むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

4月24日 荻窪 クラブドクター

2017年05月05日 14時45分14秒 | りさいたるレポ
4月、最後の舞台は荻窪にてらいむらいとでした。
お越し下さいました皆さまどうもありがとう。

24thDecemberと2組でのイベント。月は違うが・・丁度24日にご一緒させていただける事、前々から楽しみにしていた。
3年前、今後らいむらいとがドラム対アコギ+うたの一騎討ちという編成でやってゆこうとした時に やはり24thDecemberの事を意識、参考にしましたし。彼らの潔い表現力を見習おうとも思った。
いま 我々は堀野くんの協力を得て、大抵は+ベースを交えた音での活動を行っているが。
今回、3年前 我々この2人で腹括ってやってゆこう!とした時の気持ちを思い出してこの場に挑んだ。


1. 雨降り
2. 愛の亡霊
3. 泥濘
4. 自己嫌悪
5. 不眠症の羊
6. この世の果て
7. 夜明けのうた
8. 希望の花


愛の亡霊、この3人で初めて演奏した。
みっちゃんと2人になってからはCDの音源とは違うボサノバ風のアレンジでしかやってなかった。この曲、エレキギターのカッティングが要だと思っていたので。
今回 事前にスタジオで両方のアレンジを試してみたのだが。やはりベースが加わると エイトビート、ボサノバ 両方いけるなぁと感じた。
改めて、堀野くんの力がいま我々の表現にとって大きな存在である事を再確認しました。
本人から「どちらのアレンジでも大丈夫っすよ」と言ってもらい。何だったら当日、場の空気によってどちらのアレンジでいくか考えてもいいか。ってくらい 余裕あった。
結局本番はエイトビートのアレンジでやったのだが、久し振りにざくざくした演奏の上にのせる艶かしい愛の亡霊がとても気持ちよかった。


そうだ。普段 本番中にストラップの紐がゆるんでギターから外れてしまう事ってまずないのだけど。恐らく14年やっていて初めて 今回演奏途中に外れてしまった。
ですが このアクシデントも所謂らいむらいとのどんづまり感の表現の一部と捉える事ができて。特に「やっちゃった。。」という焦りもなく平然とやり抜きました。
まぁ、多少逞しくなったのだと思います。14年もやってるから。

24thDecemberの舞台は 相変わらず彼らにしか表現できないひりひりとした緊張感のある演奏と、曲間における彼らの・・照れたりすかしたりぶっきらぼうだったり。その絶妙なバランスがよくって。
こちらも思わず息をのんだり、ほっこりしたり。今回も色んな感情揺さぶられました。
それから、ソウルキッチン等でよくお世話になった平野カズさんがこの日観にいらしてくれて、久し振りにお話できて嬉しかった。
更に、ドクターの姉妹店である 同ビル4階で営業しているドクターズ・バーにはこの日夜の涯のヴァルツが出演されていて。
終演後顔を見合わせ「なんと、びっくり!!」のような感じになって、終電車ぎりぎりまで皆さんとお酒いただきました。
夜の涯のヴァルツもカズさんも、MUREさんのお店スモーキン・ブギ通して知り合ったから。
なんだか仲良いともだちが大集合したみたいな感じで。楽しかった。
よい夜だった。

明くる日、夜の涯のヴァルツがU.F.O.クラブに出演するというので観にゆきました。

以前何度かご一緒させていただいた時のバンド編成ではなく、ガットギターひとつで マイクもシールドも一切使わない舞台。
この方も。いざご自分のうたを唄い出すと ひりひりとした緊張感に包まれて、観ている側は思わず息を止めてしまう。
だけれども曲間、お喋りするとね。とても誠実な・・やさしさ溢れるひとが同じ舞台に現れるのです。
24thDecemberとやはり共通する部分あるなぁ、と感じた。
ガットギターと自分の声による表現も バンド編成の時とはまた違った潔さを感じ、他にいったい何の装飾がいる?とまで思わせてくれる。
素晴らしかった。

らいむらいと14年やって、そこで知り合った方々はいつも自分に何らかの刺激を与えてくれる。
感情揺さぶられる時間を与えてくれる。
そして、普段ともだちとして仲良くさせていただける。音楽をとおして知り合った仲間は皆やさしいやつばかりだ。
こんな素敵な事はない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月15日 歌舞伎町 ソウルキ... | トップ | 5月3日 東高円寺 U.F.O.クラブ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (ぢい)
2017-05-06 09:47:55
素敵なライヴレポ、ありがとうございます。

わゝゝゝと、どきどきしながら拝読させて頂きました。

これを励みに精進してゆきたいと思います。

ライヴ、又はお店に顔を出しに行きますねー。


夜の涯のヴァルツのぢい

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。