ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2017-208≪気になる記事≫

2017年07月27日 06時59分46秒 | 千葉ロッテマリーンズ2017

【クルーズさん】
あんなに楽しそうに生き生きとプレーするクルーズさんの表情、
本当に『ヒサシブリ』に見ました。
とても合流初日の馴染み具合じゃないですよねo(^▽^)o
同リーグでの対戦はライバルになるけれど、あの笑顔と華麗なプレーが見られるのは嬉しいです♪


楽天クルーズ、トレード即先発でダメ押し初ヒット
 移籍初日に初安打初適時打だ。26日に巨人から楽天への金銭トレードが発表されたルイス・クルーズ内野手(33)が、同日夜のソフトバンク戦にいきなり「6番・遊撃」でスタメン出場。持ち味の守備では3イニング連続の併殺にすべて絡んだほか、打撃でも8回の第4打席で左前打をマーク。チームにダメ押しの4点目をもたらし、2位ソフトバンクを2・5ゲーム差に突き放した。
 7時間前に入団会見に臨んだばかりの助っ人が、早くもお立ち台のヒーローになっていた。真新しい背番号「67」のユニホームに身を包んだ楽天クルーズは、まだ少したどたどしい日本語で言った。「ヒサシブーリー!」。活躍し、ファンの大歓声を浴びる。久々に味わう、懐かしい喜びだった。
 この日朝、トレード決定を告げられた。巨人では今季、外国人枠の影響もあって1軍出場9試合にとどまっていた。楽天は二塁藤田が腰痛、遊撃茂木が右肘骨挫傷で6月から離脱中。安部井チーム統括本部長が「センターラインを強化したかった」と話すように、ゴールデングラブ賞獲得など二遊間で華麗な守備をこなすクルーズは補強ポイントに合致。推定2億4000万円の年俸を引き継ぐ形で単年契約がまとまった。
 クルーズ 腐らずに一生懸命やっていれば、どこかのチームでチャンスがあると思っていた。昨日から、1日で世界がガラッと変わったように感じている。
 得意の守備でさっそくマウンドの則本を救った。1回と3回は1死一、二塁から流れるような送球で遊→二→一の併殺を完成。2回も二塁カバーで中村晃の盗塁を阻止した。打撃では8回1死一、三塁。バットを折りながらも内角直球を左前に運び、ダメ押しの4点目をもたらした。梨田監督は「いいタイミングで、いい補強をしてもらった。故障者続出を助けてもらった」と感謝。負傷離脱中の大砲ペゲーロの穴も埋めた。
 快打に代走を出されてベンチへ戻ると、笑顔でファンに左手を上げて応えた。打席の登場曲はロッテ、巨人時代から一貫して、マーク・アンソニーの「VIVIR MI VIDA」。歌詞はこうだ。
 「私は笑おう。そして人生を楽しもう。自分の人生を生きるんだ」
 ひたむきに頑張れば、人生は1日で好転する。クルーズは、笑っていた。【鎌田良美】

 ◆ルイス・クルーズ 1984年2月10日生まれ、メキシコ出身。00年にレッドソックス入団。パドレス、パイレーツと渡り、08年にパ軍でメジャーデビュー。ドジャース在籍の12年には78試合で打率2割9分7厘、6本塁打、40打点をマーク。13年7月にヤンキースに移籍したが、同年8月に戦力外。14年来日後は2年間ロッテでプレー。16年からは巨人と2年契約を結んだ。今季2軍で48試合で打率3割5厘、10本塁打、25打点。WBCには06、13、17年にメキシコ代表として出場した。183センチ、95キロ。右投げ右打ち。

 ◆トレード後即出場 直近では05年沖原(阪神→楽天)がトレード後に即出場。6月10日に楽天前田とのトレード成立が発表されると、同日の広島戦に「2番・遊撃」でスタメン。新天地初戦は4打数1安打1四球だった。
(日刊)


楽天クルーズ「1日で人生変わった」巨人から金銭トレード即先発タイムリー
 楽天のユニホームに初めて袖を通したその日。クルーズがお立ち台に上がった。恥ずかしそうに「3・2・1・バーン!」と絶叫。8回1死一、三塁からダメ押しの左前適時打を放った新助っ人は「メキシコから来たクルーズです。チャンピオンになりたくてここに来ました」とあいさつし大歓声を浴びた。
 この日、巨人から金銭トレードでの加入が発表された。イースタン・リーグの楽天―巨人戦(泉)に備え仙台入りしていたこともあり、即日出場選手登録。背番号67のユニホームで「6番・遊撃」で先発出場した。前日にトレードの可能性があることを聞いていたというが、日本語で「ホントウニオナカガスイタ!」と言うほどのドタバタ。「1日で自分の人生が変わった。チャンスをくれて喜んでいます」と笑った。
 自慢の守備でも2併殺を完成。楽天は巨人時代の年俸2億4000万円を引き継ぐことになるが、茂木、藤田、ペゲーロと主力の負傷離脱が続出しているだけに、頼もしい救世主となりそうだ。

 ≪05年楽天・沖原以来≫過去のトレードで「発表」「支配下選手登録」と「試合出場」が同日だった例としては05年の楽天・沖原がある。6月10日に前田との交換トレードで阪神から移籍。午前11時半に飛行機で仙台入りすると入団会見を後にナイターの広島戦に「2番・遊撃」で出場。4打数1安打をマークした。

楽天W助っ人がクルーズ歓迎弾「雰囲気も良い」
 クルーズの加入に友人2人が祝砲を放った。0―1の4回、米国時代に親交があった楽天・ウィーラーが22号同点ソロ。
 「仲の良いクルーズも加わって雰囲気も良い。何とか出塁したいと思って集中していた」と笑顔で話した。2―1の8回1死からは今春のWBCメキシコ代表で同僚だったアマダーが14号ソロ。新助っ人に移籍後初勝利をプレゼントした。
(以上 スポニチ)


楽天・クルーズ、移籍当日にダメ押し打! 巨人から電撃トレードでスタメン出場
 Vの使者だ! パ・リーグ首位の楽天は26日、2位・ソフトバンク14回戦(Koboパーク)に4-1で勝ち、2・5ゲーム差とした。試合前に巨人から金銭トレードで電撃移籍したルイス・クルーズ内野手(33)が「6番・遊撃」で先発出場し、八回一死一、三塁で移籍後初安打となる左前適時打。楽天のユニホームに袖を通した記念日に、お立ち台デビューも果たした。
 Koboパークのボルテージは最高潮だ。1点を追加した八回、なおも一死一、三塁。巨人から金銭トレードで電撃移籍したクルーズが、バットを折りながらも左前に弾き返した。
 「(一塁上で)ベンチを見たらみんなが(勝利のポーズの)『バーン』をやっていた。何が何だか分からなかったけど、あわててまねをしたよ」
 客席は2万7209人のファンで埋まり、球団史上最速で年間100万人を突破した。盛り上がる本拠地で、移籍直後の試合に「6番・遊撃」で先発出場し4打数1安打1打点。守備では2併殺を完成し、八回からは二塁も守る活躍だった。
「一日で人生が変わった!」
 前日25日午後6時、巨人の2軍戦で仙台に滞在中、トレードの可能性を耳にした。眠れずに迎えた午前7時、正式に楽天移籍の連絡を受けて、一気に時計の針が動いた。練習前にユニホームなどのサイズ合わせを済ませ、チームメートへのあいさつをして入団会見。満足に食事をする時間もなかった。試合後はお立ち台デビュー。則本、今江とのヒーローインタビューでは「もう2度と則本と対戦しなくていいのでうれしい」と笑いを誘った。
 ソフトバンクと2・5ゲーム差に広げ、球団記録を更新する貯金31。右肘痛の茂木、腰痛の藤田と故障者続出のチームに現れた救世主が、新風を吹かせる。 (広岡浩二)

七回二死一塁で飛球が中前へ落ち、幸運な勝ち越し打を放った楽天・今江
「落ちたら大先輩の(松井)稼頭央さんが(一塁から)かえってくれると思った」

ルイス・クルーズ(Luis Cruz)
 1984年2月10日生まれ、33歳。メキシコ出身。2000年にレッドソックス入団。08年にパイレーツでメジャーデビュー。ヤンキースなどを経て14年からロッテ。15年にゴールデングラブ賞(二塁手)を受賞。16年に巨人移籍。日本通算成績は350試合で打率.246、43本塁打、175打点(26日現在)。メジャー通算は195試合で打率.234、7本塁打、57打点。06、13、17年WBCメキシコ代表。1メートル83、95キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸2億4000万円。背番号67。

【新加入即適時打一問一答】
楽天・クルーズ「もう二度と則本と対戦しなくていいのでうれしい」

 楽天が首位攻防戦第1Rを制し、4連勝。2位・ソフトバンクとのゲーム差を2・5に広げた。この日に巨人から金銭トレードで加入したばかりのルイス・クルーズ内野手(33)は「6番・遊撃」で先発出場し、八回一死一、三塁から駄目押しとなる左前適時打を放ち、勝利に貢献した。
 以下、お立ち台に上がったクルーズの一問一答。
 ――自己紹介を
 「メキシコから来たルイス・クルーズです。楽天でチャンピオンになりたくてここに来ました」
 ――久々に受ける歓声
 「うれしいです。明日も準備ができてます」
 ――楽天で初安打初打点
 「則本がすごく良いピッチングしてましたし、ウィーラーとアマダー、おまけに今江さんも良いところで打ってましたので、僕もそれに乗って、何とか得点が取れるように集中していました。もう二度と則本と対戦しなくていいので、それがすごくうれしいです(笑)」
 ――守備でも併殺に絡んだ
 「僕ができることの一つは守備だと思ってます。だから一生懸命に。監督がどこで使っても準備はできてます」
 ――今後の活躍の決意を
 「こんなに温かく迎えてくれて、すごく喜んでます。後はチームがこういう状況なので、チャンピオンに向けて100%毎日プレーしていきたいと思います」

楽天・梨田監督、クルーズ獲得は茂木や藤田の離脱で「二遊間が足りないところで球団が動いてくれた」
 楽天は26日、巨人からルイス・クルーズ内野手(33)を金銭トレードで獲得したと発表した。Koboパーク宮城で記者会見を行い「この場にいられてうれしい。チャンピオンになるために、一生懸命やりたい」と意気込んだ。背番号は67。この日、出場選手登録された。
 楽天は茂木や藤田が故障で離脱し、二遊間が手薄になっていた。守備力に定評がある内野手の獲得に、梨田監督は「二遊間が足りないところで球団が動いてくれた。センターラインが大事ということは、みなさんがおっしゃる通り」と話した。
 クルーズは2014年にロッテ入りし、昨季から巨人でプレー。今季は9試合の出場にとどまっていた。
(以上 サンスポ)

【楽天】クルーズ、電撃トレード即スタメンでいきなりお立ち台「ベリーハッピー」
 楽天は26日、巨人のルイス・クルーズ内野手(33)を金銭トレードで獲得した。単年契約で、巨人と結んだ約2億4000万円の年俸を引き継いだ。背番号は「67」。この日の2位・ソフトバンク戦に「6番・遊撃」で即先発出場し、8回に移籍初安打となるダメ押し打を放って4連勝に貢献した。また、先発の則本が8回1失点11奪三振で、リーグ最速の10勝目。入団から5年連続の2ケタ勝利に到達し、通算60勝の節目を飾った。
 ベンチに向かって右手をつき出す不慣れな「バーン」のポーズを笑顔で決めた。クルーズは2点リードの8回1死一、三塁でバットを折りながらダメ押しの左前適時打。移籍初日で初安打初打点を記録し、お立ち台にも立ち「(大歓声は)ヒサシブリネ。ベリーハッピー」とうれしそうだった。
 4年ぶりのリーグ制覇を狙う楽天が、緊急補強を発表したのはこの日午後2時だった。球宴後、1週間でレギュラーの藤田、ペゲーロ、岡島が相次いで故障。右肘を痛めて登録抹消中の茂木は早ければ30日にも昇格する見込みだが、まだ守備に就くメドは立っていない。そこで二遊間の守備力と、パンチ力を併せ持つクルーズに白羽の矢が立った。
 巨人では2年契約の2年目だったクルーズは今季1軍出場は9試合のみ。ファームでは48試合で、3割5厘、10本塁打ながら昇格できず、出場機会に飢えていた。ペゲーロが左太もも裏を痛めて外国人枠が1つ空いたことも重なった。移籍を知ったのは午前7時。1日前はイースタン・楽天戦(泉)に出場予定だったが、「1日で自分の人生が大きく変わった」と振り返った。会見や新旧チームメートへのあいさつなど慌ただしい1日を終え「ホントニ、オナカヘッタ」とぐったりだった。
 チームの外国人で最高年俸のウィーラーは1億円。約半年間の契約とは言え、“大物”が加入したことはチームが4年ぶりのリーグ制覇へ本気で動き出した証拠でもある。「チャンピオンへ向けて毎日100%でプレーしたい」とクルーズ。梨田監督も「すごい助けてもらった」と初日から感謝していた。(安藤 宏太)
(報知)


**********************************************************************************

【大松さん】
ご贔屓鴎は負けたけど、クルーズさんの笑顔を見て癒され、
そして更に更に、ものすごい大逆転劇のエンディングを大松さんが決めてくれるとはっっっ!!!!
もううれしくてなりません!!
本当におめでとぉぉぉ~~(*≧∀≦)ノノ゙


燕、プロ野球史上最大タイ10点差逆転! 代打・大松がサヨナラ弾
 歴史的な大逆転だ!! ヤクルトは26日、中日15回戦(神宮)に延長十回、11-10で大逆転勝利し、9カードぶりの勝ち越しを決めた。六回まで0-10だったが、七回に2点を返すと八回には8安打8得点の猛攻で同点。十回には、代打・大松尚逸外野手(35)が右中間席へサヨナラ2号ソロを放った。10点差の逆転は20年ぶり4度目となるプロ野球タイ記録。セ・リーグでは1951年の松竹以来、66年ぶりで、0-10からは初めてとなった。
 燕党の願いを込めた打球が、右翼席に吸い込まれた。10-10の延長十回一死、代打で登場した大松が、伊藤の147キロの直球を捉え、2号サヨナラ弾。3時間54分のミラクル劇を締めた。
 「当たりは完璧だったので、ライトスタンドの(声援の)後押しで届いてくれたら、と思っていた。たくさんのファンに応援していただいて幸せです」
 お立ち台に上がった大松の興奮ぶりが、まるで高校野球のような大逆転を物語っていた。きっかけは、0-10と劣勢に立たされた六回の攻撃前に組んだ円陣。三木ヘッドコーチが「苦しい状況は間違いないけど、何が起きるか分からない」と呼びかけた。
 諦めなければ奇跡は起こる。開幕から故障者が相次いだ今季は5月下旬から6月上旬にかけて10連敗。7月には47年ぶりの14連敗も喫した。最下位に沈み、優勝はおろか、この日負ければ自力でのクライマックスシリーズ進出が消滅するという惨状だったが、意地は残っていた。
 七回に代打・中村が2ラン。八回にはバレンティンの16号2ランで6点差。さらに3連続適時打などで、2点差に詰め寄り、山田の左前への2点打で同点。八回は打者14人で8安打8得点の猛攻だった。
 「みんなの気持ちが、いい形でつなげてくれました」と、プロ最多タイのシーズン2本目の代打サヨナラ弾で救った大松。10点差の逆転はプロ野球タイ記録で、セ・リーグでは66年ぶり。0-10からは初となる快挙を見事に演出した。
 昨季、右アキレス腱(けん)を断裂してロッテを戦力外となり、テスト入団。古巣で面倒を見てくれた福浦とは今でも頻繁に連絡を取り「代打で勝負という同じ境遇。心を安定させてくれます」。ヤクルトに入団後も「あの打ち方はよかった」などと、チェックしてくれている。
 前日25日には、故郷・石川に住む父・三郎さん(66)から「打席内の顔に自信がなさすぎる」と苦言を呈された。「昨年から考えれば野球をできていることが幸せ。この幸せをかみしめているよ」と返信。この日は、力をみなぎらせて左打席に立った。
 「もちろん(大松に)期待はしていたけど、難しいと思っていた。代打の切り札としてすばらしい本塁打。今年は悪い記録を更新してばかりだけど、良い記録が出て良かった」
 2試合連続のサヨナラ勝ちに、真中監督も声を弾ませた。不振のチームをよそに、神宮の観客動員数は増加している。今月はまだ3勝。最後まで諦めず、応援してくれるファンに1つでも多くの勝利を見せることが、恩返しになる。 (赤尾裕希)

★主軸も活躍
 8点を奪って同点に追いついた八回は、主軸も活躍した。バレンティンは無死一塁から左越えの16号2ラン。今季初の2戦連発を「打った瞬間にいったと思った。絶好調!! 大歓声に鳥肌が立ったよ」と笑顔で振り返った。左前に同点の2点打を放った山田は「大逆転勝利? すごい! 自分の実力ではありません。チームの勢い、流れに乗りました」と感謝した。

八回に中前適時打のヤクルト・坂口 
「つないでくれた人たちの流れに乗って打てた」

八回に2安打し、大逆転に貢献したヤクルト・山崎
「自分の守備のミス(四回に悪送球)で試合をつぶしてしまったので、打席で何とか取り戻そうと必死でした」

データBOX
 〔1〕ヤクルトがスコア0-10から逆転勝利。10点差からの逆転勝ちはプロ野球タイ記録で、1949年10月2日の大陽(対大映、0-10→11-10)、51年5月19日の松竹(対大洋、2-12→13-12)、97年8月24日の近鉄(対ロッテ、0-10→11-10)に次いで20年ぶり4度目。セでは51年の松竹以来66年ぶり2度目。ヤクルトでは99年4月28日の巨人戦での8点差(1-9→10-9)を上回る最大の逆転劇となった。
 〔2〕MLBでの最大逆転勝利は12点差(過去3度)。近年では2001年8月5日にインディアンスがマリナーズ戦で記録(0-12→15-14)。
 〔3〕大松の代打サヨナラ本塁打は5月9日の広島戦に次いで今季2本目。シーズン2本の代打サヨナラ弾は最多タイで、56年の巨人・樋笠一夫、68年のサンケイ・豊田泰光、77年のヤクルト・若松勉に次いで40年ぶり4人目で、ヤクルトでは3人目。チームで代打サヨナラ弾をシーズン3本(大松2、鵜久森)放ったのは56年の巨人(樋笠2、加倉井実)に次いで61年ぶり2度目。
(サンスポ)


ヤクルト セ66年ぶり10点差逆転勝利 大松今季2度目代打サヨナラ弾
 ヤクルトは26日、中日戦で球史に残る大逆転劇を演じた。6回終了時点で0―10の劣勢を追いつき、延長10回に代打・大松尚逸内野手(35)が右中間へサヨナラ2号ソロを放った。10点差の逆転勝利は史上4度目のプロ野球タイ記録で、セでは66年ぶり。大松も史上4人目のシーズン2本目の代打サヨナラ本塁打と、記録的1勝となった。
 球場全体が異様な期待感に包まれる中、代打・大松の打球が右中間席に吸い込まれた。延長10回1死。中日・伊藤の初球、147キロ直球を完璧に捉えた打球が、終盤から降り始めた雨粒を切り裂き、歴史的大逆転のフィナーレとなった。
 「とにかく塁に出ることが大事だった。後ろには(山田)哲人もいるし。今日の雰囲気だと、何かしら起きると思っていた」
 5回で0―10となった。だが、6回の攻撃前。三木ヘッドコーチが選手を集めて円陣で「何が起きるか分からない。諦めず、1点を取っていこう」と確認した。7回に代打・中村が左越え2ラン。8点差の8回にはバレンティンの今季初の2試合連発となる2ランから打者14人の猛攻で追いつき、高校野球に負けないドラマを生んだ。
 代打の切り札で起用されながら、最近17打席は無安打。昨季までチームメートだったロッテ・福浦に代打の心得を聞き「心の支えになっている」。父・三郎さん(66)からも前日に「打席での顔が暗いぞ」と指摘を受けたが「去年のこの時期に比べたら野球ができているだけで幸せ」と前を向き続けた。
 21日の阪神戦まで続いた今季ワーストの14連敗中。三木ヘッドコーチから「若い子に助言をしたり、できることがあればしてほしい」と求められた大松は20日、休日返上で汗を流した。「何かを感じてもらえたら」。そんな姿勢に、ロッカーが隣の西浦は神宮での試合後、ベンチ裏ミラールームでの素振りが日課となった。5月9日の広島戦に続くシーズン2度目の代打サヨナラ弾は史上4人目。歴史的一発は、プロ野球史上最大タイ、セでは66年ぶりの10点差逆転勝ちに結実した。
 真中監督は「意地を感じた。今年は悪い記録を更新してばかりだった。いい記録もできて良かった」と笑った。2試合連続のサヨナラ勝ちで今月初の連勝。そして負ければ自力CS消滅の一戦で、最後まで諦めない姿勢を全員が感じた。 (川手 達矢)

 ≪本塁打決着は初≫ヤクルトが10点差を逆転しサヨナラ勝利。最大10点差からの逆転勝ちは4度目だが、本塁打での決着は初めてだ。また、ヤクルトの最大得点差逆転勝利は99年4月28日巨人戦の8点差(1―9→10―9)だった。

 ≪最多タイ記録≫大松が2本目の代打サヨナラ弾。シーズン2本の代打サヨナラ本塁打はプロ野球4人目の最多タイ記録。チームでは鵜久森も4月2日DeNA戦で代打満塁サヨナラ弾。同一球団で年間3本の代打サヨナラ本塁打も、56年巨人(樋笠2本、加倉井1本)以来61年ぶり2度目のプロ野球最多タイとなった。

 ≪大リーグでは12点差≫大リーグでは12点差が最大逆転勝ち。過去3度あり、最近では01年8月5日にインディアンスが、佐々木、イチロー所属のマリナーズに3回終了時点で0―12と大量リードを許したが、9回に佐々木を攻略して14―14の同点。延長11回の末、15―14でサヨナラ勝ちした。
(スポニチ)


ヤクルト0-10から史上最大の逆転「選手の意地」
歴史的な大逆転勝利だ。ヤクルトが中日戦でプロ野球タイ記録となる10点差をはねのけ、勝利した。7回表終了時に0-10で敗戦ムード濃厚だったが、7回に2点を返し、8回には打者一巡の猛攻で8点を挙げて同点。最後は延長10回に大松尚逸内野手(35)が右中間席へサヨナラソロを突き刺した。セ・リーグでは1951年以来66年ぶりの逆転劇。チーム一丸となって6月30日以来約1カ月ぶりの連勝をもぎ取り、自力CS消滅も防いだ。
 勝利を信じた思いが打球に乗った。10回1死走者なし。代打大松は中日伊藤の初球、147キロ直球を完璧にとらえた。「ライトスタンドのファンのみなさんの声援で伸びてくれと思っていました」。白球は小雨を切り裂き、高々と上がる。そのままヤクルトファンが総立ちで待つ右中間席へ突き刺さった。10点差をはねのける大逆転劇。「みんなの気持ちが最後にいい形でつながって良かった」と渡されたバトンを一振りで勝利に結びつけた。
 プロの意地が奇跡を引き起こした。5回終了時で0-10。敗戦ムードが色濃く漂った。だが、神宮は2万8654人の満員。多くのファンが見守る中、一方的に負けられないと三木ヘッドコーチが6回裏が始まる前に円陣を組んだ。「苦しい状況なのは間違いない。でも1点、1点を返していこう。ウチらしい戦いをしよう」。奮起させる言葉が打線に火をつけた。
 7回に中村が2ランを放ち、2-10。8回、3番バレンティンが無死一塁から2ランを放ち、6点差とすると止まらなかった。1死満塁から上田の犠飛で5点差。2死一、二塁から中村、坂口、山崎と3者連続の適時打で2点差に迫ると、続くバレンティンが四球で2死満塁。4番山田が左前へ2点適時打を放って、試合を振り出しに戻した。真中監督は「三木が円陣を組んでこのままじゃ終われないと。選手の意地を感じました」と勢いをほめた。
 試合を決めたのはベテラン大松だった。ベンチでは誰よりも声を出し、試合後には素振りを黙々と繰り返した。荒木ら若手も練習を続ける大松を見て、自発的に「大松塾」に参加。声でも背中でもチームをけん引していた。この日も「真っすぐが多くなっていた。攻め方を頭に入れて打席に入った」と準備は万全。本塁打は必然の結果だった。
 若手がつなぎ、最後はベテランが決める。66年ぶりの大逆転劇に真中監督は「まさか追いついて、ひっくり返すとは。今年は悪い記録の更新ばっかりだったんで、いい記録が出て良かった」と笑った。勝利をもぎとったきっかけは応援し続けるファンの声援。借金26、最下位に沈むチームの浮上を願う声が燕を浮上させる。【島根純】

 ▼ヤクルトがスコア0-10から大逆転勝ち。10点差逆転勝ちは近鉄が97年8月24日ロッテ戦で記録して以来、20年ぶり4度目のプロ野球タイ記録。セ・リーグでは51年5月19日大洋戦の松竹以来、66年ぶり2度目となった。
(日刊)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2017-207≪コラム記事2≫ | トップ | 拾い読み★2017-208 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL