海とプールの日記帳

運動音痴からの一念発起、スイミングと並行して主に湘南で練習するサーフィン初心者のカメの成長日記です(*^^*)

サーフィン ~太東~

2017-07-13 22:41:14 | サーフィン
オット、3週間近くあいてしまいました、海~

ここんとこのオンショアな日々に、千葉への思いをまた募らせていました。
前日から南西の強風予報だったんで、勇気を出して太東に行ってみることに決意しました!

そもそも千葉への敷居が高いのは、波のサイズはもちろんですが(私にはデカくてこわい)
車で行くとなると時間通りに帰ってこれるかわからない為、こども的に心配だったり、知らない海に一人で入る技量もないのでスクール→指定時間に着けるかしら、とか勝手にイロイロ心配します😅

でも、今日は行ってみてよかった☺
横風は強かったですが、面は乱されてなくて、よい練習になりました。

8フィートくらいの板をお借りしまして、乗れた本数は少なかったですが、なにより見ていてくれる先生が!
はじめ板の感覚がわからず、全然乗れずにいて、これじゃー先生も教えようがないし、ほんとすいませんって思ってたけど、あたたかく見守って下さり~

後半は岸から見ていて下さり~(遠いのにすごい緊張します😂)

具体的なアドバイスをたくさんいただけたので、ここに記しておきます✏

🔘パドリングの手の掻きが浅い→もっと深く。やたら最後まで掻こうと思うより、深く掻くことの方を重視した方がいいみたい

🔘パドリングの時にやたら足がリキんでる→足をまっすぐ伸ばして閉じる!を意識しすぎてたみたいです(^^;もっとラク~にして、いいそうです(笑)

🔘波待ちからの方向転換→お尻を後ろにずらして、片手でレールを持ってもう片方で水を掻いてサクッと回転できるように。

🔘なぜか後ろ足に体重がかかりっぱなし→ダンパー気味の波で頭から前転しないようにしていた癖が抜けきらない上、チョット前からターンとかに憧れて、後ろ足!と思っていたことが見事に現れていたようです💧

🔘スタンスが広すぎる→広すぎるがゆえか、両膝を内側に絞りすぎてショートの人みたいんなってる(ショートボードの動画ばかり見すぎた😂)

🔘スタンスのこととつながってるのですが、足を曲げて姿勢が低すぎて、テイクオフ直後からその姿勢で固まっちゃってる→なので、バランスを崩しやすく転ぶから、もっとリラックスしてスタンス狭く、自然に立ってるような形でよいと。

🔘最後に、ちゃんと乗り終えること。
狭めのスタンスから、後ろ足を自分が思っていたよりも大きく後ろにずらしてテールを踏んで、ちゃんと踏んで、そして岸に向けてボードを返してからちゃんと終えること。(プルアウト以前のお話のようでした💦)

そもそも初めから広いスタンスじゃ、ステップパックの余地もないと。その通りです。

他にもあったかもしれませんが、一度にイロイロ頭に入らないので、これしか思い出せませんでした💦

で、ヤハリ、立ってからボトムに下りきっちゃってるから、将来的には波のもうすこし上の方を滑っていけるようにならなくては、と。

ここで私はとても嬉しかったのです。

こんな私に対して、将来的には、という言葉を使って下さったことが。

正直、本物のサーファーさんのようにはなれないし、サーフィンごっこみたいなかんじでこのまま終わるのかな~、いつも通ってるお店でも、もはやこれから上達していく人っていうより、さざ波の日に遊びに来るオバチャン、ぐらいなかんじだろうし。。。

って、自分で自分を諦めかけていたので、このお話は大変励みになるものでした。

で、どうやって波の上の方を滑っていくか、という話をする前の段階ではありますが、ちらっとお話してくれた内容が、抜重によって波の上へ上がっていくのだ、と。

帰りの車の中で考えながら、合点がいきました。
スタンスがだだっ広くて後ろ足で固まっちゃってることをとにかくなくして、ラクに自然に乗る、ということを教えてもらったので、まずはそれをやってみれば体重かけっぱなしの固まりサーフィンから抜け出せるのかも、と。

一度にイロイロ改善できないので、今日の教えだけでもうだいぶんにお腹いっぱいです(笑)

しばらくは、これらを念頭にまた自主練してみよう。

教えて下さった先生、ありがとうございました。

『マリンスポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平泳ぎ月間です! | トップ | スイミング ~平泳ぎ4回目~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サーフィン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。