ちょこっとGUM

今、自分が出来ること。やれること。それを精一杯やっていかなくちゃ!!

拾い読み★2016-299

2016年10月25日 06時45分37秒 | 千葉ロッテマリーンズ2016

【ロッテ】ソフトバンク退団の細川の獲得を調査…西武時代に伊東監督が指導
 ロッテは、ソフトバンクの細川亨捕手(36)の獲得調査に乗り出す方針だ。今季は田村が130試合に出場してレギュラーのポジションを担ったが、続く捕手が定着せず。西武時代に伊東監督から指導を受けたインサイドワークは評価も高い。球団関係者は「CSにもスタメンで出場していた。調査したい」と話した。
 細川捕手は今季限りでソフトバンクを退団することが24日、決まった。球団からバッテリーコーチ就任を打診されたが、現役続行を希望。6年間在籍したチームを離れることになった。
(報知)
もし獲得できたら若い捕手陣の素晴らしい模範になりますね。
ただマスク投げとか、よろしくないプレーは教えないでいただきたいけれど(××;A)
なお、鷲さんも狙っておられる模様。。。
↓↓↓

細川ソフトバンク退団 楽天が調査、補強ポイントに合致

************************************************************************************

桜美林大・佐々木千 高校時代“戦友”の誠也と対戦熱望
 ロッテからドラフト1位指名された桜美林大・佐々木千が「神ってる」友人との対戦を熱望した。都日野時代に二松学舎大付の同学年に広島・鈴木がいた。2人とも高校2年秋に東京都選抜として米国遠征に行ったという。「高校で一緒に野球をやらせてもらった。今も“一緒にやろう”って話している」と明かした。鈴木は今季大ブレークし、日本シリーズで日本ハムに2連勝。佐々木千は「日本シリーズは見ている。早く勝負したい」と心を躍らせた。
 同世代新人には、同じ「5球団競合」でソフトバンクが交渉権を獲得した創価大・田中ら、ライバルは多い。「同じ新人には負けたくない。目標は新人王」と世代No・1宣言だ。
 23日の首都大学リーグ初優勝から一夜明け、林信平球団本部長らから指名あいさつを受けた。伊東監督の「優勝目指して頑張ろう」というメッセージ入り色紙やドラフトの当たりクジを手渡した林球団本部長は「格好いい。人気が出るのはいいこと」と早くも佐々木千にべたぼれ。イケメン右腕は「指名されたという実感が湧いた。早くロッテの一員になりたい」と誓った。 (渡辺 剛太)

 ▽11年の東京都高校選抜のロサンゼルス遠征 20選手が選抜され、11年12月23日から31日まで遠征して地元の高校生と親善試合を行った。なお、佐々木千は内野手、鈴木は投手で選ばれている。ほかに日本ハム・石川亮(帝京)や楽天からドラフト2位指名された池田(創価)も名を連ね、監督は日大三・小倉全由監督が務めた。

ロッテドラ1佐々木千、涌井に弟子入り志願 指名あいさつ受け「実感」
 ロッテからドラフト1位指名された桜美林大・佐々木千隼投手(4年)が24日、桜美林大で指名あいさつを受けた。伊東監督の「優勝目指して頑張ろう」という直筆メッセージ入り色紙と交渉権獲得の抽選券を贈られ、「実感がわいた。ファンの方に愛される選手になりたい」と話した。
 外れ1位史上最多の5球団が競合した右腕は「涌井さんにどうすれば長く活躍できるか教えていただきたい」と弟子入りを志願。「シンカーが一番自信がある球なので、磨いていけたら」と話し、シンカーを武器にするロッテ・石川に「早く追いつけたらいい」。即戦力右腕はエース・涌井、石川の二枚看板の背中を追う。
(以上 スポニチ)

ロッテ1位佐々木“強者に挑む闘争心”即答アピール
 巨大戦力に立ち向かう。ロッテのドラフト1位、桜美林大・佐々木千隼投手(22)が24日、東京・町田市内の同大で球団の指名あいさつを受けた。最速153キロ右腕は、アピールポイントを「闘争心」と強調。強豪私学ではなく都立高校から甲子園を目指したように、プロでも強力打線を擁するソフトバンクとの対戦を楽しみに挙げた。
 真っ黒に日焼けした顔を、キリリと引き締めた。指名あいさつ後の会見。「アピールポイントは?」との質問に、佐々木は「闘争心です。打者に向かう姿勢が大事。プロでもやっていけたらいい」と即答した。外れ1位とはいえ、ドラフトでは5球団が競合。林球団本部長から「先発ローテに入る活躍を」と期待された右腕は、150キロ超の直球でも、宝刀シンカーでもなく、心を武器に挙げた。
 10代半ばで選んだ道に、生きざまが詰まっている。中学3年だった09年、夏の西東京大会準決勝の日野VS日大三を観戦した。甲子園の常連・日大三に、日野は惜敗。佐々木は「都立でもこういう試合ができる。ここで野球がやりたい」と進学先に地元の日野を選んだ。自らも3年の準々決勝で日大三に敗れた。夢はかなわなかったが、強者に挑む哲学が「闘争心」を生んだ。
 プロでは、屈指の強力打線ソフトバンクとの対戦に「今から楽しみです。持ち味を出せたらいい」と声を弾ませた。“前哨戦”が31日に待っている。明治神宮大会の出場権を争う関東選手権の1回戦で、ソフトバンク1位の田中正義投手を擁する創価大とぶつかる。くしくも、田中はロッテがドラフトで最初に1位指名した投手。因縁は尽きない。佐々木は「まずは、そこで勝ちたい」と宣言した。
 都立高校初のドラフト1位で、桜美林大初の支配下指名。初ものずくめだ。「同じ新人には負けたくないです」と、新人初勝利も譲れない。歴史に名を刻む男になる。【古川真弥】

桜美林大・佐々木に指名挨拶「早くロッテの一員に」
 ロッテのドラフト1位、桜美林大・佐々木千隼投手(22)が24日、東京・町田市内の同大で球団の指名あいさつを受けた。
 伊東監督のサインが入った交渉権獲得の紙などを贈られ、林球団本部長からは即戦力との評価を直接伝えられた。「ドラフトが終わってから、ロッテに指名されて、うれしい気持ちと実感が湧いて来ました。早くロッテの一員になりたいです。ロッテは、ファンの方と一体になって戦っている印象。自分もファンの方に愛される選手になりたいです」と決意を口にした。
(以上 日刊)

D1・佐々木、ロッテに誓い「愛される選手になりたい」
 ロッテのドラフト1位・佐々木千隼(ちはや)投手(22)=桜美林大=が24日、東京・町田市の同大で林信平球団本部長(55)らの指名あいさつを受けた。外れ1位で史上最多となる5球団競合を制したロッテに、佐々木は「ファンの方と一緒に戦う印象がある。愛される選手になりたい」と誓いを立てた。
 運命の糸があった。中学3年だった2009年夏。西東京大会準決勝、神宮で日大三高に6-7で惜敗した都日野高を見て「都立でもやれる」と志望。ところがなんと、勝った日大三高の関谷-吉田のバッテリーと、今度はロッテでチームメートになる。
 伊東監督が「優勝目指して頑張ろう」と記した色紙も贈られた。先発枠入りを目指し、「球の質を上げないとプロでは通用しない」と自覚。来春の沖縄・石垣島キャンプで、直球とシンカーに磨きをかける決意だ。(広岡浩二)

佐々木についてロッテ・林球団本部長
「精悍(せいかん)な印象で頼もしい。先発ローテーションに入れる即戦力として指名した。そこを目指してもらいたい」

ロッテD1の桜美林大・佐々木「新人王取る」 指名あいさつ受け意気込み
 ロッテからドラフト1位指名された桜美林大の佐々木千隼投手が24日、東京都町田市の桜美林大で林球団本部長らから指名あいさつを受けた。外れ1位の指名では異例とも言える5球団が競合した。伊東監督のサインが入った当たりくじを受け取り「新人王を取りたい。1年目から活躍できるように頑張る」と意気込んだ。
 23日には首都大学リーグの東海大戦で完投し、初優勝に貢献した。スリークオーターのフォームから150キロを超える速球を投げ込む右腕には即戦力として、先発ローテーション入りの期待がかかる。憧れの投手は米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ。端正な顔立ちのホープは「闘争心が持ち味。打者に向かっていく姿勢を大事にしている」と力強く話した。
(以上 サンスポ)

【ロッテ】ドラ1佐々木、「新人王」宣言!31日VS創価大戦で正義に勝つ
 ロッテからドラフト1位指名を受けた桜美林大・佐々木千隼投手(22)は24日、東京・町田市内の同校で林球団本部長らの指名あいさつを受け「同じ新人には負けたくない。新人王は取りたいと思っている」と強い思いを口にした。
 明治神宮大会出場権のかかる関東地区大学選手権の初戦(31日)ではソフトバンクのドラフト1位・田中を擁する創価大と対戦する。「負けたくない気持ち全開で行く」と佐々木。新人王争いの前哨戦となりそうだ。
 明治神宮大会には、すでに、中日の1位・柳裕也(22)がいる明大が出場を決めている。柳とは大学日本代表で親交を深め、互いの1位指名とリーグ制覇をLINEで祝い合った。「柳と神宮で投げ合いたい。そのためにも(田中に)勝ちたい」
 りりしく語る153キロ右腕について「精悍(せいかん)でかっこいいですね。先発ローテーションに入る即戦力として期待しています」と林球団本部長。涌井と石川を目標に掲げる右腕は、名実ともに大学NO1右腕となり、プロの門を叩く決意だ。

【ロッテ】ドラ1佐々木、新人王取りたい!正義に「負けたくない」
 ロッテにドラフト1位指名された桜美林大の右腕・佐々木千隼(4年=日野)が24日、東京・町田市の同大学内で林球団本部長らから指名あいさつを受けた。
 外れ1位で5球団競合の末ロッテの指名を受けたMAX153キロ右腕は、「ようやく実感が湧いてきました。早くロッテの一員になりたい」と笑顔。シンカーを武器にする佐々木は、同じ球種を操る石川、エースの涌井を目標に掲げた。プロ1年目の目標については「同じ新人には負けたくない。新人王は取りたいなと思う」と意気込んだ。
 前日にチームはリーグ戦初Vを果たし、明治神宮大会出場権のかかる関東地区大学選手権の出場が決定。31日の初戦ではソフトバンクのドラフト1位・田中正義(4年=創価)を擁する創価大と激突する。同じドラ1との対決に「負けたくない」。中日のドラ1右腕である明大の柳裕也(4年=横浜)とも「神宮で投げ合いたい」と明かした。
(以上 報知)

ロッテ・ドラ1佐々木「新人王取りたい」 指名あいさつを受け笑顔で宣言
 ロッテからドラフト1位指名を受けた佐々木千隼投手(22)=桜美林大=が24日、東京都町田市の同校で指名あいさつを受けた。外れ1位として史上最多の5球団指名を受けた即戦力右腕は、伊東監督から贈られた『優勝目指して頑張ろう』の直筆サインを手に、「新人王を取りたいと思う」と笑顔を浮かべながら宣言した。
 「早くロッテの一員になりたい。ファンに愛される選手になりたい」と話す佐々木。その視線の先にはエース涌井の存在があった。「どうしたら、プロの世界で長く活躍できるかお聞きしたいし、盗めるものは盗んで吸収したい」と弟子入りを熱望した。
 涌井と並ぶ二枚看板の石川は、佐々木と同じシンカーを得意球にしている。「追いつければいいな」とさらに磨きをかけ、真っすぐの進化にも取り組んでいく構えだ。「強いチームを倒したい。ソフトバンク戦はいまから楽しみです」。頼もしい言葉で、佐々木が最後を締めくくった。
(デイリー)

