なあんおばはんの日常

日々思うことを連ねる自分の記録です

久々やねん

2008-09-09 10:46:47 | Weblog
あれから色々ありました。まっ、いつでも色々有りすぎやねんけど。あんたの家は昼ドラのようなあり得ない展開やと周囲の人には言われてます。

6月7月8月とずっと離婚考え続けてさんざん迷い悩みしてたけど、結論出た。離婚するのはやめた。

奇跡的やわ。

何ヵ月か前にスカパラのコンサート行ってん。その時のツアータイトルが凄いで。「パーフェクトフューチャー」やねん。

正直虚しかった。だってその時の私にはパーフェクトフューチャーなんかあらへん。

昔は規模は小さいなりにステージに立ってた側の人間やったのに今はショボすぎやわ、としみじみ思い、スカパラも売れ線の分かりやすい曲作るようになったんやね、と思い。

音楽またしたいなと思い。「WITH9」とか久々に見てみたけど、スカやレゲエをやりたい渋い40代の大人は全く一人もいてへんねんな。

残念やわ。

でも機材は全部息子の友達のオタク宅録少年に貸してしもたから手元にはあらへんしな。

まっ音楽の話はいいねん。

今日は久々に喘息中発作が出て久々に点滴しました。

というのも、お盆の頃に毎日飲んでた薬が切れてしかもいつもいくお医者さんは一週間盆休み。

しょうがないからたまに行く別の医者に行ってん。

そしたらテオドールにオノンにアレグラは飲み過ぎやと言われて、シングレアとアドエアのみを出されてん。

それで暫くそれだけにしてても順調やってんけど、会社の先月末の締め(激務)が終わった途端に風邪ひいてん。

そして市販薬だけで誤魔化してたんがあまかった。

だんだん風邪悪化、そして喘息。今朝は横になれない歩けない喋れないくらい中発作。

ぐぁーん。そして点滴。

きっと積もり積もった心労が原因やと思うわ。全てダンナの浮気のせいや。

先月末なんか、私はダンナの特定彼女に電話してんで。

思い出すだけでホラーやわ。よく胃潰瘍にならへんかったで。

「主人とはどういう関係なんですか」って聞いても彼女は重たい沈黙のみ。

「直接ご主人にきいてください」やっと言い逃れを思い付いた彼女はそう言って電話きりはった。

何言うてんねん。
ダンナが彼女や言うから聞いたんやん。

もうええわ。どうせ決めるのはあたしやから。


アパートも探してみたし、何回も離婚する決心もした。

その時のキーワードが「パーフェクトフューチャー!」
私にとってのパーフェクトフューチャーってどんな感じなんかな。
色々想像してみても、なあんにも浮かばへん。つまり私には未来のビジョンあらへんねん。

あるわけないわな。
先ずは人生の分かれ道、選ぶ決心が全くつかへんかった。

2008年9月まではずっと迷いの森をぐるぐるぐるぐる回ってた。でもどうしても最後の離婚の決心がつかへん。

ある人に言われた。
「それは決心がつかないんじゃなくて、気持ちが常に決まってるからじゃないの?」

9月になって私は何となく、やっと答えを見つけた。

「何となく」が大事やねん。
さんざん考えても時期が来るまでは答えは見つからへん。
急いでもあかんねんな…

まずはそのことを一番に学んだ。

離婚せえへんことにしたけど、この答え状況に流されてるようでもある。でも流されていくのも必要やねん。

今までは何でもかんでも片っ端から自分の思ったように走ってきたけど、これからは走るのやめる。

全てを流して受け身になっていくことで今まで見えなかったことが見えてくるんかもしれん。

重荷は減らして、風が吹いたらピョーンって飛ばされていくような軽快な人間になりたい。

これからやっと「パーフェクトフューチャー」が見えてくるんかな。

それにしても今の私は体調悪すぎや。

抗生剤とテオドールのせいか、ムカムカ吐き気がする。病状と一緒に身体も薬に抑えつけられる感じ。

まあしゃあないな。普通に息が出来るだけでも十分ありがたいと思わな。

呼吸するってまずは一番大事やねんで。

いつもものすごく当たり前に自然にやってるから気付かへんやろうけど、息せえへんだけで人間すぐ死ぬねんで。

つまりものすごく当たり前に自然に出来てることの全てが、その人を生かしてくれてて、その人にとって欠けがえなく大切で幸せなことやねん。
一つでも無くしたらあかんねん。

バランスが崩れたら、他の人にその負担がかかる。

去年の9月から今年の9月までに起こった我が家の非常な出来事がようやく一段階落ち着いたんかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加