なあんおばはんの日常

日々思うことを連ねる自分の記録です

スタートまではまだ。

2015-03-31 14:06:15 | Weblog


自分がまずは大事。

まずは、わたしを再生!

しっかりしろ。わたし。



前を向け、さあ、リカバリ開始。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再起動!

2015-03-31 14:02:51 | Weblog
つまり

「一回、七万円もするカウンセリングなんて受けられない。」


です!

ならば自分で解決するしかない。


ものの考え方、思考。

それらは各自の過去の記憶と意識が編み上げた、プログラム。


意識の定義は

脳の神経が、今までの経験や情報、記憶を繋ぎ合わせて集結させた固まり。


記憶には

過去の経験した事象に対して、湧き上がった感情もプラスされる。

そして

その意識が、

自分を取り囲む外界イメージを作り上げる。

主観の世界。


しかも厄介なことがあります。


「サイコサイバネティクス」という自己啓発の考え方によると、

「脳は、現実で起きていることと
自分が現実だと強くイメージしたこと
との区別がつかない。」

というのです。

この文章は、大変重要です。

もう一度書きます。


「脳は、現実で起きていることと
自分が現実だと強くイメージしたこと
との区別がつかない。」




これです。

まさにどんぴしゃり!

私は今まで、さんざん家族に言われ続けた言葉があります。

あなたは、勝手に自分で思い込んで、虚像を作り上げて、反発して攻撃してくる!


被害妄想だ!


と。




まさに、同じ。


自分の主観で作り上げた世界と

意識が作り上げた暗示。


「自分が現実だと強くイメージしたこと」

それは、どうやら自己催眠のようなものらしい。


被害妄想の原因は、

私のココロの傷や、歪み。

わたしは片付けが下手や。


原因は、やりっ放しにしてしまうから。

一つずつ片付ければいいのに、

次々にアイデアが浮かんで、
追いつかなくなる。


だけど今は立ち止まり


停泊して

整えたい。片付けたい。


わたしのすべてを。



ゆがんだ現実イメージや

自己催眠なんて

もーいらん。


わたしはわたしのブログラムを書き換える。

リカバリ。

再インストールすればいい。

バグだらけのいらないメモリーは削除。



pcのリカバリは得意。






「消去します!」


カタカタ方カタカ。


ハードディスク回る。


再起動したい。



わたしは


再起動したいのだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしをつくる

2015-03-31 13:55:25 | Weblog



まずは意識と感情、ココロのそうじ。

溜まったゴミをだす。


まずはしまい込んだ愚痴やら思いを吐き出して、解放するんだ。



まずは自分に聞いてみる。


私はどう生きたいの

私はどうしたいの

私は何をしたい?


ここからは、本音、ワガママ、自己主張、& ココロのゴミ





自由になりたい。


人の便利な付属品はいやだ。



人に利用されたくない

都合よく使われるのは、いやだ


わたしはわたしのために生きていきたい

だから、もう人の世話なんかしたくない。

ごはんも、すべて自分のことは
自分でしてほしい
しばらくのあいだだけでいい



私が落ちつくまで。

休みも人と一緒に出かけるのは、やめたい。


常に人と一緒の空間にいると

わたしはわたしじゃなくなる


人に吸い込まれてしまう

いつも人の顔色を見て暮らすのはいやだ

いつも人に合わせて我慢するのはいやだ


わたしには、わたしの時間が必要。

わたしに自由をくれ。

わたしを自分の都合で振り回すな


今の仕事も、わたしはいやだ!


わたしにやらせないでください。


わたしは1日4時間勤務、それだけの給料しかもらっていないし。

今から私の居場所をつくる。





はい。


ゴミがいっぱい、出ました。




本音も出ました。


(笑)


ちなみに、人の部分には「主人」も、入ります。

人=他者、です。



私にとって、人はストレスです。


ですが、人と一緒にいる楽しさ、喜びもあります。



どうやら

バランスが、
崩れています。


バランスを整えます。


1人の空間、1人の時間を


もっと増やします。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女友だち

2015-03-30 05:49:50 | Weblog
昔からの女友達は、だんだん減っていく。


なぜなら、年を重ねていくに従い

生き方がどんどん離れていき、やがて

価値観が合わなくなる。

女は年を重ねると
どんどん利己的になるタイプが多い。


それがいいとか、悪いとか、
そんなことはどうでもいいけど、

私は彼女達から、少しずつ遠ざかる。


近づくと、利用されて疲れる。


本人達は気づいていない。



また一人、私の中で

さよならした女友達がいる。



成長して、素晴らしい女になったかな、


と思ったけど、


いやいや、そんなことは無かったよ。


逆に自己中なところが
年を取って、さらにパワーアップしてた。

残念やわ。


だがしかし、それは私がそう思うだけ。

彼女をちやほやする周りの人達がいる限り、彼女は幸せやから。


ほな、さいなら。


私はもう彼女には近づかない。





..なんて、書いたけど

だけど、どんなに彼女が身勝手で

利己的であり、

周囲を利用したとしても


それで彼女は幸せに暮らしているし


彼女の周りの人達も、

彼女を褒め称えているわけで


だから、何の問題も無い。



私も同じように彼女を利用すればいい。

それは、

友情とは、少し違うかもしれない。

しかし

友情では無い人間関係というのもある。


私は私の気がすむように


一生懸命に誠意を尽くしたのだから、


私は満足したのだ。


相手に同じ気持ちを求める必要は無い。



だから、友人ではなく知人として


見ればいい。


そうすれば、自分が疲れることも無い。


少しずつ、意識と感情を整理する。



これはかなり厄介なことだと

思っていたけど。


そんなに難しいことじゃない。


そのためには、ちゃんと
そのために
時間が必要なことに


今まで、気づかなかった。


だから、時間を作る










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体温調整が出来ないのである

2015-03-30 05:37:45 | Weblog
木曜日の夕方からずっと、
身体が変だ。

風邪の症状も無いのに、

熱が38.5度。

市販の風邪薬を飲むと下がるけど

薬が切れると、また38.5度。

この繰り返し。

昨夜はなぜか

35.5度まで体温が下がり


今朝は37.1度。


なんなん?

熱が下がっている間に
少しだけ家事をやり

熱が出るとひたすら寝ている


早く普通に戻りたい


これも更年期障害?





主人は相変わらず

更年期障害には全く理解が無い。


病気だと、思わないねんな。


どれだけ言っても


わかろうとしない。

病気でイライラしたり

病気で不調やと言うことを

全く受け入れない。


どうしたらいいか、

わからんわ。


更年期障害で離婚する夫婦も多いという。



納得や。


女は大変やな。


爪ももろくなって


手の爪も、すぐに割れる。

足の爪も、少しぶつけたりしただけで

ぱきーん、と割れる。



からだぁー、
なんとか持ちこたえてくれー





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱が下がらぬ

2015-03-29 07:14:34 | Weblog
木曜日の夕方から38.5度の熱。

特に風邪の症状も無く、風邪薬を飲むと一旦熱は下がるけど、薬が切れるとまたすぐに38度以上に熱が出る。

金曜日朝一で内科に行き
インフルエンザの検査をしたけど
ほぼ8割は違います、と言われ。

熱冷ましを出しますか?と聞かれたから
市販の風邪薬飲んで様子を見ます、と言って帰り。

何回か36度台まで下がるけど、また38度になる。
風邪の症状、一切無し。

熱があるから、寒気や身体が重い、鈍い頭痛、それだけ。

夜も昼も良く眠れるし、
食欲もあるし。
???


今朝も38.2度。
今日の夜もこのままなら、
また明日、内科に行くかな。

知恵熱??

す、ストレス、ですか??


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう、身体。

2015-03-28 02:57:00 | Weblog
ほ、おポノポノ。というのをご存じ?

私は全く知りませんでした。

ネイティブハワイアンが古くから伝える
記憶の浄化、クリーニングの方法、だそです。

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています


この4つの言葉を唱えて
自分の過去の記憶に感謝して
謝って
許してあげて
愛する、
ということかな。

インナーチャイルドを癒して育てる、
というのが、
どうしても、ピンと来なかったけど、

この言葉はどうなんだろう。

全ては自分の責任。
人を責めるよりは許せ。
いつも感謝の気持ちを持て。
そして自分が楽しいと思うことをしなさい。

と、

この前、息子にさんざん諭された。

まさに、同じ。


私は更年期障害の真っ只中で。

婦人科で出してもらった
半夏厚朴湯、という漢方を毎日飲んでいる。

これを飲むと、イライラが抑えられる。


でも、だめなときもある。

そういう時の被害者は主人だ。

だがしかし、
主人は元々短気だから、
私がキレると、必ず奴もキレる。

そして大ゲンカになる。

たいてい、主人が外に飛び出してゆく。


去年の1月から、私と主人は同じ仕事に就いたから、ずーっと一緒にいる。

職場兼自宅空間で、ずーっと一緒だ。

当然、衝突は増えるし
お互いの価値観の違いに打ちのめされ

怒り狂い
失望し否定しあい

大混乱の末に

くたびれ果てて

しかたなく仲直りをする。


そういう日々が1年以上続いて


いい加減にせなあかん、と思うのに


そこに、待ってました、とばかりに

更年期障害や。


自分のイライラを全くコントロールできない。


どうしたらいいねん。


自問自答しても、

答えは見つからない。



昨夜から原因不明の高熱や。

昼間は37度くらいまで下がるし

普通に動ける。

病院で検査をしたけど
インフルエンザでも無い。


知恵熱かぁー?



38度以上の熱は身体の中のウイルスと身体が戦ってるらしい。


頑張れ、身体。

ありがとう。身体。

ごめんね。身体。

許してね。身体。

大好きだよ。身体。


起承転結やな。


許してね。が一番ミソな気がする。



許す。



私は主人を許してあげないと。



彼は私から逃げない。


私と一緒にいたい、と思ってくれる。


許す、って、

全てを水に流すこと。


きれいにすること。


川の水もせき止めると腐る。

気持ちも同じ。


流れる。
打ち寄せる。
引き合う。

水のイメージ。

洗濯する。
片付ける。
捨てる。
入れ替える。


もう、いいんちゃう?

壊れるとこまで行ったやん。


私が自由に幸せにならないと

周囲の人も幸せになれない。



私の中のわたしへ。


そんなに人生はひどくない。

いつもギリギリで助かってきた。

今も、いいことは山盛りあるし。


いま、そう思えても

また逆戻りするやろう。


だけど、寄せては返す波のように


循環していれば

少しずつでもきれいになる。

生きていれば

必ずいいことがある。


私は必ず幸せにならねばいけない。


息子のために。


主人のために。

私自身のために。

それは私の責任や。

そしていま私の周囲にいる人たちのために。



幸せは連鎖するらしい。


不幸も連鎖する。


もう不幸はいいよ。

いい方だけを見るのではなく

両方見ながらも
バランスを取れる、

そんな人に私はなりたい。

50歳の決意。


ちょっとだけ、ラクになった気がする。


山は水を浄化する。


今までの私を

許してあげよう。

もう大丈夫だよ。

私の中の私、立ち上がろうよ。

もう傷つかなくていいよ。

悲しまなくていいよ。

このブログを書きながら

すごく身体が熱くなって
汗がだーっとでた。

ウイルスに勝ったんやな?身体!


お疲れ様


ありがとう。身体。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治らない

2015-03-27 15:35:25 | Weblog
ちょっとしたことでイライラする。
不満が溜まりまくってる。

どうしようもなくムカつく。
大嫌い。

嫌いになる原因は?

考え方、態度、自分中心なところ。


熱が下がらない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習

2015-03-27 15:05:13 | Weblog
まずは、ひたすらに自分のことを書いてみる。

思いつくままに。

私の中の私は、どうしたかったの?

花が好きでした。

近所に有名なバラ園があって、
中学生の時に、どうしたらここで働けるの?と聞いたら

園芸高校を出たら、雇ってあげる、
そう言われました。

私の祖母はバラを育てる名人でした。
祖母の家はバラ屋敷と呼ばれる西洋館でした。


私は絵を書くのも好きでした。

でもピアノは、あまり好きじゃなかった。

練習が嫌いでした。

訓練が苦手だったし、
体も弱くてよく病気をしていました。
それに手が小さかった。

わたしはひたすらピアノを辞めたかった。

私の人生は父親に勝手に決められ、
母親に縛られていました。

自由意志なんて無かった。

それが私の辛い日々。

未だに引きずっています。

私というものが無い。

否、あったけど、
箱にしまいこんでいました。

ずっとずっとです。


そして、今も。



だけど、いまから


箱から連れ出してあげる!




私へ、全然助けに来れなくてごめんね。

ずっと待っててくれたのに、気づかなかったことを、許してね。

それでも、私がいつかここに来ることを信じて待っていてくれて、ありがとう。


私へ

わたしはあなたが大好きだよ。
愛してるよ。

だから、もう大丈夫。
わたしと、わたしは一つになるからね!


もうひとりぼっちじゃない。


わたしは、わたし。


どうせ、幸せになんかなれない、

なんて、もう思わないでいいよ。

またイヤなことが起こる、

なんて思わなくてもいいよ。

奴は奴。(旦那のこと)

ほっとけばいい。(笑)


わたしはわたし。

わたしがいま一番やりたいことはなに?

クリーニング。

部屋も片付けて

きれいにして、

すっきりしたいし


私の記憶もきれいにすっきりしたい。



わたしがなぜ壊れたか



あの時、確かに私は生まれ変わった。

多分あの時、既に壊れてた。



涙が溢れて、死んだと思った。


そして、壊れた。


あの時、わたしは違う世界に行ってしまった。

脳が現実から逃避した。






わたしは私の名前を失った。

だけど、

あんなに長年苦しんで来た喘息がすっかり出なくなった。



ふしぎだ。

精神科医のドクターは言った。

今までは喘息の形で、出ていたんです。


と。






ストレスが。







わたしは今まで、自分というものを押し殺して、箱に閉じ込めていた。

自分が無いと思っていたけど、

違う。

わたしはずっと、そこにいた。




気づかないふりをしていた。


私の中に自分がいないのではなく

私の中の私は



隠れていた。


怖くて。辛くて。悲しくて。



だから、助け出してらくにしてあげる。


わたしはいつも、暗闇に手を伸ばして

誰か助けに来てって泣きながら叫んでた


さあ、

扉を開けるね




これは練習です。


自分を解放する練習。



練習を繰り返していれば


いつか出来るようになる。



生きていくことは

生きていく練習。


失敗もするし、傷つく時もある

だけど生きていくことは素晴らしい



人に出会うこと
人と別れること


全てが美しい。

さあ、夏への扉を開こう。


これからは、本当の私。


わたしは私を見つけ出すために



きっと、


ここに来た。


みんな、力を貸してね!

そして、わたしみたいに

苦しんでる人に


ちからを与え給え。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春が来る

2015-03-26 21:02:18 | Weblog
大変ご無沙汰してます。
皆様はお元気ですか?

皆様って、誰やねん?って?

このブログをたまに読んでくれる方々です。

最近、殆ど更新もせず
放置していましたが、私は元気です。


一過性精神病障害も再発してません。


イライラは更年期障害のせいです。


今日は久々に高熱が出て
寝込んでますが、


いたって元気なのです。



一過性精神病障害、で検索してこられた方へ。

私は治りました。
薬も全く飲んでません。


復活するまで、半年以上かかりましたが、

治りました。



あのまま、ずっと薬漬けになっていたら
多分治らなかったでしょう。


薬が完全に抜けるまで、結構時間がかかりました。



不安感とザワザワ感?の戦いでした。

何とか復活しましたが

それでも


去年、何回か危機がありました。

でも、壊れる前に
ブレーキがかかるようになりました。


なんとか切り抜けました。



いまは普通に暮らしてます。


1日、1日をなんとか乗り越えていた頃が、不思議なくらい、

なんという事もなく

毎日を暮らせています。


そのことがどれほど素晴らしいことか、

すら、忘れるくらいに元に戻りました。

しかも、非常に不思議ですが

喘息発作が全く出なくなりました。


私の場合、
喘息はストレスから来ていたのです。

一回脳が壊れてからは

ストレスは私の呼吸器を痛めつけるのをやめてくれました。

その代わり?偏頭痛という方向に向きました。

偏頭痛も痛くて痛くて、辛いのですが、
呼吸が出来なくなるよりはマシかな。

それに偏頭痛は1年に1回くらいしかならないし。


身体はそんな感じです。


脳は?





脳は、なぜか、未だに季節が過ぎるのが怖いです。

あの夏の光が怖いです。



去年、実家に帰った時に、

たまたま入院していた病院の横を車で通過しました。


病院の入り口の石段に

明らかにココロを病んでいる虚ろな女性が1人で座っていました。

その女性は一人で外出許可が出るだけ
回復されているのです。


だけど、本当に虚ろで弱っていました。


その姿を見て、

私はかなりショックを受けました。

私が入院中は

彼女よりもずっと症状が重かったのです。
閉鎖病棟の閉鎖病室にいました。

閉じ込められていましたから。

身体を拘束されたこともあります。

ただ、その辺の記憶は飛んでいて
あまり覚えていません。




もうあれから、何年も過ぎたから、

やっと書けそうです。



一過性精神病障害のことを。


その前にやらなくてはならないことがあります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加