masaring

自己チューの進行形日記でshow。

9月の我が家の庭の花達。

2016年09月16日 | masaringの内緒話



【去りゆく夏を惜しむように咲くピンクのサルスベリ。】





【こぼれ種で生えた苗が今、主役だ。小輪のペチュニア。】




【魚眼モードで撮影したオレンジ色の「サンパチェンス」。】


インパチェンス属の種間雑種としてサカタのタネが開発。
昨年は「ぐんぐん大きくなる」を育てたが
今年は「咲く咲く」シリーズである。

降霜期まで楽しめるが、そろそろ支柱が必要になってきた。
大気汚染物質の浄化能力にも優れ
「環境浄化植物」にも認定されている。凄いネ!!





【今年4回目の満開を迎えた「サフイニア・ブーケ」。】


You Tubeでプロの花屋さんの解説が面白くて見ていたら
「ペチュニアやサフィニア等の一年草は4回満開に。」と
切り戻しの説明をしていたので
そのとおりしていたら、この株は4回目の満開を迎えた。

ただ、今回は花姿があまり美しくない。

でも、合格点としておこう。



【白のロベリア。夏越しに成功したが、花数は少ないネ。】




【この季節、庭の花の主役は、スーパーチュニアである。】


スーパーチュニアは(有)J&Hジャパンの登録商標だ。
小輪系、簡単な手入れで、長い間きれいな状態を楽しめる。
色も各種揃っているので、沢山購入したが、
ピンク系が一番強いような気がする。
ブルー系は一度満開になったら、その後、全部枯れてしまった。



スーパーチュニア・ビスタ ピンク。今、これが重宝している。




【産直の店では、今もペチュニアの苗を販売。つい購入し育てている。】

冬から春の花の苗も、そろそろ店に出始めているが
やはりビオラ等は10月下旬から11月に植えるのが
過去の経験からBESTだと思う。

だから、この花達には、あとひと月頑張ってもらおう!!

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もガーデニングコンテストに応募。

2016年09月12日 | masaringは、芸術家!??



http://www.komeri.com/contents/contest/gardening_19th/






【応募した作品(写真3枚)の内の一枚目。我が家の前庭ガーデニング。全体写真。】

恥ずかしながら今年も
「コメリドットコムの第19回ガーデニングコンテスト」に
応募した。
何と今年は、過去最多の1000作品を超える応募があったそうだ。

ガーデニングコンテストは、色々な機関が実施している。
それぞれ、日頃の手入れと技術が素晴らしいものばかりで
とても足元にも及ばないのだが、、、。




【我が家の前庭ガーデニング。違う角度から。写真二枚目。】

ガーデニングにチャレンジして二年経過。
コンテストは「参加することに意義がある」。と考え応募した次第。

主催者の意向とは少し違う作品であるが、
(「狭い空間を如何にガーデニングで彩るか」が今年の趣旨のようだ。)
まあ良しとしよう。

只今、それぞれの作品を公開し、みんなのひと言を受付中。
下↓のアドレスをクリックして、ひと言を書いていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。!!(*^-^*)

      ↓  ↓  ↓

http://www.komeri.com/contest/contest_19th/work/A060.html





【やはり我が家の前庭のシンボルは松の木の支柱の花のタワーだね。写真三枚目。】





【我が町は田舎であるが、さらに森の中に「うつわとCafe mute.」がある。】




【2階はギャラリーで陶器を展示している。】




【パスタランチを食した。】


話は全く変わるが、
広島に住んでいた娘夫婦が関西に転居、先日里帰り。
昼食は「うつわとCafe mute.」で。

2階のギャラリーの陶芸を見た後、
パスタランチ(サラダ、ベーグル、和風パスタ、ドリンク)。

〆は、かぼちゃのバウンドケーキ。
小鳥のさえずりが聞こえる、
静かなログハウス風の素敵な店だ!!(*^-^*)



【〆のかぼちゃのバウンドケーキ。器は客に合わせたものをチョイスだ。】



【今年2度目のサフランモドキが咲いた。一度目より色は浅いね。】

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も秋の気配。

2016年09月09日 | 音楽!何でも大好き



【立待月の夜の我が町の夏まつりのフィナーレを飾る花火。】

8月20日、我が町の夏まつりが開催された。
フィナーレを飾る花火大会。
私は、今年も家の近くの天井川の堤から見物した。

8号玉やスターマインなど約1000発の
花火が夜空に上がり、大輪の花を咲かせた。
花火を撮影したが何せコンデジ。
でも花火と立待月との饗宴に酔いしれた。

今年の夏も終わった。





【ヤブラン。】

ノシランの花は白いが、ヤブランは紫色である。
ユリ科である。花穂が今一番見頃である。

常緑樹の下や住まいの周り咲いている。
秋には黒い実がなる。

都会のマンションの入口の植え込みに
ヤブランを植えているのを見た時、
さすがプロの仕事だと感激したことを思いだした。





「すぐ楽、ミリオンベル」。】

毎年購入している赤と黄色。
花付き2色植えの混色の苗なので、
植えてすぐ花を楽しめるのがとても良い。

今年の春、赤と黄色のミリオンベルを2株植えて、
伸びたので切り戻ししたがこの様にはならないんだ。

さすがサントリー、
ガーデニング初心者向きに作っているね。





【マリーゴールド。】

育て易いが我が家では、
何故か育たなかったが、今年は順調だ。

6月からヤマハ大人のピアノ教室に月2回通っている。
9月2日が7回目だった。
「ふるさと」、「エデンの東」、「エリーゼのために」、
「グリーンスリーブス」、「エーデルワイス」の5曲は
すでに合格、順調だ。
今回は「トロイメライ」。

11月13日に大人の教室の発表会が開催される。
「星に願いを」にチャレンジしようと考えている。




【9月7日、夕方から大阪城ホールへ出かけた。】

信じられないが、和歌山県外へ出かけたのは何と2年振りだ。



【大阪城ホールでの「小田和正ツアー2016~君住む街へ~」。】

大阪ファイナルである。

彼の魅力は、やはり音の揺らぎの少ない
フラットな澄んだ高域の美しい歌声と確かな音程だ。

9月20日で69歳になるとは信じられないステージだ。

花道を走る、観客へのサービス。
今回も感動した。



【小田さんのOfficial・Facebook・Pageの大阪中央体育館ライブを使用。】



【小田さんのOfficial・Facebook・Pageの大阪城ホールライブを使用。】

コンサートを終え、ホールから出ると

すっかり秋の気配がした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

初秋の『季楽里龍神』。

2016年09月04日 | 温泉、至福の時。



【「猛暑日」が続いた今年の夏。初秋の9月、龍神は既に秋の風。】

夏が好きな私でも、今年のうだるような暑さには参ったね。
少し農作業をしただけで全身汗まみれ。
一日に何回もシャワーを浴びたよ。

季節が動き始めた頃、夏の疲れがドッと出た。
「そんな時は温泉」と3ケ月振りに龍神温泉に向かったのだ。





【「季楽里龍神」の玄関に吊るされた備長炭の風鈴は秋の音色だ。】

FBで紹介されていた風鈴。
真夏にその音を聴くことは出来なかったけど

初秋に聴くのも風情があって、中々良いものだ。

まるで、水琴窟のような癒しの響きだ。





【いつも楽しみな玄関の生け花。今回は楓とジニア(百日草)だ。】

スタッフが、山野や庭の花を持ちより活けているという。

素朴な「おもてなしの心」がとても、心地よい気分になる。





【期間限定で毎木曜日の夕刻、ロビーでピアノコンサートが開催されている。】

全館、龍神材がふんだんに使われているのが素晴らしい。
特に、自然光差し込む解放感溢れるロビーは最高だ。

澄みきった空気も味わえる。





【今回、ルームキーホルダーが新調されいていた。】

素材は桜材で、日高川町のSOWAKAさんに
加工してもらったそうだ。木はやはり、良いよね。





【さてさて、日が高い内に1回目の湯浴みである。】

龍神温泉の由来・歴史や泉質は、
もう何回も掲載したので省略するが、

日本三美人の湯として知られる、龍神温泉。

いにしえより伝わる「いで湯」の温もりを
心ゆくまで楽しめるのが良い。
できれば湯治をしたいね。

腰痛も緩和するだろうね。





【季楽里龍神の玄関にも夕暮れ時がやって来た。】

今日も、ほぼ満室である。






【食事はバイキング。半年ぶりにアマゴの甘露煮が登場した。】

何しろ、ほとんどがこだわりぬいた地元の厳選食材だ。
アマゴが不漁でしばらくメニューから消えていた。
他の地域のを使うことはしない。

あくまで、龍神の山の幸、川の幸を使い
匠の技を堪能してもらいたいという心なのだ。

奈良県に住むRさんも大好物らしいアマゴが
再び獲れるようになったのが嬉しい。



【食いしん坊の私の夕食の第一弾。量は多いが以外にヘルシーだ。】

沢山盛り付けた。家ではあまり魚を食さないが、ここでは別。
この写真の中に、アマゴの甘露煮を始め、鰆の彩り南蛮漬け、
カツオのたたき、スモークサーモン、赤魚味噌漬け焼き、
カンパチ、マグロ刺身、ほんもろこの天ぷらが写っているのだ。

貴重な「ほんもろこ」。目の前で揚げたのを食した。





【一夜明けた早朝。露天風呂で湯浴み。朝の風が清々しい。】

湯浴み後、マッサージ機のリフレッシュコースを選択し体をほぐし、
落ち着いたら、また湯浴み。

これを繰り返すので、何回も入浴することになる。
当然、部屋にはほとんど居ない状態である。





【今度は錦秋に訪れたいが無理だ。収穫の秋が終わってからだね。】

今、我が家では、紀の川柿の袋かけ。
そして、もうすぐ刀根早生柿の収穫が始まる。

今年の異常気象は凄まじいね。

願わくば、被害無く、無事に秋果物が収穫出来ることを
祈るばかりの初秋(むしろ晩夏かな、、、。)である。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

乙女のワルツ。

2016年08月18日 | masaringは、芸術家!??



【ペチュニア・プレジャーラベンダーホワイトサークル。】

ペチュニア・プレジャーラベンダーホワイトサークルは、
花弁の縁にホワイトが入る半八重咲き。
珍しい花色と花形のペチュニアだ。

日当たりが悪くても開花しやすいのが良い。
まるで、乙女がワルツの曲を歌っているような花姿である。





【庭の樹の下では、ノシランの花が咲き始めた。】

裏庭の掃除をしていたら木陰で『ノシラン』が咲いていた。
我が家では、この株が一番最初に咲く。
ランと呼ぶがユリ科である。

我が家でも樹木の下に植え、地面を被う
グラウンドカバーとして沢山利用している。
病気も少なく日陰でも育つ。

ツヤのある葉もきれいで
添え物としてよい仕事をするのだ。



【赤色のインパチェンス。松の木陰で咲いている。】

今年は植えるのを止めようと思っていた
インパチェンスが満開だ。

開花期間が長く、初夏から秋にかけて咲くし、
日陰でも花を咲かせるので、
日陰のガーデニングでも重宝するのだ。

一年草であるが、こぼれ種でも増えるほどの増殖力がある。
実はこれ、こぼれ種なのである。



【サンパチェンス2鉢も半日蔭の所へ引っ越しした。】

暑さや陽射しに強く、一日一回の水やりで育つ
夏の花って意外にも少ない。

オレンジとピンクのサンパチェンス、来訪者に大人気だが、
この季節、一日陽のあたる所だと萎れてきたので
ベゴニアのタワー横の半日蔭に移動。

責任を持って管理しなければ花を植える資格がないよね。
子育て同様とても難しい。



【やっと、デュランタ宝塚の花が咲き始めた。良かった。】

昨年小さな挿し木苗を2鉢買い、花を楽しんだあと、
枯らさないよう大事に冬越しさせ、
今年の春、大きな鉢に植え替えた。

ところが、時期が来ても花が咲かない。
こんな時ネットは便利、理由はすぐ分かった。

鉢が大きすぎ成長に力を注いでいたのだ。
それでも秋口に咲くと書いていた。本当に咲いた!!



【我が家の北の離れ(私のパソコン兼音楽部屋等)への道。】

両脇にはベゴニアのプランターを並べている。
園芸店の「ベゴニアを8月に半分切り戻したら、
秋にはまた綺麗な花が咲く。」を信用して切り戻した。

半日蔭が良いのだがここは一日中太陽が当たる。
両脇のコスモスが日除けなのである!!



北の離れで、パソコンと音楽機器を使ってYou Tubeを作った。

私、これからの人生を「悠悠閑閑」と歩いて行きたい。

若かりし頃、好きで、よく聴いていた「乙女のワルツ」。

60歳を越え爺様になった私、まっちゃんが歌ってみた。
やはり声は衰えた、音程も危ない。
でも、それを認めて「悠悠閑閑」と生きて行こう。



昔、レコードをカセットテープに落とし、カセットデッキを
畑に持参し良く聴いていた、伊藤咲子さんのアルバム、
「想い出のセンチメンタル・シティ」。その中の収録曲。
「乙女のワルツ」。今回は「爺のワルツ」だね。
下↓をクリックして、是非、見て聴いてくださいね。

乙女のワルツ covered by masaring

【勿論、「優游涵泳」でもありたいと思っているのだが、、、。】

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

見上げてごらん夜の星を。

2016年08月07日 | masaringは、芸術家!??



【ペチュニア・ナイトスカイ、切り戻して再び咲いたが、、、。】

今年の新色「ペチュニア・ナイトスカイ」の株が乱れてきたので、
株元から10cm位のところで切り戻しをした。

すると、また新たな花が咲き始めた。
しかし、説明書どおりこの暑い時期、単色になってしまった。

温度が下がると再び模様が楽しめると言うことだが、
そうすると、また切り戻しする必要がある。
暑さで株が悲鳴をあげているようだ。

でも、この季節、夜の星は綺麗だね。
涼みがてら、外に出て夜空を仰ごう。

ナイトスカイに模様が入っていれば、最高なんだけどね!!



【スーパーチュニアは株式会社ハクサンの特許種である。】

スーパーチュニアは、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ各国で
発売される国際的にも認められたチュニアの小輪タイプの品種だ。

赤、ピンク、紫等、各種揃っていて、八重咲きもあり強健種で、
水のやり過ぎで枯れることもある。
でも乾燥し過ぎも駄目。難しいね。≪2株枯らせてしまった≫

普通、ペチュニアは4月から10月まで咲くという
謳い文句だが切り戻ししてもダメな品種もある。

だから、この時期、スーパーチュニアに助けられているのだ。



【小輪ペチュニア「リトルホリデー・シルバー」。】

「リトルホリデー」は、種苗会社で販売金額一位を誇る
タキイ種苗さんの商標登録品種のペチュニアだ。

ホワイト地に中心部よりパープルがかり、
グリーン色も入り混じる素敵な花色だ。

園芸店では手に入らず、紀の川市の産直店で購入。
この産直店、時々面白い品種に出会えるんだよ。



【ペチュニア・プレジャー・イエロー・ブルースター。】

「プレジャー」シリーズは、イワタニアグリグリーンの品種。

私、イワタニアイコレクト「56種の野草と野菜の発酵液」を愛飲中。

どちらも岩谷産業のグループ会社だ。

しかし、凄いペチュニアだよ。
キャッチ・コピーが「夏花壇の女王」だ。
でも、雨に濡れたり、花に水やりをすると
花が溶けるのだ。水やりは株元にしっかりとだ。
さすが女王様、春に買った苗を切り戻ししたが
女王様には戻らず、花姿は乱れてしまった。
これも産直店で見つけた。

本当にペチュニアって、奥が深いよね!!



あっという間に8月。今月の初記事だね。

最近、
突然の夕立ちにビックリ。家の中に入り
You Tubeを作成。最近、再び脚光を浴びている
「見上げてごらん夜の星を」を歌ってみた。

夕立の後、空気が洗われて、夜の星が綺麗だね。
下↓をクリックして、是非、見て聴いてくださいね。

見上げてごらん 夜の星を。 covered by masaring

名曲「見上げてごらん 夜の星を」をカヴァーしてみました。
年齢を重ねると中々、思うように声が出ません。
特に、音程が危ないです。
そこは、ペチュニア・ナイトスカイに免じてください。
私、これからも「優游涵泳」でありたいと思っています。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おさらばしたい、アメリカネナシカズラ。

2016年07月27日 | masaringの生活の知恵



【皆さん!これ↑、何だか分かる?勿論、紐ではありませんよ。】

これは、アメリカネナシカズラという根が無いのに、
他の植物に吸盤で絡みついて生長するという厄介な蔓植物だ。

レンギョウの枝に絡みついているのが分かりますよね!!

外来生物法で要注意外来生物に指定されているのだ。

多分、母親が昔、貰って来たレンギョウの苗に寄生していたのだ。

寄生植物で葉緑素を持たず葉も退化している。
植物の枝や茎を絞め生育を阻害死滅させる。

昨年、2本のレンギョウを覆いつくしていたので、
蔓を丁寧に獲っていったら木が丸裸状態に。
それでも小さな絡みつきがあり、それも除去。
おかげで今年の春の黄色い綺麗な花は、この2本にはほんの少しだけ。

全て除去したと思っていたので、今年は来年の花用に
伸び放題にしていた。ところがある日、
短い蔓を見つけ除去。しかし残っていたのか翌日には
最初の写真のように、一日でみるみる大きくなっていたのだ。

退治するには、少しでも残すとすぐに復活するので、
寄生されている植物を根元まで切り下げて、
アメリカネナシカズラと共に焼くか地中深く埋めるかして
完全に除去するしか方法は無い。

今のところ、駆除方法はむしり取るしかないのだ。

「根も葉もない噂」という言葉がある。
これは何の根拠も無いということだが、
根も葉も無い「アメリカネナシカズラ」は、本当に怖い。

皆さんも気を付けてね!!





【門柱の下の「ペチュニア・紅色小町」。】

紅色小町は、中輪系のペチュニアで、
鮮やかなパープルレッドの花弁の外側には、
白の覆輪(縁取り)が入っている。

今年の新作と言うことで4株を小さな鉢に植えた。
こんなに大きくなるのなら
普通のプランターに植えれば良かったと思う。

只今2鉢は短く切り戻し、次の開花の準備中だ。





紫紺野牡丹の花が、今年も咲き始めた。】

紫紺野牡丹は紫色が特に綺麗な花だ。
牡丹のように美しいのでこの名になったらしい。

例年は8月だが、昨年は7月15日に咲き始めた。
昨年の秋には、高さが2mを超えたので
今年、4月に30cmにまで切り戻した。
枯れると嫌なので、挿し木もした。
そんな心配をよそに、芽が成長し
7月26日に一輪目が咲いた。

一輪の花の命はたった一日、
早朝に咲き夕方には散ってしまうが
花言葉は「平静」だ。凄いよね。



それでは、久しぶりに歌を聴いてください。
2012年にYou Tubeにアップした「サン・トワ・マミー。」

歌詞に「さようならと 顔も見ないで 去って行った、、、」と
あるけれど、今の私、まっちゃんの思いは、
「さようならと 顔も見ないで 去って行った アメリカネナシカズラ」と
歌えたら嬉しいんだけどね。

下↓をクリックして、見て聴いてくださいね。↓↓。

masaringの「サン・トワ・マミー。」2012。

私、まっちゃん。
ゆったりとした心のままに、
じっくりと学問や芸術を深く味わいたい。
だから「優游涵泳」という言葉が好きだ!!


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

表の富有柿畑の今。

2016年07月20日 | 農業は、スゴイ!



表の富有柿。1回目の摘果を終えた。】

刀根早生柿、平核無柿は、すでに3回摘果で回った。

富有柿は生理落下があるので1回摘果したのみ。

ところが、、、。





【表の富有柿畑の今。柿の木の下、蔓が伸び放題。】

実はこれ、鶴首カボチャの蔓なのである。

表の柿畑の一部分で野菜を栽培。

今、柿畑が凄いことに。

鶴の首に似ている「鶴首かぼちゃ」を3株植えた。

その3株が
大きくなり、柿の木の下は蔓だらけなのだ。

孫芽にしか実は付かないので、蔓は広がる一方だ。
柿畑の三分の一を占拠しているのである。



「鶴首かぼちゃ」の孫芽の黄色の花。



【「鶴首かぼちゃ」。すでに収穫時期のものも。】

盆の供え物のつもりで作ったが、沢山の実が出来ている。

「出荷したら。」と言ってくれる人もいるが、
知り合いに配ると、とても喜ばれるので
全て、近所、知り合いに配ることとなる。

何故なら、食したらコクがある
美味しいかぼちゃなのである!!





【表の柿畑の東部分にベゴニア80株を植えて2ケ月経過した。】



【水やりと液肥の施肥は大変だが今年の夏も「花街道」は健在。】



【一方、西側はぐんぐん大きくなるペチュニア。】

この花、謳い文句のとおり、花壇向きを実感。

4株でベゴニア80株の面積になりベゴニアにまで侵食中だ。
来年は、この花で、、、。と思いきや
ナス科なので連作すると花が咲かないらしい。

柿の木が大きくなるまで「花街道」は続行するつもり。
夏は、やはりベゴニアが良いかな!!





【表の柿畑の一角の野菜コーナーの胡瓜。既に元は取った。】



【同じく野菜コーナーのゴーヤ。ゴーヤチャンプル美味だ。】



【そして、私の一番好きなインゲン豆。初めての挑戦、豊作だ。】

何しろインゲン豆は、低脂肪、高蛋白の非常に優れた食品だ。

調理法は沢山あるが、全て私好みである。





【そして一転、裏庭の金柑。今、柑橘系の白い花が満開なのである。】

おそらく、その昔、祖父が植えたものと思われる。古木である。
我が家では実った実は正月用の飾りに使う。
甘露煮にしていた時期もあるらしいが、あくまでも庭木のひとつ、観賞用だ。

棘にも負けず花の前に整枝した!!(*^-^*)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

7月、我が家の青い花。

2016年07月10日 | masaringの生活の知恵



【信じられないことだが7月にデルフィニューム・ブルーバードが満開。】

長い花穂に八重花がつき、すらりとした花姿。
何と今年3度目の開花である。
5月に満開、その後根元から切り戻した。

耐暑性は全く無いので、7月は無理と思っていたのに、
再び、ぐんぐん大きくなり、見事な青色の花を咲かせた。

これがガーデニングの魅力のひとつだよね!!



【青紫の花を咲かせる、イソトマブルー。】

澄んだ青紫の星型の花は、その柔らかい株姿とともに涼感がある。
葉にはギザギザの切れ込みが入り、
株はこんもりしやや横に広がる。

初夏や秋は花つきもよく丈夫に育つが、
高温多湿に弱い。
また、茎を切るとそこから白い汁が出てくる。
この汁は人によっては肌が荒れたりかぶれることがある。
感作でかぶれやすい体質になったまっちゃんは、
ガーデニング手袋が欠かせない。

花言葉の猛毒とは裏腹に、やわらかい雰囲気で涼やかだよね!!



【アゲラタム。小さなアザミのような花がポンポン咲く。】

熱帯アメリカを中心に30種が分布するキク科の植物だ。

アゲラタムは、ギリシア語で否定を表す「ア」と
「ゲラス」(=年をとる)の2語から来ており、
「老いを知らない」とか「古びない」と言う意味になり、
花色が長期間色あせないところに由来するそうだ。

この花、春に出回る苗を植えつけたのだが、
果たして秋まで花を咲かせ続けることが出来るか、腕の見せ所だ。
そのためには、終わった花を摘み、傷んだ葉を摘んでいる。

ただし、見た目が好みじゃない人もいるのである!!





【青い花では無いが、サフィニアブーケが二度目の満開。】

ペチュニア類の切り戻し方法を調べていたら
「ペチュニアは4回満開にさせましょう。」と解説してる人がいた。
切り戻しの時期と方法で、一年草のペチュニアを
何回も満開にさせている方なので、説得力がある。

それで、私、まっちゃんも満開が済んだ頃に
葉を少し残して、まん丸に切り戻しをした。
「枯れるかも、、、。」の心配を余所に
3週間でまたもや満開だ。

「よし、あと2回は満開にしてみせよう。」
花咲か爺のまっちゃんの独り言だ!!





【デルフィニューム・ブルーバードからの眺め。】

デルフィニューム・ブルーバードの前には五葉松。

道を挟んで、富有柿畑。畑の入口はベゴニアの花、
つづいてミニトマト、そしてキュウリの棚。
写真には写らなかったけれども、オクラにゴーヤ。
今や富有柿畑は百色畑と化している。

これもガーデニングの成せる業だ。

それにしても7月の青い花は一服の清涼剤だ!!(*^-^*)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

サンタローザとソルダムの収穫。

2016年07月05日 | 農業は、スゴイ!



【我が家はスモモの受粉樹としてサンタローザとソルダムを植えている。】

上の写真の赤い実は、収穫適期のサンタローザである。

スモモは自分の花粉では結実しない品種が多く、
そのような場合は受粉樹が必要になる。

我が家は、大石早生を栽培しているが、当然受粉樹が必要で、
サンタローザとソルダムを
大石早生の畑に混植しているのだ



【サンタローザは20kg入るコンテナに半分ほど入れて集荷場に出荷する。】

サンタローザは、アメリカの育種家ルーサー・バーバンクが
20世紀の初め頃、日本すももとアメリカすももを交雑して
育成した品種と言われている。

今では世界中で栽培され、
最もポピュラーなスモモとして知られている。

日本でも人気があり、大石早生、ソルダム、太陽に次いで
4番目に多く生産されているのだ。

サンタローザは一つが100gほどでやや大きく、
果皮は熟すと鮮やかな紅色になる。

中の果肉は黄色く、やや酸味が強い傾向であるが
甘味も十分にあり、特徴のある
フルーティーな香りが特徴である。





【一方、ソルダムはと言えば、果皮の大部分が緑色の時が収穫適期だ。】

ソルダムはアメリカで大石早生の交配種を育成されたものを
日本に導入された品種である。

一般的にまだ未熟なうちに収穫され流通するので、
果皮の大部分が緑色で、
中の果肉が赤いスモモというイメージがある。

でも、このソルダムも完熟すると表皮の色は
しっかりと赤黒く色付くのである。



【ソルダムは桃の出荷コンテナにソルダム用シートを敷き、一段で出荷。】

ソルダムの果実は100g前後のものが多く、
果皮の色は緑色の部分が多い状態で出回っていることが多いよね。

でも、表皮の色は緑でも、中の果肉は赤いのが特徴である。

完熟すると濃い鮮紅色になるんだよね。



【今回出荷するソルダムを輪切りすると、こんなに真っ赤。ジューシーだ。】

我が家は先述したとおり、大石早生が中心であり
サンタローザもソルダムも収穫量は微々たるものだが、
収穫、出荷には大石早生以上に手がかかるのである。

ちなみに、すももの生産量の日本一は我が和歌山県ということである。

これらの収穫が済むと、本当の真夏の到来である。





【アンゲロニア・セレニータのパープル色。】

本日の我が家の花は「アンゲロニア・セレニータ」。

メキシコ、ブラジル、西インド諸島に30種類が分布する植物。
その中でもセレニータは、よく枝分かれするので、
摘心しなくてもコンパクトにまとまる品種だ。

夏に強く、初夏から秋、茎の上部、
葉の付け根に次々とつぼみを付ける。

個人的に感じるのだが、今年流行の花だ!!(*^-^*)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

黴雨期の我が家の花達。

2016年06月26日 | masaringの生活の知恵



【我が家の前庭の西側。ベゴニアタワーから通りの風景。】

まっちゃん家の主庭は、松を中心とした樹木を植栽し
緑は多いのだが、門から玄関までの前庭は「家の顔」なので、
お客様を季節の花で華やかに迎えようと
ガーデニングを始めて3回目の今、黴雨期。

変化に富んだ景観を作るよう努力しているところだ。
ある日、ガーデニングに詳しい方が前の道を通られ
前庭に入り、じっくりと花を見てくれた。

「一つ一つのプランターは単品の花だけど、
 庭の花全体がひとつの寄せ植えになっているのね。」
という言葉を頂いた。

私の意図が伝わって、とても嬉しかった。

ベゴニアのタワーは2年目。これが案外難しい。
でも、これにより庭が立体的に見えるから不思議である。

今後も日々精進していく所存である。





【常緑アジサイ・碧の瞳(あおのひとみ)。】

昨年の秋、園芸店で勧められた。
その最後の1株を購入し寄せ植えにした。

常緑なので冬のさびしい感じはなかったが、
何か、控えめな印象だった。

それが今、この黴雨期に爽やかに開花した。
花以上に、その後の目の覚めるような
青い実が美しいらしく、
その実が「碧の瞳(あおのひとみ)。」の名前の由来らしい。

早く、その実を見たいものだ!!





【オレンジ色のサンパチェンス。】

インパチェンス属の種間雑種として
サカタのタネが開発した花だ。

『サンパチェンス』という名前の由来は
“太陽 (sun)+忍耐 (Patience)”からきている。

夏は半日蔭を好む。
昨年は大きくなり過ぎたので、
今年は、花が沢山咲く品種にした。

環境浄化植物と言うことだ。凄いネ!!





【クフェア(メキシコハナヤナギ)。】

クフェアは、アメリカに約250種類が分布する草花もしくは低木で、
日本には明治~大正に数十種類が渡来し、その中でも
数種が鉢花や花壇に利用されている。

我が家のは、メキシコハナヤナギだ。昨年購入した。
一年草扱いだが、県の緑化センターの花壇に植えられており
冬は、短く切り戻していたので真似をしてみた。

すると春になると芽吹き、自然に形が出来
赤紫の小花を次々と咲かせている。

少し地味な花であるが、花期が長く使い勝手は良好だ。
丈夫な花だが、水切れに注意だ!!





【ぐんぐん大きくなるペチュニア・赤色。】

コメリブランドの「ぐんぐん大きくなるペチュニア」。
昨年、見事な大株と大輪で庭の花の中心的存在だったので
今年、赤とシルバーベリーを1株、そしてピンクを2株購入した。

この時期、すでに直径1mを超えている。
毎日、たくさんの新しい花が咲き、たくさんの花が枯れる。
それを繰り返すので、ぐんぐん大きくなるのである。
ところが、たくさん外へ咲くので、中ハゲ状態となるのだ。

そのため、ピンクの1株をバッサリ切り戻し
どんな状態で再生するか試そうと思うのである。

庭とは別に、表の柿畑のペチュニア・コーナーに
ピンクを2m間隔で4株植えた。これらは中ハゲ状態にならず、
すでに隣のペチュニアと接しそうになっている。
ということは、この花、本来は花壇向きなのかも知れない。

ただし、雨の多いこの時期、雨に当たると
ペチャンコになるのだ。
しかし、花の回復は早く見事に復活するのだ。
毎日花を沢山咲かせ、沢山枯れるを繰り返しているからだ!!





【昨日、キキョウの苗を購入してプランターに植えた。】

黴雨にキキョウの花は似合うよね。
何といっても清々しいものね!!






【前庭の東側の花達。ナイトスカイの鉢を真ん中に左右対称。】

今年信じられないことが起こった。日日草の立ち枯れは
良く知られているが、カリブラコアも立ち枯れするんだね。
そんな品種なのかな?(何しろ名前がイージーカリブラコアだ。)

朝、綺麗に咲いていたのに、夕方見ると鉢全体が枯れている。
次々と5鉢も、、、。裏庭で予備軍を育てているので
すぐに置き換え。誰も枯れたことに気づかないから良いが、、、。

ガーデニングって本当に難しいと改めて思う、今年の黴雨だ!!

※ブログを始めて13年目に突入している、まっちゃんである。(*^-^*)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

玄関網戸の内からの風景。

2016年06月22日 | masaringの生活の知恵



【我が家は風が通ると皆、言う。より涼しさを感じるため網戸を新調。】

夏に我が家を訪れる人は必ず言う。
「風が通って涼しいですね。エアコン要らずですね。」と、、、。
その代わり、冬はとても寒いのである。
玄関を開けておくと、たちまち野良猫が大挙して入る。

その対策を第一に網戸を新調した。
猫も入らなくなったし、何より涼やかなのである。
そして網戸越しに我が庭が一枚の絵のように見えるのだ。

前庭のプランターの花達。松を境として右は主庭である。
我が家の主庭は、松や槇、ウバメガシ、柘植等と花木を植栽。
小さな仙水もあり中々風情がある。

網戸を通して見る風景で、
あらためて、そう感じたのである。





【サフランモドキ。】

サフラモドキの一株が、ネズミモチの根元で
毎年、この時期花を咲かせる。

西インド諸島やメキシコに自生する多年草で、日本には1845年に渡来。
サフランの花に似ているのでこの名前が付いたと聞く。

雨後に球根が潤うと、一斉に花を付けるので、
レインリリとも呼ばれる。

日本の気候によく順応しあちこちで見る。野生化したものが多いが
我が家のは多分、祖父が植えた、園芸種であろう。

しかし、こんなに綺麗に、一斉に沢山咲いたのは初めてだ!!



【アジサイ「アナベル」が今、満開である。】

ホンアジサイやガクアジサイは日本原産種が改良されたものだが、
これは北アメリカ東部原産だ。

普通のアジサイは前年の夏に花芽がつくられるが、
アナベルは春に花芽ができ、その年の夏に開花する。

我が家は7月に剪定、秋にも咲くので年2回楽しんでいる。
そして冬にも剪定。そしてこの花を咲かせる。凄いよね!!



【ペチュニア・リトルチュニア・ピンクフリル。】

これは、今年2016年の新作らしい。
小輪でマウンドタイプのペチュニアで
ピンクの花が愛くるしく咲き誇る。

1株買ったがあまりに可愛いので
園芸店に残っていた苗を全部購入。
多くのプランターに植えた。

花付き抜群、密集して咲くので嬉しいが、
色が薄れてきたら(その花の役目は終わり)
すぐに花茎を摘まないと花姿が乱れる。

太陽には思いきり強く、濃い色になるが
雨に濡れると、すぐに花の色が薄らぐ。
だから雨が降ると真っ先に軒先に移動だ。

さてさて、この品種、人気が出るかな。
私は、来年は?だね。





【垂直庭園防水プランターのベゴニアのタワー等。】


梅雨の早朝の我が家の前庭の松の樹の下の花達。
我が家のシンボルの松の支柱の垂直庭園防水プランターの
ベゴニアを中心に撮った花達だ、、、。

我が家の前庭のプランターのひとつひとつは単品の花だ。
全体でひとつの寄せ植えになるように品種、配色、高さを
考えて配置しているつもりだ。

だから航空写真で一度、撮って見てみたいが、
ヘリコプターをチャーターする貯えも無い。
カラスが毎日空から見ているので
聞いてみたいものだ。

しかし、今年の花の成長は、とても早い。
もう、8月末の様相である。

落ちたり摘んだりした花の掃除も中々大変である。

裏庭で育てている花達と入れ替える日も近い。

タワーのベゴニアは、切り戻して
秋まで咲かせていようと、
玄関網戸の内から見て思った。!!(*^-^*)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

水無月、我が家の前庭では、、、。

2016年06月19日 | masaringの生活の知恵



【まっちゃんちの前庭。色とりどりの夏の花が咲いております。】

前庭とは、門まわりから建物の玄関までに位置する庭を指し、
客を迎え入れる最初の庭である。
門まわりやアプローチと一体となって「家の顔」となる空間で、
アプローチが視点場となって眺める庭だ。

歩きながら景色が変わることを生かし、
変化にとんだ景観を作ることが大事だと「庭園技能講座」で学んだ。

それまで何も知らなかったけれど、花を植えたことは間違いでなかった。
ただ、まっちゃんちの前庭には車も入るので
空間作りも大いに考える必要がある。

前庭が人を迎える対外的なものに対し
主庭(main garden)は、いわゆる庭園のことである。
つまり主庭は家族のためのものである。

庭園。中々奥深いものである。





【ワインレッド色のサフィニアブーケ。】

サフィニアブーケはサントリーが開発したペチュニアの園芸品種の一つ、
通常のサフィニアが広がっていくのに対して、
これは手を加えなくても、こんもりとしたドーム状に茂るのが嬉しいね。

花に水がかかると花がしぼむので水やりには気をつけ
昨年の反省から、雨の日はペチュニア系は軒先へ移動している。



【ウルトラマリン色のアズーロコンパクト。】

アズーロコンパクト。これもサントリーが開発したロベリアの品種。
通常品種では困難な夏越しも可能で、春~秋まで
長期間咲いてくれる園芸品種だ。

ただし、サントリーでしか栽培・販売していないので流通量が少ない。
梅雨前に三分の一ほどに刈り込みすると長持ちするが今年も忘れた。

遅ればせながら、この写真を撮ってすぐに刈り込んだ。
果たして、夏越しはできるだろうか、、、。



【カリブラコア・レモンスライス。】

色合いがレモンのようなのでレモンスライスという
名前がついている。別にレモンの香りや味はしない。
花付きがよく、育てやすい植物である。

この色合いが大人気で店頭に苗が並ぶと
あっという間に売り切れてしまう。

初心者向きなのに昨年はあまり花を咲かせることができなかった。
でも、今年はご覧の通りの花盛りである。
きっと苗にも当たりはずれがあるのだろう。
これも満開が済んだら、切り戻しすればもう一度沢山咲く。



【ユーフォルビア・ダイアモンドスター。】


純白の花が涼しげな雰囲気を醸し出すユーフォルビア・ダイアモンドスター。
見た目はか細いが、暑さに強く、
晩秋まで繊細な小花を溢れるように咲かせる。
数少ない八重咲き品種のユーフォルビアである。

実は、もう一鉢あるのだが大きくならず、花も痛んで来た。
見た目よりも乾燥に強く、多湿に弱いので、
水をやりすぎて根が腐ったのかもしれない。
水やりも難しいものだね。



【ペチュニア・紅色小町。】

ペチュニア・紅色小町は、ハルディンより販売されている
中輪系のペチュニアで、鮮やかなパープルレッドの花弁の外側には、
白の覆輪(縁取り)が入っている。こんもりと育った株には
たくさんの花が咲いて、長く楽しむことが出来る。

日当たりを好み、日陰では花付きが少なくなる。
上でも書いたが、梅雨のこの時期、雨に当たると花が痛むので
ペチュニア系の花は、軒先に移動させている。
これが結構手間がかかるのだ。

暑い夏は、人間には過ごしにくい季節だが、
ペチュニアには嬉しい季節なのである。



【話は変わって、6月、ピアノ教室へ2回通った、、、。】

6月からヤマハ大人のピアノ教室に通っている。月2回だ。
ホームミュージック、シネマ、クラシックを順に弾く。
月に1曲を完成が目安だが、2回で2曲修了した。

次回は、クラシック。エリーゼのためにだ。
クラシックにはコード譜が無い。楽譜を見ただけで頭が痛くなる。
少し練習をし始めたが悪戦苦闘しているのである!!





【本日「父の日」。広島に住む娘からお酒が届いた。】

※中央は、我が奥さんの活けた「花活け」ならぬ「さつま芋活け」。

 
 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

まっちゃん、ピアノを習い始める。

2016年06月12日 | masaringは、芸術家!??



【ヤマハ大人のピアノ教室、マイレパートリーコースに入会した。】

「庭園技能講座」を修了し、「庭園管理士」資格を取得。
つづいて、ガーデニング講座を受講し
ガ-デンコ-ディネ-ター資格の資格取得を目指すと思いきや、、、。

移り気な私、まっちゃんは何と50年振りにピアノを習い始めたのだ。

2年前にも習おうと思い行動に移りかかったが
母親の認知症が急に進行し、介護の日々となったのである。
今は、デイサービスを週6日利用しているので、
利用時間帯だし月2回のレッスンなので習うことにしたのである。

もうひとつの理由。これが後押しになったのだ。





【「あいさつソング」を参加者と歌う、まっちゃんであります。】

去る、6月5日(日)に地元の公民館主催の2年に一度の
舞台発表のイベントがあり、

私、まっちゃんは出演したのだ。

当初、出演の予定では無かったが、
プログラム作成の前の日に、我が町内会からの出演予定者が
出られなくなり、急遽ピンチヒッターとして
私が出演することとなったのだ。

でも私、この2年間、公の行事に参加したり
人前で何かを発表することは全く無く
おまけに、人と話すこともめっきり減っていたので
大いに不安であったが、元来のサービス精神が目覚め、
出演したのである。

私のパフオーマンスは、舞台下から登場し
オリジナル曲(あいさつソング)を会場の皆さんと掛け合いで歌い、

※「あいさつソング」は会場となった小学校で
 毎朝8時になると流れている歌である。
 そう、私の作った歌が毎朝放送されるのだ。

 でも、小学校で流れている歌は私の歌声ではない。

そして、舞台に上り、「365日の紙飛行機」をピアノヴァージョン、
バラードに編曲して歌い、(間奏はスキャットを入れた)
歌の最後に手作りの紙飛行機を飛ばした。


このパフォーマンスが予想以上に受け、気を良くした。
でも、シンセで伴奏を作って、それで歌っても
カラオケと何ら変わらない。

イベントでは、歌うにしても、
やはり生演奏が良いのではと思い
アコースティックのピアノで弾き語りをして発表したいという思いが
再燃し、50年振りの教室通いとなった訳だ。



【続いて舞台の上で、ピアノソロのメロディーで「365日の紙飛行機」を。】



さてさて、とても移り気なまっちゃん。
ピアノのレッスンは続くでしょうか?

そして2年後のこのイベントで、私、まっちゃんは、
ピアノを弾きながら、歌うことが出来るのでしょうか?



早くも6月も中旬。梅雨と言えばアジサイ。我が町の町花。
我が家のアジサイも見頃。
アジサイ三景。



【ホンアジサイ。日本でもっとも古くから原生しているといわれる品種。】




【ガクアジサイ・4枚の花弁が小さい花々の周りを彩るように咲く。】



【手まり咲きで真っ白なアジサイ。水揚げが良く切り花に重宝。】



ちなみに、毎朝小学校で流れている「あいさつソング」は、
このヴァージョンです↓。是非、聴いてみてくださいネ↓。

あいさつソング

それでは、私はピアノの練習だ!!



 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

まっちゃん、庭園管理士資格を取得。

2016年06月04日 | 温泉、至福の時。



【昨日、日本園芸協会から「庭園管理士の資格認定証書」が届いた。】

自宅の庭木の管理を本格的にしようと1月から
「庭園技能講座」を受講していた。

テキストを開くと眠ってしまう毎日だったが、全課程の4冊を
何とか最後まで学習し、全6回の試験に合格。
不思議なことだが全て満点。
無事に、日本園芸協会認定の「庭園管理士」資格を取得できた。

まだまだペーパーでの知識だ。
実践を通じて技術を向上させなければネ!!





【咲き終わったツツジ等の整枝剪定をした。】


この時期、ツツジの刈り込み・整枝時期である。
庭園管理士資格を取得しても技術は未熟だ。

でも、切り落とされた枝葉で庭一杯のゴミを
丁寧に掃除すると何故か庭が綺麗になるから不思議。

踏み石も何か誇らしげだ。

農業と介護の合間の庭木と花の管理、超多忙である!!



【ツツジやサツキの花芽分化期は夏である。】


だから刈り込み・整枝時期は6~7月が適している。
10月に整姿も必要だ。

整枝した後の我が家の前庭。
夏の花がより一層鮮やかに感じられる。

花は庭園管理士の範疇では無く

ガ-デンコ-ディネ-ター資格が必要とか。
でも、もうガーデニング講座の受講はこりごりである。
何故って、テキストの字が見えにくい、目が疲れる。
つまりは全身が疲労困憊するからである。





【高野・龍神スカイライン沿いは白いウツギの花盛りだった。】

自分を褒めてやりたくて(それは嘘で、3月末に予約していた)
龍神温泉「季楽里龍神」へ車を走らせた。

朝、花と野菜に液肥を施肥。午後出かけた。
母の介護を我が奥さんに頼み、、、。(勿論、奥さんの機嫌は悪い。)

どうしても龍神温泉で湯浴みしたかったのだ。



【龍の里橋を渡ると、馴染みの「季楽里龍神」である。】


こんなに晴天の龍神は久しぶりである。
深緑の候、一年で一番良い季節かも。
生命根源の力、精気を振るい起こすようだ。



【玄関の花、例の如く全て龍神の森、里の花である。】


品種改良された花の苗で、私、まっちゃんはガーデニングだ。
しかし、昔からある野の花も心身を癒してくれるよね。
スタッフの心配りがいつも嬉しい。

※今回の主役の花は、「スモークツリー」であった。



【地産地消でのバイキングの夕食。今回もお酒が進む。】

還暦も過ぎたので、中年太りの言葉は当てはまらない。
老人太り、、、?腹回りは凄いことになっている。

でも、美味しいものは口にしたい。
余は満足じゃ、、、。



【龍神はサツキが満開。湯船に逆さサツキが映えて美しい。】


1日目の午後3時30分にチェックイン。
次の朝、午前9時にチェックアウト。
その間に6回も湯浴みした。
目的が温泉だから、私、まっちゃん的には当然のこと。

上述したとおり、超多忙のまっちゃんである。
スカイラインの白のウツギを眺めながら、
正午に帰宅。
午後は日常に戻ったことは書くまでもないよね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加