なあんおばはんの日常

日々思うことを連ねる自分の記録です

ホロビッツのスクリャービン

2007-03-24 11:30:16 | Weblog
ダンナはクラシックに疎い。
けどオーディオマニアやねん。
スピーカーとかアンプとか、高性能なものに惚れやすい。

よく秋葉原ヨドバシデンキのオーディオ売場に行くねん。
最近気に入ってる音は「ダリ」というメーカーのスピーカー。
結局は音の好き嫌いやから、好みの問題やね。
もちろんダリなんて高級品買われへんけど。

でも、一番大事なんはいい演奏を聴くことやん。
どんなにいいオーディオでもしょーもない演奏聴いても無駄やん。

そこでおすすめは
ピアノやと
ホロビッツのスクリャービン





あの音を出せるのはホロビッツしかいない。
聴けば聴くほど怖い。
恐るべき音。

めちゃすごすぎ。

何がすごいって
ペダリングでのばした音のにごりぐあい、余韻、ペダルあげる間合い。
一つ一つの音が全部完璧。
スタッカートが単なるスタッカートとちゃうねん。

まじで譜面掲載して
一小節ごとの解説書きたいくらいのすごさやねん。

ピアニッシモの音の深さ。

無限の深淵に吸い込まれる一弦の月光のごとし。(文豪調)

ピアノをある程度極めた人はたぶん怖くて聴かれへん。

何が怖いって

この人のこの研ぎ澄まされた感覚かな。

このレコード、子供の頃聴いたのと
40過ぎて聴くのとでは
全然違う。

ちなみにクラシック好きでない人が聴いても
ぐっすり眠れる魔法付き。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きていく力

2007-03-16 07:34:31 | Weblog
前回、病気に立ち向かう青年のこと書いたけど、
病気じゃなくても、生きていくことってむっちゃ大変やと
つくづく思う42才。
いろんな壁があるけど、仕事とか病気とか、お金のこととか人間関係とか
みんなどうやって乗り越えていくんやろな。

今朝は天気も悪いし、気持ちもブルーやけど、
でも時間は毎日同じように過ぎていくし

すっきり解決できへん問題が多々あって
くじけそうな朝やわ。

こういう時はじっくり腰すえて
人間力で解決するしかないねん。

まづはしっかりゴハン食べよーーー。

生きてゆく力、それは


ご飯。

そして

考える力かな。

昨日、若いのに地道な考え方を持った女の子としゃべってん。
一つ一つのことを的確に身につけてるねんな。
どちらかというとスローペースやねんけど、
スローペースがいいねんな。

彼女が言っててん。
「ありのままの自分をきっちり、認識できる人が成長できる人。」

名言やね。

自分を他者の立場で客観視できること、って
自己中な人にはできへんもんな。

自己対他者

これが一番大変やねん。肉親も他人も含めて。

社会の基本は、ここから始まるから、
しゃーないねん。。

ああ、くたびれるわ。。。

やっぱりご飯食べよ。

っていうかー、仕事行かなあかん時間やん。

ほな、行ってきま。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加