イートアンド「おなかいっぱいの幸せを」
イートアンド社長・文野直樹のブログです。
 




このたび、日本食糧新聞社様制定の「第35回食品ヒット大賞」において、チルド食品・フローズン食品部門にて、
「大阪王将羽根つき餃子」が優秀ヒット賞を受賞し、先日贈呈式が行われました。

こちらの商品は、凍ったままフライパンに並べて火をつけて焼くだけで、
パリッパリの羽根がついたジューシーな餃子に焼きあがるというものです。

油も水もいらず、凍ったまま並べて焼くだけでお店で出てくるような本格的な羽根つき餃子が
ご家庭でも簡単に楽しんでいただけるということから、ご好評をいただき、
このたび優秀ヒット賞という栄えある賞をいただくことができました。

2017春夏のリニューアル品では、さらにパリパリに焼きやすく、
そしてさらにジューシーで冷めにくい餃子へとブラッシュップされています。

スーパーなどの冷凍食品コーナーで見かけられた際は、ご購入いただき、ぜひ一度ご賞味くださいませ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





先週より、よってこやにて2月限定ラーメンを販売しております。
その名も『よってこや史上最高の味わいごぼうの味噌ラーメン』です。

北海道産の赤みそと白みそをブレンドすることでコクと深みが増したスープに
ごぼうのみじん切りを油でローストして作ったごぼうオイルを加え、
さらにカリカリに揚げたごぼうチップスを盛り付けており、
香り豊かな他にはない味噌ラーメンへと仕上がりました。
甘辛く炊いた弾ける辛さの“緑こしょう”を最後に加えており、
それがいいアクセントになっています。

2月も半ばになり、ますます寒さが厳しくなってまいりました。
この「ごぼうの味噌ラーメン」を食べて、体の中から温まっていただければと思います。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りいただき、ぜひお召し上がりください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





本日より太陽のトマト麺にて2月限定商品が販売開始いたします。

今月は「マンガリッツァ豚のスンドゥブベジトマ麺」をご用意いたしました。

ハンガリーの国宝豚であるマンガリッツァ豚の旨味と、
白菜・江戸菜・ロメインレタス・揚げ茄子といった野菜をたっぷり使い、
さらに豆腐・コチュジャン・唐辛子を加えることで、太陽のトマト麺ならではのスンドゥブ風ベジトマ麺へと仕上がりました。
スープにはおろし生姜も入っており、寒い冬に体の中から温めてくれる、今の季節にぴったりの2月限定トマト麺です。
トッピングされた卵黄と豆腐をくずして、唐辛子も混ぜながらお召し上がりいただくのがオススメです。

お近くにお越しの際はお立ち寄りいただき、ぜひお召し上がりください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





全国の大阪王将店舗の従業員対象に実施したメニューコンテストにて、グランプリを受賞した作品を商品化し、
1月21日より、大阪王将店舗にて販売スタートいたしました。

商品名は「小エビと香味野菜の天津サラダ」です。
ふんわりとした玉子のうえに、プリプリ食感の小エビの天ぷらとシャキシャキの香味野菜をトッピングし、
特製のあまから旨ダレをかけました。
考案されたのは、大阪王将名鉄一宮駅店の大野さんです。
ふわとろ天津飯の玉子のふわふわ感を、ご飯ものではなくサラダに活かすという、今までになかった一品です。

3月6日までの販売予定ですので、大阪王将店舗にお越しの際はぜひお召し上がりください。


■プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000137.000010329.html



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





昨年8月、産経新聞・大阪府庁・エースコック株式会社、そして大阪王将がコラボしたカップ麺が
発売されました。

そしてこのたび、1月10日よりカップ麺とのコラボラーメン「大阪ラーメン」を
大阪王将店舗にて販売開始いたしました。

醤油ベースの野菜あんかけラーメンに、
大阪ならではの大阪産天かす・紅ショウガ・あみエビをトッピングいたしました。
見た目は彩りよく、天かすや紅ショウガを使うというユニークさもあり、
まさしく「大阪ラーメン」といえる一品へと仕上がりました。
スープのとろみで麺や野菜に旨味がからみ、
食べていくうちにクセになる、そんなラーメンです。

今月末までの限定販売となりますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りいただき、
是非お召し上がりください。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





よってこやでは「史上最高の麹極まる味噌ラーメン」を、
太陽のトマト麺では「ミネストラフォンデュベジトマ麺」を、
それぞれ1月限定商品として販売しております。

「麹極まる味噌ラーメン」は、4種類の味噌をブレンドし純米酒を混ぜ合わせました。
さらに隠し味にリンゴジュースとなま醤油麹を加えることで、コクや香り、風味豊かな
「田舎味噌」仕立てに仕上がりました。また、スープとトッピングに生姜を使っており、
純米酒仕立ての味噌スープをさらに際立たせるアクセントになり、体の芯から温まる一品です。

「ミネストラフォンデュベジトマ麺」は、ごろごろ野菜の食感が楽しめるミネストローネに
食べ応えのある荒挽きソーセージ、大きくカットされたブロッコリーやイタリアンポテトをトッピングいたしました。
さらにゴルゴンゾーラペーストをまわしかけることで、野菜だけでなくチーズのコクや旨味も
お楽しみいただける一品となりました。

どちらの商品も1月末までの期間限定販売です。
食べ逃しのないよう、お早めにお店へお越しいただき、ぜひお召し上がりくださいませ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





2017年が始まりました。
本年も、イートアンド株式会社は全員一丸となって邁進してまいります。
引き続き、ご指導・ご鞭撻ならびにご愛顧たまわりますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。

【以下は、私からイートアンド全スタッフに向けて発信しました新年のメッセージです。】

新年 明けましておめでとうございます。
まずは昨年末から元旦にかけ休むことなく業務されている皆さん、お疲れ様です。
この輝かしい年のスタートを、全国各地の従業員の皆さんとともに祝いたいと存じます。

私たちイートアンドを取り巻く環境は、厳しい状況が続いています。
経済全体に好転の兆しが見えたものの、それは一時的なものにすぎず、
生活者の消費マインドも「自分にとって本当に必要なものだけを選ぶ」という傾向が見られ、依然として低調に推移しているのが実状です。
このような状況の中、私たちは長い厳しい環境によって鍛えられつつ、絶え間ない企業努力を継続し、デフレ下でも成長する筋力をつけることができました。
大阪王将をはじめとする既存業態での店舗づくりやメニューの充実、「麺」や「肉」の魅力を強調した新業態やカフェ業態への進出、
そして羽根つき餃子を筆頭とする一歩進んだフローズンカルチャーの提案など、新しいビジネスへのチャレンジを力強く行なってまいりました。
そしてこのたび、皆さんのお陰で創立40周年を迎えることができました。
これを機により一層全社一丸となり、さらに新たなステージへとステップアップしていきましょう。

昨年、「EAT&WAY 2016」を制定しました。
これは、企業としての透明性や人権、コンプライアンス、環境への取り組みを怠ることなく、
私たちの「食文化の創造を通じた幸せの創造」という存在意義や商品とサービスで「人生の彩りを提供する」ことを再確認し、徹底するためのものです。
WAYを意識することで皆さんの仕事はより効率的になるだけでなく、より誇らしいものになることでしょう。

そして2017年のスローガンは「Grit~やり抜く力~」です。
Grit(グリット)とは、直訳すると「困難にあってもくじけない勇気・気概・闘志」です。
それは物事に対する情熱であり、また何か目的を達成するために非常に長い時間をかけて継続的に粘り強く努力し、物事を最後までやり遂げる力のことです。
Facebookのマーク・ザッカーバーグは「仕事での成功の鍵は信念とグリットを持つこと」と語り、
ヒラリー・クリントンは「グリットを持っているからこそ、ここまで来られた」と評され、オバマ大統領はスピーチでたびたび「グリット」に言及しています。
また、Googleは人材採用の際に「強いグリットを持っているかどうかを重要視する」とのことです。
グリットはリーダーに必要な素質であり、組織に必要な力でもあるのです。
人生を成功させるために必要なのは、才能でも頭の良さでもなく、グリット=やり抜く力です。
成功者の共通点ともいわれるこの力は、究極の能力といえるでしょう。
イートアンドを見渡しても、結果を出すリーダーは全員このグリットを持っています。

さて、イートアンドにはグリットを持ち、行動力・決断力・集中力にも優れる優秀な社員が数多くいることは事実です。
しかし、ここ最近は大企業のような寄り合い感を感じることがあります。これでは世界で戦える企業になれません。
個人としても組織としてもグリットをスローガンとして意識し、みんなでやり抜くことで、世界を相手に成功をおさめましょう。
光り輝く力強いイートアンドの更なる発展に向け、一人ひとりの大いなる健闘を祈り、新年の挨拶とさせていただきます。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





2016年はスローガン「突破する力~Breakthrough」のもと、
記念すべき創立40周年をお客様をはじめ、関係者の皆様、弊社スタッフ全員で盛り上げていただくことができました。
まずはお礼を申し上げます。本当に1年間有難うございました。

「突破する力~Breakthrough」をどこよりも見せてくれたのは、弊社冷凍食品の「大阪王将羽根つき餃子」でした。
12月21日に発表された日本食糧新聞社様主催の「第35回食品ヒット大賞」において、
見事「優秀ヒット賞」に選出されたことは、最強の突破する力があってこそだといえるでしょう。
また「大阪王将ぷるもち水餃子」についても、国内シェア60%超えという素晴らしい実績を残してくれました。
商品開発の面はもちろんのこと、食品営業本部の各営業所が全国各地で営業力の面で
突破する力を大いに発揮してくれたからこそだといえます。

大阪王将店舗でも「餃子で感動、人でリピート」という方針のもと、多くの突破する力を見せてくれました。
肉汁ジャンボ餃子という胃袋を突破する餃子やご当地餃子を導入したりと
基幹商品のバリエーションを増やしながら、餃子で突破する力を大いに発揮してくれました。
この肉汁ジャンボ餃子は、実はSAPPORO餃子製造所が考案し、日本全国の弊社店舗の中で初めて導入したものです。
食品販売の営業所だけでなく、外食事業でも日本全国で突破する力を発揮してくれました。

ラーメンでは、よってこや創業20周年・太陽のトマト麺創業10周年という節目の年を迎える中、
よってこやでは史上最高シリーズの商品を展開するなど、さまざまな取り組みを行い、突破する力を発揮してくれました。

他にも、工場でのライン増設、新業態店舗、管理本部の皆さん、それぞれがそれぞれの立ち位置でBreakthroughを試み、
その結果、2016年は全員でBreakthroughした一年となりました。
このことは必ず50周年に向けた成長の糧になると確信しています。

来年も光り輝く力強いイートアンドになるよう、全員で奮闘していまいります。
今後ともご支援賜りますよう、お願い申し上げます。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





よってこやでは「よってこや史上最高の海老だし味噌ラーメン えびみそ」を、
太陽のトマト麺では「よくばり野菜のベジトマ麺」を、それぞれ12月限定商品として販売しております。

「えびみそ」には、よってこや自慢の鶏ガラとんこつにオマール海老の殻から丁寧に抽出した海老だし、
さらには熟成味噌を加えております。
味噌本来の旨味が海老だしをさらに引き立たせ、海老の旨味と香りをより一層引き出した、
圧倒的に贅沢な逸品に仕上がりました。まさしく「史上最高」な一品です。

「よくばり野菜のベジトマ麺」は、数種類の野菜をふんだんに使用した12月限定のベジトマ麺です。
ゴロゴロ入った野菜の様々な食感を楽しめるだけでなく、トマトにのせて炙ったゴルゴンゾーラが
スープに溶けてコクが増し、そこにさらに自家製レモンフレーバーEXVオイルを使うなど、
こだわりにこだわりを重ねた、その名の通り「よくばり」なベジトマ麺へと仕上がりました。

両商品とも12月末までの期間限定販売ではありますが、年末休業などもありますので、
ぜひお早めにお店に足をお運びいただき、ご賞味くださいませ。

寒い冬、ぜひともこだわりがたくさん詰まった一杯で身体の中から温まってください。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





大阪王将では今、白菜入りの「復刻!元祖餃子」と肉撃「サーロインステーキ炒飯」を販売しております。

「復刻!元祖餃子」は、創業当時にお出ししていた白菜入りの餃子を復活させ、
白菜が旬を迎えるこの時期限定でお召し上がりいただける餃子です。
創業45周年の記念に2013年11月にお出しした際にご好評をいただき、
それからこの時期に毎年ご用意しております。
ですが、今年の餃子はさらに「新・肉汁アツアツ製法」を採用し、
今まで以上にジューシーな肉汁を閉じ込め、餃子の芯温も高温に保つことができるようになりました。

肉撃をコンセプトにした商品が新たに登場いたしました。
その名も「サーロインステーキ炒飯」。
デミグラスソースで仕上げた濃厚コク旨炒飯の上に、ガーリックバターソースで味付けされた100gのステーキ肉が
盛られた食欲をそそる商品に仕上がっております。
ステーキ肉は200gのものもご用意しておりますので、肉が食べたくて仕方ないときには、
そちらもオススメです。

今まで以上にあつあつな白菜入り餃子「復刻!元祖餃子」は3月末まで、
まさしく肉撃な「サーロインステーキ炒飯」は2月14日までと、それぞれ期間限定商品です。
食べ逃しのないよう、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


※各プレスリリース
復刻!元祖餃子 http://www.eat-and.jp/news/press/2016/2016_11_07.html
サーロインステーキ炒飯 http://www.eat-and.jp/news/press/2016/2016_12_06_2.html



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