key person

「どうする日本!」

右と左の真ん中で日本と世界を眺める

黛信彦の時事ブログ

竹島 自衛艦隊繰り出せ

2008年08月01日 | 国際
竹島問題は、日本以上に不安定な韓国政情と6カ国協議の進捗に配慮した、政権末期のブッシュ大統領が米国家安全保障会議に介入して韓国に帰属変更が成され、韓国は浮かれている。
米委員会、帰属先「韓国」に戻す=ブッシュ大統領、竹島問題に介入(時事通信) - goo ニュース
竹島帰属「韓国」 李政権は歓迎 国際認知活動に弾み 「主張、米国が認めた」(産経新聞) - goo ニュース

政府は、町村官房長官が31日の記者会見で「あまり過度に反応することはない」と述べ、米国の動きに対して静観の構えだ。
これは、大人の対応といってよい。
竹島 韓国領に再変更 「過度に反応せず」 町村長官が言明(産経新聞) - goo ニュース

ただし、それでも「竹島は日本領だ」ということは声を大にして言っておかなければならない。

更に、ここまで揉めたのだから、学習指導要領解説書への記述も、はっきりと「日本の領土」としておくほうが良い。例えば一年後にはやり難いが、ドサクサに紛れた今なら容易だ。

ところで、韓国政府の過度な反応は、未成熟の民主主義国家の証である。
その幼稚さを割り引いても、日本を除く国際に公表しながらの軍事演習は、日本人の感情を逆なでするもので許し難いものだった。
年内にもう一度、この演習を実行予定だという。

そのときには、日本は自衛艦隊を繰り出して警戒すべきだ。
そういう覚悟がなければ、竹島だけでなく北方四島や尖閣、更には対馬まで取られてしまう。
沖縄や佐渡島さえ危ういものになる。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5大紙が見るWTO、内閣改造 | トップ | 竹島、米国仲介で国際裁判へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL