想いは調べにのせて…

ライヴレポートなど音楽に関する雑記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BBSの代わりに・・・・

2008-05-17 14:47:25 | Weblog
HPのBBSに関係のない書き込みが増えたので、暫くこの投稿に対するコメント部分をBBSの代替とします。
気軽にコメント下さいね。
コメント   トラックバック (1)

2007/03/24 La.mama ROCK & SMIL

2007-03-28 22:25:09 | ライヴ
サブタイトル:渋谷の夜に銀河鉄道が舞い降りた


3月24日は渋谷La.mamaにてライブでした。
この日は歌姫楽団目当てで参戦。
歌姫楽団の出番前(2バンド目に出演)に会場入りしました。

会場入りして、まず驚いたのは人の多さ。
「今夜は良質なバンドさんばかりかな?」と勝手に期待しました。

歌姫楽団はいつもより長めの演奏をするという事で2列目に陣取りました。
あまりにも前すぎて、メンバー全員を一度に確認できない位置に・・・。
しまった!とは思いましたが、気が付いたときには後に引けない状態でした。

歌姫楽団の衣装ですが、今日も良かったなぁ。
姫様の赤いお着物は綺麗で、ライブハウスの照明に負けないぐらいの輝きを放っていました。
縫田さんの衣装もエキゾチックでとっても魅力的。髪型とも合っていたなぁ。
森さんのスーツはびしっとしていて、かっこよかった。
田口さんの衣装は何度か見たことのあるシャツでした。

この日のライブですが、縫田さんの表情が、「何かあったの?」と思うくらい綺麗でカッコいい。
「リハの調子が良くてそのまま流れ込んでのかなぁ。それとも・・・」
なんて思ったのはこの日記を書いている最中で、ライブ中はこの前の<残念なスタパ>とは格段に違う良い表情でした。
笑顔だけでなく、それ以外の表情も素敵。
森さんの演奏なんですが、以前のライブ(どこだったかなぁ。たぶん、1月のライブだと思う)で「姫を見守る大地のような人」という印象を受けたんだけど、この日はまさに大地で支えるような演奏だったんじゃないかな。(表現が下手でごめん)
簡単に言うとね。楽しそうなのよ。リズムの取り方とか。目線とか。
お客さんの隙間から見える樋口さんは、今日もかわいくて、かっこよかった。かわいらしい曲ではおもいっきりキュートな女の子だし(特に「トキメキは少年の投げキッス」ね)、恋の歌を歌う時の視線やしぐさは色気がありました。
8曲も演奏したけど、もっと聴いていたいと強く思える歌声でしたね。
それから、田口さん。表情がホント、楽しそう。この方の演奏は「太陽のような」演奏だとワタクシは勝手に思っております。
「私がよく見に行くあのバンドの時と、歌姫楽団での演奏ってどう切り替えているんだろー?」って思うんですよ。だって、目指している曲調、というか曲調、が違うんですもの。うまく表現できないけど、どっちも田口さんで、1粒で2度おいしいって感じがします。(Sの付くバンド以外でも見てみたいなぁ)

3マンライブだったので、長めの8曲でしたが、とても短く中身が凝縮された演奏に感じられました。
暫く、製作活動の為ライブがお休みなので、ちょっと寂しいなぁ。


トリは「劇団鹿殺し」という名の劇団でした。
3バンド目というより、3番手といった表現が正しいのかな?
演目は【銀河鉄道の夜】。オリジナルを今風(?)な言葉やモノなどを使い、ミュージカル仕立てにしていました。
ワタクシ、【銀河鉄道の夜】は未読なんですが、大体原作をなぞらえつつ、自分たち風にアレンジしていたのでは?と思ってしまいました。
実際はどうなんでしょうかね。
トリを飾るだけあって、インパクト十分。ストーリーもしっかり。面白かったですよ~~。
あと2回みたら、癖になりそうな集団でした。
コメント

2006年 ライブ参戦記録:SCRIPT

2007-03-15 14:28:48 | ライヴ
<イベント>
2006.03.26 高田馬場CLUB PHASE

<SCRIPT LIVE 2006 ~春到来~>
2006.04.16 原宿RUIDO

<イベント>
2006.07.23 渋谷O-Crest

<SCRIPT LIVE TOUR 2006 "10strokes">
2006.11.03 原宿 RUIDO
2006.11.05 仙台 PARK SQUARE
2006.11.12 札幌 COLONY
2006.11.17 福岡 BUZZ
2006.11.18 大阪 FANJ-Twice
2006.11.26 渋谷 La.mama

<SCRIPT LIVE TOUR 2006 "10strokes"追加公演Sweet December>
2006.12.23 原宿 RUIDO
コメント

2006/05/14 千葉マリンスタジアム球場正面 伝承歌劇団

2006-05-15 13:38:13 | ライヴ
千葉マリンスタジアムにロッテ対広島を観戦しに行きました・・・って、この出だしは観戦レポートぢゃん。
一応、この日は友達と一緒にロッテ戦を観戦しに行くのがメインだったんで、この出だしです。
そんなわけで、どっちのブログにこのレポートを載せるか、悩んでしまいましたが、両方に載せる事にしました(笑)

は。
脱線してしまいましたね。
とにかく、千葉マリンに行ったら、正面のステージ(いつもは里崎がワンマンショートかやっている所です)から、妙に好みの声が聞こえてきました。
つられて見に行くと、もうすでに友達はステージに釘付けでしたわ。
ステージを見ると、仮面をつけたバンドがステージ上にいて、何故か球団マスコット“クール”と“マーくん”もいました。
バンドとクールとマー君が寸劇を繰り広げているのに釘付けになってしまいました。
いやぁ、あれは面白かった。
なかなか、パフォーマンスとして面白かったので、CDを購入しついでにサインももらっちゃいました。
試合終了後にもステージがあるということだったので、試合終了直後、ステージに行ってしまいました。
(サブローのヒーロー?インタビューは見ませんでした。)
悪ノリのロッテファンもいたけど、大方のファンはステージを楽しんでいたと思います。
(もちろん、私も楽しみました。)
中日三連戦を千葉マリンスタジアムで観戦予定の方は、チェックしてみてくださいね。
コメント

2006/05/13 六本木モーフ KAZCO

2006-05-15 11:34:20 | ライヴ
今日は六本木にKAZCOさんのライブを見に行きました。
最前列を確保して、がっつり聞く準備をしていました。
結果的にはポジショニングを失敗したっぽいです。
モーフのステージは少々高いので、背の低い私は見上げる形になってしまいます。
それと、アンプの音を直接拾ってしまうらしく、ちょいとバランスが悪いんだよね。(ボーカル音が少し小さかった)

でも、そんなプチ悪条件を吹き飛ばしてしまうような素敵なステージでした。
KAZCOさんはかっこよく、そしてかわいらしくステージを飛び回っていて、曲をいっそう魅力的に魅せてくれます。
バックバンドは、「もう最高!」としか表現できません。
特にギターとベースは見ていてあきなかったなあ。
KAZCOさんのバンド形式のライブは癖になりますね。
コメント   トラックバック (2)

2006/03/26 bayfm MUSICDAY/LIVE HOUSE ANGA ■M>G

2006-03-30 16:21:03 | Weblog
この日はわざわざ千葉まで移動してライブを見てきました。
そういえば、千葉にくるのは久しぶり。(いつもは車で通過するだけ)
同じ県内に住んでいるけど、電車で来ると遠いんだよね。車だと半分以下の所要時間で行けるのになあ。

今回の会場ANGAに着いた時には結構人がいて、正直、無事に入れるかどうか不安でした。
まぁ、問題なくANGAに入れたわけですが、明らかに人が多いです。案の定、入場制限がかかってしまい、スキップカウズを見に移動できなくなりました。
MCのおねえさま(モザイクナイト月曜担当)が言うには250のキャパだそうで、その人数がANGAに詰め込まれたそうです。
(ANGAのキャパはそれよりも少ないと思うのですが。)

さて、ライブの感想を軽く書きます。
最初にANNY PUMP。
女の子二人組のユニット。二人ともアコギを弾きながらメイン/サブボーカルをこなしていました。
曲調、結構すきです。
たくさんの観客を前に緊張していましたよ。
最前列にロッテのユニフォームを着た人がいたので端にいた男性陣に
「千葉の人ですか?」
と聞いたら
「違います」
と答えが帰ってきたようで、しょんぼりしていました。
この日の試合は福岡だったはず・・・。なぜ、ユニフォーム着ていたんだろう?
残りの一人にも
「千葉の人ですか?」
と聞いてきたので、
「そうです」
と答えてました。よかったですねぇ。
出番終了後に最前列のお客さんに握手攻めにあっている時の照れ笑いとジョッキに入った水がすごい印象的でした。

次はthe strange drama。
ギターばかり見ていました。なかなか楽しかったです。

三番目はストレンジヌードカルト。客のノセ方、うまいと思います。

四番目はミサイルイノベーション。
奏は大迫力でした。
出番待っている間に足裏マッサージに行ってきたみたいですが、良い気をチャージしたようですね。
ライブ告知はよっしーがしたのですが、告知する事が少なかったので
「これだけのためにカンペ用意しました。」
と、言っていました。
最前列が妙な反応をしていると
「じゃあ、きみにこれをあげよう。マリーンズガール」
と、最前列のファンに渡していましたよ。
そーいえば、よっしーはRicken′sの時もファンの子にいろいろあげていますよね。
『赤いスイトピー』で締めたこの日のライブ、最高に気持ち良かったです。

最後はAqua Timez。
Aqua Timezを目当てに来ていた人達が圧倒的に多かったこの日。
入場後にハコ内を見回して、なんとなく嫌な予感がしました。
この人数で、明らかにライブハウス慣れしていない人達がAqua Timezの出番になったらどうなるか・・・。
《確実に前へ行こうと人を押すな》と確信しました。
案の定、前へ前へ行こうとする人達のせいで前の方の人は押しつぶされそうになりました。
後ろは後ろで大変な事がありました。なんと、女の子が突然倒れましたのです。
私、ライブハウスで倒れた人、初めてみましたよ。(すぐに回復できているといいなぁ)
背が低い事もあって、当然ステージは見えないのですが、壁に映し出された映像でなんとなく、ステージの様子が見れました。
知っている曲はまぁ、あの曲だけでしたが、後ろの方でリズム取っていたりしました。
Aqua Timezファンは大満足して帰ったと思います。きっと。
コメント

2006/03/16 池袋LIVE INN ROSA

2006-03-16 15:54:06 | ライヴ
秋葉原散策の為、本日の行動予定はNRとなったカザモリ。
上司っぽい人と秋葉原のヨドバシカメラで
「開発用マシンどれにしようか?」
と、売り場を冷やかしたあと、池袋へ向かいました。
非常に疲れていたので、ナムコ・ナンジャタウンにてゲルマニウム温浴をして、ついでに軽い夕食をとってからライブハウスに移動しました。
この時点で、やる気のなさがばれてしまいます。

会場に入った時に演奏中だったのはhidetoさんという方。
「ちょっと、ぽっちゃりしているなぁ・・・」
なんて、思っていたら、MCの最後の方で「ライブには関係ないんだけど」と前フリをしてダイエットの話をしてきました。
こーゆー人、大好きです。
うん。やせた姿を見てみたい。


hidetoさんの演奏が終わって、Appreciateの出番。
ずーと、別のバンドのモノだと思っていた<<キーボード>>が、じつはAppreciateのサポメン(?)のモノだと判明。
演奏中、私は後ろの方で音の出具合とかを気にしたり、カメラアングルを考えていたりしていた。
その為、非常に不機嫌な顔になっていたと思うけど、じつは、予想以上に新Appreciateがよかったので、かなり機嫌がよかったです。
ただ、なんつーんだろう。
やはり、寂しさってのもあるのよね。

