ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2017-153≪ロッテ目線記事≫

2017年06月02日 07時16分29秒 | 千葉ロッテマリーンズ2017
【交流戦 ロッテ8―1阪神 ( 2017年6月1日 ZOZOマリン )】


「大物打ちじゃない」/伊東監督
 ロッテ・サントスが「2番中堅」で初スタメン。1回には犠打で逆転勝ちのお膳立てをした。伊東勤監督のコメント。
 「大物打ちじゃないと、自分で分かっている。実戦的。使いやすい」。

伊東監督「月も変わって3連敗しなかったのが一番」
 ロッテが快勝で、連敗を3で止めた。
 先発唐川は初回、阪神先頭の高山にソロを打たれたが、後は抑えた。7回7安打1失点で4月23日以来の白星となる2勝目を挙げた。
 打線は、先制された直後の1回に鈴木、根元の連続適時二塁打で3点を挙げ、逆転。5回に角中の適時内野安打で追加点を奪うと、8回には4安打4得点で駄目を押した。
 伊東勤監督(54)は「月、変わったよな? 月も変わって、3連敗しなかったのが一番」と、まずは6月白星スタートにホッとした様子。「唐川はいきなり打たれたけど、その後を抑えた。ボールに手応えがあったのでは。四球がなかったのが一番、評価できる。相手(先発メッセンジャー)は良い投手。チャンスは少ないと思っていたが、序盤で点数が取れた」と、投打を褒めた。最後は「今日の勝ちを明日に生かさないと」と締めた。


ロッテ唐川、7回1失点2勝目「うちも本当は強い」
 ロッテ唐川侑己投手(27)が7回7安打1失点で2勝目を挙げた。
 初回、阪神先頭の高山にソロを許すも、後を抑えた。序盤は風が強く、カーブがいつも以上に落ちた。要所で、そのカーブを振らせた。「途中から風がなくなったけど、(序盤と)同じイメージで投げられた。直球は、前回よりは良かったけど、もっと直球で押していきたい」と振り返った。
 次カードは広島に遠征する。お立ち台で「広島は強いけど、うちも本当は強い。広島で3連勝して、帰ってきます」と、ファンに向かって声を張り上げた。


ロッテ連敗を3で止める、阪神メッセンジャー2敗目
 阪神は1回、高山の5号ソロで先制した。ロッテは1回、鈴木と根元の適時二塁打で3点を挙げ、すぐさま逆転した。
 ロッテは5回、角中の適時内野安打で1点を追加した。先発唐川は2回からは追加点を与えず、6回まで阪神打線を6安打1失点。
 ロッテは8回にも4点を加え快勝、連敗を3で止めた。7回1失点の唐川が2勝目。阪神メッセンジャーが2敗目を喫し、チームの連勝は2で止まった。


ロッテ・サントス初安打初打点!ヘッスラで逆転呼ぶ
 ロッテ・サントスは自然と頭から滑り込んだ。0-1の1回無死一塁。「1点ビハインド。最低でも走者を二塁へ」と自ら判断し、阪神メッセンジャーの初球にセーフティーバントを試みた。代名詞の「走り打ち」のように、打席の中で走りながらバットに当て、一塁手と投手の間へ絶妙に転がした。「初ヒットが欲しい」気持ちが、キューバでもほとんどやらないヘッドスライディングになった。惜しくもアウト(犠打)だったが、この回3得点で逆転勝ちのお膳立てをした。
 己を知る。「2番中堅」で初スタメン。「僕は1番か2番が多い。打点より、走者を進めてクリーンアップに回すのが仕事」。5回無死一塁では二ゴロで進塁打。貴重な追加点につなげた。そして、8回2死三塁で来日初安打を放ち、ダメ押しのタイムリー。「ホームで初ヒットを打ちたかった」と、遠征前の最後の打席で願いをかなえた。
 負ければ4連敗で、今季最多の借金22だった。伊東監督には「大物打ちじゃないと、自分で分かっている。実戦的。使いやすい」と評価された。キューバ代表の看板を引っ提げ、先月25日に来日。当初は時差ぼけに苦しんだが、早起きを続けて復調した。「熱いプレーで盛り上げたい」。言葉も熱かった。【古川真弥】

ロッテ・サントス大はしゃぎ 来日初ヒット&初打点
 ロッテ・ロエル・サントス外野手(29)が来日初安打、初打点を記録した。
 「2番中堅」で初スタメン。7-1の8回2死三塁で、阪神伊藤和から右前打を放ち、ダメ押しの適時打とした。
 「それまでの打席はタイミングが合っていなかった。強いコンタクトをしようと思った。最後の打席。ホームで初ヒットが欲しかった」と喜んでいた。


ロッテ根元が適時二塁打「これ以上負けられない」
 ロッテが0-1の1回裏に阪神先発メッセンジャーから3点を奪い、逆転した。
 まず、2死一、二塁で、鈴木大地内野手(27)が左越えへ2点適時二塁打を放った。打ち取られた当たりだったが、左翼前方にぽとりと落ちた。飛び込んだ高山が捕れず、ボールが外野を転がる間に逆転。鈴木は「打ったのはフォークです。ラッキーです。でも、先制された後に直に逆転出来たのは良かった。勝ちます」と話した。
 さらに、根元俊一内野手(33)が右中間を破る適時二塁打で続き、「打ったのはストレートです。連敗中ですし、もうこれ以上負けられない。大地(鈴木)が逆転タイムリーを打ってくれたけど、その後にもう1点欲しかったのでいいヒットが打てました」と話した。


ロッテ角中が激走内野安打「3タテされるわけには」
 ロッテ角中勝也外野手(30)が適時内野安打を放った。
 3-1の4回2死三塁で、遊撃へのゴロが安打となり、貴重な追加点を奪った。3回にはフェンス直撃の左越え二塁打を放っており、今季初のマルチ安打。
 「3タテされるわけにはいかない。追加点が欲しかったので、必死に走りました」と話した。


ロッテ井口、左太もも裏の張りで阪神戦を欠場
 ロッテ井口資仁内野手(42)が1日の阪神3回戦(ZOZOマリン)を欠場することになった。
 試合前練習の時間に、グラウンドに現れなかった。伊東監督は「今日は試合は無理。明日は出られると思います」と説明。左太もも裏に張りがあるため、この日は治療に専念する。


ロッテ福浦順調回復 復帰は「来週ぐらいかな」
 右太もも裏の張りのため2軍調整中のロッテ福浦和也内野手(41)が1日、順調な回復ぶりを見せた。
 5月21日に登録抹消となったが、既に打撃練習を再開。この日は、ロッテ浦和球場の室内でティー打撃やフリー打撃を行った。屋外では「5割から6割の力で」ダッシュを繰り返した。一塁でノックも受け、前後、左右の動きにも対応していた。
「順調に来ている。(実戦復帰は)来週ぐらいかな」と、明るい表情で話した。



ギョギョギョ!ロッテ新キャラ「魚」が全米デビュー

 ロッテの新キャラクターが“全米デビュー”を果たした。
 MLB.com内にある、さまざまな野球の話題を取り上げるコーナー「Cut4」に、ロッテの新キャラである魚が紹介され、アメリカで話題になっているという。これを受け、魚は「ギョギョ~。ハーロー、エブリィワン。今度、泳いでアメリカまで行っちゃおうかなあ…。ス~イ。ス~イ。」とコメント。ZOZOマリンに隣接する幕張の浜で、たたずんでいた。


秋元才加が8日ロッテ戦で「初めての始球式」
 ロッテは1日、秋元才加が8日の中日戦(ZOZOマリン、午後6時15分試合開始)で始球式を務めると発表した。
 ロッテの始球式に登場するのは初めてで、午後6時5分ごろを予定している。球団を通じ「初めての始球式、ワクワクドキドキです! 千葉県出身なのでとてもうれしく思っております。ホームグラウンドなのでやるからには、絶対にノーバウンドいきたい! いまからたくさん練習しておきたいと思います(笑い)。期待していて下さい! よろしくお願い致します!」と意気込みを語った。


ロッテ、6・10レプリカユニホームを来場者に配布
 ロッテは、6月10日のヤクルト戦(ZOZOマリン、午後2時試合開始)で、レプリカのピンストライプユニホームを来場者全員に配布する。
 二木康太投手(21)は「伝統あるこのピンストライプのユニホームをぜひ着ていただいて応援をしていただければと思います。スタンドが真っ白に染まる光景が今から楽しみです」と呼び掛けた。

(以上 日刊)

***********************************************************************************

ロッテ唐川、先頭弾浴びるも2勝目「今までの分を取り返す」
 ロッテ・唐川が初回、1番の高山にいきなりバックスクリーンへ本塁打を浴びた。前回登板に続いての先頭打者アーチ。だが、この日は崩れなかった。
 「タイミングが合ってないと思った」と、風も利用したカーブで阪神打線を7回1失点に抑え、4月23日オリックス戦以来の2勝目。チームの連敗も3で止め、「今までの分を取り返したい」と胸を張った。

ロッテ 今季交流戦初勝利 3連敗で止まる 唐川2勝目
 ロッテが初回、中盤、終盤と得点を挙げ、今季交流戦初勝利となり連敗を3で止めた。
 初回に鈴木、根元の連続適時二塁打で3点を挙げて逆転。5回には角中の適時内野安打で加点。8回はサントスの来日初の適時打などで一挙4点を入れ試合を決めた。唐川はカーブがさえて無四球、7回1失点で2勝目。
 阪神は初回の高山の先頭打者本塁打で勢いに乗りたかったが、先発のメッセンジャーが誤算だった。


ロッテ3連敗で止めた!新助っ人サントス“闘魂ヘッド”
 その闘志にスタンドがどよめいた。0―1の1回無死一塁。ロッテのサントスがセーフティーバントを転がすと一塁へヘッドスライディング。「魂のプレーで熱いものを伝えたかった」。ベルトのバックルが壊れアウトにもなったが、気迫はチームに伝わった。
 来日初先発の2番打者の犠打から2死一、二塁とし、鈴木が左翼線に逆転の2点二塁打。さらに根元の右中間二塁打で3点目を挙げた。過去3度の対戦で3つとも白星を与えていた阪神・メッセンジャーを攻略。「新しく入ってくれた人がああいうプレーを見せて士気は上がった」と主将の鈴木は感謝した。
 5月は球団ワーストタイの19敗を喫し、どん底を味わった。大砲の補強が期待される中で新加入したのがサントス。俊足好打だが非力で、立場は微妙だった。その空気を打ち破る活躍。8回2死三塁では伊藤和の144キロ直球を強振。「本拠地で打ちたかった」という右前への来日初安打で8点目を挙げた。
 バットも持たずに来日した新助っ人が複数のメーカーから選んだのはSSK社のバット。10年にシーズン3位から日本一の「下克上」を達成したチームの立役者・今江(現楽天)のモデルだ。「もう6月だよな」。伊東監督は月が変わったのを確認すると「(阪神に)3連敗しなかったのがよかった」とうなずいた。反攻の6月。サントスがチームを変える。 (君島 圭介)


ロッテ 新キャラの「魚」 米国でも話題に「足がある時は外野を天使のように舞う」
 ロッテの新キャラが全米デビューだ。大リーグ公式サイト「MLB.com」がロッテの新球団キャラクターを取り上げ、話題を呼んでいる。さまざまな野球の話題を扱うコーナー「Cut4」で紹介されている。
 新キャラはZOZOマリンに近い東京湾に棲息(せいそく)する謎の「魚」で、5月26日のオリックス戦にて大型ビジョンに初登場。同28日の同戦ではグラウンドに初登場し、魚ながら2本足で外野を走り回るなど、そのシュールな第2形態が注目を集めた。
 MLB.comでは「足がある時は外野を天使のように舞う。エンジェルフィッシュ」と説明している。国内外で反響を呼んでいる魚は、今月11日のヤクルト戦で第3形態に変身するという情報もある。話題の魚は「ギョギョ〜。ハーロー、エブリィワン。今度、泳いでアメリカまで行っちゃおうかなあ・・・。ス〜イ。ス〜イ」とご機嫌だ。


秋元才加 8日ロッテVS中日で始球式「絶対ノーバン」
 ロッテは「BS12 トゥエルビ スペシャルナイター」として開催する8日の中日戦(ZOZOマリン)の試合前始球式をタレントの秋元才加(28)が務めると発表した。
 秋元は7月9日からBS12 トゥエルビで放送開始する新番組「ハワイに恋して2」のMC。ロッテ戦の始球式は初登場の秋元は「ワクワクドキドキです!千葉県出身なのでとても嬉しく思っております。ホームグランドなのでやるからには、絶対にノーバウンドいきたい!」と球団を通してコメントした。


ロッテ 10日ヤクルト戦でレプリカユニ全員プレゼント
 ロッテは10日のヤクルト戦(ZOZOマリン)で、来場者全員にレプリカのピンストライプユニホームを配布すると発表。マリンブルーやブラックなど、数種類のユニホームの中でもこの伝統あるピンストライプのユニホームがやはり身が引き締まるという二木は「スタンドが真っ白に染まる光景が今から楽しみ」と、来場を呼びかけた。

(以上 スポニチ)

***********************************************************************************

ロッテ、6月は白星スタート! 鈴木「本当は強いはずなんで」
 ロッテが連敗を3でストップ。今季初めて、月頭の勝利となった。
 前日には5月の19敗目を喫し、月間の負け数で26年ぶりに球団ワーストに並んだロッテ。この日も先発の唐川が一回に先頭打者・高山にバックスクリーンに運ばれ、いきなり失点。暗雲が垂れ込めた。
 しかし、この日のロッテは直後に反撃。その裏、二死一、二塁から鈴木が2点二塁打を放ち、チーム14イニングぶりとなる得点で逆転。さらに根元の左中間適時二塁打で3点目を挙げた。
 五回には阪神・メッセンジャーに対して二死三塁とし、角中。フルカウントで迎えた6球目をしぶとく運んだ当たりは遊撃手・糸原がダイビングして止めるも適時内野安打。4-1とリードを広げた。
 八回には三木、田村の連続適時打。その後サントスの加入後初打点となる右前適時打などで4点を挙げ、連敗を3でストップした。
 鈴木はヒーローインビューで「チャンスだったんでかえそうと。きれいなヒットではなかったけど、結果として良かったです」と振り返った。7回1失点の唐川については「最初ホームランを打たれたけど、すごくいいボールを投げていたので、今日は安心していた」とねぎらった。チームの主将は最後に「ロッテは本当は強いはずなんで、明日からの広島、勝って千葉に帰ってきます」とファンに約束した。

ロッテ・鈴木が逆転二塁打!チーム14イニングぶりの得点
 ロッテは1点を先制された直後の一回、鈴木が逆転二塁打を放った。二死一、二塁から外の落ちる球を左翼へ打ち返し、一気に2走者を迎え入れた。チーム14イニングぶりとなる得点で逆転し、ベンチは沸き返った。
 この日はベテランの井口が左太もも裏などの不安でベンチ入りせず、野手が手薄な状態。伊東監督が試合前に「他の人が頑張ってほしい」と期待した通りの攻撃となった。


ロッテ連敗脱出!サントス、来日初安打初打点&「魂」のヘッスラ
 ロッテは1日、阪神最終戦(ZOZOマリン)に8-1で勝ち、連敗を「3」で止めた。キューバ出身の新外国人、ロエル・サントス外野手(29)が「2番・中堅」で初先発。八回二死三塁で伊藤和の144キロを右前に運び、来日7打席目で初安打初打点をマーク。「魂のこもった熱いプレーでチームを盛り上げようと思った」と満足げだった。
 安打だけではない。自己犠牲をいとわず、チームに新風を吹き込んだ。一回無死一塁で、自らの判断で犠打を決め、一塁にヘッドスライディング。五回無死一塁では高めをたたきつけ、進塁打となる二ゴロ。いずれも得点に結びつく貴重な一打に「走者を進めるのも自分の仕事。ヘッドスライディングはあまりしないが、気がついたらやっていた」と胸を張った。
 5月は球団ワーストタイの19敗を喫したが、6月最初の試合で完勝。伊東監督は「月が替わり(同一カード)3連敗しなかったのが一番。サントスは進塁打を心がけているし、実戦的な選手」と評価した。 (片倉尚文)

7回1失点、無四球で今季2勝目を挙げたロッテ・唐川
「カーブが効果的だったし、ストライク先行でいけたのがよかった」

一回に逆転の2点二塁打を放ったロッテ・鈴木
「先制された直後に逆転できてよかった。ロッテは強いはず。これから巻き返したい」

ロッテ・サントスが初安打初打点「勝利に貢献できて良かった」
 キューバ出身のロッテの新外国人選手、サントスが来日初安打、初打点を記録した。「2番・中堅」で初めて先発出場し、八回の5打席目に伊藤和の速球を力強いスイングで右前に運んで8点目をたたき出した。
 サントスは「興奮している。勝利に貢献できて良かった」とほっとしたように話した。一回の送りバントでは一塁にヘッドスライディングするなど、ハッスルプレーでムードメーカーにもなった。

伊東監督(唐川に)
「本人も手応えがある球だったと思う。無四球が評価できる」

角中(五回に適時打)
「先頭が出た時はしっかり得点へつなげたい」

根元(一回に鈴木に続いて適時二塁打)
「逆転適時打の後にもう1点欲しかったので、良い安打が打てた」


ロッテ・井口、左太もも裏の張りのため欠場 広島遠征には帯同する見込み
ロッテ・井口資仁内野手(42)が1日、左太もも裏の張りのため、阪神3回戦(ZOZOマリン)のベンチ入りメンバーを外れた。2日からの広島遠征には帯同する見込み。


ロッテが10日のヤクルト戦でレプリカのピンストライプユニホームを来場者全員に配布
 ロッテは、10日のヤクルト戦(ZOZOマリン、午後2時開始)で、レプリカのピンストライプユニホームを来場者全員に配布する。4年目・二木康太投手(21)は「伝統あるこのピンストライプのユニホームをぜひ着ていただいて応援をしていただければと思います。スタンドが真っ白に染まる光景が今から楽しみです」とコメントした。

(以上 サンスポ)

***********************************************************************************

【ロッテ】伊東監督、球団6人目の300勝マーク
 ロッテ・伊東勤監督(54)が、同球団で6人目の300勝(316敗9分け)をマークした。なお、伊東監督は西武でも287勝257敗5分けの成績を残し、通算600勝も迫っている。
 ロッテの監督としての勝利数上位は([]は優勝回数)
 別当薫    497勝354敗26分け
 バレンタイン 493勝450敗23分け[1]
 金田正一   471勝468敗72分け[1]
 山本功児   324勝352敗14分け
 濃人渉    300勝227敗23分け[1]
 伊東勤    300勝316敗9分け


【ロッテ】新キャラクター「魚」まさかのメジャー入り!
 ロッテの新キャラクターの「魚」が5月31日(日本時間6月1日)、MLB公式サイト内で取り上げられ、注目を集めている。
 謎が多く、まだ名もない、足が生えた魚の新キャラは5月28日に初登場。同サイトは「Please observe the new fish mascot in the Nippon Professional Baseball league」(新しい魚のマスコットを観察しよう)と題した記事を掲載し、ZOZOの外野を走るシュールな動画なども紹介されている。
 記事では「いつか、1876歳の梨と出会い、世界中を旅するマスコットのスーパーチームを結成する」と、ご当地キャラのふなっしーとのコラボに期待を寄せている。

(以上 報知)

***********************************************************************************

ロッテ連敗3で止める 唐川2勝目、新外国人サントスも初安打初打点
 ロッテが連敗を3で止め、交流戦の今季初勝利。先発・唐川は7回7安打無四球の1失点で2勝目(5敗)を挙げた。
 0-1の初回、鈴木の左越え2点二塁打と根元の左中間適時二塁打で3点を奪い逆転。五回は角中の適時内野安打で1点を追加。八回は三木の左線2点二塁打、田村の中越え適時三塁打、新外国人サントスの初安打初打点となる右前適時打で4点を加え、リードを広げた。
 唐川は、「チームは連敗し、僕は休みをもらっていたので、今までのピッチングを取り戻したいという気持ちで投げた。初回に点を取られたが、大地(鈴木)、根元さんが打ってくれて勇気づけられた。(捕手の)吉田が引っ張ってくれたおかげです。また次の登板に向けて頑張りたい」など語った。
 阪神は連勝が2で止まった。先発・メッセンジャーは7回6安打4失点で2敗目(6勝)。初回、先頭・高山の中越え5号ソロで1点を先制したが逆転された。


ロッテ新助っ人サントス来日初H「興奮している」
 「交流戦、ロッテ8-1阪神」(1日、ZOZOマリンスタジアム)
 キューバ出身のロッテ新外国人、ロエル・サントス外野手(29)が来日初安打、初打点を記録した。
 「2番・中堅」で初めて先発出場し、八回の5打席目に伊藤和の速球を力強いスイングで右前に運んで8点目をたたき出した。サントスは「興奮している。勝利に貢献できて良かった」とほっとしたように話した。


ロッテ、新キャラ「魚」全米で話題に「泳いでアメリカまで行っちゃおう」
 ロッテは1日、「MLB.com」内の各種さまざまな野球の話題を取り上げるコーナー「Cut4」で、新キャラクターの「魚」が紹介されていると発表した。全米で話題となっているそうで、その話題の主である「魚」が同日、こうコメントした。
 「ギョギョ~。ハーロー、エブリィワン。今度、泳いでアメリカまで行っちゃおうかなあ…。ス~イ。ス~イ。」。


秋元才加がロッテ戦で始球式 千葉出身「絶対ノーバウンドで」と意欲
 ロッテは1日、8日の中日戦(ZOZOマリン・18時15分試合開始)を『BS12 トゥエルビ スペシャルナイター』と題し、現在女優を中心にマルチ活動中の秋元才加が始球式に登場すると発表した。
 秋元は17年7月9日からBS12 トゥエルビで放送を開始する新番組「ハワイに恋して2」のMCに決定している。ロッテの始球式登場は初めてとなる。セレモニーは18時05分頃を予定。
 秋元は「初めての始球式、ワクワクドキドキです!千葉県出身なのでとてもうれしく思っております。ホームグラウンドなのでやるからには、絶対にノーバウンドでいきたい!いまからたくさん練習しておきたいと思います(笑)期待していてください、よろしくお願い致します!」と意気込んでいた。


ロッテ、伝統のピンストライプユニホームを来場者全員にプレゼント
 ロッテは1日、10日の交流戦のヤクルト戦(ZOZOマリンスタジアム)で、レプリカの「ピンストライプ ユニフォーム」を来場者全員に配布すると発表した。
 二木投手は「伝統あるこのピンストライプのユニフォームをぜひ着ていただいて応援をしていただければと思います。スタンドが真っ白に染まる光景が今から楽しみです」と多くのファンの来場を呼びかけていた。

(以上 デイリー)

***********************************************************************************

ロッテ理想的な得点で阪神撃破 6月反攻へ伊東監督「月も替わったことだから」
伊東監督が「大きかった」と振り返る得点は…
 中押し、ダメ押しがなく、ピッチャーが耐え切れずに崩れるパターンから、ロッテがようやく理想的な攻撃で阪神を8-1と粉砕した。1日の本拠地・阪神戦で初回に高山のバックスクリーへの5号ソロで先制されたが、その裏すぐに鈴木が2死一、二塁の場面で左翼線へ逆転二塁打をマーク。根元も3点目の適時二塁打で続き、唐川を援護した。
 鈴木が「打ったのはフォーク。(唐川は)ホームランを打たれたが、いいボールが投げていたので、何とかしたかった」とキャプテンらしい働き。根元も「連敗中だったし、これ以上負けられない」と意地の二塁打だった。
 伊東監督が「あの1点が大きかった」と言うのは5回の角中の遊撃内野安打。「追加点もほしかったので、必死で走った」(角中)と久しぶりの中押しで、8回4点のダメ押しにつながった。
 5月は19敗と月間球団ワースト敗戦記録に並んだが「月も替わったことだから」と伊東監督も前を見据えた。
細野能功●文


ロッテ救った主将のビッグプレー! 清田と衝突寸前で背走美技
鈴木の好守に本拠地も大歓声
 ロッテ主将・鈴木大地内野手が1日の阪神戦で好守を見せてチームを盛り立てた。味方と接触ギリギリで打球を好捕。本拠地のZOZOマリンは大歓声に包まれた。
 4-1と3点リードで迎えた7回2死一、二塁の場面。阪神・高山がロッテ先発・唐川から放った打球はライト方向へ舞い上がった。これに二塁・鈴木が背走。右翼の清田も突っ込んでくる中、主将は滑り込みながら見事にグラブに打球を収めた。
 落ちていれば阪神に追撃を許した場面。ギリギリで接触を回避した鈴木と清田は安堵したかのように地面に一瞬、横たわった後、笑顔を浮かべながら右手でタッチを交わした。
 ロッテは終盤にも4点を加えて8-1で勝利。鈴木はこの日の初回に逆転の2点二塁打を放つなどバットでも貢献。7回の守備も3連敗中のチームを救う大きなプレーとなった。


ロッテ井口、左太もも裏とふくらはぎに張り 阪神戦ベンチから外れる
2日からの広島遠征には帯同の見通し
 球界最年長野手のロッテ・井口資仁内野手が左足ふともも裏とふくらはぎの張りで1日の阪神戦のベンチ入りから外れる。伊東監督が明かした。
 指揮官が「明日(広島戦)は何とかなるのではないか。本当は様子を見ながら出したいが、事情が事情なので、毎日のように出てもらっている」と話すように、最近6試合はDHでスタメン入りし、出ずっぱり。下半身に疲れがたまったようだ。
 同じ40歳コンビの福浦も太もも裏の張りで戦線離脱しており、両ベテランの欠場は苦しむロッテ打線には痛い。幸い登録抹消するほどの重症ではなく、1日治療に専念。2日からの広島遠征には帯同するが、借金21を抱える指揮官には、頭の痛い状態が続いている。
細野能功●文


全米で話題のロッテ新キャラ“魚”「アメリカまで行っちゃおうかなあ」
MLB公式サイトの人気コーナー「Cut4」で紹介
 5月26日からロッテ本拠地ZOZOマリンに登場した新キャラ魚が、MLB公式サイトの人気コーナー「Cut4」で取り上げられるなど、全米で注目を集め始めた。
 5月28日にはグラウンドに姿を現し、第2形態を披露しながら外野を華麗にダンス。かと思えば、球場の片隅で座って放心状態になるなど、あまりに奔放なゆるキャラぶりが人気を博している。
 その存在が海外まで響き渡ったことを受け、魚は「ギョギョ~。ハーロー、エブリィワン。今度、泳いでアメリカまで行っちゃおうかなあ・・・。ス~イ。ス~イ」と、全米デビューを意識してか、英語入りのコメントを発表した。
 6月11日ヤクルト戦では第3形態に進化するという新キャラ魚。どんな姿に変化するのか見逃せない。

ロッテ新キャラ“魚”が海外で話題「足がある時は外野を天使のように舞う」
MLB公式サイト人気コーナーが紹介「新キャラ魚を観察しよう」
 先月ロッテに登場した新キャラの“魚”が、野球ファンの間では話題を呼んでいるが、反響の大きさは海を越え、アメリカ合衆国にまで到達した。MLB公式サイトの人気コーナー「Cut4」が「NPBの新キャラ魚を観察しよう」と題した特集記事を掲載している。
 5月26日オリックス戦で、本拠地ビジョンに初登場した魚は、28日オリックス戦でグラウンドに初登場し、第2形態を披露。魚ながら2本足で外野を走り回るなど、そのシュールな存在が大きな注目を集めている。
 記事では「足がある時は外野を天使のように舞う。外野のエンジェル。外野のエンジェルフィッシュ」という言葉とともに、ファンがツイッター上に投稿した動画を紹介。ロッテ公式ツイッターによる、試合後にグラウンドの片隅に座って放心状態になる魚の写真も“お披露目”した。
 国内外で大反響を呼んでいる魚は、6月11日ヤクルト戦で第3形態に変身するという情報も。突如千葉に現れたゆるキャラには、海外からも熱視線が注がれている。


ロッテが10日ヤクルト戦でレプリカユニフォームを来場者全員に配布
ピンストライプユニフォームをプレゼント
 ロッテは10日に開催される交流戦ヤクルト戦(14時開始)で、レプリカのピンストライプユニフォームを来場者全員に配布すると発表した。
 ロッテが本拠地戦で袖を通すピンストライプユニフォーム。4年目の二木康太投手は「伝統あるこのピンストライプのユニフォームを、ぜひ着ていただいて応援をしていただければと思います。スタンドが真っ白に染まる光景が、今から楽しみです」とファンの来場を呼び掛けた。

(以上 フルカウント)

***********************************************************************************

全米でも話題のロッテ新キャラ“魚”、米進出示唆!?英語であいさつも
 ロッテの謎多き新キャラクター“魚”。5月28日のオリックス戦で登場して以来、野球ファンの間で大きな反響を呼んでいるが、それは国内だけにとどまらず、遠くアメリカでも話題となっている。
 MLB公式サイトMLB.com内の各種さまざまな野球の話題を取り上げるコーナー「Cut4」で、この“魚”が紹介された。
 全米で話題となっていることを受け、“魚”は「ギョギョ~。ハーロー、エブリィワン。今度、泳いでアメリカまで行っちゃおうかなあ・・・。ス~イ。ス~イ」とコメントを寄せた。
 この謎の新キャラは、特に名前もなく、幕張の海とつながっている水槽の中を泳いでいる魚。26日のオリックス戦に第1形態でお目見えすると、2日後の28日には足が生えた第2形態でグラウンドに登場した。
 SNSでは「キモい」「キモカワ」など大反響。未だに詳細は分かっていないが、球団広報によると、11日のヤクルト戦で第3形態に進化するという調査結果があるという。
 国内外で話題沸騰中の謎の“魚”はさらに注目を集めそうだ。


【ロッテ】6・8中日戦で元AKB秋元才加が始球式「絶対にノーバンいきたい!」
 ロッテは1日、「BS12 トゥエルビ スペシャルナイター」として開催される8日(木)の中日戦(ZOZOマリン、18:15試合開始)で、現在女優を中心にマルチに活躍中の秋元才加が始球式を行うと発表した。
 秋元は今年7月9日からBS12 トゥエルビで放送開始する新番組「ハワイに恋して2」のMCに決定。ロッテの始球式登場は初めてとなる。
 秋元は「初めての始球式、ワクワクドキドキです!千葉県出身なのでとても嬉しく思っております。ホームグランドなのでやるからには、絶対にノーバウンドいきたい!いまから沢山練習しておきたいと思います(笑)期待していて下さい!よろしくお願い致します!」と意気込んだ。


【ロッテ】6・10ヤクルト戦でレプリカユニ来場者全員に配布
 ロッテは1日、10日(土)のヤクルト戦(ZOZOマリン、14:00試合開始)でレプリカのピンストライプユニフォームを来場者全員に配布すると発表した。
 二木は「伝統あるこのピンストライプのユニフォームをぜひ着ていただいて応援をしていただければと思います。スタンドが真っ白に染まる光景が今から楽しみです」とコメントした。

(以上 ベースボールキング)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2017-153≪コラム記事≫ | トップ | 拾い読み★2017-154 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

千葉ロッテマリーンズ2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL