くじびき はずれ の 見た世界

シニア初心者というのに世間知らず。
少年のようなつぶらな瞳?
そろそろ大人の記事を書きたい毎日です。

葵祭(後半)

2017年05月16日 23時52分51秒 | ソウダKyotoへ

午前中の前半が御所を10時半に出発して11時40分に下賀茂神社着。
午後の後半は下賀茂神社を14時20分に出て15時半に上賀茂神社着の予定でした。

前半だけ見て帰るつもりでしたが、やっぱりなんかもったいない気がして鴨川べりを北上。
賀茂大橋(今出川通り)の北側では飛び石を渡る人も多いこと。

途中の張り出しているところは府立鴨川公園の鴨川デルタでそのまま北へ行くと下賀茂神社にもつながります。 足元がおぼつかない私たちはそのまま川沿いを上り葵橋を渡りました。
葵橋からは上賀茂神社方面が一望できました。

橋を渡って信号を一つ行けば

糺(ただす)の森で下賀茂神社の境内となります。(ただしすぐにあるのは河合神社)
手前の鳥居越しに参道を覗き見たら凄い列になっているのが見て取れました。

一番奥の拝殿まで行くには日が暮れそうです。
側道を上がって行っても竹藪の向こうは長蛇の列でした。

直接は表参道には柵やロープで入れませんがカメラを望遠にすればなんとか様子が見て取れました。

馬の列が一通り過ぎると南口鳥居まではスッと行けましたのでそこで参拝。

笠や控えの人(門前のピンクの衣装)達はそこで待機していました。

待ち時間がたっぷりあったので猿屋で名物の猿餅(ほうじ茶付)を頂きました。

お守りも、まあー可愛い綺麗な物を売っていました。

妻が孫のために葵祭限定の、1年のうちでこの日この場所でしか授かれないという葵守を買いました。

さてさてここからは行列の写真の羅列として、サボらせていただきます。

取材の減りも。   朝日新聞のマークかな?

ちなみに今回の斎王代はこんな人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葵祭(前半) | トップ | ブラリ ブラリ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (sarara)
2017-05-17 01:53:17
出町柳のあたりの川べりや糺の森は
私の好きな京都の中でもかなり上位に入るところです。

葵守、いいですね。
手渡しできるのでしょうか?

おふたりともにかなり歩かれたのでは?
大丈夫でしたか?
十分に休んでくださいね。
おはようございます (すー)
2017-05-17 04:27:59
糺の森すごい人ですね。
行くときはいつも静かな時ばかりなので・・・
>妻が孫のために葵祭限定の・・・
気持ちがこもっていますね!(^_^)ニコニコ
おはようございます。 (くじびき はずれ)
2017-05-17 08:22:00
 sararaさん
京都府道32号下鴨京都停車場線、いわゆる河原町通りは車でよく通るところながら
下鴨神社は初上陸の未踏の地でした。

撮影場所は沿道の中途半端な所を選んだせいか、一応皆さんお行儀も良くて
何はさておき外国語が聞こえ無かったのが幸いでした。

孫はGWを外し6月の中旬に来る予定です。

ユックリとながらかなり歩いたと思います。
15日のスマホアプリの歩数が100歩ほど、???とよく考えたらスマホを家に忘れていたのでした。

なんせ午後のは沿道の縁石にへたり込んで撮っていたくらいです。

たぶん3日後の明日あたり、グロッキーかも?  (^-^;)
おはようございます。 (くじびき はずれ)
2017-05-17 08:29:17
 すーサン
覚悟をして行きましたが表参道は想像以上でボランティアガイドの
行列地図を配っていたおじさんに抜け道と穴場を教わって命拾いしました。

何でも良縁に効く御守りらしく苦笑いしましたが、20年後ぐらいまで
効き目があれば良いのですけどね。
それまで生きている自信も保証もありません。(´`:)

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL