goo

ボン、ボ、ボヤ~く?:非リアル=ヴァーチャル


お気に入りの海外ドラマ「パーソンオブインタレスト」の影響か?
人工知能…、正確には、電子(電算)人工知能とでも言うべき存在を
話題にしたり、考えることが多くなった。
(「パーソンオブインタレスト」に関連する過去の記事)
ディジタル化された情報にアクセスできるかできないかの格差(情報格差)を
意味する言葉「ディジタルデバイト」を持ち出すまでもなく。
現在の社会で、電子(電算)人工知能の存在を話題にするとき、
やはり無視できないのは、世界規模で結ばれたコンピューター同士の
ネットワークであるインターネットの存在。
インターネット上の情報というのは、膨大なもの。
検索サイトなどがなければ、利用価値がなくなるほど、
膨大すぎる情報量なのでは?・・・と思ってしまう。

インターネット上の架空の話なら…。
それが、かなり非現実的(もしくは現実的)であっても
許されるところがある。
もちろん、閲覧者が不快に思える表現は、本来なら避けるべきだけど。
…でも、架空の話だからこそ、現実にはタブーとされる話題も展開され、
不道徳なことや許されない犯罪。
それどころか戦争さえ起こすことができる。
もちろん、世の中は物分かりのいい人間ばかりとは限らない。
そんな架空の話でも、話題にすらできない“こと”も存在する。
こう考えてしまうと、ネット上の世界はリアルではないのか?
非リアル=ヴァーチャルなのか?
SNSや動画サイトなど、ネット上へ情報を発信している人たちは
ネット上に生活の一部として、居場所を設けている。
だから、非現実的なヴァーチャルな存在ではなく。
単なるやデーターの羅列だと切り捨てられない内容のものも少なくない。



もしも、ネット上のサーバーに依存し、
本体(?)が存在しなくても稼働する人工知能が現れたら、
それはヴァーチャルな存在であって、リアルではないのか?
ま、個人の主観で言えば、
ネット上に生活の一部ではなく、存在のすべてがある“もの”なのだから…。
「それこそが、ネット上に存在するリアル」なのだけど、ね。

蛇足:
インターネット上にデーターを預けるサービスである“クラウドサービス”。
どこにあるのは分からないけど?
インターネットで繋がっているサーバーにでも保存されているらしい。
クラウドに保存されているデーターは、どこにあるのか?
結局、クラウドと言うのは、大きなコンピューターの集合体でしかない。
それが、“どこ”なのか分からないというのは
データーを、FD(フロッピー)などの記録媒体によって、
身近に保管してきたものとしては、どうにも不安を感じてしまう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 誤認識の修正... 70年よりも... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (飛鳥)
2017-04-17 23:35:25
あ、そうなんだ。インターネットって、何か見えない情報網みたいなもので、クラウドはその中に雲のように浮かんでて、そこにデータが保存されてるなんてイメージでしたが、そんなわけないですね。

どこかの、物体であるコンピューターの中に保存されてるのか・・・ 物理的にどこかにあるはずのもの。

だったらどこなのかな?

みんなのブログもどっかに保存されてるんですね~
 
 
 
Unknown (NA-094)
2017-04-18 09:16:41
返事が遅くなり、申し訳ありません。
クラウド上では、どのようにデーターが保存されているのか?
PC上のデーターのように文章や画像が、そのまま保存されているのか?
複数に分散され、圧縮されているのか?などと考えますけど。
実のところ、よく分かりません。
保安や情報漏洩などのセキュリティーのため、
敢えて、公表していないのか?
それとも勉強不足だから知らないのかも分からない。
よく原理も分かっていないハイテク技術は、
コンピューターやネットワークに限らないけど。
インターネットへの依存度が、どんどん高まっているのに、
自分のデーターが、どこに保存されているのかも分からないのは、
色々と悩ましいところです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。