S & A

日常生活の中で思ったこと、感じたことを気の向くままに書き綴っています。

-満州事変前の漢民族の満州侵略-(GHQ焚書図書開封 第82回)

2017-07-30 23:59:10 | 近現代史
GHQ焚書図書開封 第82回
-満州事変前の漢民族の満州侵略-
古代から支那が、西に進み、南を侵し、東を奪う歴史をたどっていることを書いた長野朗の「民族戦」、その内容は長野朗自身の体験と思索と読書の結果に基づくものである。
満州から北京に移住した満州族の清朝。人口希薄となった故郷の満州にはロシア、漢人が流入し、やがて清朝の衰えとともに人口で優る漢人が文化面で劣る満州を植民地化した。牧畜民族満州族は、牧場に鍬を入れられ農地化されると遊牧民としての生活の糧を失っていったのである。
満州に流入した漢人は、山東省において軍閥の苛斂誅求に苦しめられたクーリー、乞食などで、加えて、土匪の本場、水害,干害、イナゴの害にも苦しめられるため、安住の地として満州に向かった。(兵禍、土匪、天災、其他による難民)
民族的なしたたかな強さ、エネルギー、虐げられた民衆の信ずるものは何もない、嘘ばっかりついて生きていくしかない、自分を欺き、世界を欺く以外生きていく道がない、生きていくことさえできれば何でもする。今日も続いているしたたかな支那人の気質はここからきている。
日本の満州における大なる貢献は治安維持であったが、利益を得るところは少なかった。
鉄道敷設に対するロシア、日本の資本投下は、満州に土着した漢人を富ませる結果となった。注:「少年満州読本」長與善郎
徹底的な個人主義であって愛国心がないように見えるが、集合意識だけがある支那人の不思議な性格、気質は今日の他の近代国家では見られないし、理解しがたい。
満州における漢民族の充実は、ここに満州を完全に漢人化し、満州を漢人の手に独占せんとする運動が行われるに至り、ついに、満州における民族戦を展開し、満州事変を惹起するに至った。
満州を漢人化する動機は種々あるが、
第一は、古来行われてきた漢民族の膨張運動の連続である。
漢民族が今日の大をなすに至ったのは、漢民族の外部発展と弱小民族に対するの浸食・同化作用の絶えまざる努力の結果である。
少数民族は単に武力と政治をもって漢人に対してきたが、支那民族はその民族の多数と経済力、漢人に特有の文化により少数民族を自己の中に熔解し去り、しかる後に、その領土を占有して自己の領土の一部としてきた。
これが、支那の伝統的な政策であって、自民族により世界の統一を志す民族侵略者といえる。漢民族は弱小民族の独立存在を認めないのである。
第二は支配階級の搾取本能から生まれ出たものである。支那の軍閥官僚の徒は、人民を搾取して利を得る外は何事も考えない。
当時の東三省の軍閥もまた同じで、金融権を壟断して不換紙幣を乱発し、満州の特産品を買い占め暴利を貪り、交通、鉱山、工業、森林等苟も利のあるところ彼等の専有に帰せざるものなく、甚だしきは質屋から女郎屋まで開いた。支那人は支配階級が搾取的であるだけでなく、人民もまた同じで、商人はつまらぬ品物を蒙古人に高く売りつけ、その代償として毛皮を安く買い落して暴利を貪り、地主は朝鮮人を苛刻なる条件のもとで小作せしめて、漸く開墾ができれば追い出し、新たな荒地を開かせ、かつ、非常な高利で金を貸し、すなわち支那人の満州に来るや他民族を搾取する。満州国を日本が作ろとした意義はこのようなことのない五族協和を目指したのである。
この動機を促進せしめたものは、満州の開発により、財力の豊富と位置の優秀なるにより、ここによって政権を争わんとしたこと。更に支那人は他国に散々金を使わせ、骨を折らせ、出来上がったところで、これを頂戴しようとするを慣用手段ととる。租界回収如きもこれである。満州に対しても同じことで、日本の努力経営により今日のごとく立派に出来上がるとご苦労様ともいわず頂戴に出かける。
満州の漢人化運動は、人民が自発的にやったのと、政府の指導とある。人民の自発的運動は、一つは満州の有する経済的誘惑により、利を求めて満州に入り、また、あるいは北満の沃土を拓かんとし、あるいは東部満州の森林を目指し、親戚相牽き、相頼って村をなし、町を造るに至ったのと、一つは戦乱を避けて余儀なく移住する難民の進出である。支那政府の満州政策は国民党になってから特に、高調されたが、既に民国以前から行われていた。
清朝が起こった後も、漢人の満人に対する反抗は潜在し、倒満興漢の旗印は南方秘密結社の中に伝わった。清末に至って、新帝に伝えた漢人の官吏は民族意識により清朝朝廷の本拠満州を漢人化するに努めた。
ロシアが東進して来るやいなや、漢人を北満に入らしめ、またロシアに備えるためと称して北方の封禁を解かしめた。清朝はこれをもって滅び、形骸を残すのみとなった。
民国になって漢人の発展は盛んになったが、北京政府は大した政策をとらなかった。
ロシア革命の5年後、1922年、支那本部を統一して真正の民主共和国とする。蒙古、チベット、ウィグルの三部の自治を実行して民主自治国とする。自由連邦制を採用し、支那本部、蒙古、チベット、ウィグルを通して中華連邦共和国とする。この方法は、満州の漢人化とともに、蒙古、ウィグルを自治邦として、露骨にロシアの政策をあらわしている。
アメリカの侵略は資本侵略で、表皮を剥ぐように入ってくる。ロシアの侵略は領土侵略で、肉を喰らう。支那民族の侵略は移住と同化で、骨の髄に喰い込む最も深刻なものだ。現代風に言えば、内部侵略、放射線の内部被ばくのようなもの。
参考文献:「民族戦」長野朗
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« -移住と同化 支那人の侵略の... | トップ | -いかに満人は消去され、蒙古... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL