gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-31 15:54:38 | 日記
詳細は「宇多田ヒカルの受賞とノミネートの一覧」を参照
ディスコグラフィ[編集]
詳細は「宇多田ヒカルの作品」を参照
オリジナル・アルバム[編集]
宇多田ヒカル名義
First Love(1999年3月10日)
Distance(2001年3月28日)
DEEP RIVER(2002年6月19日)
ULTRA BLUE(2006年6月14日)
HEART STATION(2008年3月19日)
Fantôme(2016年9月28日)
Utada名義
エキソドス(Exodus)(2004年9月8日)
ディス・イズ・ザ・ワン(This Is The One)(2009年3月14日)
出演[編集]
ラジオ[編集]
InterFM『Hikki's Sweet&Sour』(1998年10月4日 - 1999年3月28日、再放送2014年2月1日 - 3月29日)[139]
FM NORTH WAVE/CROSS FM『WARNING HIKKI ATTACK!!』(1998年10月8日 - 1999年3月)
FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/CROSS FM『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン』(1999年10月1日 - 2000年9月22日)
FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/CROSS FM『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアンスペシャル 〜FROM NY〜』(2001年3月20日)
FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/CROSS FM『宇多田ヒカルのTres Bien! Bohemian Summer Special From Tokyo』(2001年7月20日)
FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/CROSS FM『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアンスペシャル FROM TOKYO』(2003年1月13日)
FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/CROSS FM『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン スペシャル』(2009年3月20日)※FM802は3月22日放送[140]
InterFM『KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru』(2013年4月16日 - 2014年3月18日)
民放ラジオ101局『サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー』(2016年10月11日 - 10月17日)
CM[編集]
Sony「Media & Battery RED HOTキャンペーン'99」(1999年 - 2000年)
NTTドコモ「FOMA」(2001年 - 2002年)[141]
任天堂「ニンテンドーDS」(2004年 - 2005年)
サントリー食品「ペプシネックス」(2010年)[142][143]
サントリー食品インターナショナル「サントリー天然水」(2016年)[144][145]
テレビ[編集]
フジテレビ系ドラマ『HERO』第8話(2001年2月26日)※ウェイトレス役でカメオ出演
NHK総合『宇多田ヒカル 〜true secret story〜』(2001年3月24日)
NHK『トップランナー』(2006年6月18日)
NHK総合『宇多田ヒカル 〜今のわたし〜』(2011年1月15日)[146]
NHK総合『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル 〜人間・宇多田ヒカル 今「母」を歌う〜』(2016年9月22日)[147]
フジテレビ系・フジテレビNEXT『Love music 特別編 宇多田ヒカル 〜ライナーノーツ〜』(2016年9月30日・2016年11月12日)[148][149]
アニメ[編集]
インターネットアニメ『ブラック・ジャック』(ピノコ役)(2001年[62]、2007年11月30日 - [注 4])
ライヴ[編集]
年 日 会場
LUV LIVE
1999年 4月1日 梅田HEAT BEAT
4月2日 Zepp Tokyo
(ゲスト出演:スチャダラパー)
McDonald's Presents
宇多田ヒカル LUV LIVE REMIX 〜hello from new york〜[注 5]
1999年 7月29日 Zepp Sapporo
仙台電力ホール
東京国際フォーラム ホールA
愛知県勤労会館
大阪厚生年金会館
広島郵便貯金ホール
Zepp Fukuoka
爽健美茶 Natural Breeze Concert '99 WWFチャリティーコンサート[注 6]
1999年 8月24日 日本武道館
(共演:TLC、モニカ)
BOHEMIAN SUMMER extra 〜宇多田ヒカル SECRET LIVE〜 in SHIBUYA
2000年 6月26日 渋谷on air east
BOHEMIAN SUMMER 〜宇多田ヒカル Circuit Live 2000〜
2000年 7月1日 国立代々木競技場第一体育館
7月2日
7月7日 広島グリーンアリーナ
7月8日
7月15日 グランディ21 宮城県総合体育館
7月16日
7月20日 真駒内アイスアリーナ
7月21日
7月26日 石川県産業展示館 4号館
7月27日
8月1日 アスティとくしま
8月2日 アスティとくしま
8月5日 大阪城ホール
8月6日
8月11日 マリンメッセ福岡
8月12日
8月16日 名古屋レインボーホール
8月17日
8月21日 千葉マリンスタジアム(追加公演)
8月22日
8月23日
8月29日 アスティとくしま(振替公演)[152]
Utada Hikaru in BudoKan 2004 「ヒカルの5」
2004年 2月3日 日本武道館
2月4日
2月7日
2月8日
2月10日
UTADA UNITED 2006
2006年 7月1日 グランディ21 宮城県総合体育館
7月2日
7月8日 エコパアリーナ
7月9日
7月15日 マリンメッセ福岡
7月16日
7月25日 大阪城ホール
7月26日
8月4日 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
8月5日
8月8日 名古屋レインボーホール
8月9日
8月17日 さいたまスーパーアリーナ
8月18日
8月24日 真駒内アイスアリーナ
8月25日
8月29日 愛媛県武道館
8月30日
9月2日 広島グリーンアリーナ
9月3日
9月9日 国立代々木競技場第一体育館
9月10日
One Night Magic
2006年 7月28日 Zepp Osaka
Utada "In The Flesh" 2010 Tour
2010年 1月15日 Pipeline Cafe(ホノルル)
1月19日 House Of Blues(ロサンゼルス)
1月21日 The Showbox(シアトル)
1月24日 The Fillmore(サンフランシスコ)
1月30日 House Of Blues(ラスベガス)
2月2日 House Of Blues(シカゴ)
2月5日 Paradise Rock Club(ボストン)
2月8日 Irving Plaza(ニューヨーク)
2月11日 O2 Academy Islington(ロンドン)
2月12日
WILD LIFE
2010年 12月8日 横浜アリーナ
12月9日
タイアップ曲[編集]
年 曲名 タイアップ先
1998年 Automatic フジテレビ系『笑う犬の生活-YARANEVA!!-』エンディングテーマ
time will tell フジテレビ系『ライオンのごきげんよう』エンディングテーマ
1999年 Movin' on without you 日産自動車「テラノ」CMソング[153]
First Love TBS系ドラマ『魔女の条件』主題歌
Never Let Go TBS系ドラマ『魔女の条件』挿入歌
Addicted To You Sony「Media & Battery RED HOTキャンペーン'99」CMソング
2001年 Can You Keep A Secret? フジテレビ系ドラマ『HERO』主題歌
FINAL DISTANCE NTTドコモ「M-stage」CMソング
traveling NTTドコモ「FOMA」CMソング
2002年 光 スクウェアゲームソフト『KINGDOM HEARTS』テーマソング
アサヒ飲料「三ツ矢サイダーキングダムハーツデザイン」CMソング
SAKURAドロップス TBS系ドラマ『First Love』主題歌
Letters NTTドコモ「FOMA」CMソング
Simple And Clean スクウェアゲームソフト『KINGDOM HEARTS FINAL MIX』テーマソング
2003年 COLORS トヨタ自動車「WiSH」CMソング
2004年 誰かの願いが叶うころ 松竹映画『CASSHERN』主題歌
Easy Breezy 任天堂「ニンテンドーDS」CMソング
光 スクウェア・エニックスゲームソフト『KINGDOM HEARTS CHAIN OF MEMORIES』テーマソング
2005年 Be My Last 東宝系映画『春の雪』主題歌
Passion スクウェア・エニックスゲームソフト『KINGDOM HEARTS II』テーマソング
2006年 Keep Tryin' KDDI・沖縄セルラー電話「LISMO! au LISTEN MOBILE SERVICE」CMソング[154]
This Is Love 日清食品カップヌードル「FREEDOM-PROJECT」CMソング[155]
OVA『FREEDOM』テーマソング
ぼくはくま NHK『みんなのうた』2006年10月〜11月のうた
2007年 Flavor Of Life -Ballad Version- TBS系ドラマ『花より男子2(リターンズ)』イメージソング
Sanctuary スクウェア・エニックスゲームソフト『KINGDOM HEARTS II FINAL MIX+』テーマソング
Kiss & Cry 日清食品カップヌードル「FREEDOM-PROJECT」CMソング
Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX- クロックワークス/カラー映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』予告編テーマソング
Beautiful World クロックワークス/カラー映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』テーマソング
Stay Gold 花王「アジエンス」CMソング
2008年 HEART STATION レーベルモバイル「レコード会社直営♪」CMソング
Fight The Blues EMIミュージック・ジャパン「モバえみ」CMソング
TBS系『報道特集NEXT』テーマソング[156]
Prisoner Of Love フジテレビ系ドラマ『ラスト・フレンズ』主題歌
Eternally -Drama Mix- フジテレビ系ドラマ『イノセント・ラヴ』主題歌
2009年 Passion スクウェア・エニックスゲームソフト『KINGDOM HEARTS 358/2 Days』テーマソング
Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix- クロックワークス/カラー映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』テーマソング
2010年 光 スクウェア・エニックスゲームソフト『KINGDOM HEARTS Birth by Sleep』テーマソング
スクウェア・エニックスゲームソフト『KINGDOM HEARTS Re:coded』テーマソング
Hymne à l'amour 〜愛のアンセム〜 サントリー食品「ペプシネックス」CMソング[142][143]
Can't Wait 'Til Christmas
Goodbye Happiness 「レコチョク」TVCMソング
嵐の女神 森永製菓「1チョコ for 1スマイル」キャンペーンソング[157]
2011年 Show Me Love (Not A Dream) 東宝系映画『あしたのジョー』主題歌
2012年 桜流し ティ・ジョイ/カラー映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』テーマソング
2014年 First Love NTT東日本企業広告「もっと深く篇」「もっと強く篇」CMソング[158]
2016年 花束を君に NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌
真夏の通り雨 日本テレビ系『NEWS ZERO』エンディングテーマ
二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎 「レコチョク」TVCMソング
道 サントリー食品インターナショナル「サントリー天然水『水の山行ってきた 南アルプス』篇」CMソング[144]
2017年 光 -Ray Of Hope MIX- スクウェア・エニックスゲームソフト『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』テーマソング
Simple And Clean –Ray Of Hope MIX– スクウェア・エニックスゲームソフト『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』(海外版)テーマソング
人魚 『大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち』テーマソング[159]
脚注[編集]
[ヘルプ]
注釈[編集]
^ 当人曰く「引退宣言」でもなければ「休養」でも「充電期間」でも無いとしていた。
^ 『SMAP×SMAP』は当時の最高視聴率。
^ 後に卵巣嚢腫とブログで公表している[69]。
^ 「Yahoo!動画」にて有料公開(現在は公開終了)。
^ 同年4月に行った『LUV LIVE』の映像をメインとし、リハーサルなどのオフショット映像を加えたビデオ・コンサート[150]。
^ 世界自然保護基金(WWF)のチャリティー・コンサートとして行われ、抽選となったチケットは8,000人の募集に対する倍率が278倍になった[151]。
出典[編集]
^ “プチ発”. Message From Hikki (2000年4月6日). 2016年7月18日閲覧。
^ “ひさしぶり!!”. Message From Hikki (2005年1月17日). 2016年7月18日閲覧。
^ “『First Love』発売から15年、宇多田ヒカルの色あせない輝き”. ORICON STYLE. オリコン (2014年3月7日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “宇多田ヒカルが音楽業界に与えた衝撃”. ORICON STYLE. オリコン (2016年9月22日). 2016年12月26日閲覧。
^ a b “宇多田ヒカル、史上初の1stから7作連続アルバム首位”. ORICON STYLE. オリコン (2010年11月30日). 2016年7月13日閲覧。
^ a b “宇多田ヒカル、1,000万ダウンロード突破!”. BARKS (2007年10月4日). 2016年7月13日閲覧。
^ “第14回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (RIAJ) (2000年). 2016年7月18日閲覧。
^ “第17回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会 (RIAJ) (2003年). 2016年7月18日閲覧。
^ “年間 CDアルバムランキング”. ORICON STYLE. オリコン (2004年). 2016年7月19日閲覧。
^ a b “久しぶりの大事なお知らせ”. Message From Hikki (2010年8月9日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “宇多田ヒカル、「“人間活動”に専念しようと思います」”. BARKS (2010年8月10日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “おかえりなさい!宇多田ヒカル”. BARKS (2016年3月10日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “宇多田ヒカル、音楽活動再開!「とと姉ちゃん」OP、「NEWS ZERO」EDで新曲が続々聞ける!”. T-SITE NEWS (2016年4月4日). 2016年7月16日閲覧。
^ “1983年6月30日、ニューヨークから帰国する藤圭子と長女・宇多田ヒカル”. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社 (2013年8月24日). 2016年7月18日閲覧。
^ a b c “一字”. Message From Hikki (2007年7月12日). 2016年7月16日閲覧。
^ utadahikaruのツイート (7831461465956353)
^ “ソックスコレクション”. Message From Hikki (2007年7月29日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田さ~ん”. Message From Hikki (2007年8月12日). 2016年7月16日閲覧。
^ “山口県佐波郡徳地島地”. Message From Hikki (2007年8月12日). 2016年7月16日閲覧。
^ “おはようごぜぇます”. Message From Hikki (2007年9月13日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “大事なお知らせ”. Message From Hikki (2002年9月6日). 2016年7月15日閲覧。
^ a b “いつもヒカルを応援してくれている皆さんへ: マスコミ各位殿:”. Staff Diary (2002年9月6日). 2016年7月15日閲覧。
^ a b “大事なお知らせ”. Message From Hikki (2007年3月3日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “僕からも報告が…”. Staff Diary (2007年3月3日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “宇多田ヒカルが再婚、相手は一般のイタリア人男性”. ナタリー (2014年2月3日). 2016年7月16日閲覧。
^ a b “宇多田ヒカルが第1子を出産「良くお乳を飲んで良く寝る男の子」”. ナタリー (2015年7月3日). 2016年7月16日閲覧。
^ “大好き”. Message From Hikki (1999年3月11日). 2016年7月18日閲覧。
^ “絵本”. Message From Hikki (1999年5月21日). 2016年7月18日閲覧。
^ “痺れますなぁ。”. Message From Hikki (2000年1月6日). 2016年7月18日閲覧。
^ “ルーツ”. Message From Hikki (2008年8月31日). 2016年7月16日閲覧。
^ “好きな人 ver.2009.1”. Message From Hikki (2009年1月10日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカルは本気で『テトリス』超人だった! "宇多田ヒカルとテトリス対戦"開催!”. ファミ通.com (2006年8月12日). 2016年7月19日閲覧。
^ “その腕前はホンモノだった! 任天堂、「宇多田ヒカルさんとテトリス対戦!!」イベントで怒涛の快進撃”. GAME Watch. インプレス (2006年8月12日). 2016年7月19日閲覧。
^ “たかがテトリスされどテトリス”. Message From Hikki (2006年8月12日). 2016年7月19日閲覧。
^ “99999999”. Message From Hikki (2006年7月3日). 2016年7月19日閲覧。
^ “宇多田ヒカル「得意なことばっかりやっても成長がない」”. BARKS (2010年11月28日). 2016年7月13日閲覧。
^ utadahikaruのツイート (168733093681836032)
^ “「#ヒカルパイセンに聞け」Q&Aサイト”. 2016年9月28日閲覧。
^ “「これでうちのコも宇多田ヒカルになれるっ!」”. Message From Hikki (1999年4月6日). 2016年7月18日閲覧。
^ “あなたが選ぶ文藝春秋びっくり記事85 TOP5 第1位 「もうひとりの私 宇多田ヒカル ダニエル・キイス」”. 文藝春秋 (2000年1月). 2011年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月19日閲覧。
^ utadahikaruのツイート (270164982828777472)
^ utadahikaruのツイート (27111665985)
^ a b 「人気者の「賞味期限」 "旬"が続く理由(2) 宇多田ヒカル 育ての親が語る10年間トップを走れた秘訣」、『日経エンタテインメント!』第12巻第5号、日経BP社、2008年4月、 41頁。
^ a b c d e f “Top 100 Japanese pops Artists - No.24”. ローソンHMVエンタテイメント (2003年11月7日). 2016年7月15日閲覧。
^ “"もうひとつの旅立ち"に贈る”. Staff Diary (2002年2月22日). 2016年7月19日閲覧。
^ a b “音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは (1/4)”. エキサイト (2016年1月15日). 2016年7月15日閲覧。
^ a b c d “音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは (2/4)”. エキサイト (2016年1月15日). 2016年7月15日閲覧。
^ a b c “音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは (3/4)”. エキサイト (2016年1月15日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田ヒカルの歴史的名盤はこうして生まれた 関係者が語る15年目の『First Love』”. Real Sound (2014年3月11日). 2016年7月15日閲覧。
^ “4. モンスター=宇多田ヒカルの凄まじいセールス舞台裏”. Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2011年10月4日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田ヒカルのプロモーション現状及び今後についての東芝EMIの考え方”. Staff Diary (1999年3月8日). 2016年7月18日閲覧。
^ “テレビの国”. Message From Hikki (1999年3月22日). 2016年7月18日閲覧。
^ “RATING”. HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP. フジテレビジョン. 2016年9月16日閲覧。
^ “AKB48新曲、“シングル史上最高”の初週売上133.4万枚”. ORICON STYLE. オリコン (2011年5月31日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田一気に「好きなタレント」1位”. サンケイスポーツ. 産経新聞社 (2000年1月12日). 2001年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月18日閲覧。
^ “力強くて優しくて、エキサイティングなんだけど安心できる空間”. BARKS (2000年8月24日). 2016年7月13日閲覧。
^ “セ〜ェ〜ラァふっくっをっ♪”. Message From Hikki (2000年9月6日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田、女優デビュー??”. Message From Hikki (2001年3月2日). 2016年7月15日閲覧。
^ “応援、声援ありがとうございます”. Staff Diary (2001年4月3日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、映画サントラでFoxy Brownと共演!”. BARKS (2001年7月4日). 2016年7月13日閲覧。
^ “MTV Unplugged: Utada Hikaru”. MTVジャパン. バイアコム・ネットワークス・ジャパン. 2016年7月15日閲覧。
^ a b “ブラック・ジャック(インターネット版)”. 手塚プロダクション. 2016年7月15日閲覧。
^ “September 15, 2001 | Vol.158 No. 14” (英語). TIME. 2016年7月15日閲覧。
^ “December 17, 2001” (英語). TIME. 2016年7月15日閲覧。
^ “我が人生の中で最も短い三分(今んとこ)”. Message From Hikki (2002年2月10日). 2016年7月15日閲覧。
^ “19歳の首相官邸潜入レポ!さあいってみよ〜!”. Message From Hikki (2002年2月22日). 2016年7月15日閲覧。
^ “突然ですが・・・・・”. Staff Diary (2002年2月21日). 2016年7月15日閲覧。
^ “言葉が足りなかった?”. Staff Diary (2002年2月27日). 2016年7月15日閲覧。
^ “女であること”. Message From Hikki (2008年10月31日). 2016年7月16日閲覧。
^ “緊急のお知らせです”. Staff Diary (2002年5月5日). 2016年7月15日閲覧。
^ “みんなへ”. Message From Hikki (2002年5月10日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田ヒカルDVD「20代はイケイケ!」ダイジェスト公開中!”. タワーレコード (2003年3月25日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、佐野元春など、くずのアルバムに参加!”. タワーレコード (2003年3月6日). 2016年7月14日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、涙と感激でMCができないほど歌に全精神を注ぎ込んだ日本武道館公演”. BARKS (2004年2月13日). 2016年7月13日閲覧。
^ “尾崎豊トリビュート盤にミスチル、宇多田ヒカル、岡村靖幸他参加”. タワーレコード (2004年1月20日). 2016年7月14日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、UtadaとしてTIMBALAND、KILEY DEANと共演。五輪コンピに参加”. タワーレコード (2004年5月25日). 2016年7月15日閲覧。
^ “Utada、いよいよ全米デビュー・アルバム発表。TIMBALANDがプロデュース参加”. タワーレコード (2004年7月7日). 2016年7月14日閲覧。
^ “Utadaが洋楽史上最高のスタートで首位!”. ORICON STYLE (2004年9月14日). 2016年7月15日閲覧。
^ “Utada、全米デビュー”. BARKS (2004年10月7日). 2016年7月15日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、インターネットでライヴ&トーク配信”. BARKS (2005年11月10日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、ネットライヴ&トーク2回目はこのバンドのカヴァー曲も披露”. BARKS (2005年12月21日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル/Utadaの魅力が満載!ツアーレポ”. BARKS (2006年8月23日). 2016年7月13日閲覧。
^ “"ULTRA BLUE UNITED" BLOG”. 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、2年1ヶ月ぶりのアルバム首位獲得で史上初の快挙!”. ORICON STYLE. オリコン (2006年6月20日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、台湾で新記録を達成!”. BARKS (2006年6月29日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル & pom ponette presents 「ぼくはくま」オリジナルTシャツコンテスト ファイナル選考会レポート”. ナルミヤ・インターナショナル. 2016年7月19日閲覧。
^ “宇多田ヒカル“ぼくはくま”Tシャツが商品化”. BARKS (2007年6月25日). 2016年7月19日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、女性4年5ヶ月ぶりの3週連続1位!”. ORICON STYLE. オリコン (2007年3月20日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカルが新記録を樹立!さらに新曲も発表”. BARKS (2007年4月20日). 2016年7月13日閲覧。
^ “音楽業界震撼! Ne-YoとUtadaがコラボシングルを配信!”. BARKS (2007年11月14日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、デビュー10周年記念のビッグ・プレゼント”. BARKS (2007年12月7日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、「Automatic」着うた(R)が4日で50万ダウンロード”. BARKS (2007年12月14日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカルが全国のFM局とコラボレーション”. BARKS (2008年2月21日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、着うた(R)無料ダウンロード第2弾実施”. BARKS (2008年3月10日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、無料DL企画で70万DL突破”. BARKS (2008年3月17日). 2016年7月13日閲覧。
^ “【オリコン】宇多田ヒカル、08年No.1スタートで6作連続1位!”. ORICON STYLE. オリコン (2008年3月25日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、デビュー以来全アルバムがミリオン達成”. BARKS (2008年5月13日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、10周年目にして初の記録達成”. BARKS (2008年7月3日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、最新アルバムの実売数がミリオン突破”. BARKS (2009年1月6日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル“隠れた名曲”の新ヴァージョンが月9主題歌に”. BARKS (2008年9月29日). 2016年7月13日閲覧。
^ Utada - Myspace
^ “UTADA、2ndアルバムに先駆けMySpaceで新曲フル試聴”. ナタリー (2009年1月7日). 2016年7月13日閲覧。
^ “Utadaのニュー・アルバムに、STARGATE、TRICKY STEWARTら海外の大物プロデューサーが参加していることが判明”. タワーレコード (2009年1月23日). 2016年7月14日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、伝説のラジオ番組が限定復活”. BARKS (2009年3月4日). 2016年7月13日閲覧。
^ “Utada、全米iTunesチャートで快挙”. BARKS (2009年3月27日). 2016年7月13日閲覧。
^ “Utada、23年ぶりの快挙、7組目の栄えあるアーティストに”. BARKS (2009年5月22日). 2016年7月13日閲覧。
^ “To my fans in America!” (英語). Message From Hikki (2009年5月12日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、病気で米国プロモーション延期”. REUTERS(ロイター). トムソン・ロイター (2009年5月12日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル急病で全米プロモーション活動が中止に”. ナタリー (2009年5月12日). 2016年7月13日閲覧。
^ “ヱヴァ新主題歌は「Beautiful World」リミックス版”. ナタリー (2009年6月27日). 2016年7月16日閲覧。
^ “Utada、My Spaceでカラオケコンテスト開催!”. RO69. ロッキング・オン (2009年4月28日). 2016年11月8日閲覧。
^ “Utada、カラオケパーティーの動画公開”. ORICON STYLE. オリコン (2009年7月31日). 2014年5月8日閲覧。
^ “宇多田ヒカルが公式Twitter開始 4年ぶりコンサートも決定”. ORICON STYLE. オリコン (2010年9月28日). 2016年7月16日閲覧。
^ “Utada&宇多田、ベストアルバム日米同時リリース決定”. ナタリー (2010年10月22日). 2016年7月16日閲覧。
^ “今の気持ち”. Message From Hikki (2010年10月25日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、EMI MUSICと全世界における契約に合意”. BARKS (2010年11月8日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、ライブ・ビューイング in シアター/Ustream記録更新”. BARKS (2010年12月13日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、Ustream生中継では100ヵ国(地域)からのアクセスを記録”. BARKS (2010年12月21日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、義援金8000万円寄付&人生初の献血も”. ORICON STYLE. オリコン (2011年3月28日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、楽曲総ダウンロード数が3600万DL突破”. BARKS (2012年12月26日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、ラジオ最終回で藤圭子とのデュエット曲オンエア「こういうのが残ってるのは素晴らしい」”. Real Sound (2014年3月19日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、“Utada”全米ツアー<In The Flesh 2010>映像&過去全ライブビデオをiTunesで一挙配信”. BARKS (2013年12月9日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、日本ポップス界の金字塔、ついにハイレゾ化”. BARKS (2014年2月20日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、亡き母への思い告白「娘であることを誇りに思う」”. ORICON STYLE. オリコン (2013年8月26日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、両親の深い絆綴る 母は「阿部ではなく、宇多田純子です」”. ORICON STYLE. オリコン (2013年9月5日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に主題歌提供”. ナタリー (2016年1月20日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル「花束を君に」ギフトキャンペーン特設サイト”. 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、「花束を君に」を大切な人に贈るキャンペーン。売上の一部は義援金に”. BARKS (2016年4月20日). 2016年7月16日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、9月に8年半ぶり新アルバム”. ORICON STYLE. オリコン (2016年7月8日). 2016年7月18日閲覧。
^ “宇多田ヒカル×椎名林檎のコラボが実現! ニューアルバムに収録&共演MV公開”. RO69. ロッキング・オン (2016年9月16日). 2016年9月16日閲覧。
^ “全米6位! 宇多田ヒカル『Fantome』日本人女性ソロアーティストとして初の快挙”. Billboard JAPAN (2016年9月29日). 2016年12月26日閲覧。
^ “【オリコン】宇多田、復帰作がV4達成 女性オリジナル作品9年ぶり”. ORICON STYLE. オリコン (2016年10月25日). 2016年12月26日閲覧。
^ “宇多田ヒカル『宇多田ヒカルのファントーム・アワー』 全国AM/FM/短波 民放ラジオ101局にて10月11日よりオンエア!”. PR TIMES (2016年9月26日). 2016年12月26日閲覧。
^ “サントリー天然水PRESENTS「30代はほどほど。」特設サイト”. 2016年12月26日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、ネットイベント<30代はほどほど。>で初生パフォーマンス披露”. BARKS (2016年12月10日). 2016年12月26日閲覧。
^ “宇多田ヒカル<30代はほどほど。>ゲストにKOHH&PUNPEE”. BARKS (2016年11月18日). 2016年12月26日閲覧。
^ “小田和正の『クリスマスの約束』に宇多田ヒカル、スキマスイッチら出演”. RO69. ロッキング・オン (2016年12月19日). 2016年12月26日閲覧。
^ “【紅白】宇多田ヒカル、福山雅治、氷川きよし中継で出演”. ORICON STYLE. オリコン (2016年12月19日). 2016年12月26日閲覧。
^ “宇多田ヒカルの15年前のラジオレギュラー番組『HIKKI'S SWEET&SOUR』が再放送へ”. BARKS (2014年1月30日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、伝説のラジオ番組が一夜限りの復活”. ナタリー (2009年3月3日). 2016年7月20日閲覧。
^ “ドコモ、宇多田ヒカル出演のテレビCMを12月から放映”. ケータイ Watch. Impress Watch (2001年11月14日). 2016年7月19日閲覧。
^ a b “「ペプシネックス」新TVCM 宇多田ヒカル 5年ぶりのTVCM出演!”. PR TIMES (2010年9月28日). 2016年7月19日閲覧。
^ a b “「ペプシネックス」新TVCM「宇多田ヒカルクリスマス」篇 初めて書き下ろしたクリスマスソングを熱唱”. PR TIMES (2010年11月30日). 2016年7月19日閲覧。
^ a b “「サントリー天然水」新TV-CM『水の山行ってきた 南アルプス』篇 オンエア開始”. サントリー食品インターナショナル (2016年9月21日). 2016年12月26日閲覧。
^ “宇多田ヒカル「サントリー天然水」で6年ぶりCM出演、南アルプスで登山ロケ”. ナタリー (2016年9月21日). 2016年9月21日閲覧。
^ “宇多田ヒカルがNHKで「今のわたし」を語る特別番組”. ナタリー (2011年1月6日). 2016年7月13日閲覧。
^ “これまでの放送”. SONGS. 日本放送協会 (NHK). 2016年12月26日閲覧。
^ “Back Number”. Love music. フジテレビジョン. 2016年12月26日閲覧。
^ “宇多田ヒカルのドキュメント番組「ライナーノーツ」CSで拡大版60分放送”. ナタリー (2016年10月1日). 2016年12月26日閲覧。
^ “McDonald's Presents 宇多田ヒカル LUV LIVE REMIX〜hello from new york〜 について”. Staff Diary (1999年7月26日). 2016年7月18日閲覧。
^ “16才にしてオリコン・チャート史上最高の記録を達成 宇多田ヒカル”. “オリコン”ウィーク The Ichiban 2000-Vol.22-No.1 (オリコン): 11-14. (1999-12).
^ “8月1日宇多田ヒカル徳島公演振替公演決定のお知らせ”. Staff Diary (2000年8月7日). 2016年7月12日閲覧。
^ “テラノCM情報”. 日産自動車. 2016年7月19日閲覧。
^ “KDDIの新サービス「LISMO」と宇多田ヒカルがタッグ!”. BARKS (2006年1月20日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、SFアニメのテーマソングに決定”. BARKS (2006年4月25日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカル、初の報道番組とのタイアップ決定”. BARKS (2008年3月20日). 2016年7月13日閲覧。
^ “宇多田ヒカルさんが「1 チョコ for 1 スマイル」を応援! 新曲「嵐の女神」がキャンペーンソングに決定” (PDF) (プレスリリース), 森永製菓, (2010年11月22日) 2016年7月13日閲覧。
^ “「つなぐ、を、つよく。」NTT東日本の新CM”. PR TIMES (2014年3月10日). 2016年7月19日閲覧。
^ “大エルミタージュ美術館展”. 2016年12月26日閲覧。
関連項目[編集]
ウィキメディア・コモンズには、宇多田ヒカルに関連するカテゴリがあります。
ポータル 音楽 ポータル 音楽
ニューヨーク州出身の人物一覧
ポピュラー音楽の音楽家一覧 (日本・個人)
音楽に関する世界一の一覧
日本一の一覧
外部リンク[編集]
公式ウェブサイト
Hikki's WEBSITE
U3MUSIC INC
レコード会社ウェブサイト
宇多田ヒカル - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
YouTube
Utada Hikaru Official YouTube Channel - 公式YouTubeチャンネル
SNS
宇多田ヒカル (@utadahikaru) - Twitter
宇多田ヒカルSTAFF (@hikki_staff) - Twitter
Hikaru Utada (kuma_power) - Instagram
作品リスト・データベース
宇多田ヒカル - allcinema
宇多田ヒカル - KINENOTE
Hikaru Utada - インターネット・ムービー・データベース(英語)
宇多田ヒカル - Movie Walker
宇多田ヒカル - テレビドラマ人名録 - ◇テレビドラマデータベース◇
[表示]
表 話 編 歴
宇多田ヒカル(作品 - 受賞)
[表示]
表 話 編 歴
日本ゴールドディスク大賞アーティスト・オブ・ザ・イヤー
[表示]
表 話 編 歴
SPACE SHOWER TV V.I.P.(カテゴリ)
[表示]
表 話 編 歴
CDショップ大賞
典拠管理
WorldCat VIAF: 80151927 LCCN: no2005051925 ISNI: 0000 0000 8274 4820 GND: 13538849X BnF: cb14447955p (data) MusicBrainz: b539e453-c4fe-47e3-8a07-8517eac74429 NDL: 00798890
カテゴリ: 宇多田ヒカル日本の女性シンガーソングライター日本の女性ポップ歌手日本のR&B・ミュージシャン日本のギネス世界記録保持者ユニバーサルミュージックジャパンのアーティストオリコン年間シングルチャート1位獲得アーティストオリコン年間アルバムチャート1位獲得アーティストCDショップ大賞受賞者ニューヨーク市出身の人物帰国子女1983年生存命人物
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
他言語版
العربية
English
Español
Bahasa Indonesia
한국어
Bahasa Melayu
Português
Русский
中文
他 22
リンクを編集
最終更新 2016年12月30日 (金) 05:34 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。