くじびき はずれ の 見た世界

シニア初心者というのに世間知らず。
少年のようなつぶらな瞳?
そろそろ大人の記事を書きたい毎日です。

善峰寺

2017年05月10日 23時59分26秒 | ちょっとお出かけ

昨日の予報では雨のようなことを言っていましたが、明るく晴れ渡った朝になりました。
気温も26℃まで昇りました。
知人に奈良県立リハビリセンター病院への受診を勧められて昨日行ってみたら、整形外科は
火曜日が休診日でくじ引きにはハズレるくせに、こういうことはドンピシャな自分に苦笑い。
それで今日、行きなおして受診することが出来ました。

やはり腰(脊椎)が引き金になっていてコルセットと湿布を処方してもらい、鎮痛消炎剤は
腎臓のことを考えて飲まないことにしました。
もっと時間がかかるかと予想はしていましたがメインがリハビリ専門施設なので、市立や
他の県立の総合病院ほどの混雑もなくお昼には全て終わりました。
座骨神経痛や踵に土踏まずの疾患とは酷くならないように気長にお付き合いすることと、医師
とも相談させてもらいました。
妻も一緒に診てもらいまして、とても親切な優しい病院だったと納得して帰ってきました。 

 

さてさて、この痛みの一番の要因となったのがこのお寺ではないかと思っているのが、京都市
西京区大原野にある西国 三十三所第二十番善峰観音宗 西山 善峯寺。(5月4日のこと)

桜や紅葉の名所になっている とともに境内各所から京都市街、比叡山を一望できるお寺です。
それだけに高い場所にあって空気もずいぶん違いました。

 

山門で入山受付をしてシャクナゲやシャガの咲く参道を行くと

残念ながらこの御守りは求めて来なかったのがいけなかったようです。
階段を上ると 元禄5年(1692)建立、桂昌院の寄進により再建された入母屋造の観音(本)堂

本尊千手観音は仁弘法師御作で脇本尊千手観音は源算上人御作でした。
お参りを済ませ向かって右へ進むと、徳川5代将軍綱吉公の厄年にあたり寄進され、“厄除けの
鐘”と云われている桂昌院により建立された釣鐘堂。

 

一口50円~御寄進で1度衝けますので グゥォ~~~~~ンと一衝きしてきました。
とても良い響きが京都市内に広がりまし  た気がしました。

向こうが東山三十六峰で左は比叡山、赤丸囲いは京都タワーです。
花粉とPm2.5で白っぽくなっていますが、黄砂はまだでした。 
その先が護摩堂になっていました。

本尊は五大明王(不動・降三世・軍荼利・大威徳・金剛夜叉の五尊)で、元禄5年(1692)
桂昌院により建立されました。

さてさてここからが回遊式庭園の始まりです。
せっかく来たからにはしっぽを巻いて帰るわけには行きません。 

元和7年(1621)建立、国の重要文化財に指定されている多宝塔。本尊は愛染明王です。
その前に広がるのが五葉松で樹齢600年以上、全長37m、国の天然記念物に指定されている
遊龍の松。
 

平成6年に松くい虫の被害により、全長50mほどの松が15m余り切断され、現在は全長37m
となっています。

そして多宝塔の正面はこんな感じ。

ここでも先ほどの景色よりは少し高くなっています。

比叡山から鞍馬山の方まで見えてきました。

ちょっと息切れをしかけたので続きままた明日。


風が雨が強くなって、急に久しぶりに寒いと感じる夜更けとなっています。


 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなおじ | トップ | 拝観の続きです。 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (sarara)
2017-05-11 02:19:46
おー
なかなかすごいところですね。
よく登られたと感心します。

いい医療機関、いい医師に巡り会うのは至難の業かと思います。
よかったですね。納得できる医療に出会えて。
おはようございます (すー)
2017-05-11 04:29:45
確かにここはかなり高いところにありますよね。
まだ、結婚してすぐぐらいに大山崎町から自転車で行ったことが、ハイ、ほとんどただただ自転車を押して上がっただけでしたが・・・帰りはブレーキをかけっぱなしだったということを思い出しました。

腰が悪い方、本当に多いですね。
ご夫婦とも無理は禁物ですね。と言いながら働かないわけにもいかず・・・
お自愛ください。
おはようございます。 (くじびき はずれ)
2017-05-11 07:05:44
 sararaさん
これでも、ここまでは序の口なんです。
こっからがクセモノでした。

最近の医師も看護師も忙しいですからね。
なかなかジックリと患者の声までは聞けないのだろうと思いますよ。
おはようございます。 (くじびき はずれ)
2017-05-11 07:12:24
 すーサン
歩きでも大変ですから幾ら若い頃でも大変の3乗だったと思いますよ。

一種の現代病かも? 地面の部分が減ってしまって舗装も良くないかも?ですね。
気をつけます。
 (小夏)
2017-05-11 10:15:14
私が今お世話になっている総合病院の整形は一人で、
外来、手術、多分入院患者も見ているので
混みようは半端無いです(先生の口コミの評判は悪く無い)
いい先生にめぐり合われてよかったですね。

西国33ヶ所にも険しいお寺があるんですね。
そのぶん上からの絶景はなかなかのものです。
私はお四国を2回まわり、ほとんどのお寺の鐘をつかせていただいたのでっすが
お賽銭はあげいません。
ちなみに、お賽銭箱も置いていないし、
置いてあるお金も1円、5円、10円がほとんどでした。
こんにちは。 (くじびき はずれ)
2017-05-11 14:18:51
 小夏サン
山里にある寺院は四季折々の風景が良い代わりというか
その分、険しいところもありますね。
都市部では年越しの除夜の鐘も騒音源とされてやらないことも
あるくらいですし、檀家も減って世知辛く鐘一つも金次第。
ひと衝き100円以上とされているところもあります。

観音霊場はご朱印で1回300円でも100人来れば3万円
一ヶ月で90万円が入る訳です。
僕ね、昔はお浄財はせいぜい10円までしか出していませんでしたし
金額では無くてそれでいいと思っていました。

お庭の良し悪しに関係なく京都市内や奈良のお寺は拝観料を
だいたい500円支払います。
お庭の手入れや建物の維持なんて考えると、大変ですよね~。

ド田舎にあっても駐車料金を取ってロクな建物も庭も文化財もない
そんなお寺でも拝観料を取って、蝋燭1本100円とか
お線香3本50円など細かい所もありますよね。
でも住職不在のお寺がどんどん増えて来ている現状維持に少しでも
助けになるならそれも仕方ないかと思う昨今です。

お浄財も少し増やしました。
自分の願い事に体する対価でなくお寺へのご奉仕です。

だけど大きなお寺の修復にご寄進は一切しませんし勧進もしません。
そういうのは国や自治体単位で援助すべきだと考えるからです。


医師も人で毎日同じような疾患の患者を何日も何年も診てきたら
慣れっこになって細かい点を聞かずに処理してしまいますよね。
良い医師は患者の声全部を聞き取って、全てをカルテに記載して
丁寧に細かいアドバイスをしてくれると思います。

こちらから質問しなくとも温めるか冷やすか、動かさないといけないのか
安静にすべきか、固定すべきか緩めが良いかなど。

あ、これも聞いておけば良かったと後から悔やむこともありません。
多くの患者を診る時間は足りないかもしれませんね。

名医と呼ばれる医師が何か月も予約で埋まっているのもそんなところかもしれません。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL