n9zvrxd

gdg

前日の閲覧数
4PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

戸をこつこつ叩たたく音がする

 Augusteオオギュスト Rodinロダン は為事場しごとばへ出て来た。 広い間ま一ぱいに朝日が差し込んでいる。この H□telオテル Bironビロン というのは、もと或る富豪の作った、贅沢ぜいたくな建物であるが、ついこの間あいだまで聖心派の尼寺になっていた。Faubourgフォオブウル Saintサン-Germainジェルメン の娘子供を集めて Sacr□サクレエ-Coeurキョオル の尼達が、この間まで讃美歌を歌わせていたのであろう。 巣の内の雛ひなが親鳥の来るのを見つけたように、一列に并ならんだ娘達が桃色の脣くちびるを開いて歌ったことであろう。 その賑にぎやかな声は今は聞えない。 しかしそれと違った賑やかさがこの間を領している。或る別様の生活がこの間を領している。それは声の無い生活である。声は無いが、強烈な、錬稠れんちゅうせられた、顫動せんどうしている、別様の生活である。 幾つかの台の上に、幾つかの礬土ばんどの塊かたまりがある。又外ほかの台の上にはごつごつした大理石の塊もある。日光の下に種々の植物が華さくように、同時に幾つかの為事しごとを始めて、かわるがわる気の向いたのに手を着ける習慣になっているので、幾つかの作品が後おくれたり先だったりして、この人の手の下に、自然のように生長して行くのである。この人は恐るべき形の記憶を有している。その作品は手を動さない間にも生長しているのである。この人は恐るべき意志の集中力を有している。為事に掛かった刹那せつなに、もう数時間前から為事をし続けているような態度になることが出来るのである。 ロダンは晴やかな顔つきをして、このあまたの半成の作品を見渡した。広々とした額。中なかほどに節のあるような鼻。白いたっぷりある髯ひげが腮あごの周囲に簇むらがっている。 戸をこつこつ叩たたく音がする。「Entrezアントレエ !」 底に力の籠こもった、老人らしくない声が広間の空気を波立たせた。


http://www.soundfl8.com
レスポートサック 激安
鞄 革

貴女が勇者殿か

すればいいの?ここに居ればいいのかしら」 許しを表情に浮かべて響は神官に話しかけた。 場内にほっと安堵する雰囲気が生まれる。自分ひとりの挙動がこうも他人を左右するのはあまりないことだった。少し、楽しいと彼女は思った。 「あ、いえ!早速で申し訳ありませんが是非王に、謁見の許可はすぐにとりますので」 「いきなりで王様に会えるものなんですか?」 「貴女様は勇者様。特別な存在ですから!」 響は . . . 本文を読む