masaring

自己チューの進行形日記でshow。

だから「季楽里龍神」へ。

2016年12月10日 | 温泉、至福の時。



【今年も高野龍神スカイライン、凍結も無く幸運。そして真っ青な空。】

毎年、誕生月には(母の介護を奥さんに任せ)「龍神温泉」へ一人旅。
いい気なものである。毎年誕生日は、みかんの収穫真っ最中なので
一段落した今、出かけたのである。

目的はもちろん温泉である。高野龍神スカイラインは、毎年11月25日から
通行規制がかかるが、温暖化のせいか今年は12月15日からである。
しかし、スカイライン中の最高峰、護摩壇山付近は常緑樹が一本も無く
真冬の景色が広がる。これも標高の高い所の自然のなす業である。





【宿はいつもの「季楽里龍神」。木彫りの鯉、熊、鹿が出迎えてくれる。】

只今、常連さんのための冬得プランを展開中。

年中、こんな企画があると嬉しいのだが、、、。



【いつも楽しみな玄関の活け花、今回は赤と白の大木の山茶花である。】

この玄関の花にふれる度、心が和むから不思議だ。
野趣溢れる心からのおもてなしが伝わってくる。

そして、その隣には同じくスタッフが作ったクリスマスリースだ。



【ロビーには巨大なクリスマスツリー。絨毯のもみじ柄とマッチしている。】

クリスマスも間近。齢を重ねると一年なんて、あっと言う間だね。
おっと、同じことを昨年も書いている。爺だね。



【主目的の温泉。シルバー世代に人気第一位の龍神の湯である。】

日の高い内から温泉に入るなんて、最高の贅沢だよね。

日本三美人湯龍神温泉は、弘法大師が1,200年前に
開いたと言われる歴史ある名湯だ。

胃腸病、皮膚病、外傷、やけど、神経痛などによく効く。
そして、美肌効果があると言われている。
顔もからだもツルツル、すべすべになった。

何しろ、部屋より温泉に浸かっていた時間の方が長かったから、、、。



【食事はバイキング。このバイキング、侮れないのである。】

手作り豆腐や山菜、川魚、南紀海の幸、
龍神産しいたけの煮物などの
郷土食あふれる約40種類の料理を堪能。
デザート類も豊富。

今回あまごが高騰のため虹鱒の甘露煮である。
ほんもろこの天ぷらを今回も食した。
貴重な「ほんもろこ」。目の前で揚げてくれる。すべて美味だ。

お酒も旨い。またもや、肥満一直線だ!!



【露天風呂で湯浴み。寒い季節なのに風が気持ち良い。】

湯浴み後、マッサージ機のリフレッシュコースを選択し体をほぐし、
落ち着いたら、また湯浴み。

これを繰り返すので、何回も入浴することになる。
当然、部屋にはほとんど居ない状態である。

だから、年四回は「季楽里龍神」へ来るのである。



温泉に来ると、まっちゃんのテーマソングは
「温泉に行きたい」だ。
温泉好きに悪人はいないって言うよね。

それでは「温泉に行きたい」をカヴァーして歌ったYou Tubeを
久々に見て、聴いてくださいな。龍神温泉は歌詞に無いけどね。

下↓をクリックして是非、見て、聴いてくださいね。

masaringの「温泉に行きたい。」2012。

【年が明けたら、また来よう。真冬は有田回りコースでね。】 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師走は愛の讃歌。 | トップ | まっちゃんの2016年「三大ニ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2016-12-10 09:49:14
木彫りが菅らしいです。看板の木も綺麗な艶です。
良いお湯とご馳走と、至福のお時間です。お疲れ休めなさいましたね。
Unknown (龍山)
2016-12-12 17:46:59
お邪魔します。
季楽里龍神いい温泉なのでまた行きたいですね。
玄関の生け花、今回も山から切ってきたような良い山茶花素晴らしいですね。
温泉は美人の湯として名高く、妻はもう一度行きたいと申してやります。
(素材が悪いのであなたは美人にはなりませんよと妻を説得しております)(笑)
来年は龍神スカイラインを久しぶりに走って行こうと思っております。
「温泉に行きたい」この歌は初めて聞きました。
なかなか良い歌ですね。
歌い手が良いせいかもしれませんね。
kazuyoo60様へ (まっちゃん。)
2016-12-27 11:30:05
kazuyoo60様、本記事へも
コメントありがとうございます。
返信コメントが遅くなり申し訳ございません。

龍神には都会から移り住んだ
芸術家が沢山いらっしゃいます。
これもチェンソーアートをされている方の作品。
龍神杉をこのように芸術にするのは素晴らしいです。
この施設のシンボルのひとつです。

いつも書いていますが、本当に
良いお湯なので
一週間くらい湯治をすれば
体の芯の疲れが取れると
思います。
湯治できる日がくれば、と願っているところです。
ご訪問ありがとうございました。
龍山様へ (まっちゃん。)
2016-12-27 11:38:25
龍山様、本記事へも
コメントありがとうございます。
返信コメントが遅くなり申し訳ございません。

今回の玄関の山茶花。どこから切って来たのか、、、。
我が家の1本丸ごとを活けた感じです。
龍神って何もかもダイナミックです。

奥様、美人ですから
より一層美人になること保証しますよ。
それくらい、良いお湯ですよね。
是非、また龍神へお越しください。
現地でお会いできることができればと思います。
 
「温泉に行きたい」は、えなりかずきさんの
2枚目のシングルです。
もう10何年も前の歌です。
この歌も大好きで(温泉気分に浸れるので、、、。)
私の十八番のひとつなんですよ。
ご訪問ありがとうございました。

コメントを投稿

温泉、至福の時。」カテゴリの最新記事