さちこのHAPPY通信

 鎌倉市議会議員の西岡さちこです。
生活者の視点で日頃感じている事 議会の様子など綴っていきたいと思います

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

百条委員会...

2017-02-11 23:37:12 | Weblog
 観光厚生常任委員会と総務常任委員会合同による連合審査会が継続しています。

ここでは、鎌倉市の障碍者福祉事業を担う社会福祉法人ラファエル会における
労務管理をはじめ、施設運営・管理状況について、質すべき案件が、多数発覚した為、
3億円を超える公金投入がなされている事業体の真相究明を図り、今後の委託事業が
公明正大に行われるよう、真相を究明していこうとするものです。

そして、大切なことは、障碍者福祉を担うにふさわしい法人としてあり続けていただく為に、
「百条委員会」として、議会の調査権を最大に発揮し、最高責任者である元理事長に
証人尋問するものです。

元理事長は、記者会見において「、議会では、言われ放題であり、弁明の機会すらない」と
おっしゃっていらしたので、当初は、参考人として、委員会にお呼びした所、ご出席叶わず、
100条での証人喚問となった次第です。

6日に行われた委員会においては、真摯な姿勢は微塵も見られず、大変残念に思いました。
「自己保身ではなく、鎌倉市の障碍者福祉を担う社福の元最高責任者として真摯に質問に
お応えいただきたい」と発言するに至りました。

家族会の皆さまにもお越しいただき、一日も早い問題解決を図らねばならないと感じております。

「雨降って地固まる」となりますよう、ラファエル会の再出発の為に、暫しお時間をくださいませ。


住み慣れた鎌倉で、安心して暮らし続ける事が出来る障碍者施設は、誰がなんと言おうと絶対必要です。

相模原・やまゆり園の全面建て替えが暗礁に乗り上げていますが、重度の障碍者が、
安心して医療を含めた支援を受ける事が出来る施設の存在は、ご家族にとってもセーフテイー
ネットと言えるのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目から鱗のごみ焼却施設 「... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL