『知床長屋の事件簿』・・・by知床オプショナルツアーズ SOT!

知床の自然ガイドが、知床の高台の変な形の住宅(知床長屋)で起きた毒にも薬にもならない出来事を、時々更新する変なブログ。

帰還しました。

2016年12月10日 22時40分36秒 | ガイドの生活

長旅を終え、昨夜知床長屋に帰還しました。

札幌からウトロへ約400km。約6時間のドライブですが、途中休憩地の丸瀬布で車を見ると、雪で車のフロントマスクは御覧の通り。

でも本当に大変だったのは、北見からウトロまでの道路でした。

大雪に除雪が追い付かなかったらしく、道路に雪が山盛りでハンドルを取られてドッと疲れました。

----------------------------------------------

(今日の知床漫才)

ぺぇ:約一ヶ月の間、留守にしてました。

なみ:その間に随分いろいろなことがありましたね。

ぺ:成宮寛貴の電撃引退はびっくりしましたね。

な:テレビ朝日は『相棒』の再放送ができなくなって大打撃らしいですね。

ぺ:それを言ったらフジテレビだって『ホームレス中学生』が再放送できませんよ。

な:それはほっしゃんですよね。わかりにくいし、まだNHKのカーネーションの方がいいでしょ。


この記事をはてなブックマークに追加

パース近郊でバードウォッチング(クレアモント湖)

2016年11月29日 17時25分57秒 | 外出・・・海外

パースから電車で15分ほどのところにあるクレアモント湖で最後のバードウォッチングです。

いかにもたくさんの鳥たちと出会えそうなロケーションでしょ。

↓早速現れたのが、ツチスドリ(Magpie-Lark)

 ↓オーストラリアクロトキ(Australian White Ibis)

↓マミジロカルガモ(PAacific Black Duck)

↓コクチョウ(Black Swan)

オオバン(Eurasian Coot)

オオバンの親子です。日本でも見られますが…、

↓セイケイ(Purple Swamphen

こちらはセイケイです。

↓セイケイも子育てをしていました。

↓オーストラリアセイタカシギ(White-headed stilt)

↓サザナミオオハシガモ(Pink-eared duck)

↓ワライカワセミ(Laughing kookaburra)

やっと会えました。

↓そして最後に

オーストラリアチゴハヤブサ(Australian hobby)

です。


この記事をはてなブックマークに追加

パースでバードウォッチング

2016年11月29日 06時39分33秒 | 外出・・・海外
昨日は朝早くから夜遅くまで行動してましたので、今朝になってブログを更新します。
早朝にホテル周辺の公園に出かけて、午後からはピナクルズという奇岩群を見に行くサンセットツアーに参加です。
以下、会えた野鳥たちの数々です。
街からバスで10分ほどのところにあるキングスパークにて。
ゴシキセイガイインコ

カササギフエガラス
モモイロインコ




街から車で30分のところにあるヤンチェップ国立公園にて。

ヒジリショウビン【神聖なキングフィッシャー】

ムラサキオーストラリアムシクイ これに会いたかったので初対面は心臓ばくばくでした。

飼育され放し飼いになっているコアラ。ヤンチェップ国立公園にて。

こちらは野生のウェスタングレーカンガルー。

ナンバング国立公園に内にあるピナクルスという奇岩群。
ピナクルは尖っているという意味です。

この記事をはてなブックマークに追加

小さな大自然島、ペンギンアイランド

2016年11月27日 17時33分26秒 | 外出・・・海外
渡し舟にたった10分ほど乗船するだけでペンギン島に到着します。
到着してすぐに驚いたのが島の周りに無数の海鳥たちがいること。

北海道で言えば天売島のような島で、島全体で野鳥を保護しています。

そしてしばらくして45分程のクルージングが始まるのですが、

これがとんでもなくすごいんです。
小さな岩礁のようなところにいたのが、ロットネスト島できちんと撮影できなかったミサゴです。

そしてそのすぐ下いたのが、ミナミゾウアザラシの母子。数時間前に出産したものと思われます。

これだけでも十分にに来た価値があったと思ったのですが、さらにはオーストラリアアシカの群れ。

後ろのコシグロペリカン(オーストラリアペリカン)も素晴らしい。
そして船とアシカの間を割って入るようにやってきたのが、ハンドウイルカです。

もうわけわかりません。たった45分のツアーでこんなにもたくさんの貴重な動物たちに会えるツアーは世界的にもそうそうないでしょう。
このツアーでペンギンに会うことありませんでしたが、そんな事は関係なくなってしまうくらい大満足のツアーでした。
先にも書いた通り、ペンギン島と言う名前ながらペンギンに会う事はかなり難しい島です。なのでペンギンに会うのは次回のお楽しみと言うことで帰ろうとした矢先、こんなところにペンギンを見つけました。

島を巡るボードウォークの下で留守番をしているフェアリーペンギンの子供を見つけました。

誰も見つけられない場所に隠れていたのに、僕だけが見つけてしまったので、すぐにその場を離れていきました。
4時間ほどの滞在ですがもうお腹いっぱいです。この幸せな気持ちに浸りながら、今日は静かにホテルに入ります。

この記事をはてなブックマークに追加

パースからロッキンハム、そしてペンギン島へ

2016年11月27日 15時06分35秒 | 外出・・・海外
早起きの癖が止まず、今朝も4時に起床しました。
せっかくなので始発電車に乗ってペンギン島まで行ってみようかと思い立ちました。
実はここ、ネットの評判がすこぶる悪く、ほとんどサイトでがっかりした、と言う評価になっています。
ペンギン島と言う名前なのに、肝心のペンギンは昼間海に餌を取りに行ってしまうため、ほとんど会うことができないかららしいのです。看板に偽りあり、と思われてしまうのでしょうね。
そのせいかパースからペンギン島までの行き方を親切に教えてくれるサイトが皆無で、正直ちょっと困りましたので誰かの役に立てばと思いここに記します。


パース駅地下2番ホームからロッキンハムまで30分。料金は5ゾーンということになるので8.1ドル(2016年11月27日現在)。スマートライダーと言うパース版Suicaを使うと15%以上割引になります。
駅を出るとバスターミナルになっているので、10番のバス停から552番または553番のバスに乗り込みます。

このバスの終点まで行ったら下車。海に向かって歩くと10分ほどで船着き場に着きます。

この奥にあるカウンターで渡船のチケットを買います。渡し船のみのチケット14ドルと、アシカを見に行くツアーとペンギンの餌付ショーがセットになった39ドルのチケット。39ドルの方を買いました。ちなみに先の写真に写っていたバスに乗り込もうとしているお姉さんは日本人と中国人のグループなのですが、ツアー会社に予約をして85ドルだったそうです。
後は9時10時と1時間おきに出る渡船に乗れば10分ほどでペンギン島に到着です。チケットを買うときに何時の船に乗りたいかを指定するといいと思います。
ペンギン島にはストアが一切ないので、このチケット売り場の左手にある売店でお水と食べ物買っていくのもいいかもしれません。大体3〜4時間でほぼ見て回れると思うのでドリンクだけでもいいかも。
帰りの渡船の時間は午後4時が最終でしたので、それに乗り遅れないように帰って行きましょう。日曜日のバスは本数が極端に少ないのですが、最終便は午後6時まであります。

ペンギン島での一日はこの次のページで。

この記事をはてなブックマークに追加

フリーマントルの町へ

2016年11月27日 07時31分03秒 | 外出・・・海外
1日遅れの更新となりますが、フリーマントルの町へ出かけてきました。
古きヨーロッパの雰囲気が残る街並みです。

この町の名物は週末市場。

周辺各地の野菜やフルーツ、自然系のコスメなどが売られていましたが、おじさんは興味無し。

でもメロンの半切り、約300円也は魅力的でした。
蛸も有名なので、昨日ガイドのhitomiさん〔あだ名〕に教えていただいた店に。

蛸のマリネはニンニクが効いて美味しかったです。
地ビールのお店ということもあり、飲めもしないのにピルスナーを撮影用に注文。

どういうわけか、一杯目を飲み終えた頃に二杯目とレモンスカッシュが運ばれてきました。おそらく間違いだろうと手をつけずにいましたが、回収に来る気配無し。近くを通る店員さんに説明できる英語力のない嬉しさ、でなく悲しさ。ありがたくいただきました。でも飲み慣れてない身体に昼のビール1リットルはことのほか効き、フラフラしながら海洋博物館に向かいました。


難破船から引き揚げられたスーツケースの展示。

この記事をはてなブックマークに追加

ロットネスト島という島のこと

2016年11月26日 11時22分55秒 | 外出・・・海外
ロットネスト島という島の名前の由来は、ロット(ラットが鈍ったもの)ネスト(巣)から来ています。オランダ人がこの島にいるたくさんのクォッカを見てそう名付けたそうです。



第二世界大戦中大砲が置かれたりして軍事拠点の1つでした。
さらにそれ以前は、水利が悪かったため生活には不向きで、八丈島のような囚人を送り込む島でもありました。
南極からの風を直接受けるため、レーダーが未発達の頃には、この島の周辺ではちょくちょく船が難破していました。
以前ウィスキーを大量に積んだ船が難破した時は囚人たちがその回収にあたりみんなベロンベロンに酔っ払って、苦しみを与えるはずが囚人たちがみんな幸せになったと言う笑い話のような実話があります。



現在この島ではオーストラリア国家がA級自然保護区に指定して、この島の自然を厳重に管理しています。一般車両の乗り入れは禁止されているため、もっぱらこの島の中での移動は自転車です。ピーク時には3,000台以上の自転車がこの島の中を走っています。
この島に家を建てる事は許されず、住民は観光関係者などわずか数名が国が建てた家に住んでいます。
釣ってはいけない魚を釣ったり、動物を持ち出そうとしたりするとかなり厳しい罰則があります。この国では酔っ払い運転よりも厳しいのです。
とは言え、オリーブの葉っぱをちぎってクォッカにあげたりしても特にお咎めはなく、ちょっと私たちの感覚とは違うところがあります。



青い海が広がりたくさんの野鳥が暮らし、海の動物たちがたくさん暮らすこの島。絶対にまた来たくなる島です。







この記事をはてなブックマークに追加

クォッカ

2016年11月26日 08時23分51秒 | 外出・・・海外
この島にはクオッカと言うかわいい動物がいます。カンガルーと同じく有袋類です。
世界中にこの島にしかいない貴重な動物ですが、なかなかお目にかかれないと思いきや、割と普通にいます。





餌付けをしてるわけでは無いのですが、カフェの中にも普通に入ってきます。
だから店の入り口にこんなシールが…。



島のあちこちにいて日陰で昼寝をしています。胴も長くて特にかわいい動物とも思いませんでした。



親子のクォッカにもあいましたが、子供のほうはまあまあ可愛いかな。



ところがこの動物がハッピーアニマルと呼ばれる本当の理由がわかりました。



笑うんです。信じられない位かわいいです。



これは愛らしいですね。


この記事をはてなブックマークに追加

ロットネスト島一日ツアー2

2016年11月26日 07時28分13秒 | 外出・・・海外
車窓からミサゴの巣を発見しました。



この島にはミサゴの巣がいくつかあって、写真のものは80年以上も使われているそうです。



ガラス越しなので、きちんと撮影できなかったのが本当に残念。この後の予定を全てキャンセルして、バスから降りて撮影したかったです。
この後にも、何度かミサゴに遭遇して、その度にバスから降りたいと思ってしまいました。



「こんなにミサゴに遭遇することは滅多にありませんよ。」と、ガイドさん。ワシタカ類には好かれてる方かも。

続く

この記事をはてなブックマークに追加

ロットネスト島一日ツアー続き1

2016年11月26日 06時46分44秒 | 外出・・・海外
昨日、随時一日ツアーの模様を更新するつもりでしたが、あまりにもツアーが楽しかったのといろいろな小さなハプニングがあり更新できないままになってしまったので、ここで昨日の模様を更新します。

高速船に乗り換えて約30分でインド洋上に浮かぶロットネストに到着しました。



まずはみんなでバスに乗って島内を一周します。



途中車窓から見えるのは、これでもかと言う位美しい海ばかり。



途中下車して高台からも見たりします。



このきれいな海に船を浮かべているのは、超金持ちたち。シャンパンか何か飲んでます。格差を感じます。

続く。

この記事をはてなブックマークに追加

1日ツアーに参加です

2016年11月25日 08時24分21秒 | 外出・・・海外
今日は地元のツアー会社が主催する一日ツアーに参加してロットネス島に向かいます。



この船でブラックスワンリバーを下ってフリーマントルの町へ。

途中、鉱業で当てた人たちが住むパースのビバリーヒルズを通ります。この辺の人々の道楽は船。
お金をかけて船を買い、船で移動します。
船で行けるカフェまであるんだそうです。すごい!

フリーマントルからはインド洋を横切るため、大きな船に乗り換えます。


この記事をはてなブックマークに追加

パースに着きました。

2016年11月24日 19時01分39秒 | 外出・・・海外


オートラリアのパースに着きました。

シドニーからの国際線はターミナル3に着くので、出た所が路線バス乗り場。

市街地まではタクシーで行けば良いのですが、地域住民が使う足を利用することがその土地を知るのにいいような気がしています。

建物出たら少し右方の15570のバス停で40番と書かれたバスを待ちます。



ネットで調べると街まで4.4ドルとか4.5ドルとか書かれていますが、今日の最新情報では4.6ドルでした。結構頻繁に値上げするのかもしれません。注意です。

それにしても暑い!聞けば東京は雪とか・・・・。全く正反対の気温です。

それでも内陸の空港と違い、パースの市街地は海に近いので、冷たい風が気持ちいいです。

それにしてもパースの街がこんなに近代化してると思いませんでした。


この記事をはてなブックマークに追加

ドコに行くでしょうかPART2その2

2016年11月24日 08時31分09秒 | 外出・・・海外
JAL771便にてシドニーに到着しました。

機内食はこれでした。






乗り継いで移動します。

この記事をはてなブックマークに追加

ドコに行くでしょうか?PART2

2016年11月23日 18時14分41秒 | 外出・・・海外


研修PART2です。

ここのどこかを経由して目的地に向かいます。

正解は明日の12時過ぎに…。

この記事をはてなブックマークに追加

おまけ…名古屋グルメ

2016年11月22日 17時54分47秒 | 外出・・・国内
移動時間がキツキツで新幹線もギリギリセーフで滑り込みました。
ご飯も満足に食べられなくて…。
でも駅弁はみそかつ弁当。


この記事をはてなブックマークに追加