くじびき はずれ の 見た世界

シニア初心者というのに世間知らず。
少年のようなつぶらな瞳?
そろそろ大人の記事を書きたい毎日です。

平城京天平祭

2017年05月03日 23時34分33秒 | ちょっとお出かけ

2006年、それまで平城宮跡・朱雀門の南側だけを会場としていた「平城遷都祭」が
2010年に「平城遷都1300年祭」として大々的に開かれ、2011年から平城京天平祭と
改められて続けられています。

 

年々、お客様も参加者も増えて来ていて賑やかに、今年も今日3日から5日までの間
開催されています。

11時からスタートする平城京天平行列~平城遷都の詔~に合わせて行ってきました。

 

飛鳥京から藤原京を経て平城京に遷都された際に、実際にこういう光景だったのだろうと
想像すると何とも言えない雰囲気に包まれます。

3日間、いろんなイベントが繰り広げられるプログラムが組まれています。

期間を通じて催される「市の再現」はタイムスリップしたような錯覚に。

 

畿央大学・育英学園・県婦人会がリレーで行うお点前、『さくら茶会』

天平人の大道芸。 天平衣装体験やスタンプラリーも。
せんとクンも登場でした。

 

右下のバッヂはアンケートに答えたのでいただきました。

暑いくらいの陽射しの中でした。

 

行列のお嬢さんたちに二男の嫁さん候補を探しました。
が、見た目だけの第一次審査で舅の好みに合う方は残念ながら ・・・。 
まあ、アチラもこんな舅はパス!でしょうけどね。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八十八夜 | トップ | みどりの日 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (sarara)
2017-05-04 00:24:12
大規模な催しですね。
衣装を着けておられる方だけでも
かなりの数に上りそう。
いいお天気で何よりでした。
おはようございます (すー)
2017-05-04 04:33:23
年々、大きくなっているようですね。

>「市の再現」はタイムスリップしたような錯覚に。
これは面白い試みですね!
おはようございます。 (くじびき はずれ)
2017-05-04 08:01:58
 sararaさん
行列の参加者は確か一般のボランティアとして募集された人々や
近所の学校の学生さんや企業の社員さんだったと思います。
長さしば(天皇のお顔を隠す、長いうちわのようなもの)を捧げ持つ女孺(にょじゅ・女官)と、
女官役、男性貴族文官役の計38人が募集されました。
ミス奈良の3名や劇団の方々も含まれて400人ほどだそうです。

少し日焼けしたようです。
おはようございます。 (くじびき はずれ)
2017-05-04 08:07:02
 すーサン
昨日の来場者は1万5千人ほどだったそうです。
もっと入った感じでしたが。

当時は今のように物が溢れている時代ではなかったでしょうが
活気はあったでしょうね。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL