くじびき はずれ の 見た世界

シニア初心者というのに世間知らず。
少年のようなつぶらな瞳?
そろそろ大人の記事を書きたい毎日です。

えらいこってした。

2017年06月30日 23時56分17秒 | ひとりごと

午前中は役所に提出する見積書と図面を作成して写真の整理をして昼過ぎには提出 と
目論んでおりました。

9時過ぎだったか、朝は調子が良くなくてなかなか起きて来れない義母がトイレに入って
暫くして出てきた・・・はずだったのが、妻が「ちょっと手伝って!」と呼びました。

トイレのドアを開けて出ようとして気を失ったようで、義母は開きかけたドアと
ドア枠の間に挟まるようになっていて、膝がまっすぐだったので倒れなかったものの
もたれかかった頭が少しでもズレたら倒れているところでした。

支えて座らせようにも気を失って足もダランとしていて脇を支えても崩れ落ちるのを
ゆっくりと降ろした感じでした。
前かがみに座らせると頭が前の方に倒れていくので肺が圧迫されるし気道が塞がりそうだった
ので、必死で仰向けに寝かしました。
口が閉じたままで鼻からも呼吸をしてそうになかったので妻に大きな声で声掛けをして気を
取り戻すように促して、119番に電話を掛けました。
「救急ですか?火事ですか?」と向こうから聞こえたと時を同じくして義母の意識が戻り
ました。 
状況を説明して「気を取り戻したので様子を見ましょうか?」と尋ねると、『そうしていて
亡くなられた方もいるのでとにかく出動させます。』との返事。

結局は救急搬送してもらって診察とCT検査などと点滴をしてもらって15時前には無事に
連れて帰ってこれました。

診察や検査の結果では特に原因が分からなかったのですが、どうも水分不足で熱中症では
ないかということぐらいでした。

あのタレントの所ジョージさんがなられたような熱中症だったようです。
就寝前やトイレに立った時でも水分補給を怠っていると、特に年寄りは危険なのだそうです。

救急搬送は妻が付き添い、迎えに行くときのために僕は自宅待機していたのですが、その
間に書類などは完成して、迎えに行って帰ってきた後の16時頃には役所に提出すること
も出来ました。

体重が28Kgほどしかないのですが、気を失った人間を介護するのはとても難しいです。
25Kgのセメント袋や砂袋は抱きかかえることもそう困難ではありませんけれど、重心
が定まらない人間は難しいです。

 

皆さんも過信しないで、喉の渇きを覚える前の一口の水分補給を大切にしてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついにリモコンに手が | トップ | 1日飛びました。 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (sarara)
2017-07-01 03:04:04
大変でしたね。
でも、大事に至らずによかったです。

私は義母を、救急車を見送って
(夫が付き添い、私は家で待機)
3時間で帰らぬ人となった経験があるので
読んでいてドキドキしました。
ほんとうに、よかったです。

6月は熱中症、多いらしいですね。
それほど暑いわけでもないのに
湿度が高いし
身体も慣れていないのでしょう。

お互いに気をつけないといけません・・よね。
おはようございます (すー)
2017-07-01 04:31:22
それは大変でしたね。
その落ち着いた対応が良かったのだと思います。

私もあまり水分を取らない方なので注意が必要です。
あ~お酒の水分は取り過ぎですが!
いつまでもこんなのんきなことを言えるように日中の水分補給も心して行うようにしなくては・・・

そうそう、sararaさんが言われるようにお互いに注意しましょう!
運が良い (あいうえだぁ)
2017-07-01 07:54:14
転倒していたら骨折必至でした。
びっくりなさったでしょう。お年寄りは喉の渇きに鈍感で、ともすると一日の水分が500ml以下になったりするんです。
先日、私の母も変な頭痛とめまいに襲われ、脱水症とわかりました。
就寝前にコップ一杯の水と、夜中にトイレにたったときも一口二口の水分補給は大切です。高齢者などトイレのあとに水を飲みに行きにくい環境の人は枕元に水を用意して寝るべきです。
私たちも他人ごとじゃないです。就寝時のこむら返りは脱水症の兆候です。お酒はほどほどにしてお互いに注意しましょう。
こんにちは。 (くじびき はずれ)
2017-07-01 11:11:34
🎵 sararaさん
ありがとうございます。
聞けば回りの方々もいろんな経験をされているのを知りました。

脱水症状は恐ろしいですねぇ。
意識を失いますから倒れて大怪我でもしたら、出血やら骨折やら
思わぬ方に波及して行くと思いました。

水分補給には十分気をつけましょうね。
こんにちは。 (くじびき はずれ)
2017-07-01 11:31:02
🎵 すーサン
ま、義母を2週間毎でも預かるつもりをした時に色々と想定してシミュレーションしました。
病院も近くの総合病院に事情説明して渡りをつけてもらっていたので
救急車に乗ってIDを連絡してもらったらすぐに受け入れてくれました。

お酒は利尿作用がありますから普通より気をつけないといけないと思いますよ。

まあ人のことより自分ですよね。
ラッキーでした。 (くじびき はずれ)
2017-07-01 11:45:24
🎵 あいうえだぁサン
後から思えば就寝前に500mlの水を渡しているのを朝に確認したら
それまでは半分程度なくなっていたのが、この2日はちょっとしか減ってい無かったらしいです。

そうですか、お母様も。

誤嚥の心配もあってコップのようなものでは危なくて、ストローでないとダメです。
いつも手の届くところに置いてあるのですが、促さないと忘れているようです。

まだシニアの域には時間ある貴女ですけど、そう、お互いに気をつけましょうね。
大事に至らなくてよかったですね (小夏)
2017-07-02 11:46:53
この時期、暑さに体が慣れていないので
用意周到なハズレさんの行動は的確でしたね。
準備してあると、病院も受け入れやすいと思います。
骨折しなくてよかったです。

ほんの少しの間ですが、母が母の叔母の入浴介護をしていいて
年齢は90歳以上、体重も28キロほどなのに
溺れかけたことがありました。
怖いこと二人とも溺れ死ぬところだったようです。
そんな時一番先にすることは、お風呂の水を抜くことだそうです。
15cm (くじびき はずれ)
2017-07-02 12:04:52
🎵 小夏サン
やっぱりみなさん、何かしらのエピソード(?)をお持ちになっていらっしゃいますね。
準備しているつもりでも、いざその時は緊張でドキドキするもんですねぇ。

人は15cmの水位があれば溺れるのだと、水泳の指導員の時に習いました。
もちろんうつ伏せに倒れたら3cmでも駄目でしょうね。
人を助けることも大切ですが、その前に自分の安全確保があってこそ
助けに行った人が亡くなった話も聞きますが、助けてもらった人は
生きているのが辛いですもんね。

咄嗟に浴槽の栓が抜けるかなあ?

コメントを投稿