都市と楽しみ

都市経営とその実践を京都で考えています。論文もご覧ください。楽しみは食べ歩き、テニス、自転車、絵画作成・鑑賞、オーディオ

今井(大阪 道頓堀):きつねうどんは変わらぬうまさ

2016-10-11 04:00:06 | 食べ歩き

 残暑がきつい。洋食と思ったが、あっさりきつねうどんになびく。道頓堀は昔の香港みたいな看板が頭の上を舞う景観、あくどく、どぎつい。

 ここに柳とともに佇む今井はしみじみする。普通では少ないため、きつねうどん大盛りにすると324円追加で1,080円。

 お揚げがみっしりしており、噛みごたえがあり味も濃く甘い。肉を食べているような感じがする。甘味が出汁に溶け出し、だんだんお揚げは軽いお味に、出汁は甘く太い味に変化する。山椒大目の辻田特注の七味(216円で売っている)を加えていくとつり合いが取れる。

 出汁はすっきりで節と昆布の旨みがある。斜切りの繊切葱が風味を添える。出汁にうどんの溶け出しがあり濁っているのが厚みになっているのか。

 うどんは丸く、ちょっと腰があるが表面がつるつる柔らかで大阪風。変化に葱とお揚げで楽しい。

 夏でもあり塩分補給に出汁を久々に飲み干す、うまいが高い

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初秋の桂離宮:晴れた空が高い | トップ | ヤミ市跡を歩く(藤木TDC):... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うどんはソウルフード (阿保玉)
2016-10-11 11:24:10
美味そうですね。ふっくら甘めで汁をふくんだキツネは王道の一品。
いりこ系の黒いつけ汁の讃岐・長田うどん〈店が変わったような〉 も大好きだ。
腰の強い太麺の御所のたらいうどんも良い。
以前は前の清流で取れた小魚ジンゾク〈裏に吸盤がある小魚〉で取った出汁、いりこより脂分があるようでもう少し濃厚な、つけ汁としては飲める感じのやや薄めの出汁に卵を少量といたのが浮いている これも良い。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食べ歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。