笛ときどきオタク

フルートの練習記録とヲタ話、観劇やコンサートの感想など。見境なく語ってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

WIENER ROYAL ORCHESTER

2013年12月29日 | コンサート
シュテファン大聖堂(Stephansdom)を見に行くと、
現地の中世風(?)のコスの人にキャッチされて(笑)。
「ドレスコードもないから、音楽好きなら来るといいよ」って。
しかも10ユーロくらい安くしてくれた。
コンサート行きたいなー、って思ってたので、
「じゃ、行きます」って感じで楽々決まった。

会場に行ってみたら、教会風(っていうか実際教会だったのかしら)の建物。
クロークに上着預けてホールへ。
あれ?ステンドグラスとかある、やはり教会?
っていうか、ホールじゃなくてパイプ椅子じゃーん(笑)。
オケも小規模だし、ぼったくられたかなー、
ってちょっと思いながら始まるの待ってた。

しかし、しかしです!!!
なんだかんだ言って、ここはウィーンなのです。
すごい!!!!!
音が違う。バイオリンの音色が違う。
こんな音聞いたことない。
すごい演奏しながらも笑顔。
もう、根本的に日本人とは違うって思いました。
やはりウィーンは音楽の街だった。
これだけ素晴らしい演奏を聴きながら、
聴衆のマナーに泣いた。
写メったり鼻かんだりおしゃべりしたり。
なんだよ、おまえらどういうこ(以下略
多分、こういうところが日本人と向こうの人の違いなんだと思う。
こういうこと思ってる時点でダメなんだよね、きっと。

演目はモーツァルトやシュトラウスを中心に、
バレエやオペラをとりまぜてたくさんありました。
こんな美しい音楽が身近で聞くことのできる環境羨ましい。
「モーツァルト好き」とか「フルートやってる」とか言うのやめよう、
って思いました。
そんなこといえるレベルじゃないわ~。
コンサートの最後はもちろん「ラデツキー行進曲」。
アンコールは「チャールダッシュ」。
少し早いニューイヤーコンサート気分でした。

っていうか、ウィーンフィルの人だって言ってたけど、
こういうレベルの方がゴロゴロおるんやろうなぁ。
すごいいいもの聞かせていただいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ELISABETH」 Raimund Theater

2013年12月28日 | ミュージカル
行くか最後まで迷ったのですが、
泊まるホテルの近くに劇場があるようだったので、
同伴の家人に「行く?もし行かないなら一人でいくけど」ってお伺いしてみた。
すると「行ってもいい」という返事が!
チェックイン後、劇場の窓口にチケット買いに行く事にする私たち。
ホテルの人に「劇場近く?」っヘボい英語で聞いたら
「近いけどホニャホニャ~」って返ってきた。
ずいぶん後に「トラムで1駅行くとすぐだよ」って意味でしたが、
この時点ではそんなこと知る由もない。
オーストリアの公用語はドイツ語。
英語もしゃべるんだけど、私のヒアリング能力は全然ダメ。
通行人に尋ねると「近い」「200メートル」ってことだけわかる。
なに?200メートルって。
そのうち、親切な老夫婦が「今行ってきたところだよ」って言いながらも、
劇場まで連れて行ってくれた。
わーん、ありがとうございました!!!
ほんと曲がってから200メートルくらいだった(笑)。
しかし曲がる角が分からなかったから助かった~。
チケットも無事購入できた~。よかった残ってて。


夜、劇場に向かう。
あー、席番号の見方がわからん(笑)。
ブロードウェイみたいに席まで案内してくれればいいのに・・・。
とりあえず貧しいヒアリング能力で得た情報により2階に上がり、
うろうろしてみる。
フロアの係の兄ちゃんをつかまえて聞いてみたら、
クロークに上着預けてね、って。なるほど。
その後無事に席に到着。
うわぁん、2階の後の方だけど全体がよく見える!!!


「エリザベート」は日本で1度見ただけ。
新しい演出のやつはもちろん初めて見る。
基本的にミュージカルもオペラも原語が好きなんだが、
最初に日本語版見ちゃったから・・・、しかもドイツ語。
1回見てるわたしはともかく、家人は話について行ってるのか心配。
新しい演出は舞台の上下をすごくうまく使ってる印象。
上にもキャストがバンバン上がる一方、
大掛かりにセットごと奈落に下げる感じ。

エリザベートは若い人がやってるのか(もちろんすごい歌唱力)、
シシィの時は可愛らしく、皇后になっても美しく凛とした人物だった。
トートはとても雰囲気があって、たいそう色男でした。
あと、ルドルフとのあのシーンは突然ホモっぽくなってびっくりした。
前に見た演出から、端折ったシーンとかあったのかしら。
車に乗ってトートが現れるところは前のやつの方が好きだな、って思いました。

言葉って大切。
分からなくても大丈夫なくらい、みっちり予習してくるんだった。
まさかミュージカル見にいけると思ってなかったから不覚。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰してます

2013年12月23日 | フルート
レッスン行く時間はあるのですが、
自宅でお稽古するのが難しく・・・。
時間は作らないといけないのですが、
どうにもモチベーションを維持する事ができません。

ちょっとお稽古お休みすることにしました。
あぁ、こうして演奏しない間にもどんどん下手になっていくんだろうなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つら・・・

2013年03月21日 | フルート
生きてます。
お稽古も行ってます。
しかし最近つらい。

練習の時間もあまり取れません。
慢性的な練習不足。
その上課題は難しいので、練習しないとついていけないどころか、
どんどん下手になっていきます。
こわい、つらい。

ケーラーの「ロマンティックエチュード」も終わり、
ドンジョンの「エレジー」とかチマチマやってたのですが、
「ごめん、もう無理」
ってこの教本はやめさせていただきました。
1曲目でギブしたの初めて・・・。
だって、ホントにつらかったんだもの。

やりたい曲を一生懸命探し(練習したい曲がない)、
ノブロの「アンダンティーノとフォナーレ」のフィナーレをやることに。
はぁん、やりたい曲なら練習する気になるかしら。
こんなつらい思いして続けるお稽古って・・・。
でも、理由もなくやめるのも嫌なんですよね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「サファイア」 湊かなえ

2013年01月26日 | 本 (その他)
中途半端に読み進めて、どこまで読み終わったのかわからなくなった。
「あれ?読んだことある、これも。これも」
と気がついたら半分以上既読だった。
しかし、ドラマは最後の2話で起こった。

なにこれ、すごいいい話。
「サファイア」読んでて涙が出た。
寂しい現代の若者の話で、昔はやったポップスにもこういう設定あったな、
なんて思って読んでた。
しかしその話は最終話にも続いていて。

いろんなことに伏線がはってあって、
読み終わりにはすべて回収。
ハッピーエンドじゃないけど、希望のある終わり方で、
こうやって今思い出すだけでも胸が・・・。
すごい話を書く人がいるものだと感心します。

湊かなえさんのご本は、どの話も好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防備録

2013年01月23日 | 本 (その他)
「心霊探偵八雲 9」神永学
「緑の毒」桐野夏生


本読む時間くれ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2013年01月01日 | 雑記
今年もよろしくお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりぼっち東京旅行【3日目】

2012年10月15日 | 旅行
最終日は「ジョジョ展」へとりあえず行く。
予約時間は10時から12時。
東京の交通事情は非常に便利なものなのだが、
うっかりすると乗り換え駅を間違える恐れが多々あるという罠が。
ええ、間違えて途中で止まる電車に乗ってしまい、
開場の10時までに六本木につけなかったです。ははは・・・。
おかげで入場するだけに30分くらいかかったヨ。
「ジョジョ」ファンの方は、この展示はぜひとも見るべきだと思う。
原画の色は印刷のものとはちょっと違う。
すごくキレイで、細かい仕上げ方なんて、印刷物みただけじゃ分らないから。


午後からは、引き続き六本木でお友達とランチ。
この方も初めてお話したのだけど、非常にフレンドリーで、
楽しい時間をすごさせていただいた。
ミッドタウンでベトナム料理(フォー&マイルドカレー)食べたあと、
ジャン=ポール・エヴァン行って来た!
私はモンブランとショコラのセットを頼んでみた。
ううわ・・・、こんなケーキ食べたこと無いよ!
ショコラも上品な甘さの中にカカオの香りが生きてて・・・。
なんかよくわからないけど、こんなおいしいおやつ生まれて初めて!
気の利いた感想いえずにホント申し訳ない。

一旦荷物を取りに行って、引き続きそのお友達としゃべるため、
東京駅で合流。(笑)
結局この日はあまり買い物とかできなかったよね。
でもいいの、楽しかったから。
なんか出会いとおしゃべりばかりの3日間だった。
すごく楽しくて有意義な日でした。

なんだかんだ言って、旅行の許可を出してくれた家人に感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりぼっち東京旅行【2日目】

2012年10月14日 | 旅行
2日目はメインの日。
詳しく書けないけど、イベント行って来た。

夕方、今回非常にお世話になった方とご飯食べた。
イベント手伝いは結構大変だったけど、
有意義で楽しい1日だった。
大勢の方と会って、おしゃべりできて、差し入れなど頂いたり、
やはりずっと笑って楽しく過ごすことが出来た。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりぼっち東京旅行【1日目】

2012年10月13日 | 旅行
家人に冷たい目で見られつつ、単身東京旅行へ。
早めの新幹線(N700系こだま)に乗って、東京駅へ向かう。
N700系いいよ!
コンセントが使える~。

9時半くらいについてすぐブリヂストン美術館へ向かう。
なぜか列が出来てて・・・。なんで?開催期間終了間近だから?
今回の展示の目的は「ドビュッシー展」だった。
絵画的なものより、彫刻の類の方が私の心にグッと来た。
カミーユ・クローデルの「ワルツ」って石膏像が切なかった。
小さくてそんなに目立つものじゃないけれど、
「ワルツ」ってタイトルなのになぜか物悲しい雰囲気で・・・。

午後からはお友達と合流して浅草から水上バスに乗ってお台場へ。
遊んだりお買い物して、ずっとしゃべって笑ってた。
行きたい店が新宿で9時半からだったので、
夕方にはゆりかもめに乗ってボチボチ移動。
お店の予約時間までは、なぜかカラオケボックスでずっとしゃべってた。(笑)

目的の店はそれはもう、楽しくって~!
しかしながら友達の終電が差し迫っていたので途中で帰ることに。
今度来る時はもっと早い時間に予約できるよう、頑張ろうね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加