N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

ノギリキ

2017-07-15 06:01:02 | 人・交流

ノグリキで土着民族の芸術品や工芸品でマスタークラスを開催しました

ハバロフスク地方のノグリキ地域博物館のよく知られたマスターは、土着民族の芸術品や工芸品でマスタークラスを開催しました。地域の6つの地区から来たサハリンのマスターの場合は、再教育講習のようなものでした。

ロシアの国立マスター、芸術家協会ユーリKuysali、魚皮リュドミラハタとRenat Rosugbuサハリンは白樺の樹皮や魚の皮で作業木彫りのための新技術、技術や著作権の動向に精通ハバロフスク地方の知事の勝者から作られたデザイナーの服やアクセサリーのメンバー。

下の会社「サハリンエナジー」の支援を受けて、民芸の地域センターが主催するワークショップ「サハリン地域の先住民族の開発計画。」

クラスは4日間開催されます。「授業」の後、学生は宿題で動作するように続けました。結果は、すでに作品のマスタークラスのシリーズを完了サハリン巨匠の展覧会でした。

教師ノグリキの子供の学校の芸術のライアミラ・パスコー、教師が自分の仕事を紹介するだけでなく、材料と連携する方法を学ぶだけでなく、非常に重要であると指摘しました。例えば、どのように魚の切断から始まり、皮革で終わる、すべての段階で、魚の皮を作製しました。彼女の意見は、マスタークラスの他の参加者によって共有されています。

アンナリッツィックは、このイベントは、若いマスターが参加したことを喜んコミュニティ「Agdauri」のPoronaiメンバーは、彼らが「サハリンエナジー」のプレスサービスを基準とした報道機関Sakh.comによると、先住民族の伝統的な芸術に従事したいという願望を持っていました。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南千島への観光旅行の経費5... | トップ | 出国出来なかった九歳児 法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人・交流」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。