発達障害と向き合うために。〜ADHDの私が今思っていること〜

ADHDと診断を受ける23歳社会人。まだまだ未熟者。許せない方は何もみずにそっと閉じてくださいね。それでは、ごゆっくり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

言葉を紡ぐのが苦手②〜文章編

2016-11-02 09:56:56 | 【特性】私の説明書


①で話をしたように、


私は言葉の整理整頓が苦手だ。





頭の中の言葉はもちろん


書かれた文字でも苦手だ。






例えば論文は小さな文字が


ぎゅうぎゅう詰めで


そのうえ難しい単語が並ぶ。





論文を読んでみたとする。


論文の中では小さな文字も、


私の頭に入ると一気に拡大して


頭の中の言葉と同じ大きさになる。





これを整理整頓するのかと思うと


それだけで気が遠くなる。





論文を読み進めていくためには


頭に入った言葉たちを理解して


1つ1つ整理整頓しなければならない。


それがまたとっても大変。





難しい言葉を理解するために


言葉の意味を調べて理解する必要が


あるからだ。





1つ1つを必死にこなして


一息ついて論文に視線を落とした時


あまりに進みが遅くて


ショックで次の一歩が踏み出せなくなる。





勉強するのは嫌いじゃないのにね。


人生そううまくいかないものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉を紡ぐのが苦手①〜会話編 | トップ | 大人のアスペルガービジネス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。