************************************************************************************

【ロッテ】ZOZOTOWNが千葉マリン命名権入札!将来的な球団運営に興味
 大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する「スタートトゥデイ」が、ロッテの本拠地・千葉マリンスタジアム(現QVCマリンフィールド)の命名権取得の公募に入札したことが24日、分かった。公募は所有者の千葉市が行っているもので、同社を含め数社が参加。20日に締め切られており、市と球団による審査を経て11月上旬に新スポンサーが決まる。
 同社の担当者はスポーツ報知の取材に対し「詳細はお話しできませんが、応募したことは事実です」と話した。契約期間は12月から5年以上が条件で、命名権料は年間2億5000万円以上。市側は名称の中に「マリン」の文字の使用を求めている。通販番組運営会社「QVCジャパン」との契約は12月1日付で解除する。
 スタートトゥデイは04年に「ZOZOTOWN」の運営を始め、07年12月に東京証券取引所の「マザーズ」に上場。前澤友作社長(40)は資産2000億円とも言われる。千葉県出身で、地元に強い愛着があるという。本社も球場と同じ幕張地区にあり、地元密着の企業として命名権買収に名乗りをあげたようだ。複数の関係者によると、同社は将来的な球団運営に興味を示しており、すでに球界関係者とも接触している模様だ。
 その背景には05年から参入した楽天や、11年に横浜を買収し、約30億円の赤字を5年で黒字化の見込みとしたDeNAといった成功例の影響も大きいようだ。千葉マリンを本拠とするロッテは現状で球団売却の動きはないが、業績好調な「ZOZOTOWN」の今後の動きに注目が集まる。
(報知)

************************************************************************************

ロッテ・角中&石川の2016年タイトル獲得記念グッズを販売!
 ロッテは24日、2016年シーズンで個人タイトルを獲得した角中勝也外野手(首位打者・最多安打)、石川歩投手(最優秀防御率)の記念グッズを発売を開始したと発表した。
 フォトフレーム(シリアルナンバー入り、どちらの選手も税込7020円、限定300個)、ロックグラス(シリアルナンバー入り、どちらの選手も税込4320円販売、限定100個)。いずれも受注販売。スポーツメモリアルラボにて受付中。 http://www.sml-shop.jp/ 
 また、この他にも角中の2016年首位打者&最多安打記念Tシャツ(税込4320円)と石川の2016年最優秀防御率記念Tシャツ(税込3240円)をマリーンズオンラインショップにて受注販売。サイズはS、M、L、XL。
(サンスポ)

ロッテが首位打者角中&最優秀防御率石川グッズ発売
ロッテは24日、2016年シーズンで個人タイトルを獲得した2選手のグッズを発売開始した。
 首位打者、最多安打の角中勝也外野手(29)と、最優秀防御率の石川歩投手(28)で、フォトフレーム(シリアルナンバー入り、どちらの選手も税込み7020円、限定300個)とロックグラス(シリアルナンバー入り、どちらの選手も税込み4320円、限定100個)の2つ。いずれも受注販売。スポーツメモリアルラボにて受け付けを行っている。
(日刊)

ロッテ 角中&石川“タイトル獲得記念グッズ”新発売
 ロッテは24日、今季、首位打者と最多安打のタイトルを獲得した角中、最優秀防御率に輝いた石川の記念グッズを新発売した。
 フォトフレーム(限定300個)、ロックグラス(限定100個)で、どちらも受注販売となる。
(スポニチ)

【ロッテ】角中、石川のタイトル記念グッズが発売開始!
 ロッテは24日、2016年シーズンの首位打者と最多安打を獲得した角中勝也外野手(29)と最優秀防御率を獲得した石川歩投手(28)の記念グッズの発売を開始した。
 タイトルを獲得した角中と石川のグッズはそれぞれ、シリアルナンバー入りのフォトフレーム(税込7020円)が限定300個、シリアルナンバー入りのロックグラス(税込4320円販売)が限定100個でいずれも受注販売される。
 受付はスポーツメモリアルラボ(http://www.sml-shop.jp/)。
 この他にも角中勝也選手2016年首位打者&最多安打記念Tシャツ(税込4320円)と石川歩投手2016年最優秀防御率記念Tシャツ(税込3240円)を、マリーンズオンラインショップにて受注販売している。サイズはS、M、L、XL。
(デイリー)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾い読み★2016-298 | トップ | 拾い読み★2016-299≪コラム記事≫ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

千葉ロッテマリーンズ2016」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL