ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2017-140

2017年05月20日 07時05分31秒 | 千葉ロッテマリーンズ2017

【ロッテ4―3楽天 ( 2017年5月19日 ZOZOマリン ) 】

「今日はちょっとゆっくり寝られるかも」/伊東監督
 ロッテが延長10回、サヨナラ勝ちで連敗を8で止めた。伊東勤監督のコメント。
 「1つ勝つ苦しみをあらためて感じた。明日にいい流れをつなげていかないと。今日はちょっと、ゆっくり寝られるかも」。
 涌井は白星はつかなかったが9回3失点と好投。10回に根元がサヨナラ打。
 「良かったです。連敗していたから苦しかった。9回は内で、と思っていたけど、涌井が『いかせて下さい』と言ってきた。気迫が伝わってきた。根元が救ってくれた」。

ロッテ連敗にサヨナラ~、涌井9回志願の139球
 ロッテが連敗を8で止めた。エース涌井秀章投手(30)が9回3失点と好投。9回に追いつかれて白星はつかなかったが、完投を志願するなどチームを鼓舞する139球だった。打線は延長10回、左翼で先発した3番根元俊一内野手(33)が右前へサヨナラ打。これが10安打目で、連続試合2桁安打なしの不名誉な記録を球団ワーストタイの「18」で止め、今季初めて本拠地のナイターで勝利。チームは今季10勝目に到達した。
 今季初めて、夜のZOZOマリンが歓喜にあふれた。延長10回、1死二、三塁から根元が右前打。10日の楽天戦から続いていた連敗を8で止め、ファンと選手が一体となった「We are ロッテ」のコールが幕張の海に響き渡った。根元は「今日の涌井は本当に気合が入っていた。今日(連敗を)止められなければ、というのはあった」。打のヒーローは、投の立役者に感謝した。
 涌井の気迫あふれる投球が、サヨナラを呼び込んだ。8回。楽天の外国人トリオを打席に迎えると、リミッターを外した。「クリーンアップにつながるところなので流れを引き寄せようとした」。148→149→150キロと、どんどんと球速を上げた。8回を終えて119球。伊東監督も、落合投手コーチも、クローザーの内への継投を考えていた。
 涌井はベンチ裏に戻ると、ロッカー室で落合コーチと目が合った。「行かせてください」。続投を志願した。「連敗を止めることしか考えてなかった。止めるとしたら、1人で投げきることしか考えていなかった。何かを変えなきゃいけない。勝ちに対するところが伝われば」。エースとして背中で示す、若い投手陣へのメッセージだった。
 9回は野選で1点を失い、同点に追いつかれた。「あそこを1点でしのいだからサヨナラ勝ちにつながった」と、恥じ入るところはない。マウンド上ではポーカーフェースが定番の右腕だが、思いは野手にも伝わっていた。
 涌井は前回登板した12日の日本ハム戦で、1試合6被本塁打とパ・リーグワースト記録を更新した。その後、伊東監督から「どういう状況でもチームを救うのがエースだ」と諭されていた。この日の快投には監督も「こないだのこともあったし、気迫の投球が野手にも伝わった」と手放しでほめた。落合コーチは「相手と戦いながら、ウチの投手にもメッセージを発信してくれた」と、ミーティング通りのストライク先行投球に脱帽した。
 首位楽天をたたき、10日ぶりの勝利を手にした。伊東監督は「1つ勝つ苦しみをあらためて感じた。明日にいい流れをつなげていかないと。今日はちょっと、ゆっくり寝られるかも」。涌井の好投が、すべてのロッテ関係者を笑顔に導いた。これがエースだ。【斎藤直樹】

伊東監督「苦しかった」連敗脱出 涌井に根元に感謝
 ロッテが連敗を8で止めた。先発涌井が好投。1点リードの9回もマウンドに上がった。同点に追い付かれるも、延長10回1死二、三塁、根元がサヨナラ打を放った。伊東勤監督(54)のコメント。
 「良かったです。連敗していたから苦しかった。9回は内で、と思っていたけど、涌井が『いかせて下さい』と言ってきた。気迫が伝わってきた。根元が救ってくれた」。

ロッテが延長サヨナラ劇的大脱出!連敗8でストップ
 ロッテが劇的なサヨナラ勝ちで、連敗を8でストップした。
 ロッテは1点を追う3回に根元のタイムリーなどで逆転。6回には清田の適時打で追加点を挙げた。1点リードで9回を迎え、先発涌井が続投。しかし1死から味方の野選で1点を失い、同点に追いつかれた。涌井は9回を投げ139球、3失点の力投でチームを鼓舞した。
 それでも延長10回裏に1死二、三塁と攻め、最後は根元がサヨナラ打。劇的な幕切れで、泥沼だった大型連敗から大脱出した。

ロッテ涌井9回3失点「連敗を止めることしか」
 ロッテ先発の涌井秀章(30)が、9回3失点と好投した。
 1点リードの9回も志願してマウンドへ。同点に追い付かれたが、延長10回サヨナラ勝ちで報われた。球数は139。「連敗を止めることしか考えていなかった。1人で投げ切ることしか考えていなかった。9回を1点でしのいで(勝利に)つながった」と話した。


ロッテ根元サヨナラ打も喜べない「もっと上目指す」
 有言実行の一打だった。延長10回のサヨナラ機。ロッテ根元俊一内野手(33)はフォークだけを待っていた。8球目の狙い球を一閃(いっせん)。「ずっと待っていた球が最後にやっときた。何とか前に飛んでくれてよかった」。打球が右前に弾むのを見届けると、安堵(あんど)の表情をみせた。
 開幕から2軍生活。尊敬する男の復活劇がカンフル剤になった。5月9日。ロッテを戦力外となりヤクルトに加入した大松が広島戦で代打サヨナラ本塁打。ともに自主トレを行ってきた1つ年上の先輩の1発を「本当によかった!」とわが事のように喜んで続けた。「次は僕の番です」。
 出番を待ち続け、14日に1軍昇格。この日が初の3番起用も決して気負うことはなかった。「後ろには福浦さんがいる。つなぐ気持ちで力まず打席に入れた」。そう言えたのは己の役割を自覚し「時が来るのを待ちます」と決して腐らず汗を流し続けたからだった。
 歓喜のウオーターシャワーを浴びながらも、喜びを爆発させることはなかった。「本当はもっと喜びたかったですけど…。ここで感情を表に出しても試合は続く。今日は大事な1勝ですが、まだまだ上を目指していかないといけない」。上だけを見つめ、黙々とバットを振り続ける。【佐竹実】

 ▼ロッテ根元のサヨナラ安打は13年9月1日日本ハム戦以来4本目。延長戦では08年4月13日日本ハム戦の10回裏、無死満塁で武田久から左前打を放って以来9年ぶり2本目。根元のサヨナラ打でこの試合のチーム安打は10本目、4月28日西武戦から続いた連続1桁安打は球団ワーストタイの18試合で止まった。

ロッテ根元サヨナラ打「いつかこんな日が来ると」
 ロッテが劇的なサヨナラ勝ちで、連敗を8でストップした。
 同点の延長10回、サヨナラ打を放った根元俊一内野手(33)は「ホッとしてます。きょうは千葉ロッテのエースが投げていたので、9回で勝てていれば一番だったんですけど、もう1度チャンスが回ってきたので決めてやろうと思いました。本当にうれしかったですが、感情は抑えました。連敗を止めるのは涌井しかいないと思っていました。ベンチの中もみんな声も出ていましたし、そんなに雰囲気は悪くないと思っていた。いつかこんな日が来ると思っていた」と振り返った。

ロッテ根元が延長サヨナラ打、楽天森原が2敗目
 楽天は2回に相手の適時失策で1点を先制。ロッテは3回無死一、三塁からボークと根元の中前適時打で2点を挙げ逆転した。
 ロッテは6回2死無走者からダフィーが右前打で出塁。続く清田の適時二塁打でリードを2点に広げ、終盤に入った。
 楽天は7回に1点を返し、9回1死一、三塁から藤田の一ゴロで三塁走者田中が生還し同点。そのまま延長戦に突入した。
 ロッテは延長10回1死二、三塁から根元が右前に安打を放ちサヨナラ勝ち。連敗を8で止めた。楽天の連勝は3で止まった。ロッテ内が初勝利。楽天森原は2敗目。

ロッテ根元が今季初打点「今日は絶対に勝ちたい」
 ロッテ根元俊一内野手(33)が、貴重な今季初打点を挙げた。1-1の同点に追いついた3回2死二塁から、中前にはじき返した。
 「打ったのはよく分かりませんが、ストレート系です。何とかもう1点取りたかったので良かった。ワク(涌井)を1点でも多く援護してあげたい。応援してくれるファンのために、今日は、今日は絶対に勝ちたい。皆で、皆で勝ちたい。その気持ちだけです」。熱い気持ちで打った勝ち越し打を振り返った。


ロッテ、外国人4選手のフェイスタオル販売
 ロッテは19日、外国人4選手の出身国、地域の旗柄をデザインしたフェイスタオルを販売開始した。
 ダフィー、スタンリッジ(米国)、パラデス(ドミニカ共和国)、チェン(台湾)が対象で、価格は税込み1300円(税込)。18日に球団通算7500号本塁打を記録したパラデスは「うれしいデス。今はとにかく勝ちたい。チームの勝利に貢献できるよう頑張るので、タオルを掲げて応援してもらってパワーを送ってほしいね」とコメントした。

(以上 日刊)

**********************************************************************************

ロッテ 今季初サヨナラで連敗8で止めた 伊東監督「ゆっくり寝られる」
 ロッテが連敗を8で止めた。19日の楽天戦で、延長10回1死二、三塁から根元俊一内野手(33)が右翼へサヨナラ打を放った。9回1死まで3―2とリードしながら、完投目前の涌井秀章投手(30)が同点に追いつかれて延長戦に突入した試合。重く、そして遠く感じた今季10勝目はチーム一丸となった今季初のサヨナラ勝ちに結実した。
 一塁後方にできた歓喜の輪。苦しんだ分だけ、笑顔が何倍にも輝いた。3―3の延長10回1死二、三塁。根元は7球連続直球から、最後の最後に投じられた森原のフォークに食らいついた。打球は思いとともに右前へ。今季初のサヨナラ劇で、連敗は止まった。
 「ホッとしています。ベンチの中でもみんな声は出ていたし、雰囲気は悪くない。いつかこういう日がくると思ってやっていました」
 2軍スタートだった春季キャンプから一度も1軍に呼ばれることはなかったが、腐らなかった。常に1軍の試合をチェック。5月14日に今季初昇格すると、この日は今季初めて3番に座った。「打席でうまくタイミングが取れている」と好調をキープし、3回には一時勝ち越しとなる中前適時打も放った。今年でプロ12年目の33歳。伊東監督も「ベテランの域に達しているが、根元がよく救ってくれた」と称え「今日はゆっくり寝られるかもしれない」と笑った。
 勝利目前の9回1死までこぎつけながら、エースの涌井が同点とされた。長く、暗いトンネルは1日ごとに重圧も加わり、1勝が遠く感じるようになった。伊東政権ワーストの8連敗で借金20、18試合連続1桁安打と負のデータばかりが並んだが、根元の劇打は19試合ぶりの2桁安打となる10安打目。今季40戦目にしてつかんだ10勝目で呪縛を解き放った。
 11日の楽天戦、12日の日本ハム戦はナイターだったが、試合後にミーティングを行った。投手陣も自発的に集まり「投手陣がゲームをつくっていこう」と再確認した。大敗続きでブーイングも受けたファンにようやく勝利の報告ができた。主将の鈴木は「やばい、泣きそう」とつぶやいた。
 お立ち台で「うれしかったけど、感情は抑えました」と話した根元はこう続けた。
 「上を目指していかないといけない。大きな1勝だが、まだ100試合以上残っている。そこまで感情を表に出しても試合は続く」
 この1勝を号砲に、勝ちまくるしか本当の道は切り開けない。 (町田 利衣)

 ≪ワースト新免れる≫ロッテは延長10回にこの日チーム10本目となる根元の安打でサヨナラ勝ち。4月28日の西武戦から18日の西武戦までは18試合連続1桁安打で、58年8月3〜27日(当時大毎)に並ぶ球団最多となっていたが、ワースト新は免れた。また、連敗も8でストップ。ロッテがサヨナラ勝ちで8連敗以上を止めるのは、78年9月3日の近鉄戦をサヨナラ勝ちし、8連敗でストップさせて以来39年ぶりだ。

 ≪最も遅い記録≫ロッテは今季40試合目で10勝(29敗1分け)に到達。開幕40試合以上で10勝目を挙げるのは、05年楽天の48試合目以来。チームでは02年の33試合目(22敗1分け)を上回り最も遅い記録になった。

ロッテ サヨナラ勝ちで8連敗でストップ 今季ようやく10勝目
 ロッテが延長戦の末、サヨナラ勝ちで連敗を8でストップ。チームは今季ようやく10勝に到達した。
 10回、荻野の右前打、鈴木の右越え二塁打で無死二、三塁となると、根元が右翼へ安打を放ち試合を決めた。根元のサヨナラ安打で安打数は10となり、連続1桁安打試合は18で止まった。先発涌井は9回まで投げたが、あと2人で同点に追いつかれ、白星は付かなかった。
 楽天は2回に相手失策で先制、6回に聖沢の二ゴロで1点差とし、9回は野手選択で同点としぶとさを見せたが、最後に森原が踏ん張れず、3連勝でストップ。今季10敗目となった。

ロッテの連敗止めた!根元 サヨナラ打の瞬間「本当にうれしくて」
 ▼ロッテ・根元 きょうは千葉ロッテのエースが投げていたので、本当は9回で試合を決められたら一番だったが、チャンスが回って来たので何とか決めてやろうという気持ちがあった。(打球が外野に飛んだ瞬間は)本当にうれしくて。(3回にも中前適時打を放ち)何とか勝利に貢献できるように1打席1打席大事に勝負していこうと思っていた。きょうはそういう打撃ができて良かった


涌井 連敗阻止へ熱投9回139球 志願続投「勝てて良かった」
 あとアウト2つのところで完投勝利を逃したロッテ・涌井だったが、意地は示した。志願続投した1点リードの9回は、1死一、三塁から内野ゴロの野選の間に同点に追いつかれた。ただ後続を抑え9回139球を投げきった。「勝てて良かった。連敗を止めることしか頭になかった」と振り返った。
 前回12日の日本ハム戦は4回1/3を自己ワースト10失点され、パ・リーグワースト記録となる6被本塁打KO。再び連敗ストップを託され、8回にこの日最速150キロを計測するなど気持ちのこもった熱投を演じた。37人中、初球ストライクが25人と徹底してゲームメーク。英二投手コーチは「他の投手も感じてくれたと思う。投げながら発信してくれていた」と頭を下げた。自身に白星は付かずとも、サヨナラを呼ぶエースの投球だった。


ロッテ“助っ人タオル”発売 パラデス「タオル掲げて応援して」
 ロッテは19日から、外国人4選手の出身国・地域の国旗柄をデザインしたフェイスタオルの販売を開始した。
 ダフィー(アメリカ合衆国)、スタンリッジ(アメリカ合衆国)、パラデス(ドミニカ共和国)、チェン(台湾)の4デザインで、販売価格は税込み1300円。
 18日に球団通算7500号本塁打を記録したパラデスは「うれしいデス。今はとにかく勝ちたい。チームの勝利に貢献できるよう頑張るので、タオルを掲げて応援してもらってパワーを送って欲しいね」とコメントした。


ロッテYOGAタイム 19日から「気持ちをスッキリさせてくれるポーズ」
 ロッテがZOZOマリンスタジアム球場内ビジョンにて5回表終了後に実施している「マリーンズYOGAタイム」。19日からの楽天3連戦は「気持ちをスッキリさせてくれるポーズ」を行う。
 ホットヨガスタジオLAVAにてヨガのインストラクターを務め、マリーンズYOGAガールの北原絵里菜さんは「息を吸いながら両手を前から上に上げ、胸を開きます。吐きながら合掌を胸の前に下ろします。吸いながら両手を前から上に上げて、吐きながら合掌を胸の前に下ろします。この呼吸を3回続けていきましょう。このポーズは、胸を開くことで気持ちをスッキリさせてくれるポーズです。さあ、こんな時だからこそ気持ちをスッキリさせて前向きに頑張りましょう!GO、マリーンズ!ナマステ!」とコメントした。

(以上 スポニチ)

**********************************************************************************

根元が延長十回サヨナラ決めた!ロッテ、連敗8でストップ
 ロッテは19日、楽天8回戦(ZOZOマリン)に延長十回の末、4-3でサヨナラ勝ちし、連敗を8で止めた。「3番・左翼」で先発出場した根元俊一内野手(33)が、試合を決める右前適時打。9日の楽天戦(Koboパーク)以来、9試合ぶりとなる勝利に導いた。
 3-3の延長十回一死二、三塁。根元が放った打球が右翼に弾むと、ベンチから選手が飛び出した。チームを今季初のサヨナラ勝ちに導き、連敗を8で止めた。お立ち台で本拠地の大歓声を浴び「何とか決めてやろうと思った。ほっとしている」と声を上ずらせて喜んだ。
 14日に今季初めて1軍に昇格。堅実な打撃を買われて、この日は3番に入った。1-1の三回には釜田の速球を中前適時打。サヨナラを決めた打席では、楽天D5位・森原(新日鉄住金広畑)の150キロの速球をファウルにしながら粘り、最後は変化球を巧みにはじき返した。
 プロ12年目の33歳。平沢や中村ら若手の台頭もあり、出番がなかなか回ってこない中、キャンプから腐らずにバットを振り続けた。4年ぶりのサヨナラ打にも淡々とベースを駆け抜けたが「感情は抑えていた」と照れながら明かした。
 エースの涌井が九回に同点とされ、嫌なムードが漂っていた。ようやく10勝目を挙げた伊東監督は「1つ勝つ苦しみを改めて感じた。お客さんも喜んでくれた。根元が救ってくれた」としみじみと勝利の味をかみしめた。ベンチ裏には涌井をはじめ、久しぶりにほっとした顔が並んだ。

ロッテ・根元がサヨナラ打!チームの連敗8で止め「ほっとしている」
 ロッテの根元が試合を決めた。延長十回一死二、三塁で、フルカウントからの8球目を右へ適時打。チームの連敗を8で止め「ほっとしている。何とか決めてやろうと思っていた」とうなずいた。
 1-1の三回には釜田の速球をコンパクトなスイングではじき返して中前適時打を放っていた。14日に1軍に昇格して以降、5試合連続で先発出場して安打がないのは1度だけと好調を維持していた。それでも「上がってきて一度も勝てていなかったので、何とか勝利に貢献できるようにと思っていた」と安堵の笑みを浮かべた。

清田(六回に適時二塁打)
「ファンのために何とか何とか(したかった)」

ロッテ、19戦ぶり2桁安打 連続試合1桁安打18で止まる
 ロッテは19日、楽天8回戦(ZOZOマリン)に延長十回の末、4-3でサヨナラ勝ちし、連敗を8で止めた。
 〔1〕ロッテが今季初のサヨナラ勝ちで、連敗を8でストップ。チームはこの日10安打を放ち、4月26日の楽天戦(Koboパーク)以来19試合ぶりの2桁安打。同28日の西武戦(メットライフ)から続いていた連続試合1桁安打が18(1958年8月と並ぶ球団ワースト)で止まった。
 〔2〕根元のサヨナラ安打は2013年9月1日の日本ハム戦(九回に単打)以来4年ぶり4度目。ロッテの現役選手でサヨナラ安打を4度以上記録したのは、福浦(8度)に次ぐ、井口(4度、他にダイエーで7度)と並ぶ2位。


ロッテ・伊東監督、2勝目逃した涌井の気迫ほめる「野手に気持ち伝わった」
 ロッテの涌井は力投が実らず4月15日以来の2勝目を逃した。3-2の九回に「連敗を止めることしか考えていなかった。勝ちに対する思いが伝わればと思って志願した」と続投したが、同点に追い付かれ9回3失点で降板した。
 それでもチームは延長十回にサヨナラ勝ちし、連敗を8で止めた。伊東監督は「野手に気持ちが伝わった」と涌井の気迫をほめた。


ロッテ・パラデス、タオル発売に笑顔 「応援してもらってパワーを送ってほしいね」
 ロッテは19日、マリーンズストア各店で、外国人4選手の出身国・地域の国旗柄にデザインをしたフェースタオルの販売を開始した。ジェイソン・スタンリッジ投手、マット・ダフィー内野手(ともに米国)、ジミー・パラデス内野手(ドミニカ共和国)、チェン・グァンユウ投手(台湾)の4デザインがある。価格は1300円(税込)。
 パラデスは「うれしいデス。今はとにかく勝ちたい。チームの勝利に貢献できるよう頑張るので、タオルを掲げて応援してもらってパワーを送ってほしいね」とコメントした。

(以上 サンスポ)

**********************************************************************************

【ロッテ】延長10回サヨナラ勝ち!連敗8でストップ
 ロッテがサヨナラで連敗を8で止め、12球団でダントツに遅い10勝目に到達した。エース・涌井が9回3失点、139球の熱投。延長10回1死二、三塁から根元が右翼線にサヨナラ打を放ち、何とかトンネルを抜けた。借金はまだ19もあるが、ここから逆襲が始まるか?
 体勢を崩されながら、勝利への執念が勝った。延長10回1死二、三塁。33歳の根元が、しぶとく自身4度目のサヨナラ打で決着をつけた。劇的な一打で、チームの8連敗も18試合連続2ケタ安打なしもナイター12連敗もすべてストップ。「ホッとしています。連敗を止めるのは涌井しかいないと思っていました」。12球団で最も遅い10勝目を呼んだ、エースの魂の139球に賛辞を贈った。
 劇勝を導いたのは、間違いなく涌井だった。全身から気迫があふれ出た。2番から始まる1点リードの8回。「しっかり気持ちを入れて、流れを引き寄せられれば」と次第にギアを上げ、アマダーにはこの日最速の150キロを計測した。119球で迎えた9回も「連敗を止めるとしたら、一人で投げきることしか考えていなかった。勝ちに対する思いが何人かに伝われば」と志願の続投。夫人の押切もえが見つめる前での2勝目はお預けになったが、背中でチームを引っ張った。
 屈辱をバネにステップアップした。12日の日本ハム戦(東京D)でリーグ記録を更新する6被本塁打、自己ワーストの10失点。ショックを受けても、すぐにやってくる次回登板へ気持ちを切り替えた。伊東監督から「チームを救うのはエースの宿命」と言葉をかけられ、責任の重みを再認識した1週間。プライドをかけたマウンドだった。
 ミーティングで徹底した初球ストライクも実践。お手本を示し、英二投手コーチに「うちのピッチャーにもメッセージを発信してくれて頭が下がる」と言わしめた。残り103試合。伊東監督は「一つ勝つ苦しみを改めて感じた。うちは連勝していくしかない。お客さんが喜んでくれたんで、今日はゆっくり寝られるかもしれないです」と一安心。たった1つの白星でも、何かのきっかけになるかもしれない。(田島 正登)

【ロッテ】延長サヨナラ勝ちで8連敗でストップ!今季40試合目で10勝到達
 ロッテが延長10回に根元がサヨナラ打を放って連敗を8で止めた。この日の白星で、チームは今季40試合目でようやく10勝目となった。
 勝利目前の9回に同点に追いつかれたが、延長10回1死二、三塁で、根元がフルカウントからサヨナラ打を放った。
 根元はヒーローインタビューで「(連敗を止め)ほっとしています。今日は千葉ロッテのエースが投げていたので9回で試合を決められたらよかったんですけれど、もう一度ああいうチャンスで回ってきたのでなんとか決めてやろうという気持ちがありました」と振り返っていた。

(以上 報知)

**********************************************************************************

ロッテ劇的大脱出 8連敗にサヨナラ 延長十回、根元が決めた!
 ロッテはトンネルをやっと抜け出した。3-3の延長十回1死二、三塁。もつれた糸を断ち切り、連敗を8で止める殊勲打を放ったのは33歳のベテラン、根元だった。
 フルカウントからの8球目、森原が投じたフォークに両腕を投げ出すように食らいついた。打球は右翼へ抜けた。三走・荻野がサヨナラの本塁を踏んだ。
 「なんとか決めてやろうの気持ちだけだった。勝負しようと思っていた」。歓喜のお立ち台で根元が声を張り上げた。
 連敗中の14日に今季初めて1軍に昇格した。5試合連続のスタメンの打順は5、6、2、1、そしてこの夜は3番だった。三回に一度は勝ち越しとなる適時打を放った。昇格後はベテランの味をフルに発揮してきた。
 「連敗を止めるなら、涌井だと思った。でも九回でゲームを締められなかった…」と振り返るように、勝利目前の九回にエースが同点に追いつかれた。その引き換えに、最後には劇的な舞台が待っていた。
 ようやく今季10勝目を挙げた伊東監督は「なんとか最後はああいう形で勝てた。ベテランの域の根元がやってくれた。今日はゆっくり寝られるかもしれないです」と話し、こう付け加えた。「あしたから今日の勝ちをつないでいかなければ」。サヨナラの余韻に浸るのは一夜だけ。借金19の最下位から上昇気流に乗る構図を思い描く。

ロッテ、サヨナラ勝ちで連敗8で止める 根元がV打
 ロッテが劇的なサヨナラ勝ちで、連敗を8で止めた。
 同点で迎えた延長十回、1死から荻野の安打と鈴木の二塁打で二、三塁とすると、根元が右翼線へサヨナラ打を放ち、長いトンネルを脱出した。
 ロッテは1点を追う三回。吉田、三木の連打で無死一、三塁とすると、ここで楽天・先発の釜田がボークを犯して同点。さらに2死二塁から根元が中前へはじき返し、逆転。六回には2死からダフィーが右前打で出塁すると、清田が右中間への適時二塁打でリードを広げた。
 先発の涌井が八回まで2点に抑える熱投を見せていたが、土壇場の九回に追いつかれていた。
 粘りを見せた楽天の連勝は3でストップした。


ロッテが外国人4選手のタオル発売 出身国・地域の国旗をデザイン
 ロッテは19日、マリーンズストア各店で同日から外国人4選手の出身国・地域の国旗柄にデザインしたフェイスタオルの販売を開始したと発表した。
 18日の西武戦で球団通算7500号本塁打を記録したパラデスは「うれしいデス。今はとにかく勝ちたい。チームの勝利に貢献できるよう頑張るので、タオルを掲げて応援してもらってパワーを送って欲しいね」と奮起を誓うとともに、ファンに購買を働きかけていた。

(以上 デイリー)

**********************************************************************************

長いトンネル抜けたロッテ 劇的勝利でナインに戻った笑顔
力投見せたエース涌井、連敗8で止めたロッテ
 長いトンネルを抜け出した。千葉ロッテが19日、楽天にサヨナラ勝ちし、連敗を8で止めた。今季40試合目でようやく10勝に到達。久しぶりに、ナインに笑顔が戻った。
 延長10回1死二、三塁。根元がバットを短く持ち、フルカウントから体勢を崩しながらボールに食らいついた。ボールはライト前へ。サヨナラの瞬間に、本拠地に詰めかけたファンと、ロッテベンチが沸いた。「何とか決めてやろうという気持ちでした。本当にうれしくて、でも、感情は抑えました」と、お立ち台で根元選手。連敗ストップには「ホッとしています」と笑った。
 先制を許すも3回無死一、三塁で相手先発・釜田投手のボークによって同点とすると、この日のヒーローの根元が2死二塁から中前に勝ち越し打。だが悪いチームの流れなのか、優位には立てず、9回に同点とされてしまう。
ここから巻き返しなるか―
 オープン戦13勝2敗3分というぶっちぎりの成績で迎えたペナントレース。だが公式戦の10勝目は遠かった。チーム打率は2割に届かず、本塁打数、防御率も含め12球団ワーストの数字。新外国人のダフィー、パラデスは思うような結果を残せず、他の野手陣、そして投手陣も軒並み不振にあえいだ。16日には37試合目で早くも自力優勝が消滅してしまった。
 だが、こういう苦境で意地を見せたのはエースだった。先発の涌井投手が9回139球の熱投。伊東監督は9回を内投手で想定していたが、すでに119球を投げていたエースから続投を直訴されたという。結果的に1死一、三塁で、野選の間に同点とされたが1死一、二塁から踏ん張り、勝ち越し点を許さなかった。「やっぱりエースだなと思った。連敗を止めるのは涌井しかいないんじゃないかと思った」と根元が振り返ったように、その気迫が結果的にサヨナラを生んだと言えるだろう。
 借金は19と、まだまだ先は長い。だが快進撃を続けてきた首位の楽天からもぎ取ったこの1勝は大きい。勝利後、安どの表情だった伊東監督だが「これを明日につなげないといけない」と、すぐさま切り替えた。ここから、まさに“下剋上のロッテ”と言われるチームの底力を見せたい。


ロッテ根元、連敗脱出&10勝目導くサヨナラ打「何とか決めてやろうと思った」
延長10回に執念のサヨナラ打、連敗8で止め「ほっとしてる」
 ロッテの根元俊一が19日の本拠地楽天戦で延長10回に劇的なサヨナラ打を放った。3-3で迎えた1死二、三塁の場面で右前安打。チームの連敗を8で止め、今季10勝目に導いた。
 この日はエース涌井が8回まで2失点に抑える力投を見せたが、1点リードの9回に失点し土壇場で同点に。迎えた延長10回、1死二、三塁とサヨナラのチャンスで打席に立った根元がしぶとく右前に運び、勝利へと導いた。
 試合後、お立ち台に立った33歳は連敗ストップに「ほっとしてます」と一言。最後の打席を「何とか決めてやろうと思った」と振り返り、「ホントにうれしくて、でも感情は抑えました」と語った。
 ロッテはようやく今季10勝目に到達。前夜は西武に敗れて伊東監督就任後初となる8連敗を喫し、借金20となっていたが、この日は粘り強い戦いで5年ぶりの9連敗を免れた。

ロッテ根元が延長10回執念サヨナラ打&連敗8で止める エース涌井も139球熱投
涌井は9回3失点の熱投
 ロッテが19日の本拠地楽天戦で延長10回に4-3のサヨナラ勝ちを収め、連敗を8で止めた。エース涌井が9回139球3失点(自責2)の力投を見せると、3-3の延長10回に根元が執念のサヨナラ打を放った。
 8連敗中のロッテは2回、三塁ダフィーのエラーで先制を許す嫌な展開となったが、3回無死一、三塁から楽天先発・釜田のボークで同点に追いつくと、根元のタイムリーで勝ち越しに成功。6回には清田のタイムリー二塁打でリードを2点に広げた。
 一方、涌井は6回まで1失点に抑える力投。しかし7回に1死一、三塁から聖澤の二ゴロの間に1点差に詰め寄られると9回1死一、三塁から藤田の一塁への打球を福浦が本塁送球したが三塁走者が生還。土壇場で同点とされた。
 それでもロッテは延長10回、1死二、三塁と好機を作ると根元が劇的なサヨナラ打。前夜は西武に敗れて伊東監督就任後初となる8連敗を喫し、借金20となっていたが、この日は粘り強い戦いで5年ぶりの9連敗を免れた。

(以上 フルカウント)

**********************************************************************************

ロッテがサヨナラで連敗を止め今季10勝目!先発・涌井は9回139球3失点の熱投
19日、千葉ロッテマリーンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦がZOZOマリンスタジアムで行われ、ロッテが4-3でサヨナラ勝利を収め連敗を「8」で止めた。
 また、ロッテはこの試合でようやく今季10勝目を手にした。
 ロッテ先発・涌井、楽天先発・釜田で始まった試合は、接戦となった。
 先制点を奪ったのは楽天だった。2回、一死から岡島と藤田が連打で出塁し、チャンスを作るとダフィーの失策間に1点を奪った。
 先制点を奪われたロッテだったが、3回に反撃を見せた。3回、先頭の吉田が二塁打、三木が内野安打で出塁し、無死1・3塁とチャンスを作る。その後伊志嶺・鈴木は連続三振に倒れたが、伊志嶺の打席で釜田がボークを宣告され、1点を奪った。そして、3番・根元が二死から適時打を放ち、1点を勝ち越した。
 そして、6回には二死からダフィーが安打で出塁すると、清田が適時二塁打を放ちリードを2点に広げた。
 しかし、9回に力投を続けていた涌井が福浦の野選で3点目を失い、試合を振り出しに戻してしまうが、後続を抑え勝ち越しは許さなかった。
 涌井は9回を139球、8安打、7奪三振、1四球、3失点という熱投を見せ、味方のサヨナラを待った。10回は2番手・内が得点圏に走者を背負いながらも無失点に抑える好投を見せると、打線が2人の力投に応えた。
 延長10回裏、楽天5番手・森原から荻野が安打、鈴木が二塁打を放ち一死2・3塁の絶好機を作ると、根元が7球粘った後の8球目を右前に運ぶサヨナラ安打を放ち、試合を決めた。
 敗れた楽天は9回に同点に追いついたが、最後は森原がロッテの勢いを止められず、連勝は3で止まり、今季10敗目を喫した。

(ベースボールチャンネル)

**********************************************************************************

【ロッテ】楽天3連戦のYOGAタイムは「気持ちをスッキリさせてくれるポーズ」
 気持ちをスッキリさせてくれるポーズ[提供=千葉ロッテマリーンズ]
 ロッテは19日、楽天3連戦の「マリーンズYOGAタイム」で「気持ちをスッキリさせてくれるポーズ」を行うと発表した。
 昨年に引き続き、本年も開幕カードから実施をして話題沸騰となっている「マリーンズYOGAタイム」。マリーンズYOGAタイムは、ZOZOマリンスタジアム球場内ビジョンにて、5回表終了後にホットヨガスタジオLAVAにてヨガのインストラクターを務め、マリーンズYOGAガールの北原絵里菜さんが野球観戦中のお客様に短いレッスンを行うもの。
 マリーンズYOGAガール北原絵里菜さんは「息を吸いながら両手を前から上に上げ、胸を開きます。吐きながら合掌を胸の前に下ろします。吸いながら両手を前から上に上げて、吐きながら合掌を胸の前に下ろします。この呼吸を3回続けていきましょう。このポーズは、胸を開くことで気持ちをスッキリさせてくれるポーズです。さあ、こんな時だからこそ気持ちをスッキリさせて前向きに頑張りましょう!GO、マリーンズ!ナマステ!」とコメントした。


【ロッテ】外国人4選手のタオル販売 パラデス「うれしいデス」
 ロッテは19日、マリーンズストア各店にて本日より、外国人4選手の出身国・地域の国旗柄にデザインしたフェイスタオルを販売開始すると発表した。
 ダフィー(アメリカ合衆国)、スタンリッジ(アメリカ合衆国)、パラデス(ドミニカ共和国)、チェン(台湾)の4デザインとなっている。販売価格は1,300円(税込)だ。
 18日の西武戦で、球団通算7500号本塁打を記録したパラデスは球団を通じて「うれしいデス。今はとにかく勝ちたい。チームの勝利に貢献できるよう頑張るので、タオルを掲げて応援してもらってパワーを送って欲しいね」とコメントした。

(以上 ベースボールキング)


**********************************************************************************

【楽天目線】

「一発でなかなかスタートを切れない」/梨田監督
 楽天はドラフト3位の田中が1点を追う9回1死一塁、代走で出場。プロ初盗塁を決めた。梨田昌孝監督のコメント。
 「一発でなかなかスタートを切れない。いい仕事」。

楽天ドラ3田中プロ初盗塁&延長戦へ持ち込む好走塁
 楽天ドラフト3位の田中和基外野手(22=立大)が、土壇場でプロ初盗塁を決めた。
1点を追う9回1死一塁、代走で登場した。「『状況に関係なく、ランナーが出たらいく』と言ってもらっていた」。ベンチでロッテ先発涌井の挙動を洞察して、タイミングを計っていた。
 初球。連敗ストップの見えた涌井はバッターに集中していた。セットポジションの技術が極めて高いが、ボールを長く保持し、得意のけん制を挟まず投球に入った。「『セーフになる』と思って、思い切って行った」。50メートル5秒8のスピードがある。が、この局面で、百戦錬磨を相手に、動いた瞬間にセーフと分かるスタートを切ったことに価値があった。
 三塁に進むと再び高いセンスを発揮した。藤田の一ゴロに迷いなく本塁突入。クロスプレーになった。「タイミングは『危ないかな』と思ったが、一塁ゴロだったので」と冷静だった。体を先に通過させ、最後に手を伸ばして同点のホームに触れ、延長戦に持ち込んだ。
 延長10回2死一、二塁で打席が回ってきた。ロッテ内の初球、外角149キロを空振りした。本人は「初球を打てなかったことがすべて。技術の差を感じた。仕留めなければいけない」としたが、梨田監督をして「トリプルスリーを狙える」好素材の魅力が、当たれば確実に長打…のファーストスイングにも詰まっていた。嶋は「初球からスタートを切れないし、あんなに振れない」。藤田も「すごいスピード。『やってくれる』と思っていたんです」。経験豊富な同僚を驚かせる“デビュー”になった。
 梨田監督は、会見の大半を田中に割いた。「負けてしまったけど、粘りのあるゲームができた。田中の足。一発でなかなかスタートを切れない。いい仕事。グリーンライトで初球から…。合わせて、行けないものだけど。本塁へはゴロゴー。かわしながら手を出す。オープン戦を見ていても『使える』という感じがあった」。ルーキーが立て続けに躍動する楽天に、また楽しみな選手が加わった。

(以上 日刊)

**********************************************************************************

楽天 連勝3でストップも ルーキー田中の足が収穫
 延長10回の守り。1死二、三塁で次打者は勝負強いベテラン福浦だったため、満塁策を取らずに根元との勝負を選んだ。結果は楽天の5番手・森原がフルカウントからフォークを右前に打ち返されてサヨナラ負け。22試合目の登板だったルーキー右腕は「コントロールミスです」と悔しがった。
 連勝は3でストップしたが、収穫もあった。1点を追う9回1死一塁で、代走の田中が初球に二盗。涌井の暴投で三塁に進むと、藤田の一ゴロで生還した。16日に1軍昇格したばかりの新人が50メートル5秒89の俊足を存分に発揮。梨田監督も「負けたけど粘りのあるゲームだった。田中はいい仕事をしてくれた」と目を細めた。

(以上 スポニチ)

**********************************************************************************

楽天、D3・田中のプロ初盗塁で粘る「ああいう場面で使ってもらうためにいる」
 楽天は延長の末にサヨナラ負けしたものの2-3の九回、ドラフト3位新人の田中の好走塁で同点に追い付く粘りを見せた。
 一死一塁から代走で出場し、次打者の初球にプロ初盗塁。暴投で三塁に進むと、藤田の一ゴロの際に巧みに滑り込んでタッチを避けて生還し「ああいう場面で使ってもらうためにいる。初球で走ると決めていた」と胸を張った。梨田監督は連勝ストップにも「粘りのあるゲームができた」と納得していた。

釜田(ボークでの失点を含む6回3失点)
「試合をつくることができなくて、野手の皆さんに申し訳ないです」

森原(延長十回にサヨナラ打を浴び)
「コントロールミスです。ボール1個、2個分、甘く入ってしまった」

(サンスポ)

**********************************************************************************

【楽天】サヨナラ負け…12球団で最も遅い35試合目で10敗
 楽天が粘りを見せたが、サヨナラ負けを喫した。同点の延長10回に1死二、三塁から5番手・森原が根元にフルカウントからライト前へサヨナラ打を浴びた。一塁が空いていたため、敬遠して満塁策をとる選択肢もあったが、勝負を選んだ。梨田監督は「思い切って腕を振って、(一塁に)空きがあるところで勝負した方がいいと思った」と振り返った。
 40試合目でようやく10勝目となったロッテとは対照的に、楽天は12球団で最も遅い35試合目での10敗目。1点を追う9回にはドラフト3位・田中和基外野手(22)=立大=のプロ初盗塁など好走塁で同点に追いつき、指揮官も「最後は負けたけど、粘りのあるゲームが出来た」とナインをたたえていた。


【楽天】ドラ4菅原が自己最速155キロ「スピードよりも真っすぐの質がよかった」
 楽天のドラフト4位・菅原秀投手(23)=大体大=が自己最速を2キロ上回る、155キロを計測した。
 2点ビハインドの7回に2番手で登板。吉田に対しての初球でいきなり152キロの速球を投げ込むと、続く三木に対しては2球連続で自己最速となる154キロをマーク。さらに2死から伊志嶺をスライダー2球で簡単に追い込むと、外角低めへ決まって見逃し三振を奪った直球は155キロを計測した。
 1イニングを3者凡退で抑えた右腕は「すごく力んで投げたわけではないけど、スピードが出た。スピードよりも真っすぐの質がよかった。腕を思いっきり振ることだけを考えた。155キロでればいい投球というわけではないので、次の登板が大事になる」と気を引き締め直していた。


【楽天】ドラ3田中がプロ初盗塁「勝ちにはつながらなかったけど、いい走塁ができた」
 楽天のドラフト3位・田中和基外野手(22)=立大=がプロ初盗塁を決めるなど、存在感を示した。
 1点を追う9回1死で左前安打を打った島内の代走で登場。すると続く岡島の打席ですかさず初球から二盗。「ずっとベンチでタイミングは取っていた。初球からいくと決めていた」と、ロッテ捕手・吉田の送球もほぼ完璧だったが、50メートル5秒9の俊足が上回って、プロ初盗塁を記録した。
 さらに相手バッテリーの暴投を見逃さず三進。1死一、三塁の場面で、藤田がファーストへのゴロを打つと迷いはなかった。際どいタイミングだったが、ホームへ突入。キャッチャーのタッチをかいくぐるようにして左手1本で同点となる本塁を触った。好走塁で同点に追いつき「走り出したときはタイミングはやばいかなと思ったけど、うまくよけることができた。勝ちにはつながらなかったけど、いい走塁ができた」とうなずいた。
 延長10回でまわってきたプロ初打席は同点の2死一、二塁。勝ち越しのチャンスだったが一ゴロに倒れ「初球の真っすぐを打てなかったのが全て。あれを仕留められなかったが、試合に出ている人との差。もっと練習しないといけないと思った」と反省も忘れなかった。
 終盤の緊迫する場面で好走塁を見せたルーキーに対し梨田監督は「初球でスタートはなかなか出来ない。いい仕事をしてくれた。立派なものです」とたたえていた。

(以上 報知)

**********************************************************************************

楽天ドラ3田中プロ初盗塁 九回同点呼んだ
 敗戦の中にも光を見いだせた。梨田監督は「よく粘った」と土壇場の九回に同点に追いついた執念を称賛。同点劇を呼んだのは、16日に1軍初昇格したばかりのドラフト3位・田中(立大)だった。
 九回1死。島内が左前打で出塁すると、ベンチはルーキーを代走に送った。「涌井さんは初回から投げていたので、ずっとタイミングを計っていた」。50メートル5秒8の韋駄天(いだてん)は、次打者・岡島の初球にプロ初盗塁。暴投で三進すると、藤田の一ゴロでスタートを切り、きわどいタイミングをくぐり抜けて同点のホームに滑り込んだ。
 連勝が3で止まるサヨナラ負けの直後だったが、梨田監督は田中のことを尋ねられると「なかなか初球から行けない。立派なもんです」と頬を緩めた。敗れても歩みは止めない。頼もしい新人の出現が、さらなる快進撃を予感させた。

(デイリー)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2017-149≪コラム記事≫ | トップ | 拾い読み★2017-141 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL