N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

南千島への観光旅行の経費50%を公費で負担します

2017-07-14 05:14:33 | 旅行・観光・買い物

サハリン地域は、観光客のグループのために千島列島のほぼ半分の旅を支払うことになります

観光のための地域機関との三者の合意は、航空会社の「オーロラ」と3つの旅行代理店は、ユジノサハリンスクで7月13日に署名しました。今から、これらの企業は、国後島と択捉島の観光客グループのための航空券の予算からの補助金を受け取ることになります。

- 後 補助金の撤廃空の旅の航空会社のために「オーロラ」は、我々は千島方向に旅行代理店の活動を監視し、 - 観光庁ナタリア・イワノワの演技ヘッドの先史時代に語りました。 - それは、千島列島へのツアーの予約は38.4パーセント減少したことが判明し、千島列島の経済への寄与はおよそ2700万ルーブル減少しています。

イワノフとSpichenko
イワノフとSpichenko

庁は年2016と2017のための千島方向に4人の主要なプレーヤーの活動を比較しました。3月〜6月には、ほぼすべてのパッケージツアーは、通常は完売しているので、今年はこの島に来てどのように多くの観光客を推定することが可能です。これは、千島列島に観光客の総流量が約半分に減少していることが判明し、地域の経済の損失は最も保守的な見積もり、4000万ルーブルによると、に達しました。これは、千島列島のために観光客の需要は以前に常にだったと着実に成長したという事実にもかかわらずです。

ツアーパッケージの購入に加えて、観光客は、ホテルにあるレストランでは、トランスポートが使用する千島列島を歩く - この相互関係セットを、そしてこれらのセグメントのすべての下落を記録しました。すべての起業家は、彼らがアイドル状態であることを言うと、損失を被ります。

そのため、地方政府は前後にクリリスク古釜布にユジノサハリンスクからの観光客のグループのための便に助成金を支給することを決めた、と。これらの目的のために2017年にそれが1280万ルーブルを割り当てられました。

旅行代理店は、面積が各チケットの11000のためにそれらを返済するまでの26,000の特別料金、の方向に「オーロラ」でチケットを購入:そのような方式を採用しました。このように、個々の観光旅行は15000ルーブルの費用がかかります。

一定の手続きが補助金を受けることを希望任意のツアーオペレーターを入力することができ、「オメガプラス」、「Turbiznesklub AMIST」と「Gidrostroyツアー」が、彼らの仲間入りした後 - たった3つの島の今日は、協定に参加しました。

- 今年は、少なくとも観光客のトラフィックの昨年の数字を補うためにことを願っています。しかし、この - これは正確である - 楽観ナタリア・イワノワと言います。

旅行会社はより多くの予約状況を評価する:彼らの見解では、観光客の増加数は急速に発生しません。

シングルについては、千島列島に旅行は彼らのためにすべてが同じままになり、グループではありません。アップクリリスク、航空会社のコマーシャルディレクターによると、「オーロラ」ヴァレリーSpichenko今日古釜布に経済的に実現可能な飛行とバック29500の費用がかかる - 33500ルーブル。

格安航空会社からの補助金の地域システムを思い出してください 変更貯蓄に発表された率に関連して、昨年。地域オレグ・コジェミャコ知事怒りを表明 チケットは公称値よりも3倍安い訪問者のために売られているという事実。

さすが、大国ロシアサハリン州政府 旅行会社も集客が集中する事です。日本人もグループで是非参加したいものです。 サハリンマン
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 検察は特別保護自然界「林業... | トップ | ノギリキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。