毎日が日曜日・でも多忙です!

おかげさまで、毎日を元気に楽しく過ごしています。普段の出来事、思いつくことなどフリーの立場で記録したいと思います。

さあ大変、入れ歯が欠けた

2017-06-16 16:52:50 | 日記

 入れ歯が欠けた。部分入れ歯ではあるが不自由なことこの上ない。

 話は変わるが、町を歩けば、いたるところで歯科医院の看板を見かける。歯科医院には、歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科の4つがあるが、その看板はいずれも歯科医院となっている。

 近年では、歯医者過剰の精もあるのだろうが、歯科医院の乱立で、競争や経営は相当に厳しいといわれている。また、その厳しさからワーキングプア状態に置かれる歯科医師も増えているそうだ。

 5年近くお世話になっていた家の近くの歯科医院が、4月に経営不振で廃院となった。先生はまだお年ではなかった。先生の専門は入れ歯だったそうだ。

 入れ歯の治療をどこにお願いしようかと迷ってしまった。今はやりのインプラントは、全くする気がしない。

 家の近く約500㍍の範囲内に歯科医院が4つもある。これからも入れ歯治療は欠かせないと入れ歯専門の医院はと、インターネットやパンフレットを調べたが全く要領をえた回答は出てこない。4つある近くの歯科医院の先生の専門が、入れ歯か、口腔か、あるいは矯正か、全く判断がつかない。

 最後は口コミだけなのだが、先生はやさしい、腕がいい、どこの大学を出た、そのお年は、過去の経歴などは出てくるが、肝心な入れ歯専門か否かは蚊帳の外。

 最後に決めるのは自分だけ。歩いて約500歩のところにある歯医者さんを訪れることとした。果たしてそのご専門は。

 入れ歯が欠けたことが、いざ病気となったときの医者選びの大切さを、改めて考えさせてくれた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  「共謀罪法」の成立に憤り  | トップ | 全国高校野球の地方大会、口... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。