厳選!ビジネス書 今年の200冊

1日1,000PVの多読書評ブログの定番。

2018年29冊目『「自分のすごさ」を匂わせてくる人』

2017-11-12 20:23:16 | おすすめビジネス書

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

人柄に特に問題があるわけではないのに、人望のない人がいます。その理由は「匂わせすぎ」にあります。

人をイラッとさせ人望をなくしやすい、悪い匂わせの4パターンを見てみましょう。

「オレの手柄」匂わせ

「仕事している」匂わせ

「幸せな家族」匂わせ

「権力者」匂わせ

よく見せる、よく印象付ける、それが匂わせです。

この本では、「匂わせ」の実態を知り、その背後に潜む心理メカニズムを理解することを目的とします。

そんな匂わせを和らげるのは「謙虚さ」。何かでうまくいったときも、「たまたま」「みんなの協力のおかげ」といった、周りへの配慮を忘れないようにしたいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018年28冊目『仕事を高速化... | トップ | 2018年30冊目『考える練習帳』 »

コメントを投稿

おすすめビジネス書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL