N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

アイスホッケー日本女子チームサハリン合宿

2017-06-14 06:03:18 | 娯楽・スポーツ

サハリンにおける日本オリンピックチームホッケー運動の代表

 
スポーツユジノサハリンスク

ホッケー開発センター「極東 - アリーナマスターは」賓客にホストを果たしています。合宿に参加するには、日本の女性の間でのアイスホッケーでオリンピックチームのサハリン代表に来ました。Shishiyuchi美穂藤井とシンクは、ちなみに、島の男の子に対処するために、昇る太陽から来るDzho新谷、の方向の下で島の選手と一緒に訓練します。

- 私は幼い子供や若い選手をコーチするために使用しました。女の子はすでに、私は彼らに注意が必要な細かい点を思い出させる、このすべてに合格しています。主に我々は持久力、スピードに取り組んでいます。彼らは塗装一日 - 朝の氷が、その後、センターに行き、 - ホッケー開発センターDzho新谷のマネージャーは述べています。 - 合計で、彼らはサハリンに4日間滞在します。これは、さらに訓練を修正し、独立して動作するのに十分です。

日本、中国、韓国からの観光客をホストするために、定期的にホッケーの開発のためのセンター。ユニークなスポーツ施設を持っている機器、。こうしたセンターがアジア諸国で。そのため、若い選手は、サハリンに到着します。オリンピックチームのメンバーは、「アリーナマスターは」存在しませんでした。

- ホッケーの開発のためのセンターは4年連続でアイスコンプレックス「アリーナ市」で動作します。私達のデータベースではプロ選手が技術、機能的および物理的なトレーニングを投げ、スケートを改善することを可能にする独自のシミュレータが含まれています。我々はまた、怪我からの回復を支援する機会を持っている、 - 「 - アリーナマスター極東」ビタリー・ザハロフ管理TSHRのディレクターは述べています。

- 我々は、彼らがサハリンに来たことを非常に満足して喜んでいます。ホッケーは、私は3年前からやっています。私はオリンピックで日本を表すことができ、国の名誉を守るためにすることを誇りに思います。私たちはアイスホッケーを再生することができますことを世界に示したいと思います。私にとってそれは大変光栄です。そのため、私に依存して、すべてをやろう - Shishiyuchi美穂氏は述べています。

日本からのホッケー選手はサハリン数回に到着します。次の訪問は、9月、10月に予定されている、スポーツ省やサハリン地域の青少年政策のプレスセンターを参照してIA Sakh.com報告します。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアの日を祝う | トップ | 空手道 薄い空気での訓練 I... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。