ひとり語り 劇車銀河鐵道 いちかわあつき

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2017年の読書。

2017-12-29 00:15:17 | 日記
今年は目標の年50冊に、何とかギリギリ到達しました。
越年読了した三枝和子著「うそりやま考」に始まり、1月に7冊と、好調な滑り出しを見せ、なかでもねじめ正一著「荒地の恋」が面白かった。
2月も7冊、この月は小島信夫を読もうと、「残光」「女流」の2冊を読了しましたが、あと予定していた数冊の著作物へは続けませんでした。
3月はやや低調で、4冊。この月は長嶋有著「ジャージの二人」が、やっと読めました。
4月は芝居の稽古も忙しくなって、2冊。
5月も同じく2冊でしたが、3月に「ジャージの二人」を読めたことで、数年本棚で待機していた同じく長嶋有著「ねたあとに」読了。
夏場も、6月3冊、7月2冊、8月3冊と低調な月が続きましたが、ここで村上春樹の新刊「騎士団長殺し」2冊を読み、また印象に残った作品は、渡辺保著「戦後歌舞伎の精神史」でした。
9月は4冊、少し仕事がらみではありますが、島崎藤村未完の遺作「東方の門」を初めて読み、口演のテキストとして、田辺聖子著「千すじの黒髪/わが愛の与謝野晶子」これは与謝野晶子への愛があふれていて、いい作品でした。
読書の秋にペースが復活し、10月は7冊。ここでも藤村作品、「新生」をあらためて読み、節子(すなわち島崎こま子)を、再発見した思いにかられました。風潮風聞、世評に惑わされることなく、しっかり読むことだと思い知らされました。
11月4冊。ここでは、とにかく私の中で津村記久子という小説家が、今マイブームを呼んでいるということ。
「とにかくうちに帰ります」「ミュージック・ブレス・ユー」「君は永遠にそいつらより若い」立て続けに読みました。
そして、12月4冊で計50冊。その最後の月の圧巻は、ホルヘ・ルイス・ボルヘスが1960年代くらいにブエノスアイレスの大学で講演した講演記録「語るボルヘス」。
そして最後の50冊目が、写真にある多和田葉子著「百年の散歩」。彼女の作品にしては、読みのエンジンの掛りに少し時間がかかりましたが、読み終わってみれば、やはり読み応えのある1冊でした。
そしてあともう1冊をあと3日で読み終われるか……無理かなぁ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脚本家・作家 早坂暁氏の死を悼む

2017-12-17 08:59:57 | 日記
ドラマ「夢千代日記」「はなへんろ」などで知られる作家、早坂暁さんが亡くなられました。
またひとつ昭和という時代が遠のいていく思いです。
私は「夢千代日記」「はなへんろ」というNHKドラマをどんなに愛していたか……。
作品はさることながら、演出の深町幸男さんも大好きだった。今ではもう骨董品の部類に入るのかもしれないVHSビデオで、作品を観直そうかと思います。

近年吉永小百合さんが、夢千代という役柄は苦手だったという発言は、少し悲しかったです。
いや、薄々はわかってはいたことですが、夢千代はもっとも吉永さんの魅力を発揮した作品だったからで、
なぜあの夢千代日記のラスト作品を浦山桐郎監督で撮ったのか画、私には残念で、何も事情を知らない一ファンの愚痴ではありますが、
深町幸男監督で撮ってほしかった。
深町作品「長崎ぶらぶら節」は、やはり吉永小百合という女優の魅力を充分に引き出している作品でした。

話がそれてしまいました。早坂さんの追悼文を書いているのです。
作者の自伝的ドラマであった「はなへんろ」も魅力いっぱいの作品でした。親友渥美清さんナレーションで語られていく作者一人称のドラマは、テレビドラマにおける文学性のクオリティーを高めた画期的な作品だったと思います。

現在のドラマ・映画における文学性の欠如は、まったくとは言わないものの顕著だと思います。
早坂作品のような見応え、手応えのあるドラマをやはり観たいものですが、それを望む視聴者がいないとすれば、
消えていくのも必然でしょうね。時代は変わっていくのです。

早坂暁さんのご逝去を、心より悼みます。どうぞ、安らかにお眠りください。ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝・カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞!

2017-10-06 10:25:36 | 日記


愛読する作家がノーベル文学賞を受賞するのは、とても喜ばしいことです。
どの作品もとても好きです。
その中でも「日の名残り」はとても読み応えのある作品ですが、著者最初の
長編小説「遠い山なみの光」はふるさと長崎を舞台にした小説、まだ読まれ
ていない方に、是非ともおススメしたい一冊です。

ノーベル文学賞の受賞作家の傾向は、はっきりしてきています。
村上春樹さんの受賞は、近い将来必ずあると思います。楽しみは先に取って
おきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジェリー・ルイスの死を悼む。

2017-08-21 10:18:31 | 日記


最近のブログは、訃報・追悼の記事ばかりになっていますが、
今回も、アメリカの喜劇俳優ジェリー・ルイスさんの追悼記
事になります。

底抜きシリーズの映画をご覧になったことはないでしょうか?
もともとはディーン・マーチンとのコンビで一世を風靡した
底抜けコンビ。1950年代のアメリカを代表するコメディア
ンでした。
私が子供のころによく観たのは、コンビを解消した後のジェリ
ーの底抜けシリーズの映画でした。
もしかすると、コント55号やドリフターズを認識する前に、
このジェリー・ルイスのドタバタ・コント(喜劇)を目にしてい
たかもしれません。

60年代、小学生のころに一番好きだった喜劇役者だったかも
しれません。
もちろん、チャップリンは別格としてです。
60年代の終わりから、映画から遠ざかり私も70年代後半く
らいから興味がほかに移って遠ざかって行きます。
80年代から彼はまた映画に復帰しますが、それらの作品は目
にしていません。

ジェリー・ルイスは91歳で亡くなりました。心よりご冥福を
お祈りいたします。
楽しい笑いをありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンヌ・モローの死を悼む。

2017-08-01 00:29:33 | 日記


フランスの女優ジャンヌ・モローさんが亡くなりました。
89歳、老衰とのこと。

ジャンヌ・モローといえば、「死刑台のエレベーター」と
いう映画で観たのが最初だったでしょうか?
「突然炎のごとく」もよかった。
でも私が一番好きで、心に残っているのは「ビバ!マリア」
ブリジット・バルドーのとの共演で、どちらかというとB・
Bに目が行ってしまいそうなのですが、でもジャンヌ・モロ
ーがいい。
元祖タバコをふかしてかっこいい女優ジャンヌ・モロー。

心より御冥福をお祈りいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加