くじびき はずれ の 見た世界

シニア初心者というのに世間知らず。
少年のようなつぶらな瞳?
そろそろ大人の記事を書きたい毎日です。

ゼネレーション

2017年01月21日 23時58分00秒 | ひとりごと

気温は昨日より低い7℃と大寒らしい寒さでしたが晴れ渡り、車の中は温室みたいで
暖房なしでも上半身が温かい感じでした。 もちろん車を降りたら震えあがっていましたけど。

20歳年下の友人の娘さんが今春に小学校に上がるので不要なものを整理したいということで
ペダルのない足こぎ自転車を孫娘さんにどうか?と聞いてくれていたのですが、息子たちが
欲しいと言っていると伝えたところ、ウチまで届けてくれました。

「色は赤だけど男の子用みたいで悪いんだけど」ということでしたが、娘さんが使っていた物で
それも綺麗な状態で、ありがたかったです。

最近は自転車に乗る前にこういう物に乗って平衡感覚や手足の安定を図り、これで上手に
乗れるようになるとペダルの付いた普通の自転車に苦労せずに乗れるのだそうです。

昔は親が自転車の後ろを持って走ったりしてコケては泣く子供を叱咤激励しながら練習したり
後輪に補助輪を付けたりしてペダルに足をぶつけて痛がったりしたものですが、時代が変わ
ればいろいろ便利なものが出来ますね。

現にその娘さんもとても上手に自転車を乗りこなしていました。 

 

ついでにおもちゃや本なども

一人遊び用のテントや、お風呂用のおもちゃに「たまごッチ?」なんかも

少し知育用の遊び道具ですね。

とても丁寧に使っていたのか綺麗で、目だって傷んでいるところもなくて嬉しかったです。

爺はこれを自分で届けてやりたくなってます。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

影響力

2017年01月20日 23時55分15秒 | ひとりごと

とうとう米国のトランプ次期大統領の就任式になりましたね。
日本ではほとんどの人が就寝中になりますが、起きていて見つめる人も居るのでしょうね。

そあて国際社会はどうなるのでしょうか。
任期満了まで続けられるのかというのも心配だし、今の言動のように傲慢な姿勢だと
かなりかき乱されそうな気もします。

午前中は比較的穏やかに始まった一日も昼前には小雨が降ったりやんだり。
午後には晴れ間も出て14時頃には8℃まで上がりました。
16時頃からは風が強くなってドンドン気温も下がってきています。
明日にかけて大荒れの天候になりそうで、政治に合わせて不安が拭えない状況を
反映しているようにも思えます。

 

日中の一番暖かかった頃に、春に向かって頑張っている草花を見かけました。

今頃は強風に震えあがっているかも知れませんね。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

桜咲け

2017年01月19日 23時54分40秒 | ひとりごと

降りそうで降らない、晴れそうで晴れない中途半端なお天気に、最高気温も8℃とこれまた
中途半端な寒さで「どないやねん!」と突っ込みたくなるお天気でした。

156回の芥川賞・直木賞が決まりましたね。
毎年この時期のニュースになりますね。
どんな世界でも賞をもらう人は素晴らしいと思いますが、こういう文学の賞というのもなかなか
難しいですよね。

芥川賞に山下澄人さん(50)の「しんせかい」(新潮7月号)、直木賞に恩田陸さん(52)の
「蜜蜂と遠雷」(
幻冬舎)が選ばれました。
ちょうど脂の乗り切った年代でうらやましいですね。 おめでとうございます。

そう思えば、まさに高校や大学も受験の最終コーナーですね。
親戚縁者の中には今のところ受験生も居なくてピリピリ感もないですが、本人や関係者が
居ると大変でしょうね。

スーパーの受験生応援コーナーも賑やかになっていました。

さしあたり孫がそういう時期になるのは10年以上先の話。
そこまでこちらが生きているかどうか ・・・    

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

軟弱過ぎへん?

2017年01月18日 23時58分40秒 | 映画

今日は綺麗に晴れ渡り、久々に11℃まで上がり車の中は冷えこんだ朝の霜でびっしり
だったとは信じられない、閉めきっていると暑いくらいの状態になりました。

そうなると気になるのが雨。
明日・明後日は所により降りそうですね。

さて昨日は追悼の日とさせてもらいました。
その前日、一昨日の映画の話題です。

最近はWeb上で予約が出来て席まで指定でき、ポイント制度も利用できるので便利なのです
が、平日の日中は精々10人ぐらいの観客でも開演直前に駆け込んでも十分なくらいで
あまり恩恵を受けていないような気もします。

たいていは開演10分前から開場となるようですが、以前は開演直前に滑り込んでいた時期も
ありました。
今はその開演前10分の部分に『紙うさぎロぺ』や 秘密結社鷹の爪」『夕やけだん団』など
幕間ムービーが面白くて楽しくて早めに入ります。

人によっては「CM・予告を20分も見せられる時間泥棒」だという人も居るみたいですけど
たとえば東宝シネマズで言えば 山崎紘菜さんがナビゲートしてくれる予告なんかも紘菜ファン
ですから嬉しいくらいです。

いつも思うけれどあの予告編、よくできてますねぇ。 どうしても観たくなる作り方。
ただ、良い具合にボケてきたので予告編を見たときは『是非観よう!』って気になっている
のに忘れるんですねぇ。
2ヵ月先とか次の季節ぐらいになったらほとんど覚えていませんから気になりません。


それよりも館内の廊下を歩いた時のポスターが

とまぁ学生の恋愛物ばかり。 それも漫画の実写版みたいなのとか。。。
時期によるのかSFX物やバトルものなども多いけれど・・・

文学作品とかシッポリ見せどころの物って減りましたよねぇ。 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

1・17のつどい

2017年01月17日 23時56分44秒 | ひとりごと

あの異様な揺れと大地の唸りのような音を聞いた日からもう22年も経ってしまいました。
死者約6,300人、そして30万人以上の方が避難所で生活をせざるを得なかった悲惨な
「阪神淡路大震災」でした。

神戸市中央区の東遊園地では早朝、「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれ、地震が
起きた午前5時46分に合わせ、遺族らが黙とうしました。

毎年言っていますが、あの揺れの記憶と目にした無残な光景は22年では忘れられません。

見事に復興したかのように思われた、震災による火災で9割もの店舗が焼失した長田の
商店街。
神戸市の思惑や推測と現実とは違っていたようだという苦悩の報道なんかも、鎮魂の思い
と復興のシンボルである「神戸ルミナリエ」の存廃についても難しい課題が渦巻いている
ようです。

神戸市は総事業費2700億円にものぼる巨大な開発計画を作成、「アスタくにづか」という
複合施設を建設しました。
高層マンション、そして立派な商業施設と生まれ変わった新長田駅周辺。ですがハコモノが
いくら立派になっても街に人は戻ってきませんでした。
そして新しい商業施設で商売を始めた人たちにジワジワと「災害」をもたらしているのです。


大地の歪は人々にも大きな歪を残しましたね。
それにしても震災を知らない子供たちがドンドン増えて来ていることも確かなこと。
言葉や映像では伝わらなくなってきていることも難しい問題だと考えます。


今日は鎮魂の祈りを籠めて静かな日記とさせていただきます。


 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加