N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

動物の骨を利用した彫刻を学ぶ

2017-06-22 17:15:39 | 学ぶ

住民は、骨の上に彫刻を学びPoronaisk

 
文化Poronaisk

Poronaiskでは数日のための地域の博物館は、骨の彫刻でマスタークラスを渡します。それはビクターアレックはChuckcheeの起源を持つとマスターカーバー第三世代である(他に彼が復元磁器と金属を彫刻して)しまいます。

Poronaiskビクターでは招待で来ました。ここで最初の時間を教えており、彫刻機械のレッスンの対象となりました。構図 - マスタークラスの参加者は、大人と子供がツール、方法および処理技術、少しの適切な使用を学びます。処理するために、ソフトで快適 - 学生の材料としては茸を提案しました。

マスタークラス「サハリンエナジー」、北の先住民族の第三開発計画の実行中に選択した企業の助成金を行いました。このプロジェクトでは、彫刻の木材や骨ポロナイスクの訓練は昨年に実施しました。今年は、主催者は地理の授業を展開していることを特徴とします。Poronaiskではほとんどヴァルノグリキの村から、居住地の伝統的なアボリジニの場所で地域の7つの地区のマスターを招待。これは、地域トナカイの飼育で唯一の場所です。スタッフそこにどんどん大きくし、アーティストのための機会。

 サハリンマンがアラスカに旅行した折にアリュート人が見事な骨彫刻を見せてくれました。お土産品として販売され製作者に還元されていると言っていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブックストリート「古本市」&... | トップ | 欧州チャンピオンズカップス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学ぶ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。