厳選!ビジネス書 今年の200冊

1日1,000PVの多読書評ブログの定番。

2017年67冊目『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』

2017-03-06 21:28:42 | 日記

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

この本の原題『Sleep Smarter』を直訳すると、「これまで以上に賢く眠りなさい」となります。眠っているあいだに、老廃物が除去され、壊れた筋肉組織が修復され、免疫力が向上する。こうした働きを知り、その恩恵に最大限あずかれるようになることが、賢く眠るということです。

この本では、睡眠の質を改善できる21の対策を紹介します。睡眠不足がもたらす悪影響について説明するとともに、睡眠の質を上げるために今夜から何ができて、慢性的な睡眠不足に陥らないようにするために何ができるかを中心に解説します。

「食生活の見直しと運動だけではまだ足りない。そこに良質な睡眠が加わって初めて、健康は成立する」

睡眠の重要性を改めて認識する1冊です。

【my pick-up】

◎コーヒーは午後2時まで

寝るときは、体内からカフェインがほぼなくなった状態でないといけない。お勧めの時間は午後2時。コルチゾールは日中の生体リズムを整えるうえで重要な役割を果たす。カフェインにはコルチゾールの生成を促す作用があるので、午前中にカフェインをとればコルチゾールの生成を促すことになる。

◎朝型の人のほうがパフォーマンスが高い

早起きする人のほうが夜更かしする人に比べて積極性が高く、仕事で成功する確率も高いという記事が発表された。また、早起きする人のほうが、問題を未然に防いだり最小限に抑えたりすることもうまいという。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年66冊目『折れないリー... | トップ | 2017年68冊目『9時を過ぎた... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』 著者 馬渕知子  サラリーマンな...... (サラリーマンの集い)
『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』 著者 馬渕知子 コーヒーとビールが・・・・? 本当? 驚きの題名です。 コーヒーとビールは、最速で自律神経をリセットでき......
朝のコーヒー、夜のビールが良い仕事をつくる (読書と足跡)
朝のコーヒー、夜のビールが良い仕事をつくる 著者 馬渕知子 新たな知識を求めてこの本と出逢う。 コーヒーと、ビールが良い仕事をつくる? 信じれません。 ほとんどの方がそ......