ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2010-143

2010年05月23日 05時35分13秒 | 千葉ロッテマリーンズ2010
 

ロッテ、今季両リーグ最多20点!
全国の野球ファンの皆さま、これを本当の「強力打線」というのです。ロッテは22日、ヤクルト2回戦(千葉マリン)に20-4で快勝。今季両リーグ最多の22安打20得点と打ちまくり…先発全員安打&得点を記録して…西岡剛内野手(25)は6打席すべてで出塁するなど5打数5安打に球団タイ記録となる1試合5得点。チーム打率は何と・296。ほとんど3割ですよ、3割!! でも、負けたヤクルトは…。
巨人ファンは得点時にオレンジ色のタオルをグルグルと回すが、ロッテファンは得点時に目がクルクルと回ったに違いない。
選手が20度も本塁に生還すれば、無理もない。やめられない、止まらないのカッパえびせん状態。今季両リーグ最多の22安打に20得点。さらに先発全員安打、全員得点の猛攻だった。
1番の西岡が6号2ランを含む5安打(6出塁)で、1983年の落合博満(現中日監督)以来3人目となる球団記録の1試合5得点をマーク。ここに、今季のロッテの強さの秘密がある。
「得点はぼくだけの力じゃない。後ろがしっかり打ってかえしてくれたから、5得点という数字にたどり着けたと思う」
チーム打率は12球団トップの・296。交流戦に限れば・315。強力打線はオレンジタオルのチームではない。どうしてこんなに打つんだ、ロッテ-。
春季キャンプから徹底してきたことが実を結んでいる。「ボール球には手を出すな」。今季から就任した金森打撃コーチの口癖だ。ボールを見極めるため、ギリギリまで引きつけて打つ。こんなエピソードがある。同コーチが悪球を本塁打した選手に「次からは打たないでくれ」と言ったというのだ。
四球「197」は2位の中日(167)以下を大きく引き離して12球団トップ。ボール球を見極める力が、強力打線の源になっている。
記録的な爆勝で貯金は今季最多の「12」。首位・西武とのゲーム差は0・5。獅子をピタリと追走する。

西岡、初回から4イニング連続安打…ロッテ今季最多20得点
幕張に降り注いだ初夏の日差しを切り裂くように、次々と鋭い打球が飛び交った。ロッテは3回までに14安打で13点の猛攻。連日の先制攻撃で早々と試合を決めても、攻撃の手を緩めない。4本塁打を含む先発全員の22安打は今季両リーグ最多タイで、先発全員の20得点は今季12球団最多だ。4度目の4連勝で貯金を今季最多の12に伸ばした。
口火を切ったのは西岡だ。相手の先発は新人左腕・中沢。「どういうピッチャーか知らないけど、初回につぶせば流れがこっちに来ると思った」。狙っていた初球の直球を強振し、三塁線突破の二塁打。先制のホームを踏むと、2、3回に回ってきた打席でも連続安打。試合開始1時間足らずで、今季9度目の猛打賞を記録した。
勢いは止まらない。4回の第4打席でも二塁前へのボテボテの当たりを、快足を飛ばして内野安打とした。最近ではダイエー(現ソフトバンク)・村松が2003年にマークした、初回からの4イニング連続ヒット。「野球人生でも初めての経験。4打席目はヒットが欲しかったのでうれしいです」と甘いマスクを崩した。
四球をはさみ、7回の第6打席で左越えに6号2ランを放って“打ち止め”。1試合5安打5得点はともに球団記録だが、「得点は僕だけの力じゃない。後のバッターがしっかり打ってくれる結果」。好調な打線を象徴する両リーグダントツの47得点にも、チームリーダーらしい謙虚な言葉を口にした。
試合前、金森打撃コーチにイタズラをした。口を酸っぱくして指導されている「目付け」(打者のミートポイントの意識付け)という言葉を紙に書いて、28歳年上の背中に張り付けたのだ。だが、同コーチは「1つのイタズラにしても、しっかり野球のことを考えている」とあえて許した。
これで17試合連続安打。主将としてチームを引っ張る25歳のリードオフマンが、心身ともに充実の時を迎えている。

ロッテ爆勝!先発全員安打得点!今季最多22安打20点!
一度火が付くと、止めようがない。ロッテがともに今季両リーグ最多の22安打、20得点。さらに先発全員安打、全員得点の猛攻だった。
二回。1死から今季を象徴するつなぎを見せた。単打を5本連ねる。相手のミスも手伝って、あっという間に4点。この回さらに1点を加え、三回には4本の単打と1三塁打、2本塁打と長短打を織り交ぜ、7点を奪った。三回までに13得点。早々と試合を決めた。
際立ったのは、四回まで毎回安打を放ち、本塁打を含む5安打の西岡。1試合5得点の球団記録に並び「後ろの打者がしっかりかえしてくれる」と強い信頼感を口にした。
派手な展開だった。そんな中、西村監督が自ら話題を切りだしたのは、けがで欠場した荻野貴の代役を務めた早坂について。「準備をしっかりしてくれている。いい仕事をしてくれた」。出番が限られていながら3安打3打点の早坂は「このチーム状況。胸を張ってやらないとチームに迷惑がかかる。下を向いている暇はない」と言った。
全体に相乗効果が生まれている今のロッテ。貯金は今季最多の12になった。

<ロッテ>強力打線爆発、大量20点
ロッテは両リーグトップのチーム打率と得点を誇る強力打線が力を見せつけた。1点リードの二回、1死から5連打に敵失などにも乗じて5点を挙げると、三回には南の1号ソロや「完ぺきに打てた」という大松の8号3ランなど打者10人の猛攻で7得点。さらに攻撃の手を緩めず、六回に3点、七回にも4点を奪ってヤクルトを圧倒した。
中でも、連続試合安打を17に伸ばした西岡は5安打3打点、今江も本塁打が出ればサイクル安打達成の4安打3打点と猛打を振るった。今季交流戦は、本拠地で負けなしの4連勝。23日から遠征に出るが、西村監督は「いい形で帰ってきたい」と意気込んだ。

ロッテ 猛爆20点!「私がビックリしています」
ロッテが7回に西岡に2点本塁打で、今季初、昨年6月11日の広島戦で23点を奪って以来の20得点に達した。
3回までに13点を奪ったが、3回に8号3ランを放った大松が「13点差?いや、もっともっと点を取りたい。そういう気持ちで打席に入っていく」 と言ったようにその後も6回に3点、7回に4点と7連敗と元気のないヤクルト相手に攻撃の手を緩めなかった。
7回まで22安打20点の打線に金森打撃コーチは「打線?私がビックリしています」と笑いが止まらなかった。。

【ロッテ】移籍吉見援護!22安打20点大勝
ロッテが22安打で20得点を奪う猛攻で、ヤクルトを圧倒した。横浜から移籍後初先発の吉見を強力に援護し、大勝した。今季、チームの目玉的存在の荻野貴が右ひざ痛で欠場したが、早坂が3安打で穴を埋めるなど、層の厚さも見せた。荻野の活躍に押される形で、普段は出番の少ない早坂は「オレはオレ。ひとはひと。割り切ってやらないと。代走でもなんでも準備が大事」と、この日もしっかり準備していたことを証明した。
ロッテ大勝のヒーローは早坂と吉見
千葉ロッテが22日、東京ヤクルト戦に20対4と大勝し、貯金を今季最多の12にした。1番・西岡剛の5安打を含む22安打を放った打線に、「みんな本当によく打ってくれた」と西村徳文監督。その中でも「2番・センター」で今季2度目の先発出場となった早坂圭介を「いい仕事をしてくれた」と賞賛した。「つなぐ気持ちで打席に入った」という早坂は5打数3安打3打点。5月16日以来のスタメンで、試合出場もそれ以来だったが、「常に準備はしていた」と日ごろの努力の成果を出した。
また、今季横浜から途中移籍した吉見祐治が「自分のピッチングを心掛けた」と6回2失点で、移籍後初登板初先発で勝利投手に輝いた。西村監督が「先発陣がケガで離脱している中、いい結果を残してくれた。チームとしては非常に助かります」と評価。移籍後初勝利となった吉見は「僕にとってはチャンスだと思っています。少ないチャンスをものにしていきたい」と今後のローテ入りに気合を入れた。






移籍後初先発の吉見「チームの一員なれた」
横浜から金銭トレードで移籍後初先発のロッテ・吉見が初勝利を挙げた。6回2失点の内容に「大量援護で自分のリズムで投げられた。やっとチームの一員になれました」。
唐川らの負傷離脱でできた穴を埋める好投。先発ローテーション定着の期待がかかるだけに「少ないチャンスをものにして頑張っていきたい」と、さらなる活躍を誓った。

吉見、移籍後初登板で初勝利…ロッテ
横浜からトレード加入したばかりのロッテ・吉見が、移籍後初登板で初勝利を挙げた。ヤクルトには通算5勝13敗と分が悪かったが、序盤からの大量援護にも守られ、90キロ台のスローカーブなど変化球を低めに集めて6回7安打2失点。「うれしいという言葉だけです。ルーキーの時の初勝利のような気持ち。これでやっとチームの一員になれました」と白い歯を見せた。
ロッテ・吉見、移籍後初勝利「かなり緊張した」
横浜から金銭トレードでロッテに加入した吉見が、移籍後初先発で初勝利を挙げた。「ロッテでは新人。ルーキーの初勝利のような気持ち」と笑顔を見せた。
90キロ台のカーブを織り交ぜ、丁寧に緩急をつけた。6回を2失点にまとめ「かなり緊張した。初回をうまく滑り出せて、いつも通りの投球ができた」と安堵(あんど)の息をついた。西村監督も「(先発陣に)故障者がいて、その代わりが出てくれたことが大きい」と褒めていた。
≪サブロー≫(六回に8号ソロ)
「スタメンで打っていなかったのは自分だけだった。正直ほっとした」
≪南≫(今季初本塁打)
「横浜時代に一緒にプレーした吉見さんが先発で、何とか援護したかった」




 

リードオフマン・西岡 チーム爆勝をけん引
ロッテが先発全員安打全員得点で、ともに今季両リーグ最多となる22安打20得点。けん引したのは頼れる主将、リードオフマンの西岡だ。
05年4月23日の楽天戦(フルスタ宮城)以来、自身2度目の5安打。球団タイ記録の5得点もマークして4連勝での今季最多貯金12に導いた。「5安打はたまたま。(5得点は)うれしい。僕だけの力じゃないので。後ろの打者がしっかり打って還してくれている」。初回、初球を17試合連続安打となる左翼線二塁打とすると4イニング連続安打を記録した。
6回に四球を選ぶと、7回は左越え2ラン。前日から6打数連続安打まで記録を伸ばした。右ひざ痛で初の欠場となった荻野貴の代役・早坂は2回に今季初安打初打点となる中前2点打するなど3安打し「任された仕事をしっかり胸張ってできたと思います」。西村監督も「荻野(貴)の代わりに早坂が十分な活躍をしてくれた」と目を細めた。
▼ロッテ今江(今季初の4安打。本塁打でサイクル安打の7回は右中間フェンス直撃の2点二塁打)
サイクル安打を狙える場面はなかなかないし、狙っていた。あそこまで飛んだら入ってほしかった。





ロッテ・今江、サイクル安打逃し苦笑い
ロッテの今江は七回に中堅フェンス直撃の二塁打。本塁打ならサイクル安打だっただけに「(一発を)狙ってました。あそこまで飛んだら入ってほしかった」と苦笑いだった。
4安打3打点の活躍で、チームの大勝に大きく貢献した。センター方向への打球が目立ち「打撃の基本。今のままいけば、自分の(理想の)感じが出てくる。これからが勝負」と明るい表情だった。



ロッテの“守備の人” どうしても打ちたかった援護弾!
ロッテの南が3回に今季1号ソロを放った。試合前まで打率1割8分2厘。イチローにも負けない強肩の持ち主はどちらかというと“守備の人”だったが、この日は特別な思いで打席に入った。
「(ロッテの)先発は横浜時代、一緒にプレーした吉見さん。なんとか援護したいと思っていた」と移籍初登板の左腕に“引越し祝い”の一撃をプレゼント。南のアーチをはじめ、大量得点に吉見は6回までヤクルトを7安打2点に抑え、移籍初勝利を飾った。

【ロッテ】南が今季1号!一挙7点の口火
ロッテ南竜介外野手(28)が今季1号ソロを放った。6点リードの3回1死から、左翼席へ運んだ。この日、先発の吉見は横浜時代に一緒にプレーしていただけに「なんとか援護したいと思っていた」と喜んだ。チームは勢いに乗り、この回も7得点と、序盤で13点のリードを奪った。


ロッテ・荻野貴、右ひざ痛め今季初の欠場
ロッテの新人、荻野貴は21日の試合で盗塁した際に右ひざを痛め、今季初めて欠場した。
球場には姿を見せ、アイシングなどを行った。西村監督は「大したことがないのを祈るだけ。どれぐらいかかるか分からないが、大事を取らせます」と話した。

ロッテ・荻野貴 大事取って先発外れる
ロッテのドラフト1位・荻野貴が22日のヤクルト2回戦(千葉マリン)で初めてスタメンから外れた。前日の同カードの初回、走塁中に右ひざを痛めたもの。21日はフル出場したが、試合中から痛みを訴えていたという。西村監督は「大事を取ってスタメンから外します」と話した。


石垣島つながりの元世界王者がロッテ・大嶺にゲキ
ロッテの大嶺、井口とオリオンビールの沖縄限定CMで共演しているボクシングの元世界王者・具志堅用高氏が「オリオンビールデー」のロッテ―ヤクルト2回戦(千葉マリン)で昨年に続いて始球式を務めた。「あれだけのファンの前だし緊張した」という具志堅氏は、同じ石垣島出身で現在は不振で2軍調整中の大嶺に猛ゲキ。「プロの意識、強い気持ちを持たないと。精神面が少し弱いから切り替えがうまくいかない。それとボクシングでいえば、もう少しテクニックを出していかないといけない。電話して、よく言っておきます」と語った。




【燕さん目線】


要請受諾わずか2日後…高田監督、途中休養をを示唆
燕・高田監督「見直していかないと…」

記録的大敗…ヤクルト選手もぼう然…
ヤクルト投手陣が壊滅…20失点で泥沼8連敗
交流戦ワースト開幕8連敗…ヤクルト

ヤクルト、伊勢氏招へいへ…交流戦8戦全敗
ヤクルト、伊勢氏を招聘 貧打立て直しへ
ヤクルトが伊勢氏招へい…打撃アドバイザー



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2010-142 | トップ | 雨天中止ですね~…で、拾い読... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
強力打線 (じりじり)
2010-05-23 10:59:24
いちばん上の記事が面白いですね。
今年の「強力打線」って言葉は、オレンジのチームのためにあるんじゃあないよ

スタメン発表を見たときには劣勢を覚悟したけど、
終わってみれば大勝でしたね
完膚なきまでに。。。(^^; (ささどん)
2010-05-23 13:53:08
じりじりさん、こんにちは~♪

高橋かずみさん(サンスポ)という、女性記者さんが書かれてる記事なんですが、
もしかして、テンション上がりまくった状態で書いちゃいましたか(^^??…ってくらい、
“素敵に過激な”とっても気分のいい(←気分いいんかいっっf(^▽^)デヘっ!!)表現ですねっっo(≧▽≦)o(笑)

私もスタメンに荻貴くんの名前がなかった時は、今日はどうなるの~??なんて思いましたが、
代役が主役になってしまう、今のチーム状況は、本当に凄いですね♪♪
ただ、荻貴くんが長期離脱っぽい様子。。。
それがとっても心配です(´д`A

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
終わってみれば・・・ (のんびりしようよ!)
今日の先発は、横浜からいらっしゃい♪な吉見さん 調子の悪いヤクルトが相手とはいえ、先発はこのところ成績を残している中澤だから心配していたんだけど・・・ 終わってみれば、20-4の大勝でしたね それにしても、ヤクルトは大丈...
高田繁監督を応援しますっ! (kyonのひとりごと)
高田繁監督を応援