広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虫とり

2017-04-23 20:04:50 | 昆虫
あやうく1年放置するところでしたやばいやばい

勤務地が変わったりなんやかんやあったりなかったりで、ブログの存在をすっかり忘れていました(痴呆)
虫取りも去年の秋から行けず、虫成分薄めの日々を過ごしていました。

その反動か、この春は色々と虫のいそうな緑地を求めてうろうろしています。
今日も市内の某所で虫とりをしてきましたので、写真をずらりと。


キジラミくん。まだテネラル?


キジラミくんと同じ葉に居たノミバエくん。
鼻KUSOのような黄色いものを熱心に食べていましたが、なんだろう?


タマカイガラムシ?とアリ


シマバエかなー?と思いますが、取ってきたやつの毛を見ないとわからんです
※追記参照※


クロスズメバチ?そうとは知らずに、普通に捕まえようとしてしまったゾ


カオジロヒゲナガゾウムシ?カメラにビビって落下するのを防ぐために手を添えて撮影
※追記参照※


ナナフシだったりナナフシモドキだったりの幼虫?撮影時、自分のシャツの中に落下してしまい消息不明。無事脱出してくれていることを祈る


生まれたてのチャタテムシ。足元の白いのは卵の殻の一部か?


ケバエ。季節を感じます。飛ぶのが下手なので、撮影も楽ちん


チャタテムシの葉に居たハモリダニ。何を食べていたのか


去年の春に飼い始めたオカメインコのイタズラのせいか、PCのキーボードの操作性が悪くなっています。そろそろNEW PCを購入してもバチは当たらないか?
と同時に、ペンタブも新しくしても良いかも?と思っています。
両方買い揃えてもいいですが、タブレットPCならば安く買えるのでは??

もうすぐガンソードのBDが発売されます。ちょー楽しみ


◆追記その1
シマバエっぽい子を再確認


大きさは6ミリちょい。おおきいね


あたまの後ろに向かい合うようにして生えるps刺毛、シマバエ科の特徴のひとつです

こちらを参考に、属の検索をTRY

翅脈。検索表1用。C脈(一番上の脈)にハエてる毛が真ん中あたりのR4+5脈まで行って・・・ない!この画像ではわからんですが実物は行ってないように見えました


検索表-1→3用。肩後剛毛とは・・・ボディの毛の名前は特に苦手です。
ぐぐって調べて多分あるという判断。
検索表-3→6顔面中央部は突き出さない
検索表-6→7前方の額眼縁剛毛は内側を向かない
検索表-7→10横線後方に翅内剛毛 (intra-alar seta) がある・・?わからん!
検索表10→11翅にまだら模様はない。かといって透明では無いのだが。。
検索表-11→12「中胸側板の前下方の角にある剛毛の近くに過剰剛毛がある」過剰剛毛とは一体・・

この辺で積みました。もし12でYESならば、Melinomyia属になるようです。
画像検索すると似たような子が出てきますので、まあ合ってることにしました
テキトー同定なので参考にしないようお願いします
同定おしり

◆追記その2
カオジロヒゲナガゾウムシの写真追加


大きさは8ミリくらい?顔が伸びればもっと長くなる


カオジロ部分。目の下に切れ込みがあり、なかなか面白い顔をしています。
ゾウムシの口は多様で面白いです

◆追記その3

忘れられていたオドリバエくん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 艦これとかストライクウィッ... | トップ | 虫とり170505 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。