そういえば、めずらしく、ギター(関君)に注目していました。
(初聴きの時は、たいていボーカルかベースを見ています。そして、キーボードが入っている時はキーボードも重点的に見ます)
新メンバーって事もあるんだけど、動きが面白いし、コーラスもしているってことで、大注目。
よく見ると、ギター侍の波田陽区にわりと似ている・・・・。
一通り、ギターを堪能を堪能した後、ベースを注目。
二代目ベーシスト勲君が元気良く動き回るのに対して、三代目上原学君はあまり動かない・・・。
でも、アピールするところはしっかりアピールしていたね。
これからが楽しみ。
ドラムのエイジ君は音が強く響く感じ。顔があまりよく見えない位置にいたので、動きがあんまり見えなかったかというと、割と派手に動いているような気もしました。

あ、最後にAppreciateの曲の中で私の好きな歌ランキングベスト3に入るアノ曲をやりました。(あえて、曲名はかかない・・・)
ちょ~っと、今日のライブアレンジ考えたのはだれよ~~って怒りたくなるようなイントロでした。
まぁ、最後はまとまっていたというか、元気に楽しめるような感じになったのでいいのですが、それだけは文句がいいたい。

次回は川崎でライブということです。
コメント   トラックバック (1)

2006/02/28 恵比寿Guilty Cool Jam Junction

2006-02-28 23:59:59 | ライヴ
セットリスト※間違っていたら、つっこんでください。
1.Sweet Soul Music
2.朝日
3.soul train(初聴き)
4.another world
5.アイノウタ(新曲)

出演時間が、18:30~という事だったので、定時ちょいすぎで会社を抜け出し恵比寿に向かいました。
ポジションはベース側の壁際。ステージのライトが拾えるところでスタンバイ。
そう。カメラ撮るんです。
※ボーカルの★КÅУα★さんに、許可を事前に頂きました。
本当はステージの左右で移動しつつ、撮影したかったのですが、楽曲も楽しみたかったので、位置固定で。

1曲目の「Sweet Soul Music」、ボーカルの音が一時期ノイズ入って思わず顔をしかめてしまいました。
「もったいないなぁ」なんて、心のなかでぼやく。
2曲目「朝日」からはボーカルのマイクノイズはなくなったものの、コーラスが弱い。なぜだろう。今度、後ろでじっくり聴いて気のせいかどうか確かめたいと思います。
3曲目「soul train」。初聴きなんですが、第一印象はかなり良いです。
4曲目「another world」。うめさんのボーカル部分がお気に入りなんですが、ちょっと、声が弱かったかも。マイクバランスのせいですかねぇ。まぁ、私もセンターで聞いていたわけではないので、なんとも言えませんが。
5曲目「アイノウタ」。新曲でした。ノリが良い曲です。場数こなせば、急成長しそうな予感。

出演バンド数が少なかったから、もっと曲数聴けるとおもったのですが、残念。
カメラですが、完敗ってかんじですね。
久方ぶりに触ったので調子がつかめなかった。
今度はがんばるぞっと。


追伸:
打ち上げ楽しかったです。
いろんなお話が聴けてよかったなぁ・・・
コメント

2006/02/23 六本木モーフ KAZCO

2006-02-23 23:59:59 | ライヴ
だいぶ遅くなりましたが、さらっと感想を。

いやぁ、バンドライブ二回目ですが、今回の編成もいいですね。
ドラムのお姉さんが、美人さんなのもGOOD。
新曲とかも聴けていい感じでした。

マイミクさんは書いていなかったので、衣装のことを。
黒のパンツに黒のスカートを重ねて、黒のTシャツ(でしたっけ?)にふわっふわの白いベストがかわいかった!
小悪魔が天使の羽を身にまとって、羽ばたくイメージですね。
声のイメージとマッチしていて、いいかんじでした。

直前まで凍っていた会場をあっためてくれた感じがしてよかったです。
また、バンドライブ行きたいです!
コメント

2006/02/18 渋谷PLUG Empty Black Box

2006-02-18 23:59:59 | Weblog
『FLYDAY PARTY presents ROCK FESTIVAL vol.1
~今夜がマスダ!~』


出演バンド。(すべてSKA系!)
1.Mountain Mocha Kilimanjaro
2.ヤパニ!
3.衝和ショッキング
4.Empty Black Box

<Mountain Mocha Kilimanjaro>
実は、このバンドの演奏中、恒例の偏頭痛に悩まされておりまして、曲調とか覚えていません。
1曲1曲が長いような感覚がしました。

<ヤパニ!>
女性が多いバンドでしたね。
セクシー系の衣装がポイント。
このバンドの演奏中盤から偏頭痛から少しずつ開放されてゆき、演奏が楽しめました。

<衝和ショッキング>
このバンドのファン、結構年齢層が高かった。
聴かせるし、見せるバンドでした。
本当に、面白かったなぁ。
ヤ○ザかチン○ラにしか見えないメンバーもいたけど、これがまた、いい味出していましたよ。
単独で見たいバンドでした。

<Empty Black Box>
本日の本命バンドです。
いつも、ららぽーとでアウトストアライブを見ていましたが、やっと、ライブハウスで見る事ができましたよ。
ボーカルのヤツさんが風邪気味で、声がちょっと変だったようですが、言われるまで気づきませんでした。
いやぁ、ナナメからFOOLISHへの流れが最高!
新曲(3曲目)のイントロあたりのキーボードが個人的にすんごく好み。
JUMPまで、一気に駆け抜けたって感じで(インストールで小休止はあったけど、これもいい曲だったんで、)、
時間が経つのが早く感じました。
アンコールの情熱ビートでクールダウンをするどころか、一気にヒートアップ(?)したかも。

 セットリスト
・ナナメ
・FOOLISH
・(MC)
・新曲(曲名がわかりません・・・)
・インストール
・(MC:スケジュール紹介)
・百年たっても
・JUMP(新曲)
・情熱ビート(アンコール)



この日のライブはすべて管が入っていて、不思議な感じもしたけど、ある意味統一感があって、よかったですよ。
コメント

2006/02/16 Live DEPT4 #7

2006-02-16 23:33:13 | Weblog

今日の出演者
1:Amasia Landscape
2:尾関美穂
3:Rie
4:東京プリン
5:Ricken’s

Amasia Landscapeさんはボーカルとバイオリンの女子二人でした。 初聴きです。
MC、ちょっと緊張したのかな?がんばって!って応援宅したくなりました。
本番の日、オリンピックを見ていたそうです。 朝5時までとはご苦労様です。
5時まで見ていた割には元気でしたね。何時間寝ていたのだろう・・・・

尾関美穂さんは歌謡曲っぽいレトロな歌を歌ってました。
ドンキホーテ馬の被りモノを買ってロケバスまで行ったそうです。
スタッフの方に元気になってもらいたいという発想で被り物…。でも、早朝集合でスタッフのテンションがかなり低く、反応してもらえなかったそうです。
そのチャレンジ精神、あたしは買うよ。
女性陣では一番歌がうまいかも。そんな気がしました。

Rieさん。
声、高いね。曲数少なかったね。

東京プリンさん。
右側のプリンさんが厄があけたと主張していました。
厄年に首のヘルニアになったと言ってました。 
ダンサーが気になりました。 見ていて、自然に笑みが出るステージでした。
東京プリンさんは2回目だけど、ほんと、楽しいおぢさま達です。
また見たいです!

最後。Ricken’s。
WESTでミサイルイノベーションがライブやっているので林ツインズは来ないのかと思いましたが、ミサイルイノベーションの出番は友達の通報により、一番最初と知りました。
これによりアニぐらいは来るだろうと勝手に予想。
シンバル?の置き方がなんとなくアニっぽいし。
ベースはヨッシーではなくミチタローを勝手に期待していましたが、メンバーの登場直後、シルエット(髪型と背丈)を確認し、ヨッシーの参戦を知りました。
すかさず、ドラムセットの方を見てアニの姿を確認。
アニを見るには最高のポジション(最前列ではない)を確保していたので普段見れないアニを中心に見ることにしました。
(意識して見た比率はアニ60%、佐々木さん20%、ヨッシー18%です)
アニのドラムかっこいーとか今日の佐々木さんかっこいいとか楽しんで見ていました。
この日の佐々木さんの声がハスキーなんでした。
叫びすぎではなく、明らかに風邪。 誰にウツサレタ・・・・?
「Rickensチームでは風邪が流行ってまして、スタッフに『インフルエンザA型です』って入ってくる人がいるんですよ」と、石田さんが言ってました。
Rickensの二人も言っていたけど、おとなしく寝ていてほしかったです。
立っていた場所の関係か、アニばかり見ていました。アニウォッチャーでしたよ、ほんと。

アニかっこいー!!とか思いながらコブシ振り上げていた風杜でした。

コメント

2006/02/09 吉祥寺 STAR PINE'S CAFE

2006-02-10 16:17:46 | ライヴ
OP.名前を控えるのを忘れました・・・
キーボードとベースばかりを眺めていました。
演奏の合間にキーボードが何度も携帯を眺めていましたねぇ・・・
キーボードとベースの音を拾って楽しんでいました。

1.ゴリアカラス
最初、3人だと思ったのだけど、ドラムが途中で乱入(笑)しました。
ベースの人が登場した時は「何事か?」と思いました。だって、白目むくんだもん。
ボーカルの人、結構きれいな声していてよかったかも。
コミックバンドかと思ったけど、歌詞とか曲はぜんぜんコミカルではなかった。
途中で乱入してきたドラムの人をずーっとみていました。


2.一圓
本日のお目当てバンド。
ミサイルイノベーションの林 久悦さん(ボーカル担当)が所属していたバンド。(ハイ、過去形です。)
バンドのメンバー全員が林 久悦さんを応援しているようで、ミサイルイノベーションのライブの宣伝をチケット買うときにしてくれました。
(あたしは、DEPT4の予定が入っていたので行けなかった、アレです)
ミュージカル・・・とまでは行きませんが、ラーメン屋一圓の客と店員達の人間模様を歌った(ちょっと大げさ)寸劇+歌&ダンスでした。
なかなか面白かったですよ。
あ、CDかっちゃいました。

3.ホワイトベジタブル
→終電が間に合わなくなりそうだったので、パス。
コメント

2005/01/12 渋谷O-Crest Ricken'sワンマン / Ricken's 14

2006-01-12 23:30:18 | ライヴ
今年最初のワンマンはRicken'sのライヴになりました。
1stステージのみ参加。
久しぶりに聞いたような曲もあり。
けっこう早く入場できたのですが、後ろの方でステージ全体を楽しみました。
あまり前にいると、音のバランスとかが楽しめないんですよ、まぢで。
曲順とか、「そうきたか!」って思ってしまいましたよ。
コメント

2005/12/24 高田馬場CLUB PHASE SCRIPT ~X'mas time~

2005-12-31 21:55:14 | ライヴ
今年最後のライヴレポートというか、感想です。
MC部分はあまり期待しないでね。


2005年12月24日(土)高田馬場CLUB PHASE
<メンバー>
Vo.&Gt.:首謀者01 佐々木收
Bass:首謀者02 渡邊崇尉
Gt.:田口慎二
Key:河野圭
Dr.:濱田尚哉
(敬称略)

<レポート>
ひっさしぶりのワンマンライヴ、「番号は三桁ですが、気持ちは一桁!」と勝手にテンションを上げてPHASEへと向かいました。
PHASE内に入り、まずは自分の場所を確保。
ギター側がすいていたので、そこに突入。
(よくよく考えたら、おぢさんを見るのにはちと厳しい場所でありました)
場所を確保後、まずはステージの機材を確認。
当然、キーボードからチェックに入ります。
おぢさんのキーボードにしてはオプションが少ないのですが、しっかりとおぢさんらしさをかもしだす飾りを発見。ひとまず安心。
次にギターをチェック。
事前に歌姫楽団のライヴがある事を確認していたので、「秋山さんかなぁ?」と思いつつ、機材を確認しようとしたのですが、アンプの頭しか確認できませんでした。
ドラムは・・・見えにくいのでしっかりと確認しなかったのですが、兄っぽくないのと先月のライヴのメンバーから勝手に濱田さんと決め付けました。

開演まで暫く、友達と話をしながら、テンションを上げる。
そして、照明が落ち、SEが流れる。
順番は忘れましたが、SCRIPTとメンバーが出てきました。
おぢさんと濱田さんを確認し、小躍りをしました。
そして、機材で確認できなかったギターは・・・田口さんでした。
「また歯で弾く姿を見れるのかな?」と小躍りをした事を付け加えておきます。

1.STRANGER
すっごい久しぶりに聴いた気がしました。
だから、サポメンの違いによる曲調の違いとかはワカリマセン。

2.タンバリン2
初聴きよりもしっくりきているような気がします。
あくまで「気」ですけど。

3.Switch
前回のLa.mamaでは、諸般の事情により楽しめなかったSwitch。
#メンバーの演奏のせいではないです
今回は前奏からガンガンとSwitchが入りました。
おぢさんの演奏最高!
02のベースを身体に感じつつ、曲に合わせて身体を動かすのが気持ちイイ曲ですよね。

MC→

4.True days

5.GET OVER
前奏??をBGMに01のトークが炸裂。
「俺はどこかのラジオで『踊らない』と言ったけど、それは『俺はみんなに踊らされたいぜ』という意味だぜ」
と言ってました。(かなりいろんな語句が飛んでいるような気がします。他のライヴレポを参照して下さい。)
コール&レスポンスの後に
「GET OVER」
という掛け声と共に始まりました。
5月のイベントぶりですね。
この日は02の担当パートもわりとしっかりしていた気がします。
ただ、歌に気を取られてベースが…ってところありませんでした?

6.トーキングヘッズ
間髪いれずに「トーキングヘッズ」。
「ベース、渡邊崇尉」という言葉と共に02がかっこよくベースを弾いてましたね~。
この曲はノリが命だと思いますよ、いつも。

MC→

7.SINGLES
いい雰囲気の前奏、そして歌いだしから・・・出ました、歌詞のど忘れ。
もったいないなぁ・・・と思いましたよ。
仕切りなおしの2回目でも歌詞をど忘れ(汗)。今度は最初からやり直さず、歌った01。
後半部分のおぢさんのキーボードが少々投げやりに感じたのは私だけですかね。

8.エール

9.バイバイシュガーキューブ

MC→

10.0:10
演奏はじまった瞬間
「うお~。聞きたかった曲!」
と、こころの中で叫びました。コーラス部分はあらかじめ、01の声を録音していたのを使ってました?
贅沢言うなら、サックスのあのお方がゲストで入って欲しかったです。

11.マーチ

12.Stripe Blue
やはり、この曲はキーボードが必要ですね。
というより、おぢさんが必要です!!!
英語の部分はいつものとおり、田口君が歌ってました。
そ~いや、おぢさんのキーボード音、いつもと違うような気がしたんですけど、気のせい?出だしのところとかなんですけど。


13.Lost Generation

14.Inspiration
ココまで長かったような、短かったような。
とりあえず、「Inspiration」で本編終了です。

<アンコール1>
期待していたおぢさんのサンタ姿も無く、普通の格好でメンバーが登場。
メンバー紹介もココで行いました。
1.一晩中でもかまわない
メンバー紹介の流れからこの曲を演奏。
最近の定番?

2.Sweet December
新曲!!
ということは、来年CDでも出すのでしょうか?
出して欲しいですよね~。

3.Bambi Jump

<アンコール2>
2回目のアンコール。
1.ESCAPE
SCRIPTからのクリスマスプレゼントとしておじさんの演奏で始まった曲です。
はっきり言って、この「ESCAPE」を演奏するとは思いませんでした。
呼人の部屋で触りだけ演奏された時とは違って、複雑な思いもありつつ、全力で楽しみました。
この曲をライヴで聴けるとは思いませんでしたから。

2.X'mas time
最後はタイトルにもなっている「X'mas time」。
まさか、最後にもってくるとは思いませんでした。

<ライヴを終えて>
今年はRicken'sのライヴばかり行っていたのですが、やはり、SCRIPTの方が数倍も好きなバンドだと思いました。
来年はもっとSCRIPTのライヴがあるといいなぁと重います。

コメント

0時10分

2005-12-08 07:34:33 | SCRIPT
なんかね、むしょーに聴きたいのよ。『0時10分』を。
ライブでやってほしいなあ。
もちろん、フルメンバーで!!!
コメント (1)   トラックバック (1)