N45-50

ロシア・サハリンと北海道を結ぶ架け橋ネット
Rがタイトルにあるとロシア語対応です

2018年 北海道と命名してから150年間が過ぎます 新たな151年に迎います

2017-03-21 06:16:29 | 情報

 北海道は古来からアイヌ固有の領土でした。探検家松浦武四郎が蝦夷「エゾ」地の探検と地図の測量を明治政府から命じられアイヌ民族の協力を得て完成したのが、現在の北海道地図の原本でした。松浦は三重県出身の下級武士でした。1869年に明治政府から蝦夷地に代わる地名の提案を命じられました。同年8月15日に正式に「北海道」と命名されたのです。調査ではアイヌの人々と寝起きを共にして調査を続けた事が「天塩日誌」に記事っされています。

来年は命名を記念して北海道内は基より海外で各種の行事が解される予定です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェホフセンターはトルスト... | トップ | クリル島の地名がロシア著名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。