くじびき はずれ の 見た世界

シニア初心者というのに世間知らず。
少年のようなつぶらな瞳?
そろそろ大人の記事を書きたい毎日です。

あかしや というても

2017年03月25日 23時59分04秒 | 宇宙

明石家さんまのことやありません。
1960年4月に西田佐知子の 歌唱により発表された「アカシアの雨がやむとき」と
いう歌がありました。 
今まで意識して見たことが無かったのですがニュータウンの植栽の中に黄色い花が
咲いていて、幹をよく見ると名札が付いていて『アカシヤ』とありました。

                

こんな花だったんだと初認識させてもらいました。 名札ってありがたいですね。
房アカシアとか銀葉(ぎんよう)アカシア、ミモザアカシアとる言うようです。
針槐(ハリエンジュ;ニセアカシア)という馬酔木のような白い花を咲かす品種の
アカシアというのもあるそうです。

そう思って他も探してみるといつも「ミモザ」だと思っていた花が

                    

ありました。  結局、ミモザと呼んでいるのがアカシアだったのかな? ??

公園になっているところには、これは今真っ盛りを迎えた梅ですね。

                   

そして低い所に咲いていたのが

       

これは残念ながら名前が分かりませんでした。

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花がある

2017年03月24日 23時33分39秒 | 季節の話

昨日に引き続いてリノベーション現場近くを散歩しまして・・・

たぶん雲南黄梅ではないかと思われます。
足元にはスイセンが

精一杯背伸びしているように見えました。
そして、もう終わりだろう山茶花の白(たぶん雪山) 

が咲いていました。
倉庫まで帰って廃材の処理をしていて「あれ?」と気が付いたのが

 

遅咲きの梅? と近寄ってみると

どう見ても幹や枝は桜の木! 早咲きの品種だったのですね~。

毎年あったのに今気づきました。
暗くなってから行くことが多くて見えてなかったのですね。 


 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

雲多し

2017年03月23日 23時58分12秒 | 季節の話

一日中曇りの1~12℃という一日でした。
今通っているお宅のお隣の枝垂れ梅もこの一週間のうちにずいぶん花が散って行き

 
色目もくすんできたようです。
自分の仕事にゆとりが出来て来たのでご近所をちょっと散歩してみたら

                 

ここの地域の街路樹は

木蓮のようですがちょっと違って、かといって辛夷とも似ているような?
ひょっとしたらタムシバではないかと思います。
漢字で書くと田虫葉となんとなく冴えない感じがしますが、モクレン科モクレン属の
落葉小高木で別名を「ニオイコブシ」といい、花には芳香があるそうです。

まだ3週間は通い詰めるので成長や花が見れるかと思って楽しめそうです。

街路樹でない他のお宅では紫木蓮が咲きかけていました。

白木蓮よりも遅い紫木蓮よりも遅いのでやっぱり街路樹はタムシバかなぁ。

今日の散歩でした。

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

どいつもこいつも

2017年03月22日 23時51分49秒 | エエのんかなぁ?

また北朝鮮のミサイル? 午前中に打ち上げられて空中爆発? かないませんねぇ。

異母兄は殺すしボンボコとミサイルは打ち上げるし、間違うて飛来着弾でもしたら。
難儀な話です。

あまり日記に暗い話は残したくないのですがトランプ米大統領も相変わらずハチャメ
チャで、他国はずっと手探り状態のまんま。
ピリッとしてくれへんからドルはジリジリ安く円高に。
輸入品が安くなるのはありがたいけれど健全な状態は120円/$ぐらいではないかと
グローバルな観点では思います。

まあそれはそれとして我が国も国内事情はもう新設小学校問題に絡んで「ナニやっと
んねん」 という不安定不審状態。

北朝鮮も無茶苦茶やけど韓国も罷免された大統領問題で、各国とも金や利権、贈収賄
と国民なんて関係ない話でもちきりですやん?

 

コチラはただでさえ花粉とPM2.5のダブルパンチで、とうとう呼吸がしんどく
なってきました。
肺に少なからず疾患を持っている人の多くがやはり、「息がしんどい」とポツリ
ポツリ溢してはります。

微妙に慢性酸欠になっているのか? 時たま大きな息が自然と出ます。
頭もなんとなく重いです。 

早めに寝ます。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春を呼ぶのか?

2017年03月21日 22時55分52秒 | ひとりごと

日付が変わってすぐに降りだした雨は、結局夕方まで降り続きました。
明け方は6度から始まって日中は精々9度まで、なんとも日格差の少なかったこと。 

それでもさすがお彼岸ともなるとこんな風景も。

この地域は早くも花見の提灯が付けられて準備万端なようです。
これは花なのか?実なのか? よう分からんものがありました。

他には田圃の畔に薺(なずな・ペンペン草)も白い小さな花

カラスノエンドウはまだ花がありませんでした。

確か「すーサン」のご近所ではもう咲いていたような。
夕方には雨も収まって空気中の花粉も洗われたのか、山が少しはっきりと見えました。

それでも空はまだ

こんなんでしたが、この子たちが出てきているところを見ると

明日はまたお天気になりそうですね。 ハクセキレイですね。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加