2013spring/interview08




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/17 日記 照紅葉

2017-11-17 19:36:00 | (2)日記

2017/11/17 (金) 旧暦:929日 祝日・節気:  日出 :618分 日没:1633分 月出:445分 月没:1605分 月齢:28.32 干支: 戊申 六曜: 先勝 九星: 七赤金星

今日のあれこれ: 照紅葉

clip_image002

clip_image004

clip_image006

clip_image008

clip_image010

clip_image012

clip_image014

clip_image016

clip_image018

clip_image020

clip_image022

clip_image024

clip_image026

clip_image028

clip_image030

clip_image032

clip_image034

clip_image036
201711月の照紅葉
 NIKON D7000+TAMRON28-300mm
3.5-.6.3




『照葉:照紅葉
晩秋
          
紅葉した葉が光を反射して照り輝いていること。真っ青な空を背景に照り映えている紅葉はことのほか美しい。』
(季語と歳時記)



照紅葉・照葉の俳句:



・から堀の中に道ある照葉かな 与謝蕪村



・散る照葉火口湖深く瑠璃なせり 角川源義



・銀閣や松の間合に照紅葉  川崎光一郎



・照紅葉時止まりゐし三阡院  田代ヨシ



・照紅葉中山道へ道分かる  向井芳子




先日、照紅葉の写真を撮りに行った。
日の当たるところの楓は紅葉になっていたが、全体としてはまだこれからだった。

昨日は雲が北風に流れ、陽の光があったり曇ったり定まらない日だった。
明日はまた雨という、合間の今日は風もなく明るい陽が射し、紅葉の名所は賑わったことだろう。

今年は、変なお天気で、タイミングが合わず、気持ちも昂ぶらず、薔薇と菖蒲は逢うことができなかった。
紅葉は一度は逢うことができた。次の週末にはもう一度2017年の紅葉を目に焼き付けに行こう。

時は今、我が国の至る処で照紅葉が美しく艶やかに待っている。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/16  日記  秋惜しむ

2017-11-16 19:25:00 | (2)日記

2017/11/16 (木) 旧暦:928日 祝日・節気:  日出 :617分 日没:1633分 月出:347分 月没:1532分 月齢:27.32 干支: 丁未 六曜: 赤口 九星: 八白土星

今日のあれこれ: 秋惜しむ

clip_image002
(つれづれなるままに
http://sizugoro.blog.so-net.ne.jp/2011-02-19
より転載



『秋惜しむ
晩秋
去り行く秋を惜しむこと。「行く秋」よりも主観のつよい言葉である。古来から「春惜しむ」と相対する詩情とされる。』
(季語と歳時記)



秋惜むの俳句:



・箱根路や曲り曲りて秋惜む  武井良平



・藍深む琵琶湖のさざ波秋惜む  久保田雪枝



・茂林寺に一茶句碑かな秋惜しむ  須藤美智子



・励み来し証の農良着秋惜しむ  林和子



・曽て見し水車の無くて秋惜む  宮平静子






今日は、陽射しは戻ったが、風は冷たい木枯らしだった。
暦ではもう冬だが、この秋やり残したものがある。
本格的な冬になる前に、満足できなかった秋をもう少し楽しみたい。

話をする人は口を揃えて、今年の秋は変だったという。
夏のように暑かったり、雨ばかり降ったり、急に寒くなったり、お陰で体調を崩したという。
身体が不調では、何事も上手く行かない。ある人は、好きな酒も美味しくなかった、この頃、漸く体調が戻り呑めそうになってきたと言った。

楽しめなかったことを急ぐ必要がある。
さしあたっては、紅葉だろう。色が褪め、散ってしまう前に目に焼き付けなくては、秋が無かったことになってしまう。


須藤の句。
茂林寺はどこにあるか知らないが、調べてみると、群馬県館林市にある寺で、分福茶釜の寺として知られている。

分福茶釜については、Wikipediaに記載がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E7%A6%8F%E8%8C%B6%E9%87%9C

「蝶々の 婦ハリ(ふわり)ととん多(飛んだ) 茶釜哉」の茶釜と分福茶釜とがどう関係しているのかはよく解らない。
茂林寺に句碑がある以上何かあるはずだ。
実は狸は蝶々の化身だったとか...


林の句。
農家の秋は収穫の時、稔の秋だ。
暑い夏も一緒に働いてきた野良着には感謝しなければ。
農家の秋惜しむは、感謝の惜しむだ。
勤め人の秋と農家の秋では、全く秋の重さが違う。


宮平の句。
秋は喪失に敏感な季節だ。
見慣れた、いつも回って、其処にある水車が、無くなっている。あるべきものの喪失を秋はより一層寂しくする。
親しい人を失った秋の空虚感は筆舌に尽くしがたい。
ジッと黙って耐えるのみだ。


秋惜しむの句を読んでいて正岡子規の句が気になった。
病ニモマケズ、俳句の道を猛進したやる気充分の子規にしては、寂しい秋だ。

最初に見た句は、妻を詠んでいる。
子規は独身だったはずだが、ハテ?

・惜むかな妻うしなひし此秋を 正岡子規

調べてみると、明治2929歳の作で、 「寒山落木 五」に収録されている。

明治29年は、子規はまだ病床ではなく活動ができた、正月には、子規庵で森鴎外、夏目漱石も参加して句会を催している。

しかし、左の腰部が腫れ歩行に支障が出て、3月にはカリエスの手術を受けている。
体調は悪化しつつあったが、子規の提唱する新しい俳句は世の中に認められるようになった年である。

この妻は、手術無かりせば妻となった女性のことだろうか
それとも別の人のことを詠んだものだろうか。


もう1句。

・生き殘る蠅ならなくに秋惜む 正岡子規

子規は蠅をよく詠んでいる。
病気が重いのを知った自身を蠅に例えたのだろう。

調べてみると、この句も明治29年、同じ「寒山落木 五」に所収だった。

明治29年の秋は、子規にとって特別の秋だったようだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/15 今の相撲と横綱の品格 日馬富士の問題に関して

2017-11-15 19:50:00 | (16)時事・世相

 

日馬富士がビール瓶で同じモンゴル出身の貴ノ岩を殴り、重傷を負わせたとされる事件が問題となっている。

モンゴル出身の力士の親睦会で酒に酔った上での行為で、理由は貴ノ岩の態度が悪いことを問題にしたのだそうだ。

 日馬富士がどんな人なのかよく知らないが、気性は激しいが慈善事業に参加する面もあるそうで、ただ粗暴な性格ではないようだ。

貴ノ岩がどんな人物かもよく知らないが、先輩の横綱が説教している最中にスマホを取り出して操作する態度も理解することはできない。

筆者もそうされれば、ビール瓶で殴ることはしないが、2度と関係を持たないように絶縁する筈だ。

正確な状況は判らないが、この記事は事件を問題にしているのではない。

 横綱の品格が無視されている結果、資格のない横綱が商業的に作られている今の相撲界が問題と考える。

 

以前は、相撲は好きだった。

日本の国技であるし、プロ野球など比較にはならなかった。

ところが、モンゴル出身の朝青龍が横綱になった頃から相撲を見なくなった。

理由は、横綱が相手に勝って、土俵際で勝負はついているのにダメ押しで、突き倒したり、投げ落としたりして、その後自分の強さを誇示する態度が嫌いだった。

モンゴルでは、文化が違うから力を持ってるものは、それを示すのが当たり前かもしれない。しかし、相撲は日本で行われている歴史と文化の上に成り立っているもの。

横綱というものは、強いのは当たり前、その上に立派な相撲内容を取る、人格的にも人の見本になれる人であるというのが日本の横綱だと思っていた。

眼の前にいる横綱は、その品性を欠いている。

それを認めている相撲協会も嫌いだということで見なくなった。

 

 10年前に、朝青龍について記事を書いている。

今回も、その時と変わりがない。

2007/08/25 心と言葉と姿」

http://blog.goo.ne.jp/nabanatei/e/468ce71f9924422e0f7468bf8422f9a1

 

 元々、歴史的には横綱は地位ではなかった。

最高位は大関であった。

横綱は、大関の中で特に優れた力士に与えられる称号であった。

事情は判らないが、雷電爲右エ門は、横綱に値するような成績を残しながら横綱免許は与えられなかった。

今の横綱は、日本相撲協会理事長が、審判部の要請を受けて、横綱審議委員会に横綱昇進について諮問する事になっている。

これが問題だ。

 

審議会は、大関で2場所連続優勝の様な認定基準を作ってこれに合致すれば無条件に横綱昇進を決めている。

要するに、強ければ良いのである。

相撲内容が立派であるとか、人格が優れているとか、後輩の手本になれるとかそういった品格の部分が横綱認定から欠落している。

相撲が国際化するのは良いことだが、日本の国技の相撲はどの国の人であろうと、ただ強いだけではいけない、品格も求めていることを日本の文化として求めていくことを明示し、自ら実行する必要がある。

根本の問題を解決しない限り、また問題は起きる筈だ。

 

 

 

 

『【日馬富士暴行】貴ノ岩「診断書」の謎

11/15() 16:45配信

東スポWeb

 

clip_image001

報道陣に囲まれた日馬富士は暴行を認めて謝罪した

 

大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が幕内貴ノ岩(27=貴乃花)を暴行して頭部にケガを負わせた問題は、波紋が広がるばかりだ。横綱が起こした不祥事に世間から厳しい視線が注がれているが、事件の衝撃を大きくしたのが、貴ノ岩サイドが日本相撲協会に提出した診断書の中身。脳振とうに頭部の骨折、さらには髄液(脳脊髄液)が漏れた疑い…と深刻な症状が並んだ。その一方、「全治2週間程度」で経過次第では今場所中に復帰可能との記述も。一見すると相反する内容だが、あり得ることなのか。専門家に聞いた。

 

日馬富士の暴行を受けた貴ノ岩は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」があり、全治2週間程度との診断書が相撲協会に提出された。その診断書には「その間(2週間)に状態が安定すれば、仕事に復帰が可能と思われます」との注釈も添えられた。

 

ただ“加害者”の日馬富士は九州場所3日目(14日)から休場したが、診断書には「左上腕骨内側上果炎、左尺骨神経痛で約6週間の治療を要する見込み」と記されている。単純に比較できないこととはいえ、頭部に大ケガを負った“被害者”が「全治2週間程度」で、経過次第では土俵に復帰可能とは、あり得ることなのか。

 

これについて、新日本プロレスの医事委員会に名を連ねる牧田総合病院脳神経外科の朝本俊司医師(55)は「全治2週間はまずない。普通1~2か月は入院でしょう。頭蓋底骨折は転落事故などに見られる高エネルギー外傷ですよ。いかに力士の力で殴ったとしても、よほどの長時間と何本か割れるまでやらないとビール瓶で折れるということは考えにくい。また単独で骨が折れる箇所ではない。脳挫傷や外傷性のくも膜下出血など、脳の出血も伴うはずです」と指摘した。

 

朝本医師によれば、さらに不可解なのが「髄液漏の疑い」の文言だという。「髄液漏というのは確定診断なんです。骨折などのように『疑い』という診断はない。この診断書を書いた人がいるのなら、その人は脳外科医ではないのでは」と首をかしげた。

 

診断書によれば、貴ノ岩は11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院した。「髄液漏」まで確定した上で診断書通りの負傷であったとすれば、入院前に貴ノ岩が稽古をしたり、直前の2日に福岡・田川市役所を表敬訪問していたことは考えられないという。

 

「人間なら1000%、無理。緊急入院の大ケガです。力士としても年単位で(出場を)禁じられるでしょう。イベントにも出た上で何日後かにこの診断書というのは普通に考えにくい」

 

サッカーJ1鹿島のチームドクターを務める関純氏(西大宮病院院長)も「信じられないですね。全治2週間ということはないでしょう。頭の骨折もあって耳から髄液漏れの疑いもあるわけだから」との見解を示した。その一方で「ただ、もしかしたら(全治が長いと)加害者が重い罪になるかもしれないということを加味したのかもしれない。診断書を書く段階でそういう判断をした可能性もある」と、横綱の立場に“忖度”した可能性もあるという。

 

診断書に書かれた通りなら、貴ノ岩の力士生命は大丈夫なのか。関氏は「髄液漏れの疑いのところは、細菌が入って合併症もあり得るので一番気をつけないといけない。復帰は、しっかり止まっていることを確認してからにするべき。慎重に経過を見たほうがいい」とした上で「今場所は復帰しないほうがいい。まだ若いですから完治すれば、また相撲を取ることは大丈夫でしょう」。

 

酒で酔った末に暴力行為に走った横綱の罪の重さは変わらないが、事件には不可解な点が多いのも事実だ。』

(東スポWeb

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/15  日記  七五三

2017-11-15 19:30:00 | (2)日記

2017/11/15 (水) 旧暦:927日 祝日・節気: 七五三 日出 :616分 日没:1634分 月出:249分 月没:1500分 月齢:26.32 干支: 丙午 六曜: 大安 九星: 九紫火星

今日のあれこれ: 七五三

RBC THE NEWS「きょう七五三 波の上宮は家族で賑わう」2017/11/15

https://youtu.be/nYa7iORMlmA



『七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事であり、神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。

由来
天和元年1115日(16811224日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力である。

11
15日は、子供の成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁による)。現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった。

やがてこの儀は京都、大阪でも行われるようになり、だんだんと全国に広まっていった。

日付
旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。

江戸時代に始まった神事であり、旧暦の数え年で行うのが正式となる[1]

神事としては、感謝をささげ祝うことが重要であるとの考え方から、現代では、数え年でなく満年齢で行う場合も多い。出雲大社に神が集まるとされる、神在月(他の地方では「神無月」)に、7+5+3=1515日となり1115日となったと言う説もある[要出典]が、実際には曖昧(そもそも神在月・神無月は旧暦10月のこと)。

明治改暦以降は新暦の1115日に行われるようになった。現在では1115日にこだわらずに、11月中のいずれかの土・日・祝日に行なうことも多くなっている。

北海道等、寒冷地では1115日前後の時期は寒くなっていることから、1か月早めて1015日に行う場合が多い。
各年齢の意味
7
歳の少女

現在は「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事のように捕らえられ、そうなりつつあるが、実際には、それぞれの年齢で行う、別々の異なった行事であり、3つの子供の行事を、「七五三」と呼んだため、本来の神事の内容が薄れ、同じ行事のように思われている。そのため、現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なる。

関東
発祥とされる関東地方では、以下のように考えられている。
   
数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、主に女の子が行う(男の子が行う例もある)。江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。
   
数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。男子が袴を着用し始める儀。
   
数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

3
歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りである。現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み、洋服の場合もあるが和服の方が多い。少女(極稀に少年)は、この時に初めて化粧(厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多い。最近では性別問わず三回すべて行う例も散見される。奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もある。

他の地方
上方発祥の習俗としては十三詣りがあり、これも徐々に全国に広がりつつある。

変わった所では福岡県で45歳で「ひもとき」、7歳で「へこかき」(少年)/「ゆもじかき」(少女)(いずれもふんどしや湯文字といった成人仕様の下着を初めて身につける)を行う地区がある。

3
=言葉、5=知恵、7=歯を神から授かることを感謝し、また、3歳、5歳、7歳は子供の厄の一種でもあるという考えが出雲地方にみられる[2]
...』
Wikipedia



七五三の俳句:



・雲上に冠雪の富士七五三 甲斐遊糸



・磯海女の子らも紅引き七五三 中村千恵子



・紅筆に口つき出して七五三 水口泰子



・三世代みんなめかして七五三 高澤良一



・参道は子等の花道七五三  池上和子




今日は、七五三。
15
日には神事としての意味があるので、本来はこの日に行うのだが、平日に神社にお参りするのは、今の世の中では難しい。
元々、旧暦の1115日を新暦に置き換えているだけなので、日付に拘る意味は無い。
それより、一家揃って神社に参拝したり、写真を撮ったり、食事をしたりする方が重要だ。
先週末の済ませた家族もあるだろうし、今週末の家族もあるだろう。

掲載した沖縄の波上宮の七五三の動画。
沖縄は、子供の行事(運動会や学芸会など)の日は平日でも、店を休んで行事を優先する事が許される社会なので問題はない。
子供は世の中の宝だから、本土でもそうすればよいし、個々の家庭の対応が難しいのであれば、国民休日にする方法もある。
GDPと子供の成長のどちらが大事かと言えば、子供に決まっている。

沖縄は、独自の文化が在り、神社を中心とした神事はあまり一般的ではない印象だが、子供の神事に関しては問題なく行われているようで、嬉しい。

参道の花道を着飾って歩く子供たちは眩しい。
外国人も一緒に記念撮影したがることは不思議ではない。
未来を一緒に祝うのは万国共通だ。
七五三の考え方を世界に広めることができれば、世界の子供が幸せになることができる。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/14  日記  初時雨

2017-11-14 20:16:34 | (2)日記

2017/11/14 (火) 旧暦:926日 祝日・節気:  日出 :615分 日没:1635分 月出:150分 月没:1428分 月齢:25.32 干支: 乙巳 六曜: 仏滅 九星: 一白水星

今日のあれこれ: 初時雨

clip_image002
(☆☆ 奈良大和路 素描 ☆☆
http://blog.goo.ne.jp/tukasaf/e/12c8bceeef316be8479e0dfa2ddcebf4
より転載)



『初時雨
初冬
           ..
その年の冬の初めての時雨。冬になってしまったという気持ちが、この季語には込められている。』
(季語と歳時記)



初時雨の俳句:



・初時雨猿も小蓑を欲しげなり 松尾芭蕉



・京へ出て目にたつ雲や初時雨 千代尼



・雪見ゆる峰をかくして初時雨 高井几董



・座敷から湯飛入るや初時雨 小林一茶



・引被る衣の香床し初時雨 各務支考




昨日は晴れの予報だったが、当たらずほとんど曇りの日だった。
今日は、曇り後雨の予報だったが、悪い時はよく当たり、雨は早く降り始めた。

この時季は一雨ごとに、一段毎寒くなって行く。
この週末は12月の寒さになるそうだ。

芭蕉の有名な初時雨の句。
江戸時代旅人が歩く初頭の冬の道には、猿もよく姿を表したのだろう。
今では、珍しいことだが、11日同じような光景に出くわした。

松本は青空で晴れていた。
158
号線で上高地方面に向かって車を走らせていた。
市街地を抜け、峠道を上り始めると曇ってきた。
山道の九十九折を登っていくと、霧が出始め、やがて細かい雨が降り始めた。

暗い長いトンネルを幾つか通り、乗鞍方面に左折すると、右側は、紅葉の時期は終わって、冷たい雨が降る冬の佇まいの山林だ。

車の前方を何かが右の山から降りてきて道路を横切った。
車が近づくと猿だった。
まだ小さく痩せた猿が、通り過ぎる我が車を逃げることもなく見ていた。

我々は車の中で温かい。
猿は冷たい雨に打たれた儘道端に座り続けていた。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/13  日記  SDメモリーの不具合

2017-11-13 19:28:32 | (21)デジタル空間

2017/11/13 (月) 旧暦:925日 祝日・節気:  日出 :614分 日没:1635分 月出:049分 月没:1354分 月齢:24.32 干支: 甲辰 六曜: 先負 九星: 二黒土星

今日のあれこれ: SDメモリーの不具合

SD
メモリーの不具合が、実は使い方の問題で、SDメモリーその物の欠陥ではないケースが多くあるのではと思った話。

SD
メモリーは、様々な電気製品・機械で使っている。
思いつくだけでも、カメラ、オーディオ、BDレコーダー、タブレット端末、パソコン、スマホ、ドライブレコーダーで使っている。

購入する場合、Amazonで買うことが多い。
種類が多く、選択の幅が広い、価格の幅が広く並行輸入品など安いものもあるからだ。
先日、ドライブレコーダー用にMicroSDXC64Gを購入した。安いものだと約3000円で購入できるが高いものは5万円もする。

安いものは評価が星1つの悪いものも多いが、星5つの高い人も多い。
星1つの人は、フォーマットできない、4日で使えなくなった、突然書き込み禁止になったetc 様々な理由で悪い評価をしている。
ハズレを引いたとか、安物買いの銭失いとか感想を書いている。

こうした中には、使い方の問題が相当に含まれているような気がする。
今日こんなことがあった。

旅行の写真500枚をSDメモリーリーダーを使ってPCUSBに挿し読み込んだ。
ところが先頭の50枚は読み込めるが、後はエラーになり読み込めない。
SDメモリーの欠陥で、写真がお陀仏になったかと一瞬思った。

カメラは10年前の古いものだが、発色が鮮やかなので紅葉の撮影に向いているから連れて行った。
PENTAX K20Dの適応SDメモリーはSDHCになっている。

PC
Windows10 64BitUSB3.0
SD
メモリーリーダーはUSB3.0で高速の評価があるJOBSON
読み込むソフトはPicmv

途中からエラーになるのは、SDHCメモリーがUSB3.0のスピードに追いついていないのでは考えた。
一般的には、機器は下位互換性があるので、USB3.0 の機器でUSB2.0 使用のものは使える筈だが、何となくそう感じた。

USB2.0
時代に使っていた古いSDメモリーリーダーを探し、使ってみた処問題なくすべての写真をPCに取り込むことができた。

原因は、メモリーにあるのではなく、USB3.0のリーダーが全て問題なく使えるという思い込みに在った。

ハズレとか相性とかの問題は確かに存在するが、不具合・星1つの評価の中には、使う側の使い方の問題もあると思った事例だった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/12  ガストホフ千石 in 乗鞍高原温泉郷  (その1)

2017-11-12 23:38:00 | (13)散歩・お出かけ


乗鞍高原で開催された地酒フェスタに参加するために、乗鞍高原温泉郷に1泊した。

宿は、ガストホフ千石。
フェスタ会場への行き帰りやチケットについて紹介の電話をした時の印象が親切で、料金がシンプルで明瞭、他のところのように暖房費が別途1000円というようなことがなかった。また、宿泊者の評価は温泉も料理も良かったので宿泊を決めた。

行ってみると、予想通り良い宿だったので記事を書くことにした。


clip_image002

場所は、乗鞍観光センター、乗鞍畳平シャトルバス発着所より少し手前の左側になる。
建物の前が駐車場になっているので便利だ。

建物は2棟あり、本館は洋室、別館は和室だそうだ。
今回は本館の洋室に泊まった。


<館内>

本館1階は、薪ストーブのある談話室と食事処になっている。

薪ストーブは飾りではなく、本物の薪が燃えていた。

clip_image004

clip_image005
排気は戸外に出されているので、煙臭さはまったくない。

clip_image007

新しい薪が点火され、やがて勢い良く燃え上がり、炎を立てる。
やがて、火の勢いは頂点に達し炎は消え、炭火のように紅く光り始める。


https://youtu.be/wsKiFgeCfi8


今の都市生活では家庭での火の利用は電気・ガスになり、メラメラと燃え上がる薪の火を見る機会はあまりない。

どんど焼きの焚き火でもそうだが、目の前で揺らめく炎には心を捉える力がある。
それは命のゆらめきのようにも見える。

薪ストーブの前で、深々とソファに座り、炎を見つめて時を忘れるのも悪くはない。


宿泊する部屋は2階になっている。
廊下に面して部屋のドアがあり、ホテルのような作りで、奥が洗面所・トイレになっている。
ピカピカに磨かれた木の廊下に壁も天井も木の温もりのある造作だ。


https://youtu.be/As4MkvNzasw


洗面所・トイレは明るく綺麗で、掃除も十分行われ清潔感があり、気持ちよく使用できる。


<展望>


部屋からの展望は、着いた日は天気が悪く、乗鞍岳は雲の中だった。
clip_image009

clip_image011


<露天風呂>


この宿を選んだ理由の一つは、渓流沿いに在り、渓流の音を聴きながら露天風呂に入る事ができると利用者の評価に書かれていたからだ。

暗くなる前に露天風呂に出かけた。
貸し切りなので他の人に遠慮すること無く利用できる。

clip_image013
本館の玄関から外に出て、右の方に少し下がっていく。

clip_image015
薪ストーブの薪が切られている。

clip_image017
渓流が見える。

clip_image019
かなりの水量がある流れで、水音がすべての音を消し去っている。

clip_image021
渓流を見下ろすところに、露天風呂の建物がある。

clip_image022
鍵でドアを開け、中に入ると、右が脱衣所、中央に湯船、左が渓流になっている。

clip_image024
湯船は、湯が覚めるのを防ぐために蓋があるので青く見える。

clip_image026
縁に立つと渓流が見える。

clip_image028
音も近い。

clip_image029
蓋を取ると、湯は乳白色。
硫黄の匂いが立ち上り、充満する。

clip_image031
湯は熱めで、露天でも温まる。
湯の中に入ると、肌がスベスベ滑らかになるのが判る。

湯船に浸かりながら、せせらぎの音を聴いていれば、若い二人でも言葉はいらない。


<食事>


食事は、本館1回の食事処でいただく。

・この日の夕食
clip_image033
温かいものは温かくで、並べられていない。
鍋も着席してから、火がつけられる。

clip_image035
馬刺しと虹鱒の塩焼き。

clip_image037
馬刺しは、ねっとりとした食感で次第に旨味を感じる。癖のないさっぱりとした味わいだ。

clip_image039
虹鱒は焼き加減がよく、身を骨からホロリと取ることができる。

clip_image041

鍋の中の写真を撮るのを忘れてしまったが、豚肉、蟹、鱈、茸、白菜が入った鍋。
山と海、野菜と茸の味が絡まって美味しい。

clip_image043
お肉は、後から熱々のものが運ばれた。
鶏肉の焼き物。
柔らかくジューシーな肉だ。


clip_image045
茄子の味噌田楽。
味噌が赤味噌なのが名古屋人としては嬉しい。

clip_image047
胡瓜、和布、カニ風味の和物。
和布のネバネバ、トロリとした食感とさっぱりとした甘酢の味が爽やかだ。


clip_image049
サツマイモの自然な甘味と黒いのはプルーン。
穏やかな甘さ。


clip_image051
デザートはショートケーキ。

品数も多く、ボリュームも有り、それぞれ丁寧に作られているのを感じる。 満足な夕食だった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/12  ガストホフ千石 in 乗鞍高原温泉郷  (その2)

2017-11-12 23:26:00 | (13)散歩・お出かけ


・翌日の朝食


clip_image002
今日は、日常生活とは違って、朝から豪華な食事だ。

clip_image004
ハムとスクランブルエッグ トマトとレタス・キャベツ・ニンジンのサラダ。

clip_image006
柳葉魚2匹と甘酢辣韮
味付け海苔

clip_image008
野沢菜と豆腐の麦味噌味噌汁。上品な味だ。

clip_image010
ご飯が特に美味しかった。
お米大好き人間としては、ご飯がベチャベチャだったり、パサパサだったり、残り物だったりするとがっかりするが、ここのご飯は本当に美味しい。

お米一粒一粒が感じられ、モチモチとした食感で自分好みだ。
美味しい食事を提供するという宿の気持ちが感じられるご飯だった。


clip_image012
野沢菜と白子の和物

clip_image014
山葵と大根の次郎長漬け
次郎長漬は静岡だが、この粕漬けも美味しかった。

clip_image016
茸とおろし大根の和物
大根おろしのさっぱりとした舌触りの後、サクリとした茸の食感を経て茸の旨味が広がる。旨味が濃いが茸の旨味だけだろうか?
ほっこりとする品だ。

clip_image018
牛蒡、ニンジンの炒めに胡麻のふりかけ
牛蒡のアクが適度に抜かれて、牛蒡の旨味だけが感じられるものだった。
土臭い牛蒡が上品で綺麗な牛蒡に変身していた。

clip_image020
大根の粕漬け
甘くてカリカリとした食感が気持ちよい。
食後のお茶をいただきながら、全部食べてしまった。

clip_image022
小梅の梅漬け
これは口の中に入れ、カリッとした食感の後、目が覚めた。
突き抜けるほど塩っぱい。
パンチの有る塩味だが嫌味はない、後味がよく切れる爽快な塩で目が覚める思いがする。

部屋から山を眺めると、昨日の曇り空とは違い、晴れ渡った青空だ。
clip_image024
昨日の雪で、山頂は雪化粧をして美しい。

clip_image026
外に出て出発の準備をすると、素晴らしい高原の空気と澄み切った空だった。

clip_image028
宿の前の道路から、山がよく見える。

松本に降りる前に、昨日は見られなかった観光センターからの山の写真を撮ることにした。

clip_image030

clip_image032
霙と雨と雪が激しかった昨日とは違い、観光センター前からの眺めは良かった。

clip_image034
季節は紅葉の秋を過ぎ、白い山の季節になった。
厳しい吹雪の日もあるだろうが、晴れ渡った空と白い山がキリリとした気持ちを湧き起こさせてくれる日もあるだろう。



<感想>
・乗鞍高原に泊まるのは2度目だが今回のガストホフ千石は良い宿だった。

・館内は清掃が行き届き、廊下もトイレも部屋も清潔で気持ちが良い。
薪ストーブの暖炉が在り、座っていれば気持ちが癒やされる。一人でボンヤリも良いし、仲間との語らいも良い。

・露天風呂はせせらぎの音と静寂の中にあり、お湯は硫黄の匂いの立つ、肌スベスベの温泉だ。
乗鞍高原の宿すべてが同じ湯ではないそうだ。35年前に最初に掘られた源泉は乳白色だが、後で掘られた源泉は鉄分の含まれた透明な湯で全く湯が違う。単独で掘った休暇村の湯も透明だそうだ。宿の中には源泉を使わない沸かし湯もあるそうだ。
乗鞍で泊まる場合は、乳白色の湯の宿に泊まりたい。

・食事も前評判とおり質も量も良かった。
温かいものは温かく、手抜きをせずに丁寧に調理されているのがよく解かった。ご飯については書いた通りだが、すべてを物語っている。

・一番感心したのは、この日は他の予約客があったのだがキャンセルになり、宿泊者は我組だけだった。
それにもかかわらず、手抜きすること無く歓待されていることが理解できた。薪ストーブも絶えることなく焚かれ、廊下の電気は真夜中も消されることはなかった。

おすすめの宿だが、夏はシーズンで混雑するそうだから、今回の感じとは違うかもしれない。
秋から冬の比較的余裕のある季節ならゆっくり乳白色の香り立つかけ流し温泉を楽しむことができるだろう。
ただ、渓流露天風呂は厳冬期は使えないそうなので、それを目的とするとする人は予約前に確認する必要がある。


【ガストホフ千石】

390-1511
長野県 松本市安曇4019-2

TEL:0263-93-2222 

公式サイト

http://www.g-sengoku.com/top.htm



じゃらん 予約・評価情報

https://www.jalan.net/yad323112/kuchikomi/?screenId=UWW3001&stayCount=1&yadNo=323112&maxPrice=999999&dateUndecided=1&roomCount=1&roomCrack=200000&adultNum=2&minPrice=0&smlCd=162303&distCd=01



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/12  日記  紅葉狩

2017-11-12 19:28:00 | (2)日記

2017/11/12 (日) 旧暦:924日 祝日・節気:  日出 :613分 日没:1636分 月出: ――― 月没:1318分 月齢:23.32 干支: 癸卯 六曜: 友引 九星: 三碧木星

今日のあれこれ: 紅葉狩

「【信州】長野県 おすすめ 紅葉スポット10選」

https://youtu.be/jxebGyYzj-Y



『紅葉狩: 紅葉見、観楓、紅葉踏む、紅葉酒、紅葉茶屋、紅葉舟、紅葉焚く
晩秋
紅葉を観賞するため、山野などを訪ねること。紅葉をめでながら酒を酌み交わすこともある。よく晴れた日、家族そろって眺める紅葉はまた格別である。』
(季語と歳時記)



紅葉狩の俳句:



・紅葉狩る北国街道湖近し  竹中一花



・猿走る箕面の山の紅葉狩  稲次登美子



・紅葉狩あぶり餅屋のよう売れて 渡辺よし子


・紅葉狩いま露天湯に星を待つ  阿部文子



・眼にちから溜めて戻りし紅葉狩  鈴木夕起子





空気の澄んだ高原を走り、錦色の山々を眼にして歩く。
夜は、温泉に入り、星空を楽しむ。


阿部も鈴木も紅葉狩の楽しみを知っている。
世事から離れて自然の中に心を開放する。
それだけで、命は輝きを取り戻す。

生き生きとした心の眼差しは黒く静かに輝くことができる。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/11/11  日記  温め酒

2017-11-11 19:20:00 | (2)日記

2017/11/11 (土) 旧暦:923日 祝日・節気: 下弦 日出 :612分 日没:1637分 月出:2347分 月没:1239分 月齢:22.32 干支: 壬寅 六曜: 先勝 九星: 四緑木星

今日のあれこれ: 温め酒

「【日本酒・燗酒】湯煎での燗のつけ方」

https://youtu.be/tei-KZeBSyk





『温め酒: あたため酒
晩秋
陰暦九月九日の重陽の日、酒を温めて飲むと病気にかからないといわれた。このころは寒さもつのってくる。酒を温めて飲むのに
もよいころである。』
(季語と歳時記)



温め酒の俳句:



・温め酒とろりと喉をこしにけり  副島いみ子



・一杯は夫にも強ひる温め酒 関澄ちとせ



・遠慮なき事言い合いて温め酒  福田みさを





日本酒を温めて飲む季節になった。
日本酒は飲む温度の幅がひろいので、この時季は選択する温度の幅が大きくなり、楽しみ方も幅が広くなる。冷でも良いし、ぬる燗から熱燗までお好み次第だ。

酒を温めると良いのは、寒い時に身体の中から温まることができる事だ。
一寸、寒気がして風邪に襲われそうな時に、邪気払いに飲む効用がある。

もう一つは、お酒そのものの味が良くなる事だ。
味が密だが中に閉じこもりがちな酒の場合、少し温めてやるとガラリと世界が変わる事がある。酸が膨らみ、舌触りがまろやかに、密だった味が解き放たれて柔らかい旨味を感じさせるようになる。

また、料理との相性も広がる。膨らみのある酒は、刺し身からこってりとした肉料理まで相性が良くなる。

こうして温度を上げ、その酒の持つ能力を引き出すのは酒飲みの技術と言える。


俳人も酒好きは多い。
取り上げた例句の作者は、3人共女性だ。
いける女性も多くなっている。
温め酒を楽しく飲めれば、それはもう幸せの人だ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加