N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

平和の船は帰国しました

2017-08-09 05:36:19 | 情報

「友情の船は」サハリンを後にしました

 
ツーリズム 、 ユジノサハリンスク

19「友情の船は」島の地面に7日間滞在しました。 この間、日本の男性は、ロシアの文化や伝統、習慣で知り合ったサハリンの家族に住んでいただけでなく、島の首都の観光スポットを訪問 - スポーツ、観光、複雑な「山の空気」、記念、博物館の複合体を「勝利」、キリスト降誕の地域博物館、大聖堂。

また、彼らは子供たちのレクリエーションキャンプ名誉のゲストは来年シフトの開口部にあった「ジュビリー」を、訪問しました。 彼らにとって、ロシアの踊りや歌によって作成されている、と彼らは、順番に、ライジングサン「Osakoyサラ」とさくらについての歌の伝統舞踊の土地のキャンプを祝福しました。

マトリョーシカ - と一緒にサハリン日本のお客様にはロシアの伝統的なシンボルを作ることに楽しみを開始する、などでマスタークラスに参加しました。

ロシアのキャンプ茶への日本代表団の訪問。 ご宿泊のお客様は、パンケーキ、ドライヤー、自家製ジャム、砂糖ビスケットと紅茶に処理しました。

祭りの最後に、ロシアと日本の学生だけでなく、学生はロシア語で歌「カチューシャ」を行いました。

今年は、島領域は、北海道の42人が訪れました。 国際交流は、1999年から毎年行われています。 翌年、「友情の船は」日本に20周年の訪問を迎えます、スポーツ省やサハリン地域の青少年政策のプレスサービスを参照してIA Sakh.com報告します。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日72年前 長崎に原爆が... | トップ | 名優アンドレイ・コシェレブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。