n9zvrxd

gdg

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戸をこつこつ叩たたく音がする

2013-09-14 16:31:19 | 日記
 Augusteオオギュスト Rodinロダン は為事場しごとばへ出て来た。 広い間ま一ぱいに朝日が差し込んでいる。この H□telオテル Bironビロン というのは、もと或る富豪の作った、贅沢ぜいたくな建物であるが、ついこの間あいだまで聖心派の尼寺になっていた。Faubourgフォオブウル Saintサン-Germainジェルメン の娘子供を集めて Sacr□サクレエ-Coeurキョオル の尼達が、この間まで讃美歌を歌わせていたのであろう。 巣の内の雛ひなが親鳥の来るのを見つけたように、一列に并ならんだ娘達が桃色の脣くちびるを開いて歌ったことであろう。 その賑にぎやかな声は今は聞えない。 しかしそれと違った賑やかさがこの間を領している。或る別様の生活がこの間を領している。それは声の無い生活である。声は無いが、強烈な、錬稠れんちゅうせられた、顫動せんどうしている、別様の生活である。 幾つかの台の上に、幾つかの礬土ばんどの塊かたまりがある。又外ほかの台の上にはごつごつした大理石の塊もある。日光の下に種々の植物が華さくように、同時に幾つかの為事しごとを始めて、かわるがわる気の向いたのに手を着ける習慣になっているので、幾つかの作品が後おくれたり先だったりして、この人の手の下に、自然のように生長して行くのである。この人は恐るべき形の記憶を有している。その作品は手を動さない間にも生長しているのである。この人は恐るべき意志の集中力を有している。為事に掛かった刹那せつなに、もう数時間前から為事をし続けているような態度になることが出来るのである。 ロダンは晴やかな顔つきをして、このあまたの半成の作品を見渡した。広々とした額。中なかほどに節のあるような鼻。白いたっぷりある髯ひげが腮あごの周囲に簇むらがっている。 戸をこつこつ叩たたく音がする。「Entrezアントレエ !」 底に力の籠こもった、老人らしくない声が広間の空気を波立たせた。


http://www.soundfl8.com
レスポートサック 激安
鞄 革
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

貴女が勇者殿か

2013-09-11 17:01:15 | 日記
すればいいの?ここに居ればいいのかしら」

許しを表情に浮かべて響は神官に話しかけた。

場内にほっと安堵する雰囲気が生まれる。自分ひとりの挙動がこうも他人を左右するのはあまりないことだった。少し、楽しいと彼女は思った。

「あ、いえ!早速で申し訳ありませんが是非王に、謁見の許可はすぐにとりますので」

「いきなりで王様に会えるものなんですか?」

「貴女様は勇者様。特別な存在ですから!」

響は口元が緩むのを感じた。安全靴 ピューマ

彼女はゲームをさほどするわけではなかったが。

RPGを好む人間の気持ちが少しわかった気がした。

自分は特別で。そしてこれからその特別ゆえに非凡な冒険をする。

その始まりは、心地よい高揚を伴う得難き感情だったから。

「あら、そういえば」

響は神官たちに連れられて豪奢な城を歩く中、不意に足を止めた。

城の装飾に見とれたのではない。

「いかがされましたか?」

「ええ、私のほかにもう一人、勇者がいるはずなんですけど、今何処に?」

ザワ……ザワ…

「もう、一人ですと?」

「ええ、女神はもう一人先に送ってある、と言っていたわ」

その言葉に周囲は大きくざわめく。

決して心地よい騒ぎではない雰囲気で。

「もう一人、ではまさか帝国が勇者を得たという話は本当だったのか!」

「あのような国に先に女神が勇者を遣わすはずがない!」

「なぜ二人ともをわが国にお与えにならなかったのだ?」

などなど。

どうやらもう一人の勇者はこの国と仲良くない国にいるのだなあと響は漫然と考えた。

目的が一緒ならいずれ会うのだろうと、そのときは全く気にしていなかった。

「なるほど、ここにはいないようですね。やることは同じでしょうから別に構いませんけど」

「……そうですな。頼もしい限りです」

含みを持たせた様子の神官はそれきり話すことなく。

謁見の間に彼女は通された。

「貴女が勇者殿か」

(見事に想像通りの光景なのねえ)puma スニーカー 通販

広い空間に赤い絨毯、正面階段の上に二つの玉座。

中年の男と若い女が座っていた。多分、王と王女。もしかしたら王と王妃。年の差は気にしないことにした。

「ええ、ヒビキ=オトナシです。こちらの礼節はまだ知りませんので無礼はお許しください。王様、でよろしいですか」

礼儀のことは先に断って王に返答を返す少女。そこに物怖じは無い。対等の誰かと話をしているように誰の目にも見えた。

臣下の誰からも無礼を咎める声は無い。

「勿論、女神様より異世界よりの召喚と聞いておるからな。構わんよ。だが、ふむ。確かに勇者よな。その身を包む魔力だけでも最早疑う余地も無い。私がこの国の王ノルニルだ。長い名ゆえオトナシ殿にはこう覚えてもらえればよい」

「ご配慮ありがとうございます。自分では魔力のことはよくわからないのですが。女神からここに送られたということは、私はこの国で魔族という存在と戦う、ということかしら」

「……うむ、そなたのような女性が勇者とは思わなかったが。我が国は魔族との戦争、今は小競り合いだがその防衛線を担っておるゆえ。いずれはな。だがまずは世界を知るのが先だろう」

(いずれ?結構余裕あるのかしらね。一切の余裕がないよりはずっとマシだけど)

それにしても。響は先程からどうにも周りの目が気になっていた。

好奇という類のものではない。崇拝というか恍惚というか。居心地はあまり良くない。

ちなみに彼女の美貌への反応、そして勇者への反応、神秘的な黒髪と同色の瞳に向けられる反応の相乗ゆえの視線だったが彼女にはそこまでの自覚はなか
http://www.shoessignore.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加