♪ ごきげんよう ♪

今度はどこへ出かけましょうか・・、何をしましょうか・・。

寺田屋。。。

2016-10-17 10:06:41 | 建造物
伏見の「寺田屋」と聞き、何を想像しますか?
事情や背景は知らなくても坂本竜馬と答える人は多いような気がします。

池田屋、近江屋、寺田屋の違いもハッキリ説明できないし、坂本龍馬ファンでもないけれど
史跡は一応押さえなくては・・
というわけで二度目の訪問。

京阪中書島駅から徒歩五分のところにその建物はあります。
資料館としてだけでなく、素泊まり限定ながら今なお旅館としても営業しています。
泊まりたいかと聞かれたら・・正直ノー 制約が多くて快適とは言えなさそうだから。

慶応二年(1866)一月二十三日、伏見奉行所の役人に襲撃された龍馬が、
妻おりょうの機転で逃げ出し命拾いした話はあまりに有名ですが、
その際についたとされる弾痕や刀傷が柱に残る部屋や
おりょうが入っていたという浴室などが見学できます。

近代の人なので写真や肖像もいくつか残り、
往時の様子を妄想する一助になります。
全盛期の船宿の姿はなく、古びたこじんまりした旅館ですが、
竜馬ファンには垂涎の聖地かもしれませんね(@^^)/~~~


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとぉ~👊 | トップ | 国宝 「紫式部日記絵巻」~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。