ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2017-194≪コラム記事≫

2017年07月13日 20時45分36秒 | 千葉ロッテマリーンズ2017

まるで別人!? ラストチャンスをモノにしたパラデス

どん底の前半戦が終了
 プロ野球はセ・パ両リーグともオールスター前最後の試合を終え、いわゆる“前半戦”の全日程を消化した。
 昨季パ・リーグ3位のロッテは今季4度目の4連敗で前半戦を締めくくり、順位は最下位。それも借金は30と、これ以上ないほどの苦しい戦いを強いられた。
 特に誤算だったのが新助っ人の補強だ。主砲のアルフレド・デスパイネが退団となり、ソフトバンクへと移籍。チームは代役としてマット・ダフィーとジミー・パラデスの2名を補強するも、前半戦は日本の野球に馴染むことが出来ず、一軍定着すらままならない。
 5月の下旬にキューバ代表のロエル・サントス、6月には日本でもお馴染みのウィリー・モー・ペーニャを緊急補強するが、この策も特効薬とはならず。なかなかチーム状態が上がってこないまま、前半戦を終えた格好だ。
 しかし、最後の最後になってこの“助っ人問題”に光明が差し込んできた。ここに来てようやくパラデスに目覚めの気配が漂ってきているのだ。


「ラストチャンス」からの覚醒
 7月8日のオリックス戦。6回一死二塁のチャンスで打席に入ったパラデスは、相手先発・松葉貴大の外角低めのチェンジアップに食らいつく。
 これまでであれば空振りでもおかしくなかったボールだったが、長い腕をいっぱいに伸ばしてバットの先で拾った打球はレフトの前に落ち、一時勝ち越しとなる適時打。前日の起死回生の同点本塁打に続き、貴重な一打でチームを勝利に導いた。
 長らく1割台だった打率も、6月30日・日本ハム戦からの10試合連続安打で.251まで上昇。6月17日のDeNA戦から始まった連続出塁も16試合まで伸ばし、良い形で前半戦を締めくくった。

 男にとってのターニングポイントだったのが、6月8日の中日戦だ。前日までの成績は打率.158、本塁打2、打点は4という散々なもの。伊東勤監督いわく、この日が「ラストチャンス」だったという。
 しかし、久々のスタメン出場となったこの試合で適時打を含む2安打をマーク。崖っぷちのところで一軍残留を掴むと、そこから前半戦終了までの24試合で打率.352(88-31)、5本塁打で14打点の大暴れ。もはや別人のように打ちまくった。

【パラデス・月別打撃成績】
3月:1試 率.250(4-1) 本0 点0 三振0
4月:15試 率.120(54-7)本0 点1 三振23
5月:13試 率.206(34-7)本2 点3 三振15
6月:21試 率.302(63-19)本3 点7 三振16
7月:9試 率.406(32-13)本2 点7 三振10

 この月別成績からも、パラデスの“突然変異”ぶりが見て取れる。要因は様々あれど、途中加入したペーニャの存在というのは特に大きいだろう。同じドミニカ共和国の出身であることに加え、日本野球を経験している先輩からの助言は効果テキメン。調子はあからさまに上向きだ。


めざせレアード!?
 国が違えば、当然野球のスタイルも異なる。来日していきなり力を見せつける外国人選手も中にはいるが、たとえメジャー経験者といえども適応までに時間がかかってしまうのは珍しいことではない。
 例えば、ブランドン・レアード(日本ハム)も当初はなかなか結果が出なかったタイプ。レアードの来日1年目を振り返ってみよう。

【レアード・2015年成績】
☆シーズン:143試 率.231(498-115) 本34 点97 三振129
 ・3~6月 :72試 率.183(246-45) 本12 点33 三振67
 ・7~10月:71試 率.278(252-70) 本22 点64 三振62

 レアードの場合、本塁打が出ていたこともあって起用していたのだろうが、3~6月の打率.183は今季のパラデスが記録した打率.219をも下回る。しかし、それでも辛抱強く使い続けた結果、7月以降はまさに大爆発。昨季は本塁打王に輝くまでに日本野球に適応し、いまや全国区の人気者である。

 パラデスもここまで時間はかかったものの、ファーム落ちや代打起用を経験していたことを考えれば、結果が出ない間も含めて全試合でスタメン起用された1年目のレアードより早く日本野球に適応しつつあると言っても過言ではない。

 長距離砲のレアードとは打者としてのタイプは異なるが、レアードのようにキッカケひとつで火が点く可能性というのは大いにあるだろう。パラデスの今後の活躍に大いに期待したい。


文=清家茂樹(せいけ・しげき)

(ベースボールキング)

**********************************************************************************

前半戦で残り50本以内に3人、今季2000安打達成が期待される選手は?

阪神鳥谷が前半戦最終戦でM50、G阿部&鷹内川も残り50本切る

 前半戦が終了したプロ野球は14日からオールスターゲームが行われる。ここまでセ・リーグでは広島がV2へ首位を独走。一方、パ・リーグは首位・楽天が2013年以来4年ぶりの優勝に向けて、ソフトバンクと1.5ゲーム差で競り合っている。

 そんな中、個人記録に目を向けると2000安打の大台に近づく選手が複数いる。巨人の阿部慎之助、ソフトバンクの内川聖一、阪神の鳥谷敬、ロッテの福浦和也の4選手だ。特に阿部、内川、鳥谷は2000安打まで残り50本以内となった。

 阿部は前半戦で82試合中70試合に出場し、打率.249で59安打を放った。一時は負傷で登録を抹消されたが、7月に復帰。ここまでプロ通算1976安打を積み重ねており、残り24本まで迫っている。

 4番としてソフトバンクを牽引する内川は前半戦で63試合に出場し、打率3割をキープ(.307)。70安打を放っており、通算1966安打とした。大台まで34本。交流戦中に負った頚椎捻挫の影響で欠場もあり、7月は月間打率1割台と失速したが、ここ5年連続で150安打以上を放っていることを考えても、達成は時間の問題だろう。


前半戦ではベテラン荒木が金字塔達成

 鳥谷も前半戦79試合で打率3割に迫る.298の成績を残しており、78本の安打を放った。前半戦最終戦の中日戦で1安打を放ち、2000安打までちょうど残り50本の1950安打。7月の月間打率は.273とそれまでの月と比べると低下しているが、6四球を選ぶなど月間出塁率は.400をマークしている。打率236に終わった昨季から復調を見せており、後半戦でどこまでヒットを伸ばせるかが注目される。

 一方、福浦は前半戦81試合中33試合の出場で、うち先発は19試合。打率.211で安打数も15本にとどまった。現在、1947安打で2000本まで53本。代打中心の起用の中でどこまで安打数を積み重ねることができるか。

 前半戦では中日の荒木雅博が史上48人目の大台に到達。39歳のベテランは6月3日の楽天戦の第2打席で美馬から右前安打を放ったのがプロ通算2000安打目だった。後半戦ではどの選手が金字塔を達成するか、目が離せない。

(Full-Count編集部)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2017-194 | トップ | 拾い読み★2017-195 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL