ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2016-293

2016年10月19日 07時02分06秒 | 千葉ロッテマリーンズ2016

ロッテ田村 感激!バッテリー賞初受賞「目標にしていた」
ロッテ・田村は初の受賞に「いや~本当ですか!めちゃくちゃうれしいです」と素直に感激した。
 捕手としてリーグ最多の130試合に出場。プロ4年目でリーグを代表する捕手に成長したが「石川さんが自分の要求以上のボールを投げてくれた」とおごりはない。昨季は最多勝の涌井との受賞を僅差で逃しただけに「キャッチャーとして目標にしていた賞の一つ。本当に石川さんに感謝しています」と声を弾ませた。

ロッテ石川 バッテリー賞と侍選出のW絶景「田村のおかげ」
 ロッテの石川は喜びも2倍となった。侍ジャパンへの初選出だけでなく、飛び込んできたバッテリー賞の初受賞の一報。
 バッテリー賞は投手の力だけでは獲れないだけに、3年目の右腕は「本当ですか。うれしいです。田村がうまく引っ張ってくれ、田村のミットめがけて投げた結果です。田村のおかげ」と若き女房役を持ち上げた。
 今季23試合の先発中、19試合で田村とコンビを組んだ。14勝のうち12勝が22歳の捕手がリードによるもの。「本当に感謝の気持ちしかありません。来年も獲れるように2人でレベルアップしたい」と喜びを表した。
 登板中にマウンドの上に落ちたセミに動揺したり、リーグ最多タイの15勝目を狙える登板を回避するなど「弱気」なキャラクターも定着したが、鋭いシンカーを武器に防御率リーグ1位の実績。侍ジャパンでも先発の一角を期待される。ロッテから唯一の選出に「心細さと不安な思い、日の丸を背負うプレッシャーが重なり、気持ち的には大変」とコメントはいかにも石川らしいが、バッテリー賞受賞投手としての活躍を見せてくれるはずだ。 (君島 圭介)

 ▽最優秀バッテリー賞 投手だけでなく、捕手にもスポットを当てて球界最高の「バッテリー」を表彰するもの。第1回は91年で、今年で26回目。1年間を通じて活躍したことを最低条件に、投手は先発なら10勝、救援は30セーブ、または30ホールドを目安とする。捕手はインサイドワークや盗塁阻止率、捕逸の少なさなどを基準に選考される。張本勲氏と有藤通世氏は第1回から選考委員を務める。

【選考過程】ロッテ田村に称賛続々 大谷―大野を僅差上回る
 パはロッテの石川―田村と、CSファイナルSで史上最速の165キロをマークした日本ハムの大谷―大野で票が割れ、白熱の議論が展開された。
 「球界を盛り上げた。非常にインパクトがあった」(中畑氏)と大谷を推す声がある一方で、規定投球回未満の点などがマイナス要因に。その中で「捕手も考えればロッテ。久しぶりに新しい名前が出てきた」と牛島氏。入団4年目で両リーグ捕手で最多の130試合に出場し、攻守で存在感を示した田村が高い評価を集めた。張本氏も「非常に頑張った。あっぱれ!」と奮闘ぶりに賛辞。「3完封が光っている」(槙原氏)という最優秀防御率の石川とのバッテリーが6票、大谷―大野が4票という僅差ながら、初受賞となった。
 セは広島勢の争い。前広島監督の野村氏が「彼の頑張りがなければ優勝はなかった」と、守護神・中崎―石原のコンビに票を投じた。他の選考委員もその活躍を十分に認めつつ「野村は一人で貯金13。この点を高く評価したい」と有藤氏。ジョンソンの名前も挙がったが、田淵氏も「8連勝、さらに優勝争いが佳境の9月に4連勝。柱になった」とし、野村とベテラン・石原のバッテリーが8票を集めた。

 ◇選考委員◇
張本  勲(元ロッテ)
有藤 通世(元ロッテ監督)
田淵 幸一(元ダイエー監督)
東尾  修(元西武監督)
中畑  清(前DeNA監督)
牛島 和彦(元横浜監督)
吉村 禎章(元巨人コーチ)
槙原 寛己(前巨人)
野村謙二郎(前広島監督)
石井 一久(元西武)
 ※敬称略 

プロ野球バッテリー賞 パはロッテ・石川―田村 セは広島・野村―石原
 スポーツニッポン新聞社が制定する「2016年度プロ野球最優秀バッテリー賞」の選考委員会が18日、東京都江東区のスポーツニッポン新聞東京本社で行われ、パ・リーグはロッテ・石川歩投手(28)―田村龍弘捕手(22)、セ・リーグは広島・野村祐輔投手(27)―石原慶幸捕手(37)に決まった。ロッテのバッテリーと広島・野村は初受賞。石原は前田健(現ドジャース)とのコンビで選ばれた13年以来、3度目の受賞となった。
 選考委では、パ・リーグはリーグ優勝した日本ハムの大谷翔平投手(22)―大野奨太捕手(29)も候補に挙がったが、正捕手として大きな成長を見せた田村が高い評価を集め、最優秀防御率賞の石川とのコンビに決定。セ・リーグは前広島監督の野村謙二郎氏が「彼の頑張りがなければ、チームの優勝はなかった」と守護神・中崎翔太投手(24)に票を投じた。最終的には16勝で最多勝のタイトルを獲得し、わずか3敗で1人で貯金13を稼いだ野村が選ばれた。
(以上 スポニチ)

バッテリー賞に広島野村と石原、ロッテ石川と田村
 プロ野球最優秀バッテリー賞の選考委員会は18日、今季最も活躍したバッテリーとして、セ・リーグから広島の野村と石原、パ・リーグからロッテの石川と田村を選んだと発表した。
(日刊)
日本球界至宝大谷くん・大野くんバッテリーを抑えて、
この賞が獲れたのは、選考委員の皆さんが高く評価してくださったように
間違いなく田村くんの成長が大きかったと思います(*^∇゜)d
(吉田くん頑張れよぉぉぉぉ~~(TTTДTTT))
石川くんと田村くん、本当におめでとうございますっっo(≧∇≦)o
田村くんがバッテリー賞を獲る時は、投手は涌井くんと…って想像してたから、
この組み合わせでの受賞はちょっと新鮮でした♪


***********************************************************************************

ロッテ 石川 侍初選出「心細さと不安、プレッシャー、とても大変です」
 ロッテの3年目右腕、石川が11月の強化試合に臨む侍ジャパンに初選出された。今季は先発の柱として14勝を挙げ、2・16で防御率リーグ1位にも輝いた。
 球団史上31年ぶりとなる2年連続Aクラス入りにも貢献し、球界を代表する右腕に成長したが、チーム内から唯一の選出とあって「マリーンズからは自分一人ということで心細さと不安な思い、さらに日の丸を背負うプレッシャーなどが折り重なり、気持ち的にはとても大変です」と球団を通してコメント。登板中にマウンドに落ちたセミを怖がったりと、弱気なキャラクターがすっかり定着しているが、鋭いシンカーは侍ジャパンの強力な武器になるのは間違いない。
 社会人の東京ガス時代に出場した東アジア競技大会ではストッパーとして日本代表を優勝に導いている。実績も十分。「日本代表はそのとき以来ですが、自分自身も成長できた。今回もどんな形でもいいので、少しでもチームに貢献できるように精一頑張りたい」と、最後はしっかりと前向きに締めた。
(スポニチ)

ロッテの石川が侍ジャパン初選出!「気持ち的にはとても大変ですが、役割を全うしたい」
 野球の日本代表(侍ジャパン)が11月に東京ドームで行うメキシコ代表、オランダ代表との強化試合のメンバーが18日に発表され、ロッテからは唯一、“絶景エース”の石川歩投手(28)が代表初選出された。
 石川は球団を通じ、「すごいメンバーの一員に選んでいただき、光栄に思います。ロッテからは自分1人で、心細さと不安な思い、さらに日の丸を背負うプレッシャーなどが折り重なり、気持ち的にはとても大変ですが、その中で与えられた役割をしっかりと全うしたいと思っています」などとコメントした。

ロッテ・石川、侍ジャパン初選出に不安「気持ち的にはとても大変」
 ロッテの石川が初めて選出された。今季は防御率2・16でパ・リーグの最優秀防御率のタイトルを獲得し、リーグ2位の14勝とチームの屋台骨を支えた。「すごいメンバーの一員に選んでいただき、光栄に思います」と喜んだ。
 チームからはただ一人の代表入りとあって「心細さと不安な思い、さらに日の丸を背負う重圧などが折り重なり、気持ち的にはとても大変」と率直な心境を口にした。その上で「どんな形でもいいので、少しでもチームに貢献できるように精いっぱい頑張りたい」と抱負を語った。
(以上 サンスポ)

石川、ロッテからただ1人の侍「役割全うを」
 ロッテ石川歩投手(28)が18日、メキシコ、オランダと行う侍ジャパン強化試合(11月10~13日、東京ドーム)の日本代表メンバーに選ばれた。
 球団を通じ、次の通りコメントした。
 「すごいメンバーの一員に選んでいただき、光栄に思います。本当にありがとうございます。マリーンズからは自分1人ということで心細さと不安な思い、さらに日の丸を背負うプレッシャーなどが折り重なり、気持ち的にはとても大変ですが、その中で与えられた役割をしっかりと全うしたいと思っています。日本代表は社会人3年目の東アジア競技大会以来です。その際は抑えをさせていただき、優勝をすることが出来ましたし、自分自身も成長をすることが出来ました。今回もどんな形でもいいので、少しでもチームに貢献できるように精いっぱい、頑張りたいと思います」。
(日刊)

【侍ジャパン】ロッテからは石川1人が選出 社会人以来、プロ入り初代表に「心細さと不安で大変」
 ロッテの石川歩投手(28)が18日、強化試合(11月10、11日メキシコ戦、12、13日オランダ戦)を行う野球日本代表「侍ジャパン」に選出された。
 今季23試合に登板し14勝5敗を上げた石川は、防御率2・16でタイトルを獲得。プロ入り後、初の代表初選出となった。
 石川は「すごいメンバーの一員に選んでいただき、光栄に思います。本当にありがとうございます。マリーンズからは自分一人ということで心細さと不安な思い、さらに日の丸を背負うプレッシャーなどが折り重なり、気持ち的にはとても大変ですが、その中で与えられた役割をしっかりと全うしたいと思っています。日本代表は社会人3年目の東アジア競技大会以来です。その際は抑えをさせていただき、優勝をすることが出来ましたし、自分自身も成長をすることが出来ました。今回もどんな形でもいいので、少しでもチームに貢献できるように精一杯、頑張りたいと思います」と球団を通じてコメントした。
(報知)
シーズン中でも登板前に吐きそうな人が、
代表になんて選ばれて…しかもチームメイトはいない…鴎ただひとり。。。
石川くん、大丈夫かいなっっ(×ω×;A)


***********************************************************************************

【ロッテ】創価大・田中のくじ、山室球団社長が引く「汚れ役はフロント。私が引きます」
 ロッテ・山室球団社長が、ドラフト会議でくじ引きの“汚れ役”を自ら請け負った。
 球団はすでに、創価大・田中の1位指名を公言。編成会議のあった17日の時点では、13年に巨人と、15年に楽天との競合を制した伊東監督に大役を要請する予定だったが「今回は多くの球団と競合すると思う。汚れ役はフロント。私が引きます」。社長自らの手で大学NO1右腕を引き当てる覚悟だ。
(報知)

↑↑↑
球団社長が引くのか、監督が引くのか。。。
まずはそれをくじで決めてはいかがですか(^^;A)
↓↓↓


ロッテ、ドラフトは指揮官の“ゴッドハンド”で勝負
 ロッテの逸材獲得の切り札は指揮官の“ゴッドハンド”だ。1位指名を決めている創価大・田中が複数競合となった場合、くじ引き役を伊東監督に託す方針を18日、固めた。
 13年には石川を引き当て、昨年も平沢の交渉権を得た指揮官。球団首脳は「ぜひ、監督に引いてもらいたい」と期待を寄せた。
(デイリー)

***********************************************************************************

ロッテ 秋季キャンプ日程発表 11・1から鴨川市営球場で
2年連続Aクラスになったロッテの秋季キャンプ日程詳細が発表された。11月1日から22日まで、千葉・鴨川市総合運動施設内鴨川市営球場で行う。休日は4日、9日、14日、18日。参加メンバー等は後日発表となる。
(スポニチ 他)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2016-292≪コラム記事≫ | トップ | 拾い読み★2016-294 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL