ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2016-289

2016年10月15日 06時40分08秒 | 千葉ロッテマリーンズ2016


ロッテ・デスパイネ帰国「チームを愛している」 複数球団獲得興味
 ロッテのアルフレド・デスパイネ外野手(30)が14日、キューバへ帰国するため、羽田発の航空機で経由地のパリへ向かった。24本塁打、打点92、打率・280。来日3年目で最高の成績を収め「来年は今年よりもいい数字を残したい」と話した。来季契約に関しては「私はチームを愛している」としたが、複数球団が獲得に意欲的との情報もある。キューバ政府が交渉の窓口となるが、その際も本人の希望が優先される。
 ロッテは本人と何度か話し合ったもようで、松本尚樹球団本部長補佐兼編成部長は「感触は悪くない。彼が3年間やってきたチーム愛を信じる」。今後は担当者とメールなどで交渉し、好感触を得れば、11月にも林信平本部長とともに現地で正式契約を結ぶ。
(デイリー)

デスパが帰国 来季も「ロッテでプレーしたい」
 ロッテのデスパイネが羽田空港発の航空機でキューバに帰国した。帰国後は国内リーグに参加する。今季チーム本塁打が12球団最少の80本に終わった打線の中で、自己最多の24本塁打を記録。年俸2億5000万円の2年契約が終了した。
 球団はキューバ政府との残留交渉に入っているが、他球団が獲得に動く可能性もある。主砲は「他のチームの話は聞いていない。ロッテでプレーしたいという気持ちは持っている」と話した。松本尚樹編成部長は「“ここで現役を終えたい”くらいまで言ってくれている。大丈夫でしょう」と残留を信じていた。

ロッテ デスパ帰国、自己最多弾に「いい数字残せた」残留を希望
 ロッテのデスパイネが14日、羽田空港発の航空機でキューバへの帰国の途に就いた。今後はキューバ国内リーグに参加する。今季は自己最多の24本塁打をマークした大砲は「全体的にいい数字を残せたし、いいシーズンだった」と満足そうに振り返った。
 年俸2億5000万円の2年契約が今季で終了。球団はキューバ政府との残留交渉に入っている。シーズン終了直後に残留希望を表明しており「いまも気持ちは変わらない。キューバ政府が決めること。ロッテでプレーしたい気持ちは持っている」と話した。
 空港では田原大樹通訳に「TAIKI」と名前が入ったサイン入りのキューバ代表ユニホームをプレゼント。まさに、気は優しくて力持ちの助っ人は来季も「デスパいいね!」の決めぜりふを球場に響かせてくれそうだ。
(以上 スポニチ)

【ロッテ】デスパイネ帰国…「ロッテでプレーしたい気持ちは変わらない」
 ロッテのアルフレド・デスパイネ外野手(30)が14日、羽田空港から母国・キューバに帰国した。
 来日3年目の今季は、134試合に出場し、打率2割8分、24本塁打、92打点。ソフトバンクとのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦では、2発を放つなど勝負強さを見せた。今季を振り返り「数字も去年より残せた。良いシーズンだった」と笑顔で語った。
 去就については「来年は今年より良い数字を残したい。ロッテでプレーしたい気持ちは変わらない」と、ロッテ残留へ強い気持ちを口にした。デスパイネの今後については、キューバ政府と球団が交渉を行い決定する。この日、空港へ見送りに訪れた松本編成部長も「(残留の)感触は悪くない。本人から、ファミリーのような球団、ここで現役を終えたいくらいまで言ってくれている。こちらは信じて(返事を)待ちたい」と話した。
 来日4年目を望む助っ人は「帰ったら、まずは野球から離れてバケーションを楽しみたい。ちょっとじゃなくて、いっぱい休んでキューバリーグに参加する」とにこやかに話し、機上の人となった。
(報知)

デスパイネ帰国 来季も「ロッテでプレーしたい」
 ロッテ・アルフレド・デスパイネ外野手(30)が14日、羽田空港発の航空機で出国し、キューバへの帰国の途についた。
 来日3年目の今季は、打率2割8分、24本塁打、92打点。4番として打線を引っ張り、2年連続CS出場に貢献した。「去年よりも全体的に数字が良かった。個人的には良いシーズンだった」と、満足そうに振り返った。
 球団は来季残留を要請。CSファーストステージ敗退直後、デスパイネ本人も残留希望を口にした。その後、ソフトバンクも獲得調査に乗り出す方針であることが判明。この日、あらためて意思を問われると「(CS敗退時に)福岡で言った気持ちは変わらない。キューバに戻ったら、日本のチームから話が来るだろうから、それを待っている」と淡々と答えた。
 「日本のチーム」にはロッテ以外も含まれるのか、という問いには「今のところ、他のチームの話は聞いていない。ロッテでプレーしたい気持ちは持っている」と応じた。今後は、ロッテ球団とキューバ政府が交渉を行うが「時間はかかりそう」だという。来季所属先については、デスパイネ本人の意思も尊重される見込みだ。
 ロッテ球団への要望を問われると「僕は野球をするだけ」。帰国後の予定については「まずはいっぱい休みたい。バケーション。その後は、キューバリーグに出る。(来春の)WBCもプレーすることになるだろう」と話した。
 松本編成部長は「(残留交渉の)感触は悪くない。本人は千葉ロッテを愛していると言ってくれている。信じます」と、ロッテ残留を願っていた。
(日刊)

ロッテ・デスパイネ、来季残留を希望 球団はキューバ政府と交渉へ
 ロッテ・デスパイネが14日、エールフランス航空機でキューバへ帰国した。2年契約の2年目を終え、帰国後はキューバ国内リーグでプレーする主砲は「他のチームから(のオファー)は聞いていないがロッテでプレーしたい」と残留の意向。交渉はキューバ政府と球団が行い、松本編成部長らがキューバに出向いて交渉するプランもある。 (羽田空港)
(サンスポ)

デスパイネが帰国
 ロッテのアルフレド・デスパイネ外野手が14日、キューバに帰国した。来日3年目の今季は134試合出場で、打率2割8分、24本塁打、92打点の成績。今季が2年契約の最終年で、球団は残留を求めて窓口となるキューバ政府と交渉する方針。
 ジェイソン・スタンリッジ投手は15日に米国に帰国する。来季契約は未定。
(時事通信)
デスパくんと田原さん。
仲の良い二人の微笑ましい姿を、来季も見られることを切に願っておりますo(;Д;)o


*************************************************************************************

ロッテのマリーンズジュニアが活動開始
「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場するロッテのマリーンズジュニアが活動を開始した。
 2010年大会以来となる2度目の優勝を目指し、メンバー18人が練習を続けている。女子児童2人も参加。1人は投手、1人は捕手兼外野手で、女子バッテリーが実現するかも知れない。
 大会は12月27日~29日に宮崎県にて開催。球団OBの武藤一邦監督(57)が指揮を執る。
 なお、マリーンズジュニア出身の主なプロ野球選手には、阪神高山、日本ハム近藤、中日佐藤、広島船越、DeNA網谷がいる。

女子バッテリー実現か ロッテジュニアが活動開始
「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場するロッテのマリーンズジュニアが活動を開始した。
 2010年大会以来となる2度目の優勝を目指し、メンバー18人が練習を続けている。女子児童2人も参加。1人は投手、1人は捕手兼外野手で、女子バッテリーが実現するかも知れない。
 大会は12月27日~29日に宮崎県にて開催。球団OBの武藤一邦監督(57)が指揮を執る。
 なお、マリーンズジュニア出身の主なプロ野球選手には、阪神高山、日本ハム近藤、中日佐藤、広島船越、DeNA網谷がいる。
(以上 日刊)

ロッテのジュニアチームが優勝狙う! 「NPB12球団ジュニアトーナメント」に向け本格活動
 ロッテは14日、今年で12回目となる「NPB12球団ジュニアトーナメント」出場に向け、ジュニアチームのメンバー18人(いずれも小学6年で男子16人、女子2人)の選考が終了し、9月から本格的な活動を開始していると発表した。
 チームは昨年は予選リーグで敗退したが、2010年大会以来となる2度目の優勝を目指し、猛練習中だ。同大会は12月27日~29日に宮崎県で開催予定。監督は元ロッテの武藤一邦氏(57)。
 NPB12球団ジュニアトーナメントは社団法人日本野球機構とプロ野球12球団が連携。「子供たちが“プロ野球への夢”という目標をより身近に持てるように」という考えのもとに企画、創設され、今年で12回目の開催となる。
 参加チームは各球団のOB選手が指揮を執り、小学5、6年生で編成され12チームで優勝を競い合う。
(サンスポ)

【ロッテ】阪神・高山らを輩出!ジュニアチーム18人がトーナメントへ練習中
 ロッテは14日、「NPB12球団ジュニアトーナメント」に千葉ロッテマリーンズジュニアチームとして参加するメンバー18名(男子16名、女子2名)が9月から本格的な活動をしていることを発表した。
 ロッテジュニアの監督は、武藤一邦(57)。コーチには塀内久雄氏(35)と上野大樹氏(29)と、3人のロッテOBが指導を務める。ロッテジュニアは2010年に優勝、昨年は予選リーグ敗退。主なOBに阪神・高山俊外野手(23)、日本ハム・近藤健介捕手(23)などがいる。
 「NPB12球団ジュニアトーナメント」は、日本野球機構とプロ野球12球団が連携して創設。今年で12回目の開催となる。参加チームは、各球団のOBが監督に就任し、小学5、6年生で編成され12チームで優勝を競う。本大会は12月27日から3日間行われる。
(報知)

ロッテ ジュニアチーム18人が決定 2度目のV目指し本格始動
 「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場する千葉ロッテマリーンズのジュニアチームのメンバーが決まり、9月から本格始動している。
 選考会で選ばれたのは女子2人を含む18選手。10年大会以来2度目の優勝を目指す。11年からチームを率いるのは球団OBの武藤一邦監督。主なOBには阪神・高山、日本ハム・近藤、中日・佐藤、広島・船越、DeNA・網谷らがいる。
(スポニチ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2016-288 | トップ | 拾い読み★2016-289≪コラム記事≫ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (じりじり)
2016-10-16 08:57:38
デスパイネは、今年以上に活躍してくれないと年俸に見合わないと思うけど、いなくなったら得点力が大きく下がるからなぁ。
好きな選手だから、残って欲しいのだけど。
どうなることやら。
誠意はお金 (ささどん)
2016-10-16 11:14:21
・・・と、当時東海方面球団に所属されてた選手がおっしゃってましたが。。。
もし、それ言われちゃうと、デスパくん狙いの他球団に、鴎球団が勝てる見込みはない訳で。。。
デスパくんの気持ちも多少は反映されるとは言え、交渉先はキューバ政府ですもんね(TTωTT)

だけど、彼には鴎球団に【マーくん人形】というお金では替えが利かない壮大な(?)借りがあります!!
例え一選手の借りとは言え、それを反故にしてしまうようなことがあれが、これは国際問題に発展しますよよっっ!!!
(・・・する訳ない)
相思相愛の想い、何とか叶えてほしいですね(ノω;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL