何とか作戦

2017-05-26 00:04:37 | 政治
何かドキドキします。

既にあるものをひっくり返す?
余程のことがないと無理です。

成功体験としては息子の中学時のPTA。
私が中心になってやったのではありませんよ

教職員組合が社会党(当時)系に乗っ取られ、自分達の権利のみを主張し、生徒のことは放っておかれ、学校が荒れ放題だったのです。
肝心のPTAも先生方にべったり。

そこで有志の方が立ち上がり、PTAを乗っ取りました(^^)/
先ずPTA規約を作り変え、最後には実力派の校長・教頭まで引っ張ってきました。

私は2年の時に一委員になり、その様子を見させて貰っただけですが、息子を人質に取られているような中で、あの時の委員さん達の信頼と団結は今でも忘れません。
貴重な体験をさせて頂いたと思っております。

人は正義のためには実力以上の力が出せるものです


さて、米国は「航行の自由作戦」を実施するそうです。
南シナ海を自由に航行することですって!
米海軍イージス駆逐艦を派遣するそうです。

トランプ政権発足後は初めてです。
勿論、狙いは中国による一方的な領有権主張は認めないと。


我老人会の会長の独裁をやめさせるには・・・これも作戦が必要です。
でも対抗馬がいないのが致命傷です。
何人かの取り巻きを覗いては皆さんの意見は一致しています。

ついて行く役員・幹事がいなければ会は成り立ちません。
個人の抗議は抹殺されますので、一般会員を巻き込んで複数で声を挙げようと思います。
そう、作戦会議が必要なんです

役を辞めたいと言っても辞めさせてくれません。
反対に辞めさせるように持っていこうと思っています(^_-)-☆



連日、多大な応援に感謝・感謝です





ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貸金庫への道 | トップ | お知らせ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りょうこ)
2017-05-26 13:19:01
立ち上がる勇気を持たなければいけない時ってありますね。
このままではいけない、流されてはいけないと思うならば、声をあげ意見を出し行動に移さなければ、いつまでも文句を言っていても埒が明きませんものね。

それぞれの立場で行動に出ないといけない時、わたしの場合はPTAでした。

娘が小学校の頃、母達が動きました。わたしも委員だったので校長先生にもお話することがありました。
当時女子児童の体操服はまだブルマ。転勤族のママ友から情報も得て、ハーフパンツにして欲しい要望を出しました。体格の良いお子さんのママたちも「ブルマは子供が恥ずかしいといっている」と意見を出してくれました。
運動会では男女で組体操をします。
動き出してからは速かったです。保護者にアンケートを取り、学校に掛け合いながら、スポーツ品店にも問い合わせ、もし決まったならば運動会までに全校生徒の数だけ納品できるか、まで調べました。何とかしてその年の運動会に間に合わせたかったから。

最初は女子のブルマから始まりましたが男児も白の短パンよりハーフパンツが良いとの希望で、男女共に青のハーフパンツになりました。
それからは市内の他校にも拡がりました。

PTAが要らないという意見もありますが、学校行事には保護者の協力も必要な時があると思っています。
Unknown (ハル)
2017-05-26 17:30:28
のん子さん、お子さんの中学時代に、本当に貴重な体験をされましたね。
有志の皆さん、すごいです!
PTAというと、この前の日曜が最終回だったのですが、NHKのBSで放送していた松平健のドラマが面白かったです。
定年退職した男性(松平健)がシングルマザーの娘に代わり、孫娘が通う小学校の副会長に。
小学校だったので、ほのぼの展開でしたが。

どんな場所でも役を断るときに出てくる、病気、介護等の理由。
>反対に辞めさせるように持っていこうと思っています(^_-)-☆

気になります。どんな作戦か(笑)
私事ですが、今月初めに帯状疱疹に(泣)
能天気な私には無縁と思っていましたが。のん子さんもどうぞお健やかに。



Unknown (のん子)
2017-05-26 18:04:51
>りょうこさん

それが子どものためとなったら母親は動きますね。
ハッキリと論理的に言える人を中心に、それを補佐する人、情報収集の上手い人とか自然に役割が決まっていきます。

<男女共に青のハーフパンツになりました。
それからは市内の他校にも拡がりました>

それは好いことをなさいましたね。

そういう成功体験は自信に繋がりますものね(^.^)

PTAも自治会も必要だと思います。
何かあった時には数の力が要りますもの。



Unknown (のん子)
2017-05-26 18:25:02
>ハルさん

中学は内申点がありましたからね~。
戦々恐々でしたよ。
解ってくれてる親でも表面に立ってくれる人は少なかったです。

校長が不正は絶対させないと約束してくれたので、頑張れました。
後輩の親たちからは随分感謝されましたよ。

会長のイヤがる意見を言うのです(笑)
勿論、真っ当な意見でですが。
煙たくなれば辞めさせようとします(^-^;

帯状疱疹の痛さは半端じゃないですからね。
私は家の売買と引っ越しが重なった時になりました。
抵抗力が落ちた時にでしょうか?

睡眠が大事かもです。
お互いに気をつけましょうね。
Unknown (えありす)
2017-05-26 19:05:17
PTA改革、というか学校との交渉。

うちのこの時にも女子をブルマーからハーフパンツに。
というのも、うちの子の小学校は登校したらすぐ体操服。
しかも裸足。

冬も。

そこで学校と交渉。
女子は高学年になると、生理もあるのでブルマーよりハーフパンツに。
裸足が健康というのは医学的に証明できていないし、安全のためにも上ばきを、と。

この二つ。
速攻で学校が受け入れてくれました。

その前のPTAはプール新設。
署名運動とかありましたもん。

当時、わたしは広報委員長(学校新聞を作る委員)をしていましたので、アンケートを実施したり。

いろいろ改革しました。改革は大変です。
わたしは、PTA会長と懇意にし「こういうことをやりたいが」と言いました。

すると「なんでもやっていい。責任は僕が取るから」と。

味方、仲間を増やして。
結果を残すことも大事。
わたしは広報委員会への予算を半分に減らしました。
冊子からタブロイドにして予算を減額。

子供の数が減少しているのに、広報委員への予算が多かったからです。

でもそのかわり、印刷屋に頼む分のほかのプリントは当時、手書き、ワープロで毎月打って学校の輪転機を回して、配りました。

やはり、改革をするにはまずは自分が努力すること。
ですね。

大変でしたけど、いろいろ知ることができました。
「PTAから脱会するーー」
と、怒鳴り込んできた親もいたし。

最近、それがニュースになりましたけど、そういう親は当時もいました。

PTAから抜けるとはどういうことになるか、を説明しました。


今、思えば面白かったです。

改革、のん子さん頑張ってください。

Unknown (のん子)
2017-05-26 20:17:28
>えあリすさん

人間は一人では生きられませんからね~。

可笑しいことは声を挙げていっていいと思います。
皆で考えれば良い智恵が出て来たりもします。

ある程度の社交性も必要ですね。
でもまぁとんでもない人って何処にもいますけどね(^-^;

今日の幹事会で、会長が市から後継者を育てることも大事って言われたと。
皆で顔を見合わせました(笑)

後継者って言うと、皇室が真っ先に思い浮かびますが・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事