masaring

自己チューの進行形日記でshow。

『定年後』。

2017年07月18日 | お薦めの一冊。



【ベゴニアのプランターの花道。】

私のPCと音楽部屋への両脇は、ベゴニアのプランターの花道。
冬はビオラだったんだよ。
夏はやっぱりベゴニアだね。
情熱っぽくて気分を高揚させてくれ「やるぞ!」という気持ちが
自然に湧いてくるよね。



【間伐した表の柿畑の花壇部分。】

毎年ベゴニアを植えていた表の柿畑の花壇部分。
今年は「ぐんぐん大きくなるペチュニア」と
サントリーが開発した宿根バーベナの園芸品種で
雑草防止にも役立つという謳い文句のタピアンを植えた

どちらも面積を拡大しつつ、両者日々、互いに侵食しているが、
この勝負、どうやら軍配は
「ぐんぐん大きくなるペチュニア」に
あがりそうだ。



【濃い青色のデルフィニウム。】

長い花穂が華やかなエラータム系のデルフィニウム。
大好きな花だ。5月に一度満開になったが、短く切り戻したら
密度は少ないが昨年同様この季節にも咲いた。

本来は多年草だが原産地が山岳地帯なので真夏に枯れる。
残念至極である!! 



【ベルガモット(モナルダ)の藤色。】

ベルガモット(モナルダ)。ハーブである。
和名はタイマツバナ。赤色はまさしく松明だ。
暑さに負けず、力強く咲くのだが、
繁殖力の強いハーブのミントと同じ所に植えたせいで
赤色は消え、藤色も僅かとなってしまった。





【赤色のキンギョソウ。】

鮮明な色彩と色幅のバラエティに富み、
春めいたにぎやかさを感じさせる花だ。
本来5月の花だが、切り戻しをしたら、
ほぼ周年咲く嬉しい花だ。

しかし、真夏の高温多湿の蒸れで枯れてしまう。
一年草扱いだ。惜しいな。



【今年もフウラン(風蘭、富貴蘭)の花が咲いた。】

フウラン(風蘭、富貴蘭)は、日本原産のラン科植物のひとつで、
樹木にくっついて生活する着生植物だ(寄生植物ではない)。
我が家は庭のシンボルの松の幹で咲いている。
成長は極めて遅い。

この大きさから推測すると、
多分亡祖父が80年程前に着生させたものだ。
花が美しく香りも良いよ!!





【実に久しぶりに、私、まっちゃん。本を読んでいる。】

2017年4月発売で、現在9刷14万部のベストセラー。
楠木新氏、著の『定年後』である。

のっけから「人生は後半戦が勝負」。凄い!
私、まっちゃんは勿論当事者。

文章も楽しく、サービス精神が効いているこの本。
今後の人生の指針となれば幸いである!!

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の『センチメンタル・カー... | トップ | 僕の『この街で』。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2017-07-18 08:52:12
ベゴニアたちがこんなにも沢山勢揃いですね。暑い時期でもハイキングの方がおられるのでしょうか。
デルフィニウム、賑やかに綺麗に、大好きな花です。ベルガモットの藤色、花弁が多いです。我が家のこの色は消えました。
風蘭が綺麗に咲きました。可憐で良い香りですよね。
勤務定年はあっても、お忙しい作業が毎日でしょう。人生定年は何年も先ですもの。
Unknown (龍山)
2017-07-18 14:01:47
お邪魔します。
形容のしょうがないほどの綺麗な🌸 🌸 🌸すごいですね。
ベゴニアの花道に導かれるお客様は幸せですね。
この様な楽園を一度歩いてみたいですね。
貴方様は定年後と言っても本来の農園があるので他の仕事は考える必要はないのではありませんか?。
知識として読まれるですね。

まっちゃんより (kazuyoo60様へ)
2017-07-23 11:01:41
kazuyoo60様、本記事へも
コメントありがとうございます。
このベゴニアの花道は裏庭なので
人目にはつきませんが、自分自身に
活力を与えるものです。ベゴニアも頑張れ。です。
デルフィニウム、私も大好きな花です。
特にブルーは、どんなに形容しても
しきれないほどの色合い。自然が醸し出す力は偉大です。
ベルガモットもミントも貴女様からいただいたものです。
もっと大切にせねば、、、。です。
風蘭は人の歴史さえも見ている気がします。
これからも、この時期にはずっと咲いて欲しいです。
農家の人は皆、口をそろえて、こう言います。
「百姓の定年は、この世からいなくなる時」と。
まさに、そのとおり。私も今はその身なので
生あるうちは第二の定年とは無関係となりました。
ご訪問ありがとうございました。
まっちゃんより。 (龍山様へ)
2017-07-23 11:08:32
龍山様、本記事へも
コメントありがとうございます。
ベゴニアの花道、記事にも書きましたが
PCに触れる機会が極めて少なくなったので、
士気高揚になれば。と始めたものです。
最近、客(友達)も来なくなったので
少し淋しくもありますね。
農家の人は皆、口をそろえて、こう言います。
「百姓の定年は、この世からいなくなる時」と。
まさに、そのとおり。私も今はその身なので
生あるうちは第二の定年とは無関係となりました。
でも、この本は面白くためになるので
知識だけでなく、心構えにも有用であると思います。
ご訪問ありがとうございました。

コメントを投稿

お薦めの一冊。」カテゴリの最新記